勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

マリアンヌ / Allied

2017年02月12日 | 洋画(アメリカ系)
カサブランカで出会った妻は、敵国のスパイ・・・?

昔の映画では“異常な状況下で結ばれた男女は長続きしない”と言われましたが、マックスとマリアンヌの二人には通用しないようです。そのくらい、この二人は愛し合っているんですよねぇ。そう言う意味では、この映画は戦争映画ではなく、完全に純愛物語。話が悲劇的なだけにねぇ、より一層、その愛が光ります。

主人公のマックスは、カナダ軍の軍人と言う設定です。なるほどね。オンタリオの出身ということですが、フランス語も出来るということなんですね。マリアンヌには“ケベック人”とからかわれていましたが(笑)。

さて、空襲の最中にマリアンヌはマックスとの子供を生むのですが、その空襲のシーンは、流石にCG/VFXには定評のあるロバート・ゼメキス監督、なかなか上手く描いています。でも、関心したのはそのCG/VFXではなくて、そう言う空襲の最中であっても、冷静に職務を遂行したんであろうなぁと想像できるロンドンの看護師さんたち。大人の国の大英帝国。いかにも、ああ言う有能な看護師さんたちが居そうな感じがしました。

そう言う看護師の描写は良いとして、ちょっと疑問に思ったのは、S.O.E.のスパイ狩りの作戦手順。この物語では、夫となっていたマックスにその始末を命じる訳ですが、そこまでしなくて良くね?って言うか、勝手に監察担当の方で捜査して、勝手に監察担当の方で始末すれば良くね?スパイと思われる人物の関係者に始末させるのは、大英帝国への忠誠を示させる意図があるんでしょうかね?ただ、スパイ狩りが行われる事を、スパイと思われる人物の関係者に明らかにしてしまうことで、そのスパイ狩り行為が、狩られる対象者にバレてしまう危険性が増加してしまうのでは無いかと思うんでが、どうなんでしょう。そんな危険を犯すよりも、勝手に捜査して勝手に始末するほうが、危険は少ないし、効率的だと思うんですけどねぇ。もっとも、そんなことを言ったら、この作品は成り立たなくなってしまうんですがね。

そころで、この映画の撮影が元で、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの夫婦は離婚したと言われています。でも、不倫の相手と噂されたマリオン・コティヤールにも相手が居ますし、その上、そのお相手の子供も宿してますからねぇ、違う気もしますが・・・。でも、そんな噂があっても、マリオン・コティヤール、美しいです。

タイトル マリアンヌ / 原題 Allied

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 ロバート・ゼメキス
出演 ブラッド・ピット(マックス・ヴァタン)、マリオン・コティヤール(マリアンヌ・ボーセジュール)、ジャレッド・ハリス(フランク・ヘスロップ/マックスの上官)、サイモン・マクバーニー(S.O.E.(特殊作戦執行部)高官)、リジー・キャプラン(ブリジット・ヴァタン/マックスの妹)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スノーデン / Snowden | トップ | ラ・ラ・ランド / La La Land »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (すぷーきー)
2017-02-28 23:37:21
予告編のマリオン・コティヤールの表情を見て、てっきり何か企んでいて捻りがあるのかと思っていたら、ストレートなラブストーリーでした。
ブラピとアンジーの離婚劇に巻き込まれたマリオンという図式に見えてしまい、マリオンとギョーム・カネが気の毒ですね。
Unknown (atts1964)
2017-03-01 05:49:26
ほお、ブラピの離婚の原因はコティヤールですか!
そしてその後あの二人の映画で罪滅ぼしをしようとしたんでしょうかね?
コティヤールの美しさには納得でした。
まだ出来るみたいなんでこちらからもTBお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
"I want you to play the piano for me"『マリアンヌ(Allied)』ロバート・ゼメキス監督、ブラッド・ピ...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストに触れています。『マリアンヌ』Allied監督 : ロバート・ゼメキス出演 : ブラッド・ピットマリオン・コティヤールリジー・キャプランマシュー・グッドジャレッ......
マリアンヌ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 序盤のモタツキをクリアすれば、かなりいい映画。
劇場鑑賞「マリアンヌ」 (日々“是”精進! ver.F)
本物の愛のために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702100000/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/ALLIED【輸入盤】
『マリアンヌ』 正統派でクラシカルな作品? (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ザ・ウォーク』などのロバート・ゼメキス監督の最新作。  主演にはブラット・ピットとマリオン・コティヤール。  原題は「Allied」。こ......
マリアンヌ ★★★・8 (パピとママ映画のblog)
俳優だけでなくプロデューサーとしても活躍するブラッド・ピットと、アカデミー賞受賞監督ロバート・ゼメキスがタッグを組んだラブストーリー。第2次世界大戦下を舞台に、ある極......
「マリアンヌ」ハリウッド王道ラブ・ストーリーの復活! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マリアンヌ] ブログ村キーワード  今やハリウッドを代表する俳優の1人となった、ブラッド・ピット。対するはフランスを代表する国際派オスカー女優、マリオン・コティヤール......
マリアンヌ (to Heart)
上映時間 124分 監督 ロバート・ゼメキス 脚本 スティーヴン・ナイト 出演 ブラッド・ピット/マリオン・コティヤール/ジャレッド・ハリス /サイモン・マクバーニー/リジー・キャプラ......
マリアンヌ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ALLIED】 2017/02/10公開 アメリカ PG12 124分監督:ロバート・ゼメキス出演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール 、ジャレッド・ハリス、サイモン・マクバーニー 、リジー・キャ......
「マリアンヌ」☆映画ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
スパイと言えば美男美女。 吊り橋効果も手伝って、そんな二人だもの恋に落ちる訳だわ☆ ジョニデにしてもブラピにしても、やっぱり若い美女の魅力には抗えないのne
[映画『マリアンヌ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・大人の抑制の感じられる、だけど飽きさせないアクションシーンも多い良作だった。 アクションは淡泊のように思え、その活躍でブラッド・ピット演じる主人公が有能な軍人......
『マリアンヌ』 2017年2月12日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『マリアンヌ』 を鑑賞しました。 今日の2本目。#ブラ泣き が話題。 #ドラ泣き の真似で酷いとのこと。 それで話題になり客が増えれば儲けもの。 【ストーリー】  1942年、極......
マリアンヌ (映画的・絵画的・音楽的)
 『マリアンヌ』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)前回取り上げた『たかが世界の終わり』に出演しているマリオン・コティヤールが本作にも出演しているというので、映画館に行っ......
マリアンヌ。 (すぷのたわごと。)
『マリアンヌ』を観に行ってきました。 野次馬根性です。 ブラピとアンジーの離婚原因のひとつだと言いがかりをつけられている作品を観ておこうかと。 我ながら、バカな動......
マリアンヌ (atts1964の映像雑記)
2016年作品、ロバート・ゼメキス監督、ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール出演。 1942年、フランス領モロッコ。 マックス・バタン(ブラッド・ピット)は、パラシュー......