Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

過保護のカホコ  第8話  *感想*

2017-08-31 | 夏ドラマ(2017)感想
番組HP

なるほど~
あの少年(横山歩)が初(竹内涼真)のエピソードに繋がっていくきっかけとなるのねぇ。
某局で放送された「はじめまして、愛しています」と重ねられ、
初とも重ねられているのか~。


いきなりの手紙、、
手紙によってひたすら繰り広げられる説明、、
明かされる過去の過酷さ、、
などなど、
初の母親の描写は全く好みではなくて、
正直、このクダリには白けてしまったよ。

その後の初とカホコ(高畑充希)のシーンは好みだったので、
なんとか気持ちを持ち直しはしたのだけれど、
一度白けてしまったためか、
そこまで気持ちが高まることがなく、
今回の最も良いシーンを見守るコトになってしまった気がする。
ココがチョッと残念。


「なかなか大きい声で泣くんだね。」 byカホコ
「・・・ダメ?」 by初

このクダリがツボ。
思わず吹き出してしまったわ。

初を包み込む優しさを見せるカホコと、
カホコに甘えるようにすがる初の姿は印象的だったよ。
皮肉屋で、強気で、意地っ張りな初の全く異なる姿を見られたのが良かったよ。

いや、、
でも、、
さすがに、今回の泉(黒木瞳)の主張は分かる気はするのよ。
カホコは成長しているとはいえ、まだ、あんなだし、
すんばらしい才能を持っているとはいえ、初も、まだ、あんなだし、、
親としては不安に思っちゃうだろうなぁ。
でも、、
あの二人には幸せになってもらいたいんだよなぁ。
さて、どのように描かれていくか。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

過保護のカホコ  第1話  *感想*
過保護のカホコ  第2話  *感想*
過保護のカホコ  第3話  *感想*
過保護のカホコ  第4話  *感想*
過保護のカホコ  第5話  *感想*
過保護のカホコ  第6話  *感想*
過保護のカホコ  第7話  *感想*
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

<ドラマ> ハロー張りネズミ  第7話  *感想*

2017-08-30 | 夏ドラマ(2017)感想
* 「下赤塚ロマンス」 *番組HP

どうってことない話だったなぁ。
今までの中では今回が最も地味だったんじゃないかしら。

もっとクセのあるネタのほうが好きだし、
純愛を扱うにしても、何かひと捻りしたストーリーが見てみたかったし、
正直、五郎(瑛太)と蘭子(深田恭子)の恋愛パートには興味ないし、、
どうってことない話だったなぁ、、といった感想しかない。


あ、、でも、、
最後のオチは好き。

「俺の葱坊主が、チョッと、、、、。」

この、くだらなさと、しょうもなさは良かったわ。
今回のストーリーを通して、ずっと描かれていた、
五郎のガキっぽい感じや、バカさ加減や、女心に疎すぎるトコロが、
このオチに集約されていて面白かったよ。


「いいじゃないですか!
 女の人が色んな顔を持ってたって!
 好きな人の一番キレイな顔を見てあげるのが男じゃないですか!」

対する星野(宇野祥平)の、なんと男前なことよ。


どうってことない話だった、、などと書いたけれども、
そういやあ、それなりに、楽しく視聴してたわ。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>

にほんブログ村

<ドラマ> ハロー張りネズミ  第1話  *感想*
<ドラマ> ハロー張りネズミ  第2話  *感想*
<ドラマ> ハロー張りネズミ  第3話  *感想*
<ドラマ> ハロー張りネズミ  第4話  *感想*
<ドラマ> ハロー張りネズミ  第5話  *感想*
<ドラマ> ハロー張りネズミ  第6話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<ドラマ> 僕たちがやりました  第7話 *感想*

2017-08-30 | 夏ドラマ(2017)感想
番組HP

真実を知ったトビオ(窪田正孝)とマル(葉山奨之)と伊佐美(間宮祥太朗)とパイセン(今野浩喜)、、
それぞれが、それぞれに、個性的な動きを見せていて面白い。
それぞれが、それぞれに、アホで、ダメな奴すぎて、
想定外の動きを見せてくれていたのが面白かったよ。

父親に愛を問うパイセンは、まあ、いいとして、
残りの3人は、あんなんなっても、
現実逃避していたり、
性根が腐ってたり、
アホだったりするコトにさ、、
呆気にとられちゃったよ。

特に伊佐美が面白かったなぁ。
おっ、伊佐美は弔問してるじゃん。
贖罪か?偉いじゃん。
などと思いきや、
リトル伊佐美を奮起させるためだと知り、ガックリきちゃったよ。
「これが、俺なりの、鎮魂!」
これ、吹き出しちゃったよ。


弔問しては吐く、、を繰り返す伊佐美の様子や、
蓮子(永野芽郁)への後ろめたさを見せるトビオの様子や、
市橋ら矢波高校の不良たちから受けた暴力が影を落としているマルの様子など、
影の部分もしっかり感じられるのも良かったわ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

<ドラマ> 僕たちがやりました  第1話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第2話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第3話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第4話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第5話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第6話 *感想*
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON 第7話 *感想*

2017-08-29 | 夏ドラマ(2017)感想
番組HP

灰谷(成田凌)がえっらい深く落ち込んでるなぁ、、
などと思いながら観ていれば、
なるほど、そういう展開であったか。

私、全然気付いてなくってさ、、
ホームから転落した男性が救急搬送されてくるという、
名取(有岡大貴)からの知らせにも気付けなかったもんだからさ、、
結構、驚いちゃったよ~、あの、ラストの展開。
どういう経緯で、あのようなことになってしまったのかね?
気になるわぁ。

灰谷は辛いことが重なってたもんねぇ。
ドクターヘリの着陸ミスにしても、
踏切事故の被害者・大島を救えなかったことにしても、、
自分を責めてしまうのも無理もないかもねぇ。

自分を責めすぎだろ、、
責任を感じすぎだろうよ、、などとも思ったのだが、
いつぞやの名取が見せた無関心な態度よりはマシなようにも思ったりもしたよ。
「灰谷先生のそういうとこ、嫌いじゃない。」
という、白石(新垣結衣)の言葉は分かる気がしたよ。
立ち直ってほしいよなぁ、、灰谷先生。


どうやら評判があまり良くないらしい、
緋山(戸田恵梨香)と緒方(丸山智己)の恋模様のほうは、
私はワリと楽しんで視聴。
緒方との言い合いを楽しむ緋山が可愛くって好き。

っつうか、
ここに、名取を絡ませてきたコトにも驚いたわ。

自分のコトを“前途洋々の医師”と評し、
緒方のことを“手足が不自由な仕事を無くした料理人”と評し、
「でも、緋山先生が好きなのはあんただ!」とぶちまける、、

えっらい絡ませてきていて驚いたわ。

仲の良さげな緋山と緒方の様子を「夫婦かよ、、」と突っ込み、
撮った写真で緋山をからかう名取を描いた、
前半のエピソードが好き。

後半のエピソードのほうも、そこまで抵抗はなかったのだが、
名取をチョッと踏み込ませ過ぎな気はしたなぁ。


 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コード・ブルー2nd season  最終回 *感想*
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON 第1話 *感想*
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON 第2話 *感想*
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON 第3話 *感想*
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON 第4話 *感想*
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON 第5話 *感想*
コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON 第6話 *感想*
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

愛してたって、秘密はある。  第7話 *感想*

2017-08-28 | 夏ドラマ(2017)感想
番組HP

爽(川口春奈)と風見(鈴木浩介)の過去の事件が明らかになった回。

事件当時、
風見の悲痛な泣き声を耳にして、
爽がある想いをずっと抱いていた、、
というのは興味深かったよ。

それが、
ずっと描かれてきている、
加害者の気持ちに寄り添いたいという黎(福士蒼汰)の考え方に結びついているのは面白かったわ。

残酷な理想に爽が付き合わされているのが許せなかったという虎太郎(白洲迅)の主張も、
この流れに重ねてあったしね、、
このアタリの描かれ方は面白く視聴するコトができたよ。
いや、、
虎太郎の言い分は身勝手極まりないけれども。
ただの嫉妬心でしかないように思えるけれども。


それにしても、、
晶子(鈴木保奈美)が風見に見せた意味ありげな微笑みはインパクトがあったわねぇ。

「私は、何があっても貴方の味方ですから。」
この言葉は何を意味しているのかしら。
気になるわぁ。


どうでもいいけど、
黎の元にメールで送られてきた写真の小包が、実は二つ用意されていたというクダリはイマイチだったなぁ。
警察に送られてきたほうの小包がしょうもなくって萎える。
煽るのはいいのだけれど、
面白く煽ってほしいんだよなぁ。
黎が発見した小包ひとつで良かったんじゃないのかね?
警察の方に小包が送られたことで、何かしら新たな動きへと繋がるのかね?


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

愛してたって、秘密はある。  第1話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第2話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第3話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第4話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第5話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第6話 *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごめん、愛してる  第7話  *感想*

2017-08-28 | 夏ドラマ(2017)感想
番組HP

凜華(吉岡里帆)が自分の気持ちに素直に行動していたことに救われたわ。

麗子(大竹しのぶ)とサトル(坂口健太郎)の存在が、
凛華と律(長瀬智也)の足枷となっていくことは予想できることだし、
ドラマを切なく見せていくためには仕方が無い流れなのだと分かっちゃいるけど、
やはり、ああいう流れを観てはおきたいよねぇ。
凛華だけでも、自分の気持ちに正直に行動するところを見られて良かったわ。


「律。律。こっち向いて、律。」
凛華が律に語りかけてからキス、、までの流れが好き。

サトルのことで落ち込む凛華を律が励ます、食事のシーンとは対照的な関係性よねぇ。
このドラマは、律と凛華の関係性を時折変えて見せてくれるところが、いいんだよなぁ。
律が凛華のことを気にかけ、支えるパターンも、
凛華が律を守り、包み込むパターンも、
どちらも萌え要素があって、楽しめる。


いやぁ、、
それにしても、、
麗子の嫌らしさったら、物凄いもんがあったわねぇ。

今までだって、
麗子の我儘っぷりや、冷酷っぷりを観てきてるんだけどねぇ、、
今回のは、またひと味違う嫌らしさがあって、面白かったわ。
よくもまあ、、あそこまで嫌な人物にしたもんだわ。


 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

ごめん、愛してる  第1話  *感想*
ごめん、愛してる  第2話  *感想*
ごめん、愛してる  第3話  *感想*
ごめん、愛してる  第4話  *感想*
ごめん、愛してる  第5話  *感想*
ごめん、愛してる  第6話  *感想*
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

<ドラマ> カンナさーん! 第6話  *感想*

2017-08-27 | 夏ドラマ(2017)感想
番組HP

麗音(川原瑛都)が印象的な回。

川原瑛都ちゃん、いいねぇ。
いや、今までもさ、、
いいなぁ、、可愛いなぁ、、と思ってはいたのよ。
感想で触れてなかったけれども。

だけどさ、、
今回の川原瑛都ちゃんの頑張りといったらさ、、
も~う、今まで以上のもんがあってさ、、
感想で触れないわけにはいかなくなったわ。
ホント、素晴らしかったわ。
今回のストーリーは、
この川原瑛都ちゃんの頑張りがあってこその面白さだったと思うわ。


ファッションショーも良かったなぁ。
まさか、カンナ(渡辺直美)の家族が総出演することになるとは思わなかったよ。
楽しげだったし、
家族の温かさが伝わってきたし、、
いい雰囲気だったよねぇ。

でも、、
いい感じが戻ってきたように感じられたカンナと礼(要潤)の間には、
まだまだ一波乱ありそうだねぇ。
柳子(斉藤由貴)も手ごわそうだしねぇ。
何が待ち受けているのやら。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

<ドラマ> カンナさーん! 第1話  *感想*
<ドラマ> カンナさーん! 第2話  *感想*
<ドラマ> カンナさーん! 第3話  *感想*
<ドラマ> カンナさーん! 第4話  *感想*
<ドラマ> カンナさーん! 第5話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛してたって、秘密はある。  第6話 *感想*

2017-08-27 | 夏ドラマ(2017)感想
番組HP

ラストで、
爽(川口春奈)と風見(鈴木浩介)の関係性が明らかにされていたのが良かったわ。

アレがなかったらさ、、
今回のストーリーって、面白味が大してなかったように思うのよ。

指輪の件とか、
メールの件とか、
盗聴器の件とか、、

それらしいもんを散りばめてはあるけど、
どれも、そう大したもんじゃないからさ、、
今までと変わらぬ煽りネタにしか思えないからね、、
雰囲気だけで引き伸ばそうとしているストーリーとしか思えないからさ、、
ラストのアレだけでも、大きく動きを見せてもらえたのはホント、良かったわ。


前園勝敏・港北医科大学付属病院・帝産メディカルシステム、、
この三者による贈収賄の繋がりについて、
ハッキリと見せてもらえたのもいいよね。
想像を巡らせる新たな要因を提示してもらった感じはあったわ。


そうそう、、
金庫が空っぽになっていて、
大荒れする黎、、
というシーンがいまひとつで萎える。

動揺する黎の心情だとか、、
何者かに脅かされていく切迫感だとか、、
あんまり感じられなくって、
私の気持ちは置いてけぼりだったわ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

愛してたって、秘密はある。  第1話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第2話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第3話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第4話 *感想*
愛してたって、秘密はある。  第5話 *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<ドラマ>ウツボカズラの夢 第3話 *感想*

2017-08-26 | 夏ドラマ(2017)感想
未芙由(志田未来)の優秀っぷりがたまらない。

いいねぇ、、未芙由。

尚子(大塚寧々)に気に入られるように仕向け、
あの気難しい美緒(川島鈴遥)の心を開いちゃうんだもの。
知也(前田旺志郎)にまで接触して秘密を聞き出してしまうんだもの。

人の懐に入り込むのが上手いよねぇ。
自分の目的のために、確実に動き回れるんだねぇ。
未芙由の言動に惚れ惚れしちゃったわ。


未芙由の快進撃に満足していれば、
ラストには思いがけない人物のご登場。

これは予想外の動きだったわ。
前回、何かを企む表情を見せてはいたけれど、
こんなコトを考えていたとは思わなかったわ。
どうなっちゃうのかねぇ。
未芙由、頑張れ~っ。負けるな~っ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

<ドラマ>ウツボカズラの夢 第1話 *感想*
<ドラマ>ウツボカズラの夢 第2話 *感想*
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

<ドラマ>黒革の手帖  第6話  *感想*

2017-08-25 | 夏ドラマ(2017)感想


元子(武井咲)が窮地に陥る回ね。

何もかも元子の思い通りになってきたようなトコロがあるので、
今回の窮地の回に新鮮さはあったわねぇ。

村井(滝藤賢一)と波子(仲里依紗)の再登場や、
黒革の手帖をネタに会食を楽しむ長谷川(伊東四朗)・橋田(高嶋政伸)・楢林(奥田瑛二)の様子も、
それなりに楽しむコトはできたよ。

でもなぁ、、、、
なんか、やっぱり、
ネタ感が強いというかさ、、
安っぽいというか、、
軽薄というか、、
好みのストーリーじゃないんだよなぁ。

前回が見応えがあっただけに、
余計にストーリーが薄っぺらく感じてしまって、
あまり惹きこまれない回だったよ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

<ドラマ>黒革の手帖  第1話  *感想*
<ドラマ>黒革の手帖  第2話  *感想*
<ドラマ>黒革の手帖  第3話  *感想*
<ドラマ>黒革の手帖  第4話  *感想*
<ドラマ>黒革の手帖  第5話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加