勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ミッドナイト・イン・パリ / Midnight in Paris

2012年06月02日 | 洋画(アメリカ系)
酔って深夜のパリを徘徊していると、クラシックカーに乗った人々から一緒に来るように誘われる。戸惑いつつも、付いて行ってみると、いつの間にか1920年代にタイムスリップしていた。

幻想的で、ユニークな内容です。ティーパーティー運動の事に触れていたり、アメリカ人のフランス感をそれとなく出演者に語らせていたりと、シニカルなところもあります。そうですよね~。どちらも、色々と、ありますよね~。

駄目だ。オーウェン・ウィルソンの鼻が気になる(笑)。自身も売れっ子脚本家であるものの、お金持ちの婚約者(とその父母)の尻に敷かれている、ちょっと情けない感じを上手く演じています。アメリカの好青年と言う印象があったんですが、その好印象は無くならないですが、ちょっとカッコ悪いと言うか、尻に敷かれている感じのオーウェン・ウィルソンも新鮮です。

女優陣は、レイチェル・マクアダムスも魅力的ですが、やっぱりマリオン・コティヤールですよ。『コンテイジョン』では、有能なWHOの医師を演じていますが、やっぱりこう言う小悪魔のマリオンも良いんですね。

それと、レア・セイドゥ。ちょろっと、時々出てくる感じですが、実は意外や意外に、重要な役所だったりするんですよねぇ。なるほどね。

それと、前フランス大統領ニコラ・サルコジ夫人のカーラ・ブルーニが出てきます。見ている時は気が付かなかったんですが、後でわかりました。まぁ、この人は(元)ファーストレディと言っても、元々はモデル・歌手なので、こういう芸能活動は、慣れているという意味で大丈夫なんでしょうね。

ヘミングウェイとか、ピカソとか、ダリとか、誰でも知っていそうな、作家・画家などのアーティストがたくさん出てきています。誰が出てきていたのか覚えていられなかったので、後でウェブサイトで調べましたよ(苦笑)。

物語後半、ギルとアドリアナは、更なるタイムスリップしているんですが、この辺りの意味合いは、そもそもギルが1920年代にタイムスリップしてきたこと、もっと言うと、人々の現実逃避に対する皮肉と言う感じになっています。なるほどね。ウディ・アレンっぽいという気もしました。

そして、ラストシーン。「なるほどね、そう来ましたか」と思いました。キレイにまとまっていたと思います。ちょっと定番すぎるかもしれませんが、それはそれでいいと思います。

タイトル ミッドナイト・イン・パリ / 原題 Midnight in Paris
日本公開年 2012年
製作年/製作国 2011年/スペイン・アメリカ
監督・脚本 ウディ・アレン
出演 オーウェン・ウィルソン(ギル・ペンダー)、レイチェル・マクアダムス(イネズ)、カート・フラー(ジョン/イネズの父)、ミミ・ケネディ(ヘレン/イネズの母)、マイケル・シーン(ポール・ベイツ)、ニーナ・アリアンダ(キャロル・ベイツ)、マリオン・コティヤール(アドリアナ)、レア・セイドゥ(ガブリエル)、カーラ・ブルーニ(ヴェルサイユのガイド)、イヴ・ヘック(コール・ポーター☆)、アリソン・ピル(ゼルダ・フィッツジェラルド☆)、トム・ヒドルストン(F・スコット・フィッツジェラルド☆)、コリー・ストール(アーネスト・ヘミングウェイ☆)、ソニア・ロランド(ジョセフィン・ベーカー☆)、キャシー・ベイツ(ガートルード・スタイン☆)、マルシャル・ディ・フォンゾ・ボー(パブロ・ピカソ☆)、エイドリアン・ブロディ(サルバドール・ダリ☆)、トム・コーディア(マン・レイ☆)、デイヴィッド・ロウ(T・S・エリオット☆)、イヴ=アントワン・スポト(アンリ・マティス☆)、ヴァンサン・モンジュー・コルテ(アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック☆)、オリヴィエ・ラブルダン(ポール・ゴーギャン☆)、フランソワ・ラスタン(エドガー・ドガ☆)

☆:実在の人物

[2012/06/01]鑑賞、[2012/06/02]投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メン・イン・ブラック3 (3D) / ... | トップ | 幸せへのキセキ / We Bought a Zoo »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ミッドナイト・イン・パリ/Midnight in Paris (LOVE Cinemas 調布)
語り部ウディ・アレンが第84回アカデミー賞脚本賞受賞したファンタジー・コメディ。1920年代のパリを黄金期と信じて疑わない主人公がタイムスリップし、過去の著名な芸術家たちと不思議な交流す姿を描いている。主演はオーウェン・ウィルソン。共演にレイチェル・...
映画レビュー「ミッドナイト・イン・パリ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Midnight in Paris [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆パリを舞台にした幻想的なファンタジー「ミッドナイト・イン・パリ」。ユーモアと皮肉のブレンドが絶妙。 【80点】 ハリウッ ...
ミッドナイト・イン・パリ / Midnight In Paris (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 去年のカンヌ映画祭でオープニングを飾り、 今年のアカデミー賞作品賞、9作ノミネートのうち日本で公開となる最後の1本 アカデミー賞で脚本賞、ゴールデングローブ賞作品賞受賞! 2004年、NYから舞台をヨー...
ミッドナイト・イン・パリ/オーウェン・ウィルソン (カノンな日々)
『人生万歳!』でニューヨークへと戻ったウディ・アレンがヨーロッパへとまた帰ってきたわけですが、今作の舞台は本拠地のロンドンではなくタイトルにあるようにパリです。そして予 ...
ウディ・アレン監督『ミッドナイト・イン・パリ』(Midnight in Paris) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ウディ・アレンの監督生活47年、監督作42本目にして自己最高の興行成績を樹立した『ミッドナイト・イン・パリ』本作でゴールデン・グローブ賞の脚本賞を受賞。アカデミー賞では作
ミッドナイト・イン・パリ (Akira's VOICE)
パリふれあい街歩き。  
ミッドナイト・イン・パリ (悠雅的生活)
午前零時。憧れの時代。雨の中の散歩。
「ミッドナイト・イン・パリ」隣の芝生 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ウッディ・アレン監督作品は初体験。 「隣の芝は青い」という単純明快なテーマを、パリならではのノスタルジックでアーティスティックな世界と、ウィットに富んだ大人のジョークで包んだお洒落な作品。
迷子の旅人~『ミッドナイト・イン・パリ』 (真紅のthinkingdays)
 MIDNIGHT IN PARIS  ハリウッドの売れっ子脚本家だが、実は作家志望のギル(オーウェン・ウィル ソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムズ)と憧れのパリにやってき た。何...
ミッドナイト・イン・パリ/MIDNIGHT IN PARIS (いい加減社長の映画日記)
「ガール」も気になってはいるんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 映画脚本家のギルは、婚約者イネズの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。 脚本家として成功していたギルだが虚しさを感じ、現在は本格的な作家を目指して作品を執筆中だ。...
ミッドナイト・イン・パリ (Memoirs_of_dai)
ウディ・アレンのパリ好き度 【Story】 ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗しパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として...
映画:ミッドナイト・イン・パリ Midnight In Paris 好調ウディ・アレンが再現する1920年代のパリ。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
最近「それでも恋するバルセロナ」「Whatever Works」(邦題忘れた)と、好調な作品が続いているウディ・アレン。 今回もまた評判が良く、アカデミー賞に4部門もノミネーション。 (作品賞/監督賞/脚本賞/美術賞) という中、さっそく。 環境は英語で(字幕は中国...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (こねたみっくす)
これはパリでしか撮れない大人の洒落た映画です。 第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞したウディ・アレン監督の最新作は、アメリカなんぞでは絶対に撮れない、過去と現代が共存して ...
ミッドナイト・イン・パリ (佐藤秀の徒然幻視録)
パリの狂気の星空を覆う救いの雨 公式サイト。原題:Midnight In Paris。ウディ・アレン監督、オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、レア・セド ...
ミッドナイト・イン・パリ (心のままに映画の風景)
ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗し、憧れのパリを訪れた。 ある日、真夜中の街を彷徨っているギルの目の前に、一台のクラシ...
『ミッドナイト・イン・パリ』 (ラムの大通り)
(英題:Midnight in Paris) 「こういう何の驚きもない映画というのも、 ある意味いいよね。 安心して観ていられる」 ----えっ? これって 主人公が自分の憧れる1920年代のパリに行って、 歴史に名を残す著名な人たち、 ピカソやヘミングウェイなどと会うってお話でし...
ミッドナイト・イン・パリ (だらだら無気力ブログ!)
当時の文学や芸術の知識があれば、より楽しめる内容だったと思う。
『ミッドナイト・イン・パリ』 前を向いて歩こう (映画のブログ)
 一番好きな詩人を問われれば、やはりジャン・コクトーかもしれない。もっとも私はフランス語が判らないので、原語ではなく堀口大學の訳で親しむのみだが。  もしもジャン・コクトー主催のパーティーに参加...
ミッドナイト・イン・パリ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MIDNIGHT IN PARIS】 2012/05/26公開 スペイン/アメリカ 94分監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン、ニーナ・アリ...
★ミッドナイト・イン・パリ(2011)★ (Cinema Collection 2)
MIDNIGHT IN PARIS 真夜中のパリに 魔法がかかる 上映時間 94分 製作国 スペイン/アメリカ 公開情報 劇場公開(ロングライド) 初公開年月 2012/05/26 ジャンル コメディ/ファンタジー/ロマンス 映倫 G 人気ブログランキングへ 【解説】 本国アメリカではウ...
アレン流 タイムスリップ! (笑う社会人の生活)
映画「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞しました。 婚約者とパリに訪れたハリウッドの人気脚本家ギル しかし 小説家になることを捨て切れず、1920年代のパリに想いを馳せていた ある夜 彼は憧れの1920年代にタイムスリップしてしまい… ウディ・アレン監督作品 いや~...
ミッドナイト・イン・パリ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ミッドナイト・イン・パリ』を渋谷ル・シネマで見てきました。 (1)昨年の『人生万歳!』をはじめとして、これまで何本も見ているウディ・アレン監督作品というので、だいぶ遅れてしまいましたが映画館に足を運びました。  本作は実に他愛ない内容で、1920年代のパ....
「ミッドナイト・イン・パリ」(MIDNIGHT IN PARIS) (シネマ・ワンダーランド)
米映画界の才人、ウディ・アレンがメガホンを執ったロマンティック・ファンタジー「ミッドナイト・イン・パリ」(2011年、米スペイン、94分、W.アレン脚本)。この映画は作家志望の米国人青年が、ヘミングウェイやフィッツジェラルド、ピカソらが集う1920年代...
ミッドナイト・イン・パリ (Midnight in Paris) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ウディ・アレン 主演 オーウェン・ウィルソン 2011年 スペイン/アメリカ映画 94分 コメディ 採点★★★★ 「まぁ!?なんて後ろ向きな人!」と言われようが何であろうが、自分の過ごしてきたある一時期に対する思い入れが強い私。自分の楽しんでいる娯楽の原...