勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

マダム・マロリーと魔法のスパイス / The Hundred-Foot Journey

2014年11月01日 | 洋画(アメリカ系)
実は今日は、映画の日ということで、ひとり二本立て。この作品の他に見たのは『祝宴!シェフ』と言う事で、奇しくも二本とも料理を主題にした作品になってしまいました。

こちらは、インド移民の家族が経営するインド料理店と気位の高いマダムが経営する1つ星のフランス料理店を舞台に、二つのお店とそこにいる人々の衝突と交流を描く作品。

邦題が「マダム・マロリーと魔法のスパイス」と言う事で、オスカー女優ヘレン・ミレン推しのタイトルになっていますが、内容的には、インド移民家族の次男ハッサンとマダム・マロリーのお店のスー・シェフのマルグリットがメインと言ったら、メインじゃないですかね?でも、そうすると、知名度的に致命的になってしまいますが・・・。まぁ、この邦題は仕方ないのかな?

パリ祭(フランス革命記念日)のシーンが何度も有るなぁと思っていたんですが、これって“自由”“平等”“博愛”と言うフランスの革命精神を描きたかったからですよね。劇中、マダム・マロリーも、そんな感じな事を言っていますしね。それと、それって、制作にスティーブン・スピルバーグとオプラ・ウィンフリーが居る事と、無関係では無いと思います。スピルバーグはユダヤ系ということもあって子供の頃にいじめを受けたことが有るらしいですし、オプラ・ウィンフリーは、そもそも慈善家でもあったりします。それらが、この映画の“自由”“平等”“博愛”の事を語るシーンを作ったんだと思います。

面白いのが、フランスを舞台にした作品なんですが、フランスが制作には入っていないこと。どういう事?

一見、料理を巡った単純なヒューマンエンタテインメントと思ったんですが、実はもっと深い作品なんだと思います。

タイトル マダム・マロリーと魔法のスパイス / 原題 The Hundred-Foot Journey
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2014年/インド・UAE・アメリカ
監督 ラッセ・ハルストレム
制作 スティーブン・スピルバーグ、オプラ・ウィンフリー、ジュリエット・ブレイク
出演 ヘレン・ミレン(マダム・マロリー)、オム・プリ(パパ)、マニシュ・ダヤル(ハッサン)、シャルロット・ルボン(マルグリット)、ミシェル・ブラン(町長)

[2014/11/01]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝宴!シェフ / 總舖師:移動大... | トップ | サボタージュ / Sabotage »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マダム・マロリーと魔法のスパイス (映画情報良いとこ撮り!)
マダム・マロリーと魔法のスパイス インドで暮らしていたハサンは、選挙絡みの暴動で店と母親を失った。 失意の中家族は、フランスへ移住。 ハッサンは、無くなった母の絶対味覚を受け継いでいた。 そして、そこでフレンチ・レストランを経営するマダム・マロリ...
「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 (セレンディピティ ダイアリー)
ヘレン・ミレン主演のコメディテイストのヒューマンドラマ、「マダム・マロリーと魔法
マダム・マロリーと魔法のスパイス★★★ (パピとママ映画のblog)
スティーヴン・スピルバーグとオプラ・ウィンフリーが製作を務め、リチャード・C・モライスのベストセラー小説を映画化。フランス南部でインド料理店を開いた移民家族と、その真向かいに建つミシュラン1つ星の名店フレンチ・レストランの女主人マダム・マロリーが、互い...
マダム・マロリーと魔法のスパイス/入り交じる感情がスパイスそのもの (MOVIE BOYS)
原作はリチャード・C・モライスの小説。伝統的なフランス料理の1つ星レストランと、その目の前に新しくできたインド料理店の争いを巧みな人間模様を絡めて描く人間ドラマだ。プライド高く頑固な仏料理店オーナーを『RED』のヘレン・ミレンが、そのライバルのインド料理店...
マダム・マロリーと魔法のスパイス  (心のままに映画の風景)
インドのムンバイでレストランを営むカダム家の次男ハッサン(マニシュ・ダヤル)は、料理人の母から絶対味覚を受け継いでいた。 ある晩、暴動により店は全焼し、母親は亡くなってしまう。 失意の父(オム・プリ)は子供たちを連れヨーロッパに移住、南フランスの山間...
マダム・マロリーと魔法のスパイス (映画と本の『たんぽぽ館』)
美味しいものに国境はない * * * * * * * * * * 南フランスの山あいの小さな町。 老舗フレンチレストランを経営するマダム・マロリー(ヘレン・ミレン)。 ミシュランの星1つをずっと維持しています。 それだけでも大変な努力ですが、彼女にはそれ...
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』 (こねたみっくす)
革新とは交流なり。衰退とは対決なり。 頑固支配人のヘレン・ミレンと頑固パパのオム・プリの対決から交流までがとにかく心地よく素晴らしい!ハッサンとマルグリットの本来なら ...
マダム・マロリーと魔法のスパイス (映画好きパパの鑑賞日記)
 祝宴!シェフに続いて心がうきうきする料理映画の紹介。タイトルもクレジット上もヘレン・ミレンが主演なんだけど、実際にはインドの天才的青年料理人が、数々の試練を乗り越えるサクセスストーリー。ディズニーらしく、明るく夢のある作品で思わずご飯が食べたくなりま...
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」□監督 ラッセ・ハルストレム□脚本 スティーブン・ナイト□原作 リチャード・C・モライス□キャスト ヘレン・ミレン、オム・プリ、マニシュ・ダヤル、シャルロット・ルボン、       ミシ...
マダム・マロリーの魔法のレシピ The hundred-foot journey (映画の話でコーヒーブレイク)
最近のディズニーは、インドがお好き 先日見た「ミリオンダラー・アーム(次回アップします)」も本作同様ボリウッドコラボの ディズニー映画でした。 インドは年間映画製作本数がハリウッドを凌ぐ映画好きというお国柄に加え、 中国に迫る12億5千万人という巨大マーケット....
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』 (beatitude)
南フランスの山間に建つミシュラン1つ星のフレンチ・レストラン“ル・ソル・プルルール”のオーナー、マダム・マロリー(ヘレン・ミレン)は、最高のサービスと味を提供することに人生をかけている。ある日、故郷を追われ、ヨーロッパで再起を果たそう....
マダム・マロリーと魔法のスパイス (to Heart)
THE HUNDRED-FOOT JOURNEY 上映時間 122分 製作国 インド/アラブ首長国連邦/アメリカ 原作 リチャード・C・モライス『マダム・マロリーと魔法のスパイス』(集英社刊) 脚本 スティーヴン・ナイト 監督 ラッセ・ハルストレム 出演 ヘレン・ミレン/オム・プリ/マニシュ・...
マダム・マロリーと魔法のスパイス (映画的・絵画的・音楽的)
 『マダム・マロリーと魔法のスパイス』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作(注1)は、予告編を見て面白そうだなと思い、映画館に行ってきました。  本作の舞台は、南フランスの小さな町サン・アントナン。そこで伝統的なフランス料理を出すレストランの目の前に...
「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 (ここなつ映画レビュー)
ラッセル・ハルストレム監督作品。名優ヘレン・ミレンが作品に正にスパイスを効かせる。南フランスの美しい田舎町に、ある日インド人の一家がやって来た。世界一のインド料理の店を出す為に。しかし、自信たっぷりの彼らが構えた店の真向かいには、ミシュランの星を一つ獲...
マダム・マロリーと魔法のスパイス(The Hundred-Foot Journey) (田舎に住んでる映画ヲタク)
    老舗フレンチレストランを経営する女性が、新興インド料理店との対立と、絶対味覚と呼ばれる才能をもった青年シェフの作り出す料理などをきっかけに、頑なな心に変化が訪れる姿を描いたヒューマンエンタテインメント。スティーブン・スピルバーグとオプラ・ウィン...
マダム・マロリーと魔法のスパイス (風に吹かれて)
料理は記憶 公式サイト http://disney-studio.jp/spice 原作: マダム・マロリーと魔法のスパイス (リーチャード・C・モレイス著/集英社文庫)製作: スティーヴン・スピルバ
「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Hundred-Foot Journey」2014 インド/アラブ首長国連邦/USA インド、ムンバイでレストランを営むカダム家。次男のハッサンは母親譲りの類いまれなる味覚感覚を持つ青年。しかしある日、暴動によりレストランは全焼しハッサンの母親も犠牲になる。やがて一家は新...
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』 スパイスの正体は? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『HACHI 約束の犬』で観客を号泣させたラッセ・ハルストレム監督の作品だけあって、『マダム・マロリーと魔法のスパイス』は優しさと愛に満ちたハートウォーミングな物語に見える。  南フランスのサン・アントナン・ノブル・ヴァルののどかな...
マダム・マロリーと魔法のスパイス (いやいやえん)
【概略】 南フランスの小さな田舎町を舞台に、老舗フレンチレストランと、その真向かいにできたインド料理店の料理バトルを描く。 ドラマ なにこれ、あわないタイトル。てっきりマダム・マロリーが作る料理(スパイス)がとても美味しくて人々の心を癒していく…...