中年おじさんの散策part2

散策内容を紹介します
七福神・温泉・散策案内が主なものです。

城-12 (豊後竹田城)岡城 ③

2016-05-09 05:20:37 | 

このブログは 中年おじさんの散策 の続編です。

 

20161106 大分・見学・紅葉・像
大分県別府市駅前町
「A列車でいこう④-3」
(豊後竹田城)岡城
 岡城(おかじょう)は、豊後国直入郡竹田(現在の大分県竹田市大字竹田)にあった日本の城(山城)である。「臥牛城(がぎゅうじょう)」、「豊後竹田城(ぶんごたけたじょう)」とも呼ばれる。
 海抜325mの台地、岡城阯その広さは実面積で100万㎡、その広さは東京ドーム(46.755㎡)の22個分にあたる。 大野川の支流、稲葉川と白滝川が合流する間の舌状台地上に築かれ、川岸からそそり立つその姿はかつて「難攻不落」と言われた天然の要塞であったことを感じさせられる。
  伝承では、文治元年(1185年)に緒方惟義が源頼朝に追われた源義経を迎えるために築城したことが始まりであるという。その山城は、南北朝時代の建武元年(1334年)に後醍醐天皇の支持を受けた大友氏一族の志賀貞朝によって拡張され、岡城と名付けられたとされている。一方、『豊後国志』によると、志賀氏が直入郡に入ったのは応安2年(1369年)以降のことで、同郡内でも岡城に入る前には木牟礼城(騎牟礼城)を居城としていたという。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中華街で大宴会、読売カルチャー中華街、「華錦飯店お任せコース5000円」

...大分県活車エビの紹興酒づけ(湯引き)⑤北海道産活ホタテのニンニクソース蒸し⑥三重県産ヤリイカの塩胡椒炒め⑦フカヒレ蒸し餃子⑧自家製シュウマイ⑨海老と大根の春巻き⑩豆苗焼きそば⑪杏仁豆腐 埼玉に仕事を移してからどうも中華街に行く機会が減少して...
中年夫婦の外食 2015/11/04 04:47:00

ratuko00.exblog.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城-11  (豊後竹田城)岡城 ②

2016-05-08 05:04:13 | 

このブログは 中年おじさんの散策 の続編です。

 

20161106 大分・見学・紅葉
大分県別府市駅前町
「A列車でいこう④-2」
(豊後竹田城)岡城
 岡城(おかじょう)は、豊後国直入郡竹田(現在の大分県竹田市大字竹田)にあった日本の城(山城)である。「臥牛城(がぎゅうじょう)」、「豊後竹田城(ぶんごたけたじょう)」とも呼ばれる。
 海抜325mの台地、岡城阯その広さは実面積で100万㎡、その広さは東京ドーム(46.755㎡)の22個分にあたる。 大野川の支流、稲葉川と白滝川が合流する間の舌状台地上に築かれ、川岸からそそり立つその姿はかつて「難攻不落」と言われた天然の要塞であったことを感じさせられる。
  伝承では、文治元年(1185年)に緒方惟義が源頼朝に追われた源義経を迎えるために築城したことが始まりであるという。その山城は、南北朝時代の建武元年(1334年)に後醍醐天皇の支持を受けた大友氏一族の志賀貞朝によって拡張され、岡城と名付けられたとされている。一方、『豊後国志』によると、志賀氏が直入郡に入ったのは応安2年(1369年)以降のことで、同郡内でも岡城に入る前には木牟礼城(騎牟礼城)を居城としていたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中華街で大宴会、読売カルチャー中華街、「華錦飯店お任せコース5000円」

...大分県活車エビの紹興酒づけ(湯引き)⑤北海道産活ホタテのニンニクソース蒸し⑥三重県産ヤリイカの塩胡椒炒め⑦フカヒレ蒸し餃子⑧自家製シュウマイ⑨海老と大根の春巻き⑩豆苗焼きそば⑪杏仁豆腐 埼玉に仕事を移してからどうも中華街に行く機会が減少して...
中年夫婦の外食 2015/11/04 04:47:00

ratuko00.exblog.jp

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城-10  (豊後竹田城)岡城

2016-05-07 06:23:26 | 

このブログは 中年おじさんの散策 の続編です。

 

20161106 大分・見学・紅葉
大分県別府市駅前町
「A列車でいこう④-1」
(豊後竹田城)岡城
 岡城(おかじょう)は、豊後国直入郡竹田(現在の大分県竹田市大字竹田)にあった日本の城(山城)である。「臥牛城(がぎゅうじょう)」、「豊後竹田城(ぶんごたけたじょう)」とも呼ばれる。
 海抜325mの台地、岡城阯その広さは実面積で100万㎡、その広さは東京ドーム(46.755㎡)の22個分にあたる。 大野川の支流、稲葉川と白滝川が合流する間の舌状台地上に築かれ、川岸からそそり立つその姿はかつて「難攻不落」と言われた天然の要塞であったことを感じさせられる。
  伝承では、文治元年(1185年)に緒方惟義が源頼朝に追われた源義経を迎えるために築城したことが始まりであるという。その山城は、南北朝時代の建武元年(1334年)に後醍醐天皇の支持を受けた大友氏一族の志賀貞朝によって拡張され、岡城と名付けられたとされている。一方、『豊後国志』によると、志賀氏が直入郡に入ったのは応安2年(1369年)以降のことで、同郡内でも岡城に入る前には木牟礼城(騎牟礼城)を居城としていたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中華街で大宴会、読売カルチャー中華街、「華錦飯店お任せコース5000円」

...大分県活車エビの紹興酒づけ(湯引き)⑤北海道産活ホタテのニンニクソース蒸し⑥三重県産ヤリイカの塩胡椒炒め⑦フカヒレ蒸し餃子⑧自家製シュウマイ⑨海老と大根の春巻き⑩豆苗焼きそば⑪杏仁豆腐 埼玉に仕事を移してからどうも中華街に行く機会が減少して...
中年夫婦の外食 2015/11/04 04:47:00

ratuko00.exblog.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城-9   中津城

2016-05-07 06:20:39 | 

このブログは 中年おじさんの散策 の続編です。

 

20141105 大分、史跡・城
大分県中津市
                中津城
 中津城(なかつじょう)は、豊前国中津(現在の大分県中津市二ノ丁)にあった日本の城。黒田孝高(如水)が築城し、細川忠興が完成させた。江戸時代の大半は、奥平氏が居城としていた。
 周防灘(豊前海)に臨む中津川(山国川の派川)河口の地に築城された梯郭式の平城である。堀には海水が引き込まれているため、水城(海城)ともされ、今治城・高松城と並ぶ日本三大水城の一つに数えられる。本丸を中心として、北に二の丸、南に三ノ丸があり、全体ではほぼ直角三角形をなしていたため扇形に例えて「扇城(せんじょう)」とも呼ばれていた。櫓の棟数は22基、門は8棟。総構には、6箇所の虎口が開けられた。
中津城は、冬至の日には、朝日は宇佐神宮の方角から上り、夕日は英彦山の方角に落ちる場所に築城されている。また、吉富町にある八幡古表神社と薦神社とを結ぶ直線上に位置する。鬼門である北東には、闇無浜神社(くらなしはま)がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中華街で大宴会、読売カルチャー中華街、「華錦飯店お任せコース5000円」

...大分県活車エビの紹興酒づけ(湯引き)⑤北海道産活ホタテのニンニクソース蒸し⑥三重県産ヤリイカの塩胡椒炒め⑦フカヒレ蒸し餃子⑧自家製シュウマイ⑨海老と大根の春巻き⑩豆苗焼きそば⑪杏仁豆腐 埼玉に仕事を移してからどうも中華街に行く機会が減少して...
中年夫婦の外食 2015/11/04 04:47:00

ratuko00.exblog.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城-8  小田原城①

2014-01-29 05:46:56 | 

このブログは 中年おじさんの散策 の続編です。

 

20140109 小田原・城
神奈川県小田原市栄町
    小田原城①
 古くから城下町、東海道の宿場町として栄えた小田原市の中心駅である。神奈川県西部のターミナル駅であり、箱根観光の拠点ともなっている。JRだけではなくここから小田急線が進化、箱根登山鉄道(正式に湯本)となり箱根にも簡単にいくことができる。
 やはり史跡となれば「小田原城」。再建された城。建造物としての価値は内が、市街地に建つ城は存在感がある。整備去れいるので、散策しやすい。神社も隣接しておりお参りもあわせてしておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散策 「商店街ー102」  小田原駅界隈

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加