勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ラ・ラ・ランド / La La Land

2017年02月26日 | 洋画(アメリカ系)
ネタバレ注意。

まず思ったのは、アメリカのエンターテイメント業界の奥深さ。冒頭、渋滞したハイウェイで、沢山の人が歌って踊るんですが、歌って踊れる俳優・女優を、あれだけの数が揃えられるのが凄い。ミアじゃ無いですが、それだけ出番を待っている俳優・女優が沢山居るという事ですね。

この作品の、セバスチャンの演奏シーンですが、全て吹き替え無しでライアン・ゴズリングが演じていたそう。念のために、吹き替え俳優も待機していたそうなんですが、不要だったそうです。って、ライアン・ゴズリング凄いな。よく指が動いたな。

これは、若い二人のラブストーリーですねぇ。ラストの、『Welcome to Seb's』から始まる、もう一つの人生を回想するシーンが、何とも言えないですね。“あれが、ああならなかったら、こうなっていただろう”と言うシーンが、きっとセバスチャンとミアの二人の頭の中で駆け巡って居たはずです。

正直、タモリじゃ無いですが、ミュージカルは苦手な方なんですが、やっぱり評判が高いだけあって見せます。どこかちょっと前の時代のアメリカの雰囲気も感じつつ、今風の作品です。悪くないと思います。

第89回アカデミー賞において、作品賞、主演男優賞(ライアン・ゴズリング)、主演女優賞(エマ・ストーン)、監督賞(デイミアン・チャゼル)、脚本賞(デイミアン・チャゼル)、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞(メアリー・ゾフレス)、編集賞(トム・クロス)、音響編集賞、録音賞、作曲賞(ジャスティン・ハーウィッツ)、主題歌賞(“Audition(The Fools Who Dream)”と“City of Stars”)と、13部門において、14ものノミネート。前哨戦とも言われるゴールデングローブ賞では、ノミネートされていた、作品賞[コメディ/ミュージカル]、監督賞(デイミアン・チャゼル)、主演男優賞[コメディ/ミュージカル](ライアン・ゴズリング)、主演女優賞[コメディ/ミュージカル](エマ・ストーン)、脚本賞(デイミアン・チャゼル)、主題歌賞(“City of Stars”)、作曲賞(ジャスティン・ハーウィッツ)の全ての部門において受賞した。

タイトル ラ・ラ・ランド / 原題 La La Land

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 デイミアン・チャゼル
出演 ライアン・ゴズリング(セバスチャン)、エマ・ストーン(ミア)、キャリー・ヘルナンデス(トレイシー)、ジェシカ・ローゼンバーグ(アレクシス)、ソノヤ・ミズノ(ケイトリン)、ローズマリー・デウィット(ローラ)、J・K・シモンズ(ビル)、フィン・ウィットロック(グレッグ)、ジョシュ・ペンス(ジョシュ)、ジョン・レジェンド(キース)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マリアンヌ / Allied | トップ | 素晴らしきかな、人生 / Coll... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
主演 (iina)
2017-03-21 11:24:25
冒頭の沢山の人が歌って踊る場面を、ウエストサイド物語が天空から降りて来て踊りまくるスターティングと重なってみえました。

> セバスチャンの演奏シーンですが、全て吹き替え無しでライアン・ゴズリングが演じていたそう。
すっかり、エマ・ストーンが主役かと思ったら、エンディングのキャスティング通りに彼の方が主役でした。
細かいことぬきに、エマ・ストーンが主演女優賞を受賞しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ラ・ラ・ランド」☆夢と現実 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
夢を叶える史上最高にハッピーなミュージカル映画!という印象を強く与えたCM作った人の腕がすごい!! 勿論本編も素晴らしいのだけど、実際にはハッピーなだけではないほろ苦い......
劇場鑑賞「ラ・ラ・ランド」 (日々“是”精進! ver.F)
夢を追いかける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702240000/ ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック) [ (オリジナル・サウンドトラック) ]
ラ・ラ・ランド (あーうぃ だにぇっと)
ラ・ラ・ランド@よみうりホール
ラ・ラ・ランド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) ライアン・ゴズリングだけに 『ラ・ラ・ラースとその彼女』という
ラ・ラ・ランド~エマ・ストーンのデカ目全開 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題: La La Land。デイミアン・チャゼル監督。ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ、ローズマリ......
『ラ・ラ・ランド(La La Land)』デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング、エマ・...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『ラ・ラ・ランド』La La Land監督 : デイミアン・チャゼル出演 : ライアン・ゴズリングエマ・ストーンJ・K・シモンズジョン・レジェンド、他 ※Memo1●映画
「ラ・ラ・ランド」これは傑作!素晴らしい! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ラ・ラ・ランド] ブログ村キーワード 本年度アカデミー賞で、13部門・14ノミネート。本命中の大本命!「ラ・ラ・ランド」(GAGA)。“ミュージカル映画”って言うと、拒否反応を示さ......
ラ・ラ・ランド (♪HAVE A NICE DAY♪)
泣いちゃった・・・ 私は大好き!この作品 まずは一番最初の高速道路でのミュージカルシーンが楽しくて 拍手したい気分 ミュージカルだから オペラ座の怪人やレ・ミゼラブル、......
映画:ラ・ラ・ランド La La Land アカデミー賞史上最多の14部門のノミネートの今作の感...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今年のアカデミー賞史上最多の14部門 ノミネート。 月曜午前中に、その結果が発表される。 その怒涛のノミネーションは以下。 ・作品賞 ・主演男優賞・主演女優賞 ・監......
ラ・ラ・ランド (とりあえず、コメントです)
『セッション』のデイミアン・チャゼル監督がライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で創り上げたミュージカルです。 昨年から、もう何回予告編を観ただろうと思うほど観たの......
映画「ラ・ラ・ランド(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ラ・ラ・ランド(字幕版』(公式)を 2/24 の公開初日に、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリ......
映画『ラ・ラ・ランド』観てきた〜 (よくばりアンテナ)
行ってきました〜〜(人‘▽‘☆) ルン♪ 明日はいよいよアカデミー賞授賞式ですね〜〜 この最多タイのノミネートで話題でしたし、ワクワクしてたんですよ。 期待を裏切らない......
『ラ・ラ・ランド』 2017年1月31日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ラ・ラ・ランド』 を試写会で鑑賞しました。 アカデミー賞の本命と評判であるが如何に! 【ストーリー】  何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミ......
『ラ・ラ・ランド』 (こねたみっくす)
嗚呼、これが映画だ。これこそが「映画」だ。 ロマンティック、テクニカラー、ミュージカル、アメリカンドリーム、ジャズが口々に語る。これが「映画」だと。こんな恋が羨ましい ......
【映画】ラ・ラ・ランド (アリスのさすらい映画館)
 ラ・ラ・ランド(2016) アメリカ 原題:La La Land 監督/脚本:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング/エマ・ストーン/キャリー・ヘルナンデス/ジェシカ・ローゼ...
ラ・ラ・ランド (Akira's VOICE)
夢を追いかける姿は美しい。 歩いた道はけっして無駄ではない!  
映画『ラ・ラ・ランド』★メロディに心掴まれ怒涛のラストにグッと来る (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/170115/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・セブ:ライアン・ゴズリング ・ミア:エマ・ストーン     ......
ラ・ラ・ランド (タケヤと愉快な仲間達)
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ、フィン・ウィット......
No.562 ラ・ラ・ランド (気ままな映画生活)
売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望......
『ラ・ラ・ランド』 先に何が待っていても、夢追い人はそこへ向かう (Nice One!! @goo)
原題: La La Land 監督: デイミアン・チャゼル 出演: ライアン・ゴズリング 、エマ・ストーン 、J・K・シモンズ 公式サイトはこちら。 オーディションに落ちて意気消沈して......
ラ・ラ・ランド (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画     「ラ・ラ・ランド」 原題:LA LA LAND 監督:デイミアン・チャゼル 2016年 アメリカ映画 128分 キャスト:ライアン・ゴ......
[映画『ラ・ラ・ランド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・アカデミー賞候補と言うことで、かなり、厳しい目を向けて鑑賞したのだが、それでも面白かった。 いい作品だ。 二人の男女の出会いと成功と、ほろ苦い大人の結末の物語......
ラ・ラ・ランド (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LA LA LAND】 2017/02/24公開 アメリカ 128分 監督:デイミアン・チャゼル出演:ライアン・ゴズリング 、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズ......
「ラ・ラ・ランド」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「La La Land」2016 USA夢を求めて人々が集まる街ロサンゼルス。女優志願のミアは映画スタジオのカフェで働きながらいくつものオーディションを受ける日々だが、いつもボツ。ある日、場......
ラ・ラ・ランド/ゆめみるふたり (映画感想 * FRAGILE)
ラ・ラ・ランドLa La Land/監督:デイミアン・チャゼル/2016年/アメリカ 夢は、いつか。 TOHOシネマズみゆき座 E-8で鑑賞。 あらすじ:お互いに将来の夢を持った二人が惹かれ合......
『ラ・ラ・ランド』 (sweetmagicのブログ)
ミュージカル映画だったので思わずカテゴリーをライブ♪にしてしまいました。 プレミアムフライデーとかいう日ができたそうで私も久しぶりに映画を観に行きました。 しかも初日......
ラ・ラ・ランド (本と映画、ときどき日常)
監督 デイミアン・チャゼル 出演 ライアン・ゴズリング     エマ・ストーン     ジョン・レジェント 女優をめざす女性とジャズのお店を開く夢を持つ男が出会い恋に落ち......
ラ・ラ・ランド ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイ......
ラ・ラ・ランド  監督/デイミアン・チャゼル (西京極 紫の館)
【出演】  エマ・ストーン  ライアン・ゴズリング 【ストーリー】 何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミアは、ピアノの音色に導かれるようにジャズ......
ラ・ラ・ランド(2016)**LA LA LAND (銅版画制作の日々)
 夢をみていた MOVIX京都にてついに鑑賞!何と2時間越えの作品。もう何度もこの2人のダンスシーンは皆さん観ておられると思います。素晴らしいダンスでしたね。観ている私もこ......
ラ・ラ・ランド・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そこは、夢を見られる街。 二年前、鮮烈な音楽バトル映画「セッション」で、センセーションを巻き起こしたデミアン・チャゼル監督の最新作は、前作とはガラリとムードを変えた......
『ラ・ラ・ランド』('17初鑑賞16・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10) 2月25日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 12:10の回を鑑賞。 字幕版。
『ラ・ラ・ランド』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラ・ラ・ランド」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、      ......
「ラ・ラ・ランド」(1回目) (或る日の出来事)
うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。
ラ・ラ・ランド (映画好きパパの鑑賞日記)
 面白かった!! アカデミー賞受賞など大変評価が高いのもわかります。ストーリー、歌、ファッションすべてが2時間、映画の夢と魔法の国につれていってくれて、見終わった後、......
ラ・ラ・ランド  (心のままに映画の風景)
夢を追う人々が集う街、ロサンゼルス。 映画スタジオのカフェで働きながら女優を目指すミア(エマ・ストーン)は、オーディションに落ちてばかりで意気消沈の日々。 ある日、ピ......
『ラ・ラ・ランド』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
予告編で音楽を聴いた瞬間に「この映画、見たい!」となったのだけれども、公開直後のネットの反響を読むと、どうも自分が望んでる方向とは違う映画みたい。ということで鑑賞予定......
ラ・ラ・ランド (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラ・ラ・ランド』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)米国アカデミー賞の様々な部門でノミネートされている作品ということで、映画館に行きました(実際には、大本命視されてい......
ラ・ラ・ランド (もののはじめblog)
キ・キ・キリン(樹木希林)ではなく「ラ・ラ・ランド」。 このタイトルには「現実離れした世界、おとぎの国」という意味合いが込められているという。 今年度アカデミー賞で6部......