サミーハウスblog出張所

地元にゲーセンが無い田舎ゲーマーの数少ない日々の記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年の出来事1

2015-12-27 22:11:03 | 日記

今更なのであんまり詳しく書くほどでもなくなってしまいましたが、一応自分のメモとして…

 いつものごとく熊本には定期的に遊びに行ってましたが、5月のGW中には熊本市内で庵野秀明監督の特撮博物館、そして球磨郡湯前町の湯前まんが美術館で「皆川亮二原画展」がちょうど同時期に開催されてたので行ってきました。

・特撮博物館

ゴジラやガメラなどの劇場版特撮は、子どものころ親から映画に連れていってもらうことも無く、地元映画館も廃館してしまったので、夏休みや冬休みの特番でやってた見てた程度で、劇中のセットなど細かいところは特に意識せず見てたのですが、今回実際の撮影で使われた各作品のミニチュアセットを見て唖然とさせられてしまいました。

まるで自分がその町中に怪獣の大きさでいるような錯覚さえ覚えるほどの細かい作りこみに圧巻です。(^^;
そして撮影のためとは言え、一発撮りで暴れてこれらを壊す勇気が…

・湯前まんが美術館

遠方の見知らぬ土地に行くのが苦手な自分ですが、あの大好きなスプリガンやARMSの原画が間近で拝める機会ということで、熊本市内から高速に乗って南下して約1時間、そしてナビすらついて無い愛車で熊本県の地図片手に地元と変わらぬ田舎道を走ること更に一時間…

途中で迷いつつも何とかたどり着きました。

 館内の展示物は撮影禁止でしたので、とにかくひたすら皆川先生の生原画を目に焼き付けてきました。

 原稿用紙の上は修正液で何度も消してはペン入れしての繰り返し、これがプロの絵と原稿なのか…と、ガラス越しにただ眺めているだけでも作画時の苦悩と仕上がった絵の迫力が伝わってきます。

 展示はスプリガン・ARMS・D-LIVE!の3作品だけでしたが、12時半ごろに入館して一通り見終わって時計を見たら14時半直前。あっという間の充実した2時間でした。(^^)

 最後の記念として受付の事務員さんに了解を取って、受付前の廊下に飾られてあるまんが美術館に寄贈された各先生方のイラスト入りサイン色紙を撮影させてもらいました。個人的に仮面ライダー1号とくまモンのコラボが一番お気に入りです。でも、藤田先生のうしおととらもやっぱり捨てがたい…(^^;

 

 

…と、ここで話が終わるはずだったんですが、それから2ヶ月後の7月1日夕方まだ仕事中のときに携帯へ電話が。

「湯前まんが美術館ですが、皆川先生のサイン入りパネルが当選しましたのでご連絡いたしました。」

 原画展開催中に展示ブースで飾られていたスプリガン・ARMS・D-LIVE!のイラストパネル各1枚ずつは、受付に置いてあったアンケートを書いて、希望する作品名を書いてパネルのプレゼントに応募できたのですが、まさかのまさかでその中の1枚、ARMSのパネルが当たってしまいました。(汗)
 アンケート書いて応募するときは懸賞が好きな自分でもまず当たることは考えてなかったので、何を希望したのかすっかり忘れてたほどで、電話切ったあとでメールで問い合わせてしまいました。

 プレゼント引渡しの条件として、7月末までに直接本人が引き取りに来られることだったので、結局満田拓也展を見に行くのも兼ねて再び湯前まんが美術館に行くこととなりました。(^^;

コメント   この記事についてブログを書く
« 今年はさっぱり… | トップ | 今のガンプラ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事