Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

<ドラマ> 僕たちがやりました  第4話 *感想*

2017-08-09 | 夏ドラマ(2017)感想
番組HP

トビオ(窪田正孝)の逃亡生活と、マル(葉山奨之)の豪遊生活が、
交互に描かれているのがいいねぇ。
トビオの惨めな逃亡生活を見せられた後に、マルの豪勢な遊び方を見ると、
ますますマルが嫌な奴に思えてくるわ。

まあ、現実から逃げているのは、トビオもマルも同じだからねぇ、、
どっちもどっちなのだけれども、、
でも、やっぱり、、
トビオの金を盗んで豪遊するのは酷いよ、マルよ。

トビオのエピソードにはニューパイセン・ヤングさん、、
マルのエピソードには、男を手玉に取る麗ちゃん、、
それぞれのエピソードに新キャラが登場していたのも楽しめたよ。
どちらも、なかなかの曲者、、
トビオもマルも新キャラに翻弄されるというのも興味深かったわ。
それにしても、、
トビオ、無事なのかしら。
コミカルに描かれてはいたけれど、ありゃあ恐ろしい体験だよねぇ。


感情を露わにする市橋(新田真剣佑)の姿も印象には残ったよ。
市橋ったら、感情的になると、途端に幼くなっちゃうんだねぇ。
年相応の市橋の感情が見えたようにも、
単に台詞が拙いだけのようにも感じられ、
何とも言えない気持ちにさせられたよ。

市橋のやり切れない気持ちがしっかりと伝わってはくるものの、
いやいや、お前も、人に多大なるダメージを負わせ続けてきとるだろうが、、と毒づきたくもなる、、
そんな、何とも言えない気持ちにもなったわ。


あと、気になったのはパイセン(今野浩喜)の背景。
母親しかいなくって、その母親も他界してたんだねぇ。
親が海外に行っているという設定をまるっと信じちゃってたよ、私。
弁護士の西塚(板尾創路)が絡んできたり、、
パイセンにそっくりな人物が出頭してきたり、、
謎めいてるのね、、パイセンって。

トビオも、マルも、市橋も、パイセンも、、
それぞれのパートに動きが感じられて、
面白く視聴できたストーリーだったわ、、今回って。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

<ドラマ> 僕たちがやりました  第1話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第2話 *感想*
<ドラマ> 僕たちがやりました  第3話 *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コード・ブルー ドクターヘ... | トップ | 過保護のカホコ  第5話 ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おのののかと葉山くんの (パインル)
2017-08-10 03:53:45
エピソードがいかにも「大金を手にしたチャラい高校生」のその後ってイメージを映像化していて面白かったです。
(おのののかと今野氏が同じドラマに出ているのを観たら、去年の日テレドラマを思い出しました。)

加えて、窪田くんがトランクス一丁で路地裏でゴソゴソやっているシーンもこの作品らしくってよかったです。

板尾氏の今回の役どころは何となーく「極悪がんぼ」を想起させますよね?
バインル さま (Lee)
2017-08-10 08:01:01
コメントありがとうございます♪

そういえば、、
「そして、誰もいなくなった」に2人とも出演してましたねぇ。
すっかり忘れてました。
おのののかさんも、今野さんも、、
このドラマの方が断然魅力的に感じます。

極悪がんぼのことも忘れてました、、汗。

コメントを投稿

夏ドラマ(2017)感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL