やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

さまよへるちさき蛍や地蔵盆 五十嵐古郷

2018年08月13日 | 俳句
722
五十嵐古郷
さまよへるちさき蛍や地蔵盆
地蔵堂に灯が入った。子供が盆の行事を楽しんでいる。その中に蛍がさまようように明滅している。もしかしたらご先祖様が蛍に姿を借りて子孫の様子を見に来たのかも知れぬ。爺ちゃまも婆ちゃまも私はここに元気でおります。線香花火で一緒に遊びましょうね。盆には幻想を巡らせる不思議な雰囲気がある。:山本健吉「鑑賞俳句歳時記」(1997年1月15日)所載。
<いらっしゃいませー俳句喫茶店・つぶやく堂ーどうぞお入りください>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 機関車のひとつD51炎天下... | トップ | 骨に指添はせて捌く鰯かな ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事