やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

受験子の寒い寒いと言ひ小さし 今瀬剛一

2018年01月17日 | 俳句
504
今瀬剛一
受験子の寒い寒いと言ひ小さし
この寒い季節に受験期がやって来る。昔は大学受験だけだった気がするが今や幼児の頃から大変らしい。そんな彼ら彼女らには寒いの暑いのなどと言っていられない。寝ても覚めても受験勉強である。何だか凍えた姿が縮まって小さく見える。青年よ大志を抱け!大志が無かった小生の哀れな末路の轍を踏むな。そう成りたくなければハイお勉強。「何時やるか・今でしょう!」今熱くならないでどうするの、とは言っても寒いものは寒い。:『日本の四季・旬の一句』講談社(2002年2月5日)所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日向ぼこあの世が混んで来た... | トップ | 寒梅や孫はケーキをたづさえ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事