東京災害支援ネット(とすねっと)

~おもに東京都内で東日本太平洋沖地震の被災者・東京電力福島第一原発事故による避難者支援をおこなっています~

とすねっとでは被災された方や避難されている方からの相談を受付ています

電話相談 03-6806-5414(ひぐらし法律事務所内=10時~17時、土日祝休) メール相談:tossnet311@gmail.com お気軽にどうぞご相談ください。

災害対策情報はこちらからもどうぞ

宮城県 福島県 岩手県 青森県 茨城県 千葉県 埼玉県 東京都 神奈川県 熊本県 首相官邸(被災者支援に関する情報) 厚生労働省 総務省 金融庁 内閣府 東日本大震災支援全国ネットワーク 全国社会福祉協議会 助けあいジャパン

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【報道】617チャリティデイが紹介されました!

2011年07月14日 00時12分30秒 | ボランティア

【報道】617チャリティデイが紹介されました!
2011年6月17日にカトリック麹町聖イグナチオ教会において各団体とともに共催して実施した「617チャリティデイ」の記事が、カトリック新聞7月10日号に掲載されました。今週の記事一本の中なので、まもなくインターネットでは見られなくなります。
被災者の新生活を応援
教会近くの避難所ホテル閉鎖で
東京・麹町教会

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【物資募集】6月17日(金)東日本大震災避難者をサポートする617チャリティデイにご協力ください

2011年06月12日 02時42分31秒 | ボランティア

6月17日(金)に東京災害支援ネット(とすねっと)とカトリック麹町聖イグナチオ教会が
中心となって「東日本大震災避難者をサポートする617チャリティデイ」を開催します。
つきましては、このイベント内で開催するバザーでの物資のご提供のご協力を呼びかけさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。(物資提供については、下段のほうにありますのでお読みください)

【イベント内容】
東日本大震災避難者をサポートする 617チャリティデイ

と き:2011年6月17日(金)11時~17時

ところ:カトリック麹町聖イグナチオ教会内 http://www.ignatius.gr.jp/annai/access.html

    〒102-0083 東京都千代田区麹町6-5-1
    JR中央線/メトロ地下鉄 丸の内線・南北線四谷駅下車 徒歩1分 
    JR線 → 麹町出口 丸の内線・南北線 → 赤坂出口
★内容★
11:00~ チャリティバザー(避難者の方は無償・一般の方もどうぞ ※品物は市民や関係団体から善意で提供されるものです)
      相談コーナー(法律・税・くらし・補償問題・困りごとなど)
      軽食・カフェ・交流コーナー(おいしいイタリア料理など・珈琲・紅茶・スウィーツあります)
      ★ 子どもスペース・遊びスペースあり!!似顔絵コーナーあり!★
14:00~ コンサート(すてきな音楽家たちによる演奏)
      守安功さん・守安雅子さん(アイルランド音楽)野中正さん(ピアノ)
      湯川珠美さん(ジャズピアノ)富田牧子さん(チェロ)塩谷牧子さん(ギター)ほか
      
●寄付によるご協力は
 三井住友銀行赤羽支店 普通3980338 名義:東京災害支援ネット 会計 小林美咲
● 東京災害支援ネット(とすねっと)とは
 東日本大震災発生後に、首都圏へ避難してこられた方や被災された「広域避難者」
 への支援活動を行うために有志によって設立された任意団体です。
 「とすねっと通信」の発行やフリーダイヤル電話相談や相談会などで法律相談・生活相談などをおこなっています。

主 催: カトリック麹町聖イグナチオ教会・東京災害支援ネット(とすねっと) 

協 力:みぜりこるでぃあ日本・NPO法人自立生活サポートセンター・もやい・イグナチオ教会なごみ会 東京カリタスの家 オルガン練習室BEATAほか 

お問い合わせ  Eメール: tossnet311@gmail.com 携帯: 080-3502-7330(とすねっと生活支援チーム)

【追記】
 なお、当日は19:00より(聖イグナチオ教会主聖堂にて)聖イグナチオ教会「オルガンと祈り《キリストのいのちを生きる モーツァル トのAVE VERUM CORPUSを一緒に歌いましょう》」が開催されます。どなたでもご参加できます。
 詳細→ http://www.gregorio.jp/asai/concert.html
 

 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【物資ご提供のご協力について】

  チャリティバザーにご協力いただき、物資ご提供頂く場合は、搬入作業や仕分け作業の手間を簡素化するため、
 いくつかの事項にご注意いただきたいので以下の注意事項をよくお読みいただいた上でご協力をお願いいたします。
 (必要物資は、さらに下段に記載しています)

●提供先
物資は、東日本大震災によりおもに東京に避難中の避難者、被災者に無償でご提供いたします。
ただしバザーに来場した一般客には、主催者が指定した金額(廉価)で販売し、その売り上げは
617チャリティデイ開催費用の一部および東京災害支援ネット(とすねっと)の継続的な震災支援活動に還元します。
また余剰の物資の使途についてはイベント終了が主催者が判断いたしますのでご了承ください。

●荷物送付についての注意事項
【送り先】
〒102-0083 東京都千代田区麹町6-5-1 カトリック麹町聖イグナチオ教会気付
「617チャリティデイ・バザー宛」 (←必ずお書きください)
連絡先:080-3502-7330(とすねっと事務局)
※内容物記載のところにも「617チャリティデイ・バザー用物資(内容)」と記載願います。

【送付日】
6/13(月)6/15(水)の「午前中到着」(必ず時間指定してください)の宅急便・小包便のみ受付いたします(直接の持ち込みも午前中にお願いいたします)。6/17当日の持ち込みは不可です。ご了承ください。
車などで現地に直接搬入ご希望の方は、事前にとすねっと事務局まで必ずご相談ください。
→とすねっと事務局メール tossnet311@gmail.com

【荷物の外側への記載】
段ボールなどに、内容物をマジックなどで大きくわかりやすくお書きください。
例:「大人用衣類」「家電製品●●●」「調理器具」「おもちゃ」など

【提供物資リスト】
提供物資のリストを、おおまかでかまいませんので「必ず同梱」してください。
例:男性半袖シャツ10枚、子ども用衣類10枚、洋皿(ワレモノ)6枚 など

【物資の廃棄/返品など】
万が一こちらの指定したもの以外のものをお送りいただき使用できなかった場合はご連絡せずに廃棄させていただくことがあります。また、廃棄処分にも困るような物につきましては着払いにてご提供者さまに返品させていただくことがあります。ご了承ください。
なお、大きな家具・家電製品や自転車などは今回はお受け取りいたしかねますが、そういった物のご提供についてのご相談は、→とすねっと事務局メール tossnet311@gmail.comまでご連絡ください。

●617チャリティデイにて集めたい物資について
【新品が必要】
1)家電製品
 (※1世帯に何かひとつ、無償提供を検討しています。家電製品は、コンディションがよければ、中古でも可)
  例:炊飯器(3合炊き~5合炊き)、ドライヤー、電気ひげそり(男性用)、オーブントースター
  湯沸かしポット(1~3リットル程度、沸かし&保温、沸かしのみでもOK)、
  CDラジカセ(CD・ラジオが聴けるもの)、小型・中型扇風機、ミニ掃除機  
2)衣類(夏用衣類など、下着、靴下)、靴(大人、子ども すべてのサイズ)
3)シーツ、タオルケット、夏布団、まくら
4)タオル類、台所用布巾類
5)基礎化粧品、石鹸、シャンプー&コンディショナー、ハンドクリーム、
  白髪染め、歯磨き粉、ひげ剃り用クリームなどの消耗品(以上すべて開封していないもの)
6)保存食、お菓子、調味料(お味噌、お醤油、油、海苔など)

【中古でも可(ただしかなり良い状態であること)】
7)台所用品(鍋、フライパン、食器、調理器具など)
8)夏の日傘、雨傘
9)子どものおもちゃ、絵本、本
10)参考書や(本、小学生、中学生などのため)
11)扇子、うちわ、帽子、ベルト、バッグ、ストールなど
12)小さいカート(高齢者用)
13)CD、本
15)旅行用バッグ・車輪付きカート
16)カーテン
17)生活雑貨全般
18)アクセサリー
19)中古の靴(数回使用、というきれいなもの)

●衣類についての注意事項
■収集の際の条件
衣類はできるだけ新品の夏物を中心にお願いいたします。
※肌着、靴下、ストッキング、タイツ、スパッツは新品のみ。
例:半袖Yシャツ、アロハシャツ、ポロシャツ、半袖Tシャツ、男女短パン、スカート、薄手のブラウス、
  ワンピース、薄手ジャケット、カーディガン、サマーニット、キャミソール
  通勤用の夏物スーツ(男女)
■サイズ
 大 人:男女とも S:M:L:LL:XL 子ども:乳児~150cm程度のサイズまで 
■中古の場合
 アイロン・洗濯・クリーニングが必須です。
 数回あるいは短期間着用の物、かつ見た目がきれいな物、シミやほつれなどがないものに限る。
 ネクタイ、ベルト、帽子、スカーフ、ストール、靴などはきれいなものであればOK。
■不可
冬物、セーター、着物、特殊な衣装などは不可

 

※なお、上記のすべての物資が集まるとは限りませんが、みなさまからご提供いただいたものを仕分けし、来場されるみなさまに選んでいただくことになります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/17 東日本大震災避難者をサポートするチャリティデイ開催!!

2011年06月10日 00時31分05秒 | ボランティア

 

今後とも東京の避難者のためにチャリティデイを続けていきたいと思います。ぜひチャリティデイにご協力ください。

 

6/17 東日本大震災避難者をサポートする

♡チャリティデイ♡開催!!

 

き:2011 年6月17日(金)11 時17 時頃

 

ところ:カトリック麹町聖イグナチオ教会内

〒102-0083 東京都千代田区麹町 6-5-1 JR中央線/メトロ地下鉄 丸の内線・南北線四谷駅下車 徒歩1分 JR線 → 麹町出口 丸の内線・南北線 → 赤坂出口

 

★内容★

11:00~

 チャリティバザー(避難者の方は無償・一般の方もどうぞ)

 相談コーナー(法律・税・くらし・女性)

 軽食・カフェ・交流コーナー

 (おいしいイタリア料理と珈琲・紅茶・スウィーツあります)

 ★ 子どもスペース・遊びスペースあり!似顔絵コーナーあり!★

 

14:00~

  ♪♪ミニライブ♪♪

 チェロ・ギター・ジャズピアノなどすてきな音楽家による演奏会です

  ★19:00 からはイグナチオ教会主聖堂で「オルガンと祈り」という音楽と祈りのつどいが あります。どなたでもご参加いただけます。モーツァルトの曲「アヴェヴェルムコルプス」 を一緒に歌えます★

 

●チャリティデイへのご協力は

三井住友銀行赤羽支店 普通 3980338 名義:東京災害支援ネット 会計 小林美咲

 

● 東京災害支援ネット(とすねっと)とは

東日本大震災発生後に、首都圏へ避難してこられた方や被災された「広域避難者」 への支援活動を行うために有志によって設立された任意団体です。「とすねっと通信」 の発行やフリーダイヤル電話相談や相談会などで法律相談・生活相談などをおこな っています。

 

協力 カトリック麹町聖イグナチオ教会

   東京災害支援ネット(とすねっと)

   NPO 法人自立生活サポートセンター・もやい

   みぜりこるでぃあ日本

   東京カリタスの家 ほか

 

お問い合わせ

  E メール: tossnet311@gmail.com

  携帯: 080-3502-7330(とすねっと生活支援チーム)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【文部科学省/ボランティア】東北地方太平洋沖地震に伴う学生のボランティア活動について(通知)

2011年04月03日 01時30分57秒 | ボランティア
学生のボランティア活動における単位付与などについての通知です。
文中のPDFファイルは、文部科学省HPからご確認ください。

23文科高第7号
平成23年4月1日

各国公私立大学長
各公私立短期大学長  殿
各国公私立高等専門学校長
文部科学副大臣
鈴木 寛
(印影印刷)


 このたびの東北地方太平洋沖地震等により被害や影響を受けている大学及び高等専門学校(以下「大学等」という。)においては、被災した学生の修学上の配慮等について、文部科学省から発出した通知等を踏まえ、既に様々な対応を講じていただいておりますこと改めて感謝申し上げる次第です。
 今後、災害復旧の進捗状況に応じて、ボランティア活動への参加を希望する学生が出てくることが見込まれます。
 学生が、大学等の内外において、学修成果等を活かしたボランティア活動を行うことは、将来の社会の担い手となる学生の円滑な社会への移行促進の観点から意義があるものであることから、被災地等でボランティア活動を希望する学生が、安心してボランティア活動に参加できるよう、下記の諸点にも配慮して、引き続き学生への指導等をよろしくお願い申し上げます。


1.ボランティア活動のための修学上の配慮
 ボランティア活動参加者に対し、補講・追試の実施やレポートの活用による学修評価、休学した場合のきめ細かな履修対応などを通じ、学生がボランティア活動に参加しやすい環境作りに配慮すること。
 各大学等の判断により、ボランティア活動が授業の目的と密接に関わる場合は、ボランティア活動の実践を実習・演習等の授業の一環として位置付け、単位を付与することができること。
 ボランティア活動のため休学する場合、その期間の学費の取扱など学生の便宜のための必要な配慮を図ることが考えられること。

2.ボランティア活動に関する安全確保及び情報提供
ボランティア活動は内容によっては危険を伴うものもあることから、参加する学生に対し事前に安全管理の徹底やボランティア保険等(参考1「学生ボランティア活動に関わる保険の例」参照)への加入を呼びかけるなど適切な指導に努めること。

被災地における状況や学生ボランティアによる支援要請等に関する情報について、文部科学省ポータルサイト(参考2「子どもの学び支援ポータルサイト」参照)などを活用しつつ、学生に情報提供を行うこと。

* (参考1)学生ボランティア活動に関わる保険の例 (PDF:61KB)
* (参考2)子どもの学び支援ポータルサイト (PDF:129KB)

お問い合わせ先
【1.ボランティア活動のための修学上の配慮について】

高等教育局 大学振興課 法規係
電話番号:03-5253-4111(内線2493)
【2.ボランティア活動に関する情報提供及び安全確保について】

高等教育局 学生・留学生課 厚生係
電話番号:03-5253-4111(内線2519)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書籍のお申し込み

とすねっと編著『3.11 福島から東京へ』を、郵送にて販売しています。 ご希望の方は、以下のFAX番号もしくはメールアドレスにご注文ください。 FAX:03-3598-0445 mail:tossnet311@gmail.com 記入事項:ご氏名、郵送先のご住所、ご注文刷数 【料金】 一冊1,945円(書籍1,785円+郵送料160円) 【お振込先】 ○三井住友銀行赤羽支店 普通3980338  名義:東京災害支援ネット 会計 小林美咲 ○郵便振替口座 00160-7-672260  名義:東京災害支援ネット(とすねっと)