東京災害支援ネット(とすねっと)

~おもに東京都内で東日本太平洋沖地震の被災者・東京電力福島第一原発事故による避難者支援をおこなっています~

とすねっとでは被災された方や避難されている方からの相談を受付ています

フリーダイヤル電話相談?0120-077-311(10時~17時)メール相談:tossnet311@gmail.com お気軽にどうぞご相談ください。

災害対策情報はこちらからもどうぞ

宮城県 福島県 岩手県 青森県 茨城県 千葉県 埼玉県 東京都 神奈川県 熊本県 首相官邸(被災者支援に関する情報) 厚生労働省 総務省 金融庁 内閣府 東日本大震災支援全国ネットワーク 全国社会福祉協議会 助けあいジャパン

【重要】楢葉は2018年3月で原則避難住宅打ち切りと発表

2016年07月16日 22時36分38秒 | 避難住宅打ち切り問題
福島県は、7月15日、原発事故等の避難者が住む仮設住宅(みなし仮設を含む)について、10市町村でのみ、無償提供期間を1年延長し、2018年3月末までとすることを決めた。このうち、楢葉町については、原則として、2018年3月末を最後に延長せず、無償提供を打ち切る方針を決定した(その後は個別に特定延長を検討するという。)。

楢葉町は福島第1原発の20キロ圏内。前倒しで昨年9月に避難指示が解除されたが、住民帰還率は約6%(今年1月現在)にすぎない。今も、楢葉町からは福島県内に約6500人、県外に約7400人が避難している(今年4月現在)。避難用住宅があと1年半余りで原則打ち切りとなることは、町民の避難生活に大きな打撃を与えるものであって、とすねっとは反対である。

今回の延長の対象は楢葉、富岡、大熊、双葉、浪江、葛尾、飯舘の7町村の全域と、川俣町の避難指示区域、今年避難指示が解除された南相馬市と川内村の一部地域に住む約2万3千世帯。

また、従来の避難区域外については延長せず、仮設住宅の無償提供は来年3月末までで原則打ち切る方針(とすねっとは反対している)。

なお、地震や津波で被災したいわき、相馬、南相馬、広野、新地の5市町については、住宅再建が完了していないなどの事情を考慮して個別に1年間延長(特定延長)する。

7月15日の新生ふくしま復興推進本部会議で決定した。

仮設無償1年間延長 18年3月まで、10市町村2万3000世帯対象(福島民友)
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160716-092739.php
東日本大震災に係る応急仮設住宅の供与期間の延長について(平成28年7月15日公表=福島県庁)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11050b/shien-kyouyo.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【傍聴のお願い】7/20(水)福島原発被害東京訴訟 第18回期日及び報告会

2016年06月21日 12時49分29秒 | 賠償問題・訴訟
《拡散歓迎》一人でも多くの方の傍聴をお願いします
【7/20(水)福島原発被害東京訴訟 第18回期日及び報告会】
国・東京電力の責任を問う!!

[第18回期日]
日時:7月20日(水)10時00分~
場所:東京地方裁判所 103号法廷[東京都千代田区霞が関1-1-4]
原告及び弁護団からの意見陳述を行います。

[報告会]
日時:7月20日 裁判終了後(10:40頃)
場所:日比谷図書文化館4F スタジオプラス[千代田区日比谷公園1番4号]
当日の裁判の説明,これまでの経過報告とともに,今後の手続の流れや方針などについて,弁護団からご報告します。

最寄り駅は、 東京メトロ丸ノ内線,日比谷線,千代田線「霞ヶ関駅」A1出口
 東京メトロ有楽町線「桜田門駅」 です。

☆当日、9時30分より地裁前でチラシ配布・アピールなどいたします。こちらにもご参加ください。

(その後の期日予定)9/14(水)、11/9(水)、1/11(水)、3/1(水)

【お問い合わせ】 
福島原発被害首都圏弁護団
〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目19番7号 新花ビル6階 オアシス法律事務所内
電話: 03-5363-0138 FAX: 03-5363-0139
Mail: shutokenbengodan@gmail.com
ブログ:http://genpatsu-shutoken.com/blog/
FB : https://www.facebook.com/genpatsuhigai.shutoken.bengodan


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全壊でなくても仮設に入れる!

2016年05月29日 12時18分27秒 | 熊本地震
【仮設住宅の入居基準】内閣府の事務連絡=写真=にあるように、全壊に至らなくても、①二次災害で被害を受ける可能性があったり、水道電気ガス道路等がストップしたり、地滑り等の避難指示があったりして、長期的に居住できない場合も入居できるし、②(半壊で解体撤去されなくても)住み続けるのが危険な傷みがあって居住できない場合も入居できます。熊本県災害救助法施行規則別表第1の1(2)には仮設住宅の入居基準として「全壊、全焼又は流失し、居住する住家がない者」とありますが、その要点は「居住する住家がない者」ですから、これは当然です。これは、民間借上げや公営住宅を利用した「みなし仮設住宅」でも同じです。

災害救助法が内閣府に移管され、首相への権限集中が図られた後、厚労省所管時代にネット上で公表されていた同法の運用に関する通知類がなぜか非公表となっており、そのことが報道等の混乱に拍車をかけているようです。

内閣府事務連絡「平成28年熊本地震に係る応急仮設住宅について」(全2頁)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形&米沢で避難者勉強会(6/11~12)

2016年05月28日 16時31分17秒 | 研修会/学習会/集会
東京災害支援ネット(とすねっと)では、6月11・12日に山形・米沢で、避難者勉強会を開きます。いずれも、12時30分開始で、「きらきら星ネット」さんのイベント( http://kirakira.jejp.net/ きらきらのイベントは事前予約制なので、ご注意ください。)の前に行います。テーマは住宅打ち切り問題への対処法です。矢島秀樹司法書士らが訪れます。とすねっとの避難者勉強会のみの参加であれば、予約不要ですし、避難者であればだれでも参加できます(参加無料)。勉強会終了後、希望者は法律家に相談できます。問い合わせは、とすねっと被災者無料相談電話0120-077-311まで。
(日程)
【山形】6/11(土)12:30~14:00 とすねっと避難者勉強会(開場12時)(14:00~きらきら星ネットイベント)▼カトリック山形教会(〒990-0039 山形県山形市香澄町2丁目11-15)※山形駅の東口から徒歩、市民会館のすぐ近くです。敷地内に10台ほど駐車できます。近くにコインパーキングもあります。
【米沢】6/12(日)12:30~14:00 とすねっと避難者勉強会(開場12時)(14:00~きらきら星ネットイベント)▼場所:ふわっと(山形県米沢市門東町3丁目3-7 おいたまサロン2F)※サンルートのすぐそば、米沢新聞社の隣です。

独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業(申請中)

東京災害支援ネット(とすねっと)
<ブログ>
http://blog.goo.ne.jp/tossnet/
<フェイスブック>
http://www.facebook.com/tossnet





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本地震で義援金差し押さえ禁止法が成立

2016年05月27日 18時43分35秒 | 熊本地震
熊本地震で義援金差し押さえ禁止法が成立(毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160527/dde/041/040/058000c

「熊本地震の被災者が受け取る義援金を、金融機関などが差し押さえることを禁止する法律が27日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。被災者が受け取る権利を保護し、生活再建の資金に充ててもらうのが目的。近く公布、施行するが、施行前に受け取った義援金にもさかのぼって適用する。熊本地震に関連して都道府県や市町村が交付した義援金が対象。支給を受ける権利を他人に譲り渡すことや、担保にすることも禁じる。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書籍のお申し込み

とすねっと編著『3.11 福島から東京へ』を、郵送にて販売しています。 ご希望の方は、以下のFAX番号もしくはメールアドレスにご注文ください。 FAX:03-3598-0445 mail:tossnet311@gmail.com 記入事項:ご氏名、郵送先のご住所、ご注文刷数 【料金】 一冊1,945円(書籍1,785円+郵送料160円) 【お振込先】 ○三井住友銀行赤羽支店 普通3980338  名義:東京災害支援ネット 会計 小林美咲 ○郵便振替口座 00160-7-672260  名義:東京災害支援ネット(とすねっと)