ぼち吉鉄道

Nゲージ好きな小生の改造・整備の忘備録。
仕事が変わり…時間が無い。

レイアウトの制作 その13

2014-12-31 | レイアウト
紅白見ながら、今年ラストを書いています。
なかなかたどたどしい司会ですね。
ある意味新鮮ですが(^^;

さて今日も脱線対策工事をしました。
今度は、EF510です。

ここは坂の頂点なのですが、車体長の長いEF510では、中間台車で天秤になり止まりました。


それで、坂の勾配を見直しました。
特にフレキ部分は、長さ合わせの短い線路のためカクッとなりますね。
コルクの組み合わせを変えて、勾配をなだらかにしました。
右側は、ほぼOKになりました。

残りは、左側とこの高架部分の仕上げです。


それと、気になってきた事が…。


DF50と一軸貨車なのですが…。
この高架線路にこの組み合わせ似合わないと思いませんか?
D51なんか、もっと似合わないです。
無論、すべての車両にが似合うことは不可と分かっていても…。
レイアウトの走行シーンのメインストレートで違和感というのは…。
これは、越年ですね。
さて、左側も少しだけ。

L字に仕上げたアルミ板の上に、1.5mm薄いコルク板を貼りました。
走行音は、静かになりました。
今年の作業はここまでです。

つたないブログですが閲覧頂きありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いします。



ポチッとして頂くと、製作の励みになります。
ご協力に感謝します。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

PV アクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« KATO 阪急6300系 (旧社紋) の... | トップ | kato 14系 さくら (佐世保)編... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

レイアウト」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事