太田市美術館・図書館へ行ってきました(前編:建物・施設)

太田市美術館・図書館
「開館記念展 未来への狼火」
4/26~7/17
 


東武伊勢崎線太田駅北口前に「太田市美術館・図書館」がオープンしました。

開館は今年の4月1日(土)でした。美術館では現在、開館記念展として「未来への狼火(のろし)」が開催中です。既にオープンから2ヶ月以上経過しましたが、私も先日、ようやく見に行くことが出来ました。



駅前とは聞いていましたが、本当に太田駅の目の前でした。北口のロータリーに接し、駅のタクシーやバス乗り場の真横です。一応、公式の案内では駅より徒歩1分とありますが、高架下の出口から30秒とかからないかもしれません。



白い壁とガラスを多用した建物です。まだ真新しいゆえか、青空にとても美しく映えて見えました。手がけたのは、ヴェネチア・ビエンナーレ第13回国際建築展(2012年)で金獅子賞を受賞した建築家の平田晃久です。ともすると閑散とした太田駅前に人々の流れを呼び戻すべく、「内外や表裏のない建物」(*)として、美術館を設計しました。「街の結び目」(*)のような建物を目指したそうです。 *は美術館のサイトより。



建物は3階建てです。5つの鉄筋コンクリートの箱と、その周囲を結ぶ鉄骨のスロープからなっています。スロープが曲線を描いているからか、全体として円形、ないし丸みを帯びていました。



入り口は3箇所です。東、南、西南の方向から自由に行き来することが可能です。正面の太田駅に面した部分にはカフェとイベントスペースがあります。その奥にインフォメーションがあり、美術館の展示室、そして図書館へと続いていました。



美術館と図書館のスペースが入り混じっているのが特徴です。美術館の展示室は3つです。いずれも1階から3階の全て異なる階に分かれています。図書館も同様でした。外周部に1階から3階へと続く「学びの道」があり、哲学・人文・自然科学や産業技術、図鑑の書架が設置されています。



「学びの道」以外には、2階に「絵本・児童書コーナー」と「アートブックコーナー」(一部は3階に展開。)、3階にレファレンスルームがあります。いずれのフロアも外周の螺旋状の「学びの道」が結びつけるような構造です。下から上へと回遊出来るように工夫されていました。



階段やスロープにも書架があるのも特徴です。随所にソファーやクッションがあり、自由に座って読むことも可能でした。また全体にガラス面が多いからか、図書館としてはかなり明るく感じるのではないでしょうか。開放感がありました。



蔵書で最も充実しているのが児童書と絵本です。あわせて1万冊あります。それに続くのが美術関連の書籍でした。写真集などを含むと9000冊に及びます。美術館を有する図書館ならではの蔵書構成と言えそうです。



ロゴマーク、サインシステムを手がけたのが、グラフィックデザイナーの平野篤史です。書体は全てオリジナルです。どこかポップで親しみやすい印象を受けました。



カーブミラー型の案内表示も面白いのではないでしょうか。螺旋構造のゆえか、フロア内には死角も少なくありませんが、それを逆手にとってのアイデアなのかもしれません。



エントランスの館内マップは立体です。これも楽しい仕掛けです。やや複雑な館内、時に迷路のように見えるかもしれませんが、それがむしろ建物の個性を際立たせています。

1階のカフェ「キタノスミスコーヒー」にはショップも併設され、いわゆる美術関連のグッズだけでなく、太田に因んだ土産物の販売も行われています。



カフェは地元で人気という「BLACKSMITH COFFEE」の運営です。自家焙煎コーヒーやエスプレッソによるラテアートのほか、ホットサンドなどの食事メニューの提供もありました。私もコーヒーをいただきましたが、コクがあり、美味でした。居心地も良く、ゆっくり寛げました。



一度、建物の外へ出てみました。内部と同様の螺旋構造です。外からも階段を使って、1階から3階、さらに屋上へと上がることが出来ます。



屋上へ上がって驚きました。まるで丘です。とても美術館の上とは思えません。芝生に植栽が施され、思わずシートを敷いてピクニックでもしたくなってしまいます。



外と中は半ば連続して、各階で出入りすることも可能です。テラスにはベンチもあり、実際に座って読書をしている方もおられました。屋上から南を向けば駅です。電車が入ってくる光景も望めました。



建物裏手には駐車場も整備されています。全部で40台です。美術館、図書館への来場者は無料で利用出来ます。



開館記念展の「未来の狼火」も鑑賞してきました。次のエントリでまとめたいと思います。

太田市美術館・図書館へ行ってきました(後編:未来への狼火)

「後編:未来の狼火」に続きます。

「開館記念展 未来への狼火」 太田市美術館・図書館@obt_pr
会期:4月26日(水)~7月17日(月・祝)
休館:月曜日。但し祝日の7月17日は開館。
時間:10:00~18:00
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般800円、学生・団体640円、中学生以下無料。
住所:群馬県太田市東本町16-30
交通:東武伊勢崎線太田駅から徒歩1分。専用無料駐車場(40台)あり。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「神の宝の玉... 太田市美術館... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。