6月は大祓式の月。

本日早朝、月次祭を斎行いたしました。
本年度はじめに毎月朔日は「社務所にて神職が奉仕する」と宣言しましたが、このコロナ禍を鑑みて5月から社務所での奉仕をご遠慮させていただいております。
この6月の月次祭はどうすべきか、いろいろと思いあぐねていましたが、結局まだ時期尚早と判断し、今回は社務所は閉めております。
6月末には「夏越の大祓式」がございます。これを以て仕切り直したいと考えていますので、何卒ご理解ご了承の程お願いいたします。



ところで、本日より拝殿にて崇敬者様用に「夏越の大祓式」の人形(ヒトガタ)を設置させていただいております。鉛筆と封筒もあわせて設置していますので、大祓式において心身のお祓いをご希望の方は、人形に氏名・住所・生年月日等をご記入の上、人形と初穂料(お心持ち)を封筒に入れて、そのまま賽銭箱にお納めください。
まだまだお出掛けするには遠慮があることと思いますので、当社へのお参りが叶わないという方からの大祓式の申込、または御祈祷のお申し出につきましては対応していくつもりです。この場合は、少し手順を踏んでいただく必要があると考えておりますので、詳しくはメールでおたずねください。



神社周辺の田んぼには水が張られ、田植えもほぼ終えられているようです。
鳥居や伊那佐山が田んぼに映り込むといよいよ夏です。
今年はいつもと違う感じの夏かもしれませんが、そんな「違い」も楽しんで、面白がって、笑顔で乗り越えられたら最高ですね。
では、今月も元気出していきましょう!






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

いつでもどこでも祈ることはできる。

去る5月6日、神道青年全国協議会の声がけにより、全国の青年神職が各奉務神社で『新型コロナウイルス感染症早期終息祈願祭』を一斉に奉仕しました。
僕も数年前まで奈良県の神道青年会でお世話になっておりましたので、この取り組みを意気に感じましたし、激しく同意しました。
そこで、甚だ簡略ではありますが僕も当社拝殿にて僭越ながらご奉仕申し上げました。

ただ、祈りとは「もっと日常のなかで行われてもいい」とも思います。
それこそ『営業の途中で立ち寄ったコンビニでコーヒーを買って車内で休憩の束の間でさえも』とも。

そのために神社には「神拝詞」というものがあります。
今日ほど、心身の健康に意識が注がれているときはないでしょう。
「神拝詞」には、罪穢れを清め祓うことができ心身の再生を期することのできる大祓詞のほか神棚や神社で奏上することのできる祝詞が掲載されています。
「神拝詞」は、神社の社頭で頒布されるものもあれば #神道青年全国協議会 の他、多くの神社のHPでダウンロードできます。
ぜひ検索してみてください。

当社といえば今のところアナログ対応のみですが…。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

5月1日、月次祭を斎行いたしました。

本日早朝、月次祭を斎行いたしました。
先月「毎月朔日は社務所で奉務します」と宣言したばかりですが前言撤回です。
新型コロナウイルスの拡散防止のため、やむを得ず社務を休止しております。
こんなふうにいろいろな形でコロナの影響があることを思うにつけ、その罪深さを感じます。
はからずも罹患してしまった方はもとより、それに関わる医療関係者をはじめとする全ての皆様のご無事を願わずにおれません。
そして一日も早くこの度の事態が終息し、元の生活に立ち戻ること祈念いたします。

本日の月次祭でも武漢肺炎ウイルス感染症流行鎮静祈願祭を斎行しました。
また崇敬者様の諸願成就祭(御導き御祈祷)として病気平癒を御祈祷申し上げました。



ところで、今日の玉串の榊の枝の先には新芽がついていました。
季節の移ろいのなかで自然の生命力はしたたかで心励まされる思いです。
不要不急の外出を控えても、心は自由に遊ばせていきましょう。
今日の健康に感謝しつつ、自分以外の皆にも元気を分けられますように!

今月も元気出していきましょう!。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

毎月朔日の奉務について<訂正>

「毎月朔日は社務所で神職が奉務する」と先月の今頃に決意し広報もしましたが、訂正いたします。
昨今の情勢を鑑み、当面の間は社務所での奉務を自粛いたします。
また御神札・御守・御朱印の授与所での授与も当面の間、原則的に行ないません。
ただ、当社は閉門という概念がない(門がない)ので、お参りを妨げることはありませんが、なるべく不要不急のお出掛けはお控えいただくことが望ましいと思います。
それでも、どうしてもという方も中にはいらっしゃることでしょう。
もし、お参りの方で、御神札・御守の授与を希望の方がいらっしゃいましたら、拝殿のところに「ご用件お伺い書」を設置しておりますので、ご記入の上、賽銭箱にお納めください。少々お時間がかかるかもしれませんが郵送などで対応させていただきます。
また、御朱印は「書き置き」を拝殿のところに設置しておきますので予めご了承くださいませ。

なお、5月1日の月次祭並びに月次祭御祈祷は当日早朝に斎行します。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お参りの皆様へ。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ