Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第7話  *感想*

2016-03-31 | 冬ドラマ(2016)感想
今回も回想シーンの多用が気になるなぁ、、
などと思いながら観てたんだけど、
(あと、毎度毎度のCM明けの重複シーンもね。)
思えば私、このドラマを短期間で視聴しているからね、、
正しく一週間おきに視聴していれば、この回想シーンの多用も気にならないのかもしれないわねぇ。

前回から5年、、
頑張ってお仕事しながら暮らしているすみれ(桐谷美玲)の姿が新鮮で楽しい。
お仕事に、合コン、、
真白(町田啓太)との再会、、どれも楽しめたよ。

真白の教え子・栗原(山田杏奈)の絡ませ方はやや強引な気もするのだが、
栗原ちゃんを絡めることで、すみれの成長を見せてくるというのは、やっぱり楽しめるね。

っていうか、真白くんの髪形が若返っていて笑える。
この髪形のほうがいいなぁ。

あと、黎さんよ、黎さん。
洋装になったせいか、
高層ビルに居座っているせいか、、
胡散臭さが倍増していて、コレも笑える。

黎にも、すみれにも、もう時間がないって、、どういうことだ~!?

 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第1話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第2話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第3話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第4話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第5話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第6話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第6話  *感想*

2016-03-30 | 冬ドラマ(2016)感想
真白(町田啓太)の命を救うすみれ(桐谷美玲)、、
すみれから澄(松坂慶子)へ、、
真相を知った真白、、
などなど、切なさモードで描かれているんだけど、
前回や前々回と比べるとテンポが悪く、
回想を多用しすぎていて、
全体的にダラダラとした印象。
チョイとかったるい。
しっとり丁寧に描かれているとも言えるのだろうが、
個人的には、やはり、それよりも、無駄に引き伸ばした感が強いんだよなぁ。

などと思いながら観ていたのだが、最後の最後で驚かされたよ。
そうか~
今回でひと区切りさせて、次は5年後を描いてきちゃうわけなのねぇ。
このドラマ、ラストで見せる引きはいいよねぇ。

かったるいなどと文句を書いてしまったが、
黎に頼っていたスミレが、黎無しで頑張っていくようになる展開は、
スミレの成長物語としては真っ当で面白いわねぇ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第1話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第2話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第3話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第4話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第6話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第5話  *感想*

2016-03-29 | 冬ドラマ(2016)感想
あら~
なんか急展開きたー。

まさか、真白(町田啓太)に死期が迫っている展開が来るとは思わなかったわ。
っていうかさ、スキー場で真白の心臓がドクンとなるシーンはさ、、
てっきり、化け猫絡みの霊的な作用なのかと思っていたよ。

すみれ(桐谷美玲)の幸せを願う黎(及川光博)が真白を救うために自身の生気を分け与えようとし、
真白と黎の身を案じるすみれが、自身が分け与えられた生気を真白のために与えようとする、、
こりゃあ、、今後は切ない展開になっていきそうねぇ。

っていうか雪白(小西真奈美)が想像と違って、威勢のいいキャラで驚いたわ。
もっと、しとやかさのあるキャラなのかと思っていたよ~。
でも、いいね、、あの感じ。

 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第1話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第2話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第3話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第4話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマスペシャル ストレンジャー *感想*

2016-03-28 | SPドラマ 感想
番組HP

冬ドラマが終わり、春ドラマが勢ぞろいするまで時間のある、ドラマ渇望期ということもあるし、
脚本家は、演劇界の鬼才・鈴木勝秀、、
演出は、「踊る大捜査線」の本広克行、、
などと、読売新聞の「試写室」で告知していたこともあり、ワリと楽しみに視聴。
(あ、演劇界の鬼才の方のコトは知りませぬ。)


、、、なのだけど、結局最後まで、あのまったりしたテンポ感が受け入れられなかったよ。
原案である「ポーの一族」の世界観を損なわないようにということと、
耽美的な要素で魅せていきたいという狙いがあっての、
あえてのあのテンポなのだろうとは思うのだが、
正直、かったるかったなぁ。

コレはアレかね?
様々な世代の人達に理解し易いようにという狙いもあるのかね?
中盤には長ったらしいまとめ映像はあるわ、、
後半にも一度、軽いまとめ映像が入れられてるわ、、
CM明けに重複したシーンを見せられるわ、、
分かり易いっちゃ分かり易いんだけどさ、
こんなもんで放送時間を稼ぐくらいなら、
サクッと2時間枠で収めてくれたらいいのに~と思っちゃったよ。

などと文句をタラタラと書いてしまったが、
ストーリー自体はそれなりに楽しめはしたのよ。
三杉晃(香取慎吾)と真理亜(中条あやみ)が醸し出す空気だとか、
晃くんが抱えている哀しみや、寂しさだとか、
雰囲気は独特のものがあって、そのアタリは好感を持てたよ。
ミスリードや、真犯人の犯行目的も楽しめたしね。
っていうか、コレ、評判が良ければシリーズ化したいとか思ってそうだよねぇ。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第4話  *感想*

2016-03-28 | 冬ドラマ(2016)感想
なんか出てきた~っっ!

話の流れから、黎(及川光博)の婚約者が封じ込められている屏風が、
真白(町田啓太)の家にあるコトは分かったが、
まさか、いきなり出てきちゃうとは思わなかったよ。
ここで、新たなキャラの登場か~。
白猫は 小西真奈美さんなのねぇ。
雰囲気あっていいわぁ。

今回がストーリー的にも一番面白かったなぁ。
森羅万象のこだわりから外れているという早雲(小日向文世)の言葉や、
風呂場で倒れたときに見た夢などが要因となって、
この暮らしが長くは続かないのではないかと不安に思ったり、
正体がばれてしまったときの怖さを感じたり、、
すみれ(桐谷美玲)の新たな想いが感じられることと、
よっちゃんとの再会によって、さらに強くなったすみれの姿を見られることがいいよねぇ。

携帯初体験やら、アルバイト初経験やら、、
澄(松坂慶子)と真白の対面やら、、
旧友・よっちゃんとの再会やら、、
明かされる黎の婚約者のことやら、、
「にゃ」縛りにかかる早雲やら、、
ストーリーに動きがたくさんあったことも楽しめた理由だろうなぁ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第1話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第2話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第3話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ 精霊の守り人 第2話  *感想*

2016-03-27 | SPドラマ 感想
番組HP

バルサたちが住む世界と重なり合うように存在する世界ナユグ、、
ナユグの水の精霊・ニュンガロイム、、
ニュンガロイムが人に産み付けた卵を狙う、卵喰い・ラルンガ、、
ニュンガロイムの卵を産み付けられた者の呼称である精霊の守り人、、などなど、
耳慣れない固有名詞やら、よく分からぬ概念やら、、色んな情報が盛りだくさんだ~。
でも、タンダ(東出昌大)や語り部のニナの説明は思いのほか解りやすく、
意外にスル~っと頭に入ってきたよ。

だが、しかし、、
やはり、このドラマ、未知の固有名詞が膨大だからねぇ、、
しっかり把握するには、ホームページなり、Wikiなりで、復習しないとチョイとキツイか?
ま、雰囲気っちゅうかさ、ふわっと世界観が理解出来れば、それで良し、、ってな気もするよ。

それにしても、恐ろしい話だよねぇ。
ニナの語りを聞いたチャグム(小林颯)が激しく動揺してしまうのも無理もないわ。
帝の刺客に追われるうえに、ワケの分からぬラルンガにも狙われる、、ありゃあ厳しいわ。

幼少期のバルサとチャグム(小林颯)が重ね合わせて描かれているのがいいねぇ。
バルサ(綾瀬はるか)とチャグムが、この困難をどう切り抜けていくのか、、楽しみだ。
チャグムよ、逞しくなってくれ~っ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 精霊の守り人 第1話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第3話  *感想*

2016-03-27 | 冬ドラマ(2016)感想
亜梨紗(水沢エレナ)のヒールっぷりがあまりにも幼稚すぎて、
演じている中のひとが気の毒になっちゃったよ。

そもそも、すみれ(桐谷美玲)が澄(松坂慶子)に戻った際に取り繕う様子からしてグダグダなのに、
そこに、亜理紗のあまりにも幼稚な意地悪が加わっちゃってるもんだから、
なんか、ホントしょうもないもんを見せられている気持ちになるんだよなぁ。
こんなしょうもないもん観てていいのか、、私、、ってな気持ちになるんだよなぁ。
それでも、最終的には、すみれがキッパリと亜理紗に2回も言い返してくれているので、
妙にスカッとさせられてしまったよ。
すみれの口調が上滑りなことが、やっぱり気になってしまうのだが、
すみれが経験を重ねていく様子は観ていて微笑ましくはあるわねぇ。

天野早雲(小日向文世)の奇襲攻撃を受けてしまった黎(及川光博)、、
さて、どうなるか?

 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第1話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第2話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第2話  *感想*

2016-03-26 | 冬ドラマ(2016)感想
一度も会ったことのないゼミ生の由ノ郷千明(秋元才加)に対するすみれ(桐谷美玲)の行動は、それなりに楽しめたよ。
千明に接するすみれの様子からは澄(松坂慶子)の想いが感じられたし、
「大学生にもなって、そんな意地悪するなんて、、、めっ!」と、亜梨紗(水沢エレナ)を叱る言葉はインパクトがあったしね。
まさか、「めっ!」が飛び出すとは思わなかったなぁ。
ユーモラスだし、可愛らしくって、いいわねぇ。
澄を意識しているからか、すみれの台詞回しがたどたどしくって、
すみれの中の人の演技が今まで以上に不安定な気もするのだが、
浮世離れした口調が可愛らしくはあるわねぇ。

真白(町田啓太)とすみれの関係が、予想よりも早く進展していく感じも楽しめたよ。
イロイロと策を弄して、真白を家に誘導し、風呂を勧め、手作りチョコのデザートでもてなす、、
黎(及川光博)ったら、グッジョブだ。
最後に、すみれから澄に変わっちゃってたけど、大丈夫なのか?アレ。

 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第1話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第1話  *感想*

2016-03-25 | 冬ドラマ(2016)感想
録画しておいたものを消化中。
今日、最終回なんだよねぇ。
結局最終回には追いつけず、、、。
春ドラマの開始まで時間があるし、のんびり視聴していこっかなぁ。



ま、こんなもんか。
こんなもんだろうな。
そんな印象。

正直、そこまで面白くはない。
でも、そこまでつまらなくもない。
そんな感じだったよ。

いや、それにしても、、
澄(松坂慶子)はチョイと老けすぎじゃあなかろうか?
イマドキの65歳はもっともっと若いと思うのだが。

ま、、友人とも、ご近所とも、交流を持つことなく、
地味な人生を過ごしてきたんだもんねぇ、、
アレはアレでアリか~。

亜梨紗(水沢エレナ)たちにイジワルされて、
歓迎会を逃げ出したすみれ(桐谷美玲)に
「65なら65の老婆らしく、厚かましく胸を張って生きろ!」と
黎(及川光博)が叱咤したシーンが印象的だったよ。
澄は、あんな、年端もいかない女たちにも弱気になってしまうほどの性格なのだと、
あのクダリでしっかり把握できた気がしたよ。

その後に吹っ切れた様子で、ゼミ仲間に挨拶するすみれがいいねぇ。
「迷惑かけてすみません。
 おばさん臭くてすみません。
 でも、でも、私、今日から頑張りますから、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。」
こう語るすみれは清々しくて、今後の頑張りを見守っていきたくなったよ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ 精霊の守り人 第1話  *感想*

2016-03-24 | SPドラマ 感想
番組HP

綾瀬はるかさんがバルサか~。
なんか、線が細い気がするなぁ。
な~んてコトを視聴前には思っていたんだけれど、
綾瀬はるかさん、とても頑張ってたなぁ。
あそこまで声が低い綾瀬さんって、初めて見たかも。
線の細さはやはり感じてしまうし、、
バルサが追手に囲まれてしまう後半のシーンは、やはり頼りなげな印象も受けたのだけれども、
頼りなさを感じさせながら、必死で戦うバルサというのは、
これはこれでアリのように感じたし
スピード感のある殺陣は見応えがあったし、
好感を持てたなぁ。

線が細いとかなんとか文句を書いちゃったけどさ、、
実は原作は1巻しか読んでないのよ。
それも、かなり前のことで、
バルサのイメージくらいしか、もはや記憶にないというトホホな状態。

でもね、、だからね、、
これから長~く続いていく、この大河ドラマを楽しんで観ていくことができそうな気がしているのよ。
帝とか、聖導師とか、トロガイとか、、チョイと胡散臭すぎる気もするが、、
ニノ妃がイマイチ好みじゃないのだが、、
ま、、いいや~。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加