勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ムーンライト / Moonlight

2017年04月01日 | 洋画(アメリカ系)
第89回アカデミー賞で、前代未聞の大逆転による(実際には、逆転なんかしていないけどね)作品賞受賞の他、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞した作品。

ゲイが主人公の作品と言えば、“アカデミー賞本命!”と言われながらも、受賞を逃した『ブロークバック・マウンテン』を思い起こします。かの作品は、主人公は白人で、地域もワイオミング州と西部である違いがありますが、もっと根本的には、“結ばれない愛”を描いていました。

こちらの作品の場合は、まずもってアフリカ系アメリカ人であり、描かている地域もフロリダ州、ジョージア州であったりと南部と、マイノリティで(アフリカ系アメリカ人が、物理的人口において“マイノリティか?”と言う気もしますが、歴史的には間違いなく“マイノリティ”ですよね)保守的地域の姿です。“結ばれない愛”かどうかについては、最後を見る限り、ちょっとわからないですね。

正直、ゲイの“マイノリティ”を描いていて、物語的に何か盛り上がりがあるわけでもなく、ただひたすらに底辺の人々の姿を描いている作品が、なぜ作品賞に選ばれたのか、理解できません。ただたぶん、多くの人が指摘していますが、カードゲームのような名前の人物が国家元首になってしまい、且つ、差別的政策を遂行しようとしている時代だから選ばれたのかな?と言う気がちょっとしました。それと、2016年の白過ぎるアカデミー賞問題もありましたしね。中身が、比較的暗いんで、作品賞は、平時だったらラ・ラ・ランドだったんじゃないかなぁ。

ラストは、ちょっと予想と違いました。シャロンの死による悲しい終わり方になるのかなと思ったんですが、そうではなかったですね。結構唐突に終わった感じがしますが。

タイトル ムーンライト / 原題 Moonlight

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 バリー・ジェンキンス
出演 トレバンテ・ローズ(シャロン(ブラック))、アンドレ・ホランド(ケヴィン )、ジャネール・モネイ(テレサ)、アシュトン・サンダース(10代のシャロン)、ジャハール・ジェローム(10代のケヴィン)、アレックス・ヒバート(子供の頃のシャロン(リトル))、マハーシャラ・アリ(フアン)、ナオミ・ハリス(ポーラ)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パッセンジャー / Passengers | トップ | ジャッキー ファーストレデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ムーンライト』 2017年2月26日 ユーロライブ  (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ムーンライト』 を試写会で鑑賞しました。 アカデミー賞前に最速試写会でした。 4月28日公開が決定したようです。 【ストーリー】  マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している......
ムーンライト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 第89回アカデミー賞で作品賞に輝いた実力の程は…
ムーンライト(2016)〜ブルーからブラックへ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。バリー・ジェンキンズ監督。トレヴァンテ・ローズ、アッシュトン・サンダース、アレックス・R・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス、アンドレ・ホランド......
ムーンライト/MOONLIGHT (我想一個人映画美的女人blog)
「ラ・ラ・ランド」と取り違えるという前代未聞のミスがあった今年のアカデミー賞作品賞の受賞作。 「エクス・マキナ」や「AMY/エイミー」などの配給でヒットを飛ばした映画......
"Hello Stranger"『ムーンライト(MOONLIGHT)』バリー・ジェンキンズ監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『ムーンライト』MOONLIGHT 監督・脚本 : バリー・ジェンキンズ出演 : トレヴァンテ・ローズアッシュトン・サンダースアレックス・R・ヒバートマハーシ......
ムーンライト/月の明かりに照らされて (映画感想 * FRAGILE)
ムーンライトMoonlight/監督:バリー・ジェンキンス/2016年/アメリカ 一人の男の、愛の物語。 TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン1 F-11で鑑賞。 第89回アカデミー賞作品賞、脚......
ムーンライト (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【MOONLIGHT】 2017/03/31公開 アメリカ R15+ 111分監督:バリー・ジェンキンズ出演:トレヴァンテ・ローズ、アンドレ・ホランド、ジャネール・モネイ、アシュトン・サンダーズ、ジャハール......
アカデミー作品賞「ムーンライト」が予定より一ヶ月早く、3月31日に繰り上げ公開、とな! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先日前代未聞の状態!で作品賞が発表されたアカデミー賞... (アカデミー賞 史上最大 の大波乱。いったん発表した後、司会の最後の痛々しい挨拶が、超苦い!) で大逆転?!で......
「ムーンライト」☆何も語らずに多く語る (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
詳細は何も説明しない,、主人公もほとんど言葉を発しない・・・・・なのにこんなにも多くの事を語ることが出来るなんて!! アカデミー賞作品賞だから「良い」のではない。 この......
ムーンライト★★★★ (パピとママ映画のblog)
貧困地域に生まれた孤独な黒人少年を主人公に、彼が自らのセクシャリティに悩み、自分のアイデンティティと居場所を探し求めてもがき苦しみながら成長していくさまを、少年期、青......
「ムーンライト」:行間を読む寡黙な映画 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ムーンライト』は、アカデミー最優秀作品賞を受賞したのが嘘みたいなほど、地味
『ムーンライト』 (こねたみっくす)
ムーンライトに照らされると、黒人の少年も青色に見える。 これは黒人のゲイ映画。誰もが共感する青春映画。でも最後に気付かされるのは、これがその詩的映像美に言葉を失う愛の ......
ムーンライト (心のままに映画の風景)
麻薬中毒でほとんど育児放棄状態の母ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす内気な少年シャロンは、リトルと呼ばれいつもいじめられていた。 そんなある日、フアン(マハーシャラ・......
映画:ムーンライト Moonlight 当ブログ的にこの映画のテーマは「愛」ではなく、「負の連...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
3部で構成される、黒人少年の成長?記。 主人公はなんと!、常に「寡黙」 全くアメリカ人っぽくない(笑) なぜそうなったかは少年の家庭がまず大きい。 片親の母親はド......
【cinema】『ムーンライト』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
2017.3.21 『ムーンライト』試写会@ユーロスペース cocoさんで当選! いつもありがとうございます。アカデミー賞作品賞受賞ってことで、是非見たいと思ってた。予告編の感じもよかった......
ムーンライト (映画好きパパの鑑賞日記)
 ラ・ラ・ランドを破ってアカデミー賞作品賞を受賞したのですが、上質な小品という感じで肩すかしをくった感じ。トランプ政権になり、LGBTや人種問題にハリウッドがセンシティブ......
映画「ムーンライト」 (FREE TIME)
4月1日のファーストデーに映画「ムーンライト」を鑑賞しました。
「ムーンライト」 (ここなつ映画レビュー)
地味だけど、良作。良作だけど、胸が苦しい。アカデミー賞作品賞受賞の本作、事前知識など何も持たずに観に行った。つまり私が本作について知っている事と言えばアカデミー賞作品......
「ムーンライト」 (或る日の出来事)
いろんな人生があるものだと。
ムーンライト (映画的・絵画的・音楽的)
 『ムーンライト』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞作品賞の受賞作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台はマイアミのようです(注2)。  車......
「ムーンライト」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:MOONLIGHT )胸を締め付けられるほどの切なさと、甘やかな感慨が横溢する、まさに珠玉のような映画だ。オスカー受賞作がすべて優れた映画だとは言えないが、この低予算映......
【映画】ムーンライト (アリスのさすらい映画館)
  ムーンライト(2016) アメリカ 原題:Moonlight 監督/脚本:バリー・ジェンキンズ 出演:トレヴァンテ・ローズ/アンドレ・ホランド/ジャネール・モネイ/アレックス・R・...
ムーンライト (あーうぃ だにぇっと)
ムーンライト@ユーロライブ
ムーンライト (セレンディピティ ダイアリー)
マイアミの貧困地域を舞台に、孤独な少年が心の拠り所を求めて成長していく過程を、少年期、青年期、成人期の3部に分けて描いたヒューマンドラマ。監督は本作が長編2作目となる......