Catnap Room of にゃんこ

心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてます♪

別荘族御用達

2016-05-29 10:40:56 | 旅行

キャラメル食べて脱落した歯冠の再作成のため、先日、歯科大学病院へ行ってきましてね。

年前に1時間半かけて、4回 (・・・3回だと思っていたが、4回だったらしい) やり直した型取りが、鎮静剤使って眠ってる間に、30分足らずで終了いたしました。

レポろうかと思ったのですが、記憶がないので、レポれません (爆笑)

 

さて。

この日の2日後、新幹線利用の日帰りで、軽井沢へ行ってきました。

第一の目的は、長野県にしか存在しないのに、その品ぞろえの素敵さは知る人ぞ知る、スーパー TSURUYA での買い物。

第二の目的は、軽井沢アウトレット内でのランチとディナー、時間があれば・・・程度の買い物。

ええもう、メシと買い物オンリーで、観光はまったく行っておりません (笑)

 

駅前の軽井沢プリンスショッピングプラザ開店時間に合わせたかの如く、新幹線は軽井沢に到着。

ここでの買い物は帰り間際にする予定なので、アタリをつけるためにささっと場内を一周。

その後、フードコート内の 「ステーキ炭」 で、ちょっと早めのランチ、サーロインステーキ丼(テールスープ付き)



・・・・・・写真撮るの忘れて食っちまったので、お借りしてきましたが (こら) すっごい美味しかったですー。

 

食事の後は、しなの鉄道に乗り換えて、お隣の駅・中軽井沢へ。



駅から約1.2キロ、15分ほど歩いたところに、お目当ての TSURUYA がございます。


 

この TSURUYA、もともとは軽井沢の別荘居住者をターゲットにしてきたスーパーなのだそうですが、現在は広く長野県内に進出しております。

もちろん普通のスーパーではあるのですが、素材や製法にこだわった地元産食品の品揃えに特徴があり、ここから派生するオリジナルブランド食品は、どうやらジワジワと認知度が高まっている様子。

しかもスーパーですから、お手頃価格なんですよっ、奥さん! (←誰)

 

無添加果汁100%のりんごジュース (しかも一種類ではない/笑) や、最近人気のフルーツバター (種類も豊富) 、他ではお目にかかったこともない果物のジャム (川中島白桃・・・とか、信州ほおずき・・・とか、信州産さるなし・・・とか、笑ったわ)や、 ヨーグルトにかけると絶品のフルーツソース。

オリジナルブランド以外でも、軽井沢の丸山珈琲、善光寺の八幡屋礒五郎、先日私が真田丸展で購入したみすゞ飴で有名な、上田の飯島商店等、信州を代表するブランド商品もそろっております。

それだけでなく、地元信州の味噌や調味料、野沢菜やきのこ等の野菜類、信州ハムやソーセージ等の、リーズナブルな充実ぶりに狂喜乱舞し、気が付けばカートの上下は山盛りになっておりました。

冷蔵品は持って帰ったけど、その他は全部まとめて宅配便~。


   ← ちなみにこれは一部です (^^;;

 

この日、歩いた歩数は23,587歩、距離にして10キロ超。

運動を兼ねたストレス解消・買い物ツアー、なんだかくせになりそう (笑)


********************

 

PS.中軽井沢で出会った観光列車 「ろくもん」

こちらも乗ってみた~い。


   

コメント (2)

これは郷土愛なのか

2016-05-05 11:26:13 | おでかけ

GWも間近になってから、「どこへ行こうか」 などと考えるのは止めたほうがいい。

近くなって何も決まってないなら、家で洗濯している方が得策でしょう。

 

まぁ、今年のGWは、前半と後半に分断されているので、もともと旅行などに行く気はなかったし、4/30 の野球観戦だけは、3月には既に予定が入っていたので、もうGWの予定はこれだけでいいかと (笑)

 

それでも、いざ休みが近づくと、浮かれポンチな私はやはりフワフワとどこかへ行きたくなるわけですよ。

最近、幕末脳が戦国脳へと若干シフトしているので、幕張で開催された 「ニコニコ超会議の真田丸ブース」 、とか、 「小田原北条五代祭り」 とか、いろいろ頭に浮かんではくるのだが、「混んでるだろうなぁ」 と思うと思考が停止する。

結局は 4/30 の野球観戦に加え、5/3 に友達とランチに出かけることのみでGWの計画終了。

 






 さて。

 ランチの帰途、友人から送られてきていたメールに気付く。

 「GW後半は、江戸東京博物館?」

 うぉぉぉぉ! この手があったかっ (笑)


見たいと思ってはいたけど、いつ行こうかまったく決めていなかった、江戸東京博物館で開催されている 「真田丸展」

電車の中でスマホを駆使しつつ速攻で情報収集。

時間は、15:00を回っていたと思うが、2時間あれば大丈夫かな、と踏んで両国下車。

 

チケット売り場はこの時間でも長蛇の列だったが、それでも15分程でチケットGET。

もちろん、草刈正雄さんの音声ガイドも借りますともっ!


 

会場内は、やはりものすごい人だかりでした。

他人のことは言えないが、音声ガイドはやはり人気らしく、それを聞きながら観ている人は、ホント動かない (笑)

 

屏風や絵図、信繁の画像。

記録の古文書や、合戦の配置図。

古手紙も多いですね。

真田信繁の書状はさほど多くないけれど、それでも蟄居時代に、信繁が代筆したらしき、信之へ宛てた昌幸の手紙など、時代背景などを考えると興味津々なものばかり。

武田勝頼や徳川家康、豊臣秀吉や石田三成の書状も充実しており、写しではありますが、直江状も。

 

それにしても、「金がないから焼酎送ってくれ」 などというこっ恥ずかしい手紙が、400年以上ののちに、不特定多数の人間に公開されるなんて、空の上でどれだけ恥ずかしがっていることか (笑)

 

個人的には、【吉光御腰物箱】に感激しましたね。

これは、真田信之の 「手紙箱」 なんですが、中に入っていたのは、「これは焼き捨てたほうがいいんじゃ・・・」 と思えるような、罪人たち (当時は敵方で蟄居中の父・昌幸、弟・信繁や、石田三成) からの書状を含めた66通の手紙と、徳川から拝領の吉光の短刀。

思いっきり徳川に刃向かったものどもの手紙を大事にとっておくなど、徳川に見られたら、守り抜こうとしている真田の家がお取りつぶしになりかねないですよね。

それなのに、この箱はカムフラージュまで施したうえ、肌身離さず持ち歩いていた。

徳川への手前、大っぴらにはできないけれど、捨てることもできなかった兄上の心情が痛いほどわかって、涙でそうでしたよ。

 

数か月前、大河ドラマの真田丸を見始めたころ、平行して 「独眼竜政宗」 を見ていることを記事にしましたが、実は今、1985年から1年にわたって放映された 「真田太平記」 も視聴中。 (ちなみにどちらもYuTu●be


  


観ていると、真田丸にはこの番組へのオマージュがたくさん盛り込まれていることが分かりますよ。


******************

 

江戸東京博物館で、お土産に、「みすゞ飴」 を買いました。

実はこれ、上田の親戚が来るたびに、必ず持ってきてくれていた上田の銘菓なのですが、子供だった頃の私は、食傷気味で、あまり好きじゃなかったんですね。

「またこれ~  」 みたいな (笑)

だけど、何十年も口にしていなかったこの銘菓、なんだか懐かしくって、美味しかったです (笑)


コメント (2)

日本一以来の吉兆

2016-05-04 16:11:49 | おでかけ

えーっと。

ロッテの日本一っていつだったっけ (爆)


  

 

そんなわけで、カレンダー通りのGW前半中日 4/30 に、そろそろ恒例となりつつある、マリンフィールドへ野球観戦に行ってまいりました。

今回は、北海道日本ハムファイターズ戦なので、同行のロッテファン2名には言わなかったものの、密かに「大谷くん」の登板を期待しておりました。

残念ながら、登板は翌日 5/1 だったのだが、「残念」 と声にだしたら、来年は誘って頂けなくなりそうなので、これはここだけの話にて (笑)


 





  前日 4/29 は、こいのぼりも空を飛ぶほどの強い風が吹いていたそうですが、

  30日は若干の風は残るものの、概ね穏やかないい天気。

  日差しも強くなり、気温も上がったせいか、ビールが旨い。

  おかげで、都合3杯も飲んじまったわ。(毎度のことながら、何しに球場へ・・・・)

 

試合は、2回裏に、1アウトからナバーロ、鈴木大地がフォアボールで塁にでたあと、根元がレフト線のタイムリーツーベース。

ここでマリーンズが2点先取。

その後、岡田がセンターへのタイムリーヒットを放って3点目。


 

 

5回裏にも、デスパイネ、角中の連打でまたもやチャンス到来。

続いてナバーロのタイムリーヒットで1点追加。

さらにフォアボール、デッドボールで満塁後、根元がレフトに犠牲フライをあげて得点は0-5

 

一方の日本ハムは、出塁するものの得点に結びつかず。

7回に1点返したものの、結果は 1-5 でロッテの勝利。


 

4月終了時点での貯金7は、最近30年間でも日本一に輝いた2005、2010年しかない吉兆だそうで。

今のところ2位をキープしており、友人たちは盛り上がっておりますが、個人的には大型連敗への心の準備もして・・・・(強制終了)

 

ところで、今回初めてラッキーセブンのジェット風船発射に参加しようと思いましてね。

友人に 「膨らまして」 と渡された風船を、軽い気持ちで受け取ったのだが、これがまた全然膨らまない。 

簡単だと思ってナメてたわ。

「やべー、間に合わないー」 と騒いでたら、見かねた友人が膨らましてくれました。

が、もちろんこの友人も、私以上にビールだのチューハイだの飲んでるうえに、ジェット風船を一気に3つ膨らましたため、酸欠でくらくらだったらしいっす (すまん)

コメント (2)