勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

サボタージュ / Sabotage

2014年11月09日 | 洋画(アメリカ系)
「今度のシュワルツネッガーには裏がある」と言うコピーがありますが、確かに、裏がありました。シュワルツネッガーも67歳。本格的なアクションは辛くなってくる歳。アクションも少しありましたが、かつてのような、本格的なアクションでは無いですね。今回の役どころは、DEA特殊部隊の隊長なので、スーパーバイザー的ポジション。アクションの第一線から、こう言う方向に転換を図っているのでしょうか?

DEA特殊部隊に対しての猟奇殺人・・・と言う話ですが、こう言う内容だとDEAの協力はないですよね?エンドロールを見る限り、アトランタ市警とか、LA市警の協力は有ったみたいですけど、DEAの強力ななさ気だった。

いやぁ、でもなぁ。確かに、一癖も二癖もあるDEA特殊部隊隊員に対しての猟奇殺人ですが、結局のところ「何だかなぁ」と言う事件でもあります。もう少し捻りがあるのかと思いましが、意外に無かったですね。いきなりのっけから、ジョン達の犯罪があるし・・・。DEAって、麻薬を扱うので、他の連邦捜査機関よりも、薬物に対しての基準が厳格で、厳しいと聞いているんですが、これはね、DEAは協力できないよね。

それと、アトランタ市警の刑事キャロラインとジョンが、途中、いい感じになったのかと思ったんですが、外されました。でも、こちらはこれでアリ。って言うか、この方が良かったと思います。

R15+指定。まぁ、そうかな。って言うか、昔より、この手の血を見る映像って、かなりハッキリと映すようになってない?結構、際どいと思いました。だからこそのR15+指定なんでしょうけど。

シュワルツネッガーのアクション映画にしては、すっきり感がありません。すっきりするのは、消耗品軍団にお任せなんでしょうか?

タイトル サボタージュ / 原題 Sabotage
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2014年/アメリカ
監督 デビッド・エアー
出演 アーノルド・シュワルツェネッガー(ジョン・ウォートン)、サム・ワーシントン(ジェームズ・“モンスター”・マレイ)、オリビア・ウィリアムズ(キャロライン/アトランタ市警殺人課刑事)、テレンス・ハワード(ジュリアス・“シュガー”・エドモンズ)、ジョー・マンガニエロ(ジョー・“グラインダー”・フィリップス)、マックス・マーティーニ(トム・“パイロ”・ロバーツ)、ジョシュ・ホロウェイ(エディ・“ネック”・ジョーダン)、ミレイユ・イーノス(リジー・マレイ)、ケビン・ヴァンス(ブライス・“トライポッド”・マクニーリー)、マーク・シュレーゲル(“スモーク”・ジェニングス)、ハロルド・ペリノー(ジャクソン/キャロラインの相棒)、マーティン・ドノバン(フロイド・デメル/ジョンの上司)

[2014/11/09]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マダム・マロリーと魔法のスパイ... | トップ | インターステラー / Interstellar »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サボダージュ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
麻薬取締局の現場の突撃部隊のメンバーが一人一人殺害される猟奇的事件に巻き込まれて疑心暗鬼に陥る。真相がわからない中で地元警察の女性刑事に協力するリーダーの心の闇が深すぎてびっくりした。こんな展開になるとは思ってもみなかった。
サボタージュ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
アーノルド・シュワルツェネッガーが「エンド・オブ・ウォッチ」のデヴィッド・エアー監督との異色のタッグで贈るハード・アクション・ミステリー。シュワルツェネッガー扮するベテラン捜査官率いる麻薬取締局(DEA)のエリート捜査チームが、危険な麻薬組織へのガサ入...
『サボタージュ』 (こねたみっくす)
酷いのオンパレード。 とにかく脚本家も編集担当も、そして彼らをピックアップしたプロデューサーもお仕事をサボりすぎです。まともに見れるのは銃撃戦だけで謎解きも大雑把で尻 ...
劇場鑑賞「サボタージュ」 (日々“是”精進! ver.F)
最愛の妻子を殺した奴らを、必ず見つけ出す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411070002/ 送料無料!◆サボタージュ★US盤・ブルーレイ&DVD・2枚組!アガサ・クリスティー★の名作・そ...価格:2,800円(税込、送...
『サボタージュ』 (時間の無駄と言わないで)
スタローン主演作の翌週にシュワルツェネッガー主演作を観る。 今月は濃いなぁ。 アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」のアクションアレンジかと思いきや、ほんの ...
サボタージュ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 主要女性3人の名演技だけでも観る価値十分!
サボタージュ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Sabotage監督:デビッド・エアー出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、サム・ワーシントン、オリビア・ウィリアムズ、テレンス・ハワード、マックス・マンガニエロ、ジョシュ・ホロウェイ、ミレイユ・イーロス、ケビン・バンス
サボタージュ~カネの使い道で脱力 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Sabotage。デヴィッド・エアー監督、アーノルド・シュワルツェネッガー、サム・ワーシントン、テレンス・ハワード、ミレイユ・イーノス、オリヴィア・ウィリアム ...
『サボタージュ』 (2014) (相木悟の映画評)
シュワちゃんの新境地を垣間見るミステリー・アクション! ほどよく凝ったプロットに引き込まれ、なおかつアクションも堪能できる秀作であった。 本作は、2011年初頭にカリフォルニア州知事の任期を終え、ハリウッド・スターへ返り咲きを模索する我らがアーノルド....
サボタージュ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SABOTAGE】 2014/11/07公開 アメリカ R15+ 109分監督:デヴィッド・エアー出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、サム・ワーシントン、オリヴィア・ウィリアムズ、テレンス・ハワード、ジョー・マンガニエロ、ハロルド・ペリノー、マーティン・ドノヴァン、マックス....
サボタージュ/主人公はシュワちゃんだった (MOVIE BOYS)
アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクションミステリー映画。シュワちゃん演じる主人公ジョンが率いるDEA(麻薬取締局)特殊部隊メンバーとして『タイタン』のサム・ワーシントン、『アイアンマン』のテレンス・ハワード、『パシフィック・リム』のマックス・マー...
映画:サボタージュ Sabotage 珍しく、くそダークな シュワちゃん映画。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
シュワちゃん演じる主人公は、アメリカ麻薬取締局DEAのカリスマ。 彼の率いるチームはズバ抜けた能力と言う点で、一目置かれていた。 ところが... 麻薬カルテルの闇資金から1000万ドルをかすめ取ろうとしたところがら、歯車が狂い始める。 当局からチェック入れまくら....
『サボタージュ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「サボタージュ」□監督 デビッド・エアー□脚本 スキップ・ウッズ、デビッド・エアー□キャスト アーノルド・シュワルツェネッガー、サム・ワーシントン、オリビア・ウィリアムズ、       テレンス・ハワード、ジョー・マンガニ...
映画「サボタージュ(2014)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『サボタージュ』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー 通称DEA(麻薬取締局)中の最強の特殊部隊を率いるリーダー、ジョン・ウォートン(アーノル...
サボタージュ (いやいやえん)
【概略】 伝説の捜査官・ジョンが率いるDEA(麻薬取締局)最強の特殊部隊は麻薬カルテルの制圧に成功する。だが、やがてジョンの部下たちがひとりずつ何者かに惨殺される事件が発生し…。 アクション・サスペンス アーノルド・シュワルツェネッガー主演。シュワち...
サボタージュ (Sabotage) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・エアー 主演 アーノルド・シュワルツェネッガー 2014年 アメリカ映画 109分 アクション 採点★★★ 何年か前にデュラン・デュランがオリジナルメンバーでアルバムを出し注目された時、その話題性に乗っかるかの様に80年代のアイドルグループがこ...