サミーハウスblog出張所

地元にゲーセンが無い田舎ゲーマーの数少ない日々の記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気が付けば…

2012-06-24 22:15:23 | インポート

前の記事が1月だったので、半年何にも書いてませんでした…(汗)
一度ブログ更新の流れが止まるとダメですね。orz

 とりあえずこの半年であったイベントは、2月に熊本バンブーでの第2回ダラバー大会、4月14日に福岡で「HEAVY METAL RAIDEN」ライブ、4月末のGW前半で再びバンブーへ遊びに行ったことぐらいでしょうか。

熊本バンブー 第二回調査捕鯨(ダラバー大会)

 当日の詳細はこちらのリポートを。初代ダライアス以外に、ロストワールド(RSコンパネ付)、メタルブラック&ガンフロンティアなども持ち込みました。開催場所とダラバー他筐体の設置を、店舗奥から店舗入口横の休憩スペースに移したので少々狭くなりましたが、試合ルールもみんなで楽しめる内容を盛り込み、前回以上の人数と盛り上がりになってたと思います。(^^)
 第3回も来月の7月末ごろに開催を予定しているので、興味を持たれたり要望がある方は大会公式サイトをチェックしてみてください。

○「HEAVY METAL RAIDEN in 福岡

 こういうGMライブは初めてで、九州で開催されるGM作曲・関係者が参加するイベントなんてそうそう無いので、ドキドキワクワクしながら行ってきました。(笑) 当日の詳細なリポートは高田馬場ミカドのブログ()や南河内パチモン製作所さんの記事にて、写真付で紹介されてますのでそちらを参照。

 与猶啓至さん、佐野電磁さん、並木学さん、WASi303さん、佐藤豪さんと、あの数々の名作ゲームの作曲者を初めて目の前で見られてそれだけでも感動ものでしたが、ライブで聴く演奏は一生ものでした…
 オマケにツイッターでしか話した事なかったティームの元プロデューサーさんや、プライベートで参加されてた某社の某氏ともお話できて、遠路はるばる福岡まできた甲斐がありました。(^^;

 で、ライブ終了後の残った時間で、持参した作曲者に関する品にサイン貰って、お話もさせていただきました。個人的な要望として、佐藤豪氏に過去のプライベートライブで演奏したというE雀ハイスクールをお願いしたので、またいつか開催されたときには是非とも演奏してもらいたいと思います。(^^) (唯一、与猶啓至さんに関するのを持ってこなくてサインを貰いそびれたのが心残りでした…orz)

20120414_hmr_01

20120414_hmr_02 20120414_hmr_03

 そして最後に一番嬉しかったのが、並木さんと話したあとで声を掛けてこられたライブのお客さんが居られました。話を聞くと、何でも私のブログを見たことがあるそうで、以前書いたGM曲目が役に立ったと仰ってくれた事でした。お名前は伺えませんでしたが、思わぬ出来事での嬉しい一言で今でも印象に残ってます。(^^)

○GWの熊本バンブー訪問

 特にイベントが開催される訳でもなかったのですが、せっかくの連休なのでイベント抜きで個人的にお店へ遊びに行ってきました。ダライアスを初めとして今回も適当に選んだSTG基板を持参していきましたが、実際は熊本&福岡の常連メンバーの皆さんとゲームトークしたり、ダラバーで遊ぶだけで十分だったかもしれません。(^^; 特に現地メンバーの方が持ってこられた、ドッツで再現したゲームキャラ&タイトル画面には、見た方みんな圧倒されてしまいました。(笑)

…と、日々そんなに大したことがあるわけでもないですが、ブログ放置というのもあんまりなので、これから気持ちを入れ替えてボチボチと再開したいと思います。(^^;

コメント

麻雀学園 卒業編 (AC)

2010-01-20 23:58:00 | インポート

昨年、オクで出てたのを見かけて落とした『麻雀学園』。
部屋の物の中に埋まってたのを片付けて、今日ようやく起動することに。

Ma_sotsugyo_pcb_4

てっきり『初代』のつもりだったんですが、立ち上げて画面見たら

卒業編

Ma_sotsugyo1

インストもよく見たら『卒業編』と書いてあるので、私の見落とし&思い違いでした。(汗)

でも、バックアップ電池は付いてないし、『Hボタン連打』自体は変わらないので、これでも十分です。

Ma_sotsugyo2

 現在1時間プレイしてみましたが、2人目に全く勝てず… 麻雀学園はこんなに難易度高いのか!? と、息抜きを通り越して本気になってプレイしてましたが、どうも今の調子ではダメな模様。

 と、ディップ設定を見たら、『プレイヤー側の強さ』が『やや弱い』で、『CPU側の強さ』が『やや強い』の設定。設定を中途半端にいじってたので勝てなかったようです。とりあえず今夜はここらでやめて、明日リベンジしよう。

 音楽はOPL系のようですが、しっかり当時のカプコンサウンドしてますね。ツミコミ技選択時は、魔界村のネームエントリーを思い出すような曲調ですし。でも、サウンドテスト無いっぽいのが残念… あと、脱衣時の垂れ幕がロストワールドのショップ入店時に似てるとか。(笑)

コメント

望み虚しく

2009-09-21 00:39:06 | インポート

 最終的に、遭難して亡くなってた方はクレヨンしんちゃんの作者と判明してしまったのですね…

 人生どこで何が起こるか判らないとは言え、このような最後になってしまい非常に残念です。

Crayon_shinchan

 作者が居なくなった今、これからどうなっていくのか、読者や視聴者からはただ見守る事しかできませんが…

コメント

侵略!イカ娘

2009-09-10 23:48:00 | インポート

 ある日、立ち読みで何気なく少年チャンピオンを読んで知ったのがキッカケで、後で「何故、イカ? 名前も姿もそのままイカ??」と言う内容が気になってしまい、結局コミック全巻購入。地元ではどこを探しても1巻または売ってなく、古本でもせいぜい1巻のみ。結局、遠出した際に本屋で探したり帰省する友達に頼んだりと、結構入手に苦労しました。(^^;

Squidgirl_01

 立ち読みでこれだけ読むと、ページ数も少ないし登場キャラもさほど多くないと、普通のギャグ作品として読んでました。が、他作品ごと少年チャンピオンでまとめて読むと、バキや聖闘士聖矢、ドカベンにクローズ、更に雑誌そのものを含め、全体的に内容が濃く混沌とした雰囲気の途中、ちょうどいいタイミングでこのイカ娘がそれらから解放してくれるような、いい感じで息抜き的作品になってる感じですね。

 また、昔からイカをモチーフとしたキャラは、イカ怪人(イカデビルやイカゲルゲとか)」など、漫画やテレビで不気味なイメージがありましたが、それとは全く反対のデザインで「イカ娘」は非常に新鮮でした。(近いので「Capcom Fighting Jam」に出る女体化ヌール?)

 一話ずつではやや弱い展開も、改めて単行本でまとめて読むと、イカ娘と相沢家および少なめの周辺人物に、各キャラの役割分担もハッキリしているのもあって、キャラとギャグとオチが判りやすく、その辺がツボにハマって面白いのかと。正直、あのチャンピオンでこんな漫画が連載されてるとは驚きでした。個人的には同じテーマなカエル型宇宙人の作品より好みです。(^^;

 万が一、アニメ化やゲーム化になったら、こんなイメージが近いんでしょうか。

 あと、このイカ娘と一緒に生活している相沢家の三人を見ていると、

Squidgirl_02Squidgirl_03 

某有名アダルトADVに出てる、鬼の力を持った某四姉妹をイメージしてしまうのですが。特に長女は名前や驚異的な力など同じですし…

Squidgirl_04_2Squidgirl_05

 次女の栄子も「某次女の性格+某三女の外見」なイメージで、長男のたけるも性別は違うものの某四女の末っ子的な性格なので、改めて見比べるとやっぱり意識して設定したのかなぁとも。(^^;

最後にツボにハマった1コマ。

Squidgirl_06 

某有名横STGをプレイする栄子とイカ娘。(笑)
テトランっぽいボスからすると、IIかIII? 結構上手いじゃなイカ!

コメント (2)

疲れ倍増

2009-03-25 23:20:00 | インポート

残業で体がヘトヘトになりながら、今夜は少し早めに終わった帰宅中のこと。

ツタヤに寄ったのでいつもの国道とは別の一方通行の狭い道を通ったら、前を走ってた黒い車が突然一時停車。とりあえずすぐ後ろでこちらも停車したら、突然前の車がバックし始めました。

車間距離が1mも無いうえに何故か直ぐに停車する気配もなく、こちらも疲れで両手を離していた状態だったのでとっさにクラクションやシフトレバーを握ってバックをする間もなく、そのままガシャン…

愛車YRVのナンバープレートが見事に変形して、初の接触事故となりました。久々早く帰って風呂でゆっくり疲れを癒したかったときになんて事を…(ToT)

相手は少年2人で、運転手は茶髪にピアスのいかにも未成年。すぐに警察を呼んで処理してもらいましたが、調書を聞いてたら自称自営業の18歳で、教習所は行かずに試験場で直接免許取りたて、任意保険は今日入ったばかりと。(汗)

警察の人も呆れながら、明らかに先方の後方不注意として処理されましたが、単にすいませんと苦笑いで謝るばかりで、正直あまり真摯に反省してる様子が感じられないので、寒い中の手続でよけいに疲れ倍増です。

とりあえず相手の名前と連絡先を聞いて、あとは保険会社と馴染みの自動車修理工場で処理を行うとのことで話をして、今夜はそれで終了。

夜分遅くながら連絡いれた修理工場へすぐに車を持っていきましたが、走りは問題ないものの、やっぱりプレートだけでなくフロント内のフレーム付近も中でいくらか変形してました。(汗) 車検も来月出す予定だったんですが、こう言う形で出すことになるとは。

もう、寝よう。明日も仕事が早いし、事故で余計に疲れた。

コメント