Catnap Room of にゃんこ

心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてます♪

現地集合・現地解散

2007-10-28 12:35:17 | 旅行

かつて年中無休のサービス業で、シフト勤務をしていた時代があります。 

休みの申請は1ヶ月前までで、シフトが決まったあとは、よっぽどのことがないと休めません。 

どうしようもなく休む場合は、待機の人間が呼び出されることになるので、おちおち風邪もひけませんでした。 (→ もともとひきませんけど 笑)

 

こういう会社にいると、時間の使い方が非常に上手くなります。 

そもそも私は、ドヒマな時 (失業中とか 爆) より、忙しい時のほうが、遊びの計画を立てるにも力が入ってしまうんですが、基本的に休みが合いにくいので、会社の人間はもとより、誰かと一緒に遊びに行くのも 「今日の明日」 というわけにはいかず、結構難しかったことは事実です。 

 

ところで、当時の私は、冬には 「スキー同好会」 、たまに 「テニス同好会」 や 「ゴルフ同好会」 に様変わりしたりする、ゆるーい 「熱気球同好会」 に所属しておりました。 

その仲間たちと、なんとかスキーに行きたいと画策したわけですが、同じ会社に籍はあるものの、シフトはバラバラ。 

同一行動はまず、無理なわけで・・・。

 

そこで考えたのが、タイトルの 「現地集合・現地解散ツアー」

北海道にあった会社の保養所に、同好会名義で1週間予約。 

その間に、自分の都合に合わせてメンバーが、入れ替わり立ち代り出入りする。

1週間滞在してるつわもの (笑) がいる反面、1泊の人間もいたりするので、毎晩宴会のメンバーが変わっていきました。 

これは若かったこともあり、非常に鮮烈で楽しい思い出ですね。

 

 

↑ バックは羊蹄山。 雲がかかっていて残念です!

 

 

さて。 

この現地集合・現地解散ツアーが、来週その地を九州の佐賀に代えて行われることになりました。

10月31日から佐賀で行われる、 『2007佐賀インターナショナルバルーンフェスタ』 に合わせて、当時のメンバーが集結!!!  

現在、転勤・結婚・退職等でメンバーはちりじりばらばら。 

以後、この同好会は活動停止状態だったのですが、このバルーンフェスタに時を合わせて、元メンバーの集合計画が実行されようとしている。

 

 

↑ 前回のバルーンフェスタ風景

 

この大会は、以前このメンバーと観戦にいったことがあり、行くのは2回目。

11月4日で祭りは終了なんですが、私は土日しか休みがとれず、かといってせっかくの機会を逃すのはもったいないので、行く決断をいたしました。

往復航空券+素泊まり1泊つきの激安パックをネットで手配。 

たった1日のチャンスなので、天候不良等、バルーンがあがるかどうかも不明だけど、その時はその時 (笑)

バルーンが揚がらなければ、唐津城、唐津くんち、吉野ヶ里遺跡 etc いろいろありますしね♪

 

1泊2日で空の旅だー (爆笑)

コメント (8)

鉄道の日

2007-10-14 14:29:45 | 雑記

明治5年10月14日、新橋-横浜間に鉄道が開通。 

明治9年に帯刀禁止令が出たんだから、当時の汽車には、もしかして刀を差した士族も乗っていたんですかね。 

そう考えると、鉄道の歴史はすごいなぁ。

・・・・ということで、10月14日は 『鉄道の日』 です。

 

その記念すべき本日、さいたま市に 『鉄道博物館』 がオープンいたしました。

これは、平成18年5月に閉館した神田万世橋の 『交通博物館』 の後継施設として開館されたものですが、規模が違いますねー。

万世橋の交通博物館は、かつて中央線に存在した万世橋駅 (明治45年~昭和18年) に隣接していた施設で、その後万世橋駅が廃止された後も博物館として存続していた・・・という、歴史あるものでした。 

入口の新幹線0系が目を引いてましたね。 

ちなみに、 『鉄道博物館』 のミニ運転列車の駅に、この万世橋駅があるそうです。 

粋な計らいですねぇ。  

 

さて、本日開業の 『鉄道博物館』 がある大宮は、もともと 『鉄道の町』 と言われているほど鉄道の施設が多いところですが、新たに加わったこの楽しい施設に、もちろん私は行く気マンマンでございます。 

以前は、工場とか操車場とか車両センターとか、比較的地味系な施設が多かったですからねー。 

 

  

↑ さいたま新都心は、かつて大宮操車場だった・・・というモニュメント。 

  これ、鉄道博物館のロゴマークですね (笑) 

 

私は、かつて大宮に住んでいたことがあり、過ぎし夏には友人と浦和の調神社を回りつつ、この周辺もサクッと徘徊、下調べもほぼ終了♪

大宮からニューシャトルでわずか3分。 

このニューシャトルも、フツウの鉄道とちょいと趣きが違うので、行ったからには、ついでに終点の 「内宿」 まで往復してきたいものですなー。 

だって往復しても1時間足らずだよー。 (え? 乗りテツの本領発揮ですか? 笑)

 

オープンの今日は、オープン記念 suica が、限定1万枚発売されたそうですが、あっという間に売り切れたそうです。 

このデザイン、結構カワイイんですが、今日中にはヤフオクで出回りそうな気が (激爆) 

この鉄道博物館は、入館も suica 、中のアトラクションやレストランやショップに至るまで、ぜーんぶ suica で決済OK。 

現金、いらないんですねー。 

あ、もちろん PASMO も大丈夫 (笑)

オープン当所は、当分混雑してるんだろうなぁ。 

広いからゆっくり回りたいし。 

やっぱり狙い目は平日かしら。 

そうそう、恩を売りつけながら (爆) 休日出勤した振替休日分は、こういうときに有効活用しなきゃね! (笑)

 

テレビで、オープン時の映像を見ました。 

おおおお。  鉄ちゃんがいっぱいだー!

が。  かくいう私も・・・鉄子ですよね、たぶん。 (爆笑)

コメント (7)

馬○は風邪ひかない?

2007-10-11 08:07:45 | 雑記

気温の変化が著しい今日この頃、皆さんいかがお過ごしですかー!

 

ところで、私は昔から風邪は滅多にひきません。

どうやら、隙間風が吹き抜ける寒~い家で、しかも薄着で育ったもんで (貧乏感バリバリですな) 抵抗力が鍛えられたようです。

 

さて、昨日。 

咳・鼻水・熱の風邪諸症状にやられて休んでいた会社の後輩が出社。

以下、ロッカールームでの会話。

 

私 「大丈夫? 辛いよねー風邪。 私は馬鹿だから風邪ひかないんだけどねー」

後輩 「違いますよー。 馬鹿は風邪ひかないんじゃなくて、風邪ひいたことに気がつかないんですよー  (笑)」

 

そっかー。 

私ったら、実は風邪ひいていたのに、それに気がつかなかっただけなのかー  (^^)

 

・・・・・・だあああっ!!!  そんなことあるかーっ!!!!! 

コメント

門前町 深川 ・ 宿場町 品川

2007-10-02 22:16:27 | お祭り・イベント

今を遡ること3ヶ月前の7月4日、私は9月30日に行われる 「しながわ宿場まつり」  のイベントのひとつである 「時代扮装パレード」 の参加申込をするために、品川の旧東海道を歩いていた。
この宿場まつりの話は以前から聞いてはいたし、参加した方々の詳細なレポを目にするたびに、興味津々。 なにより、日帰りで行ける近場の祭りは貴重かつ魅力的である (笑)

暑い夏が過ぎ、秋の風が吹き始めた9月29日。

翌日のしながわ祭りへの参加を兼ねて北の地より馳せ参じた友人を含め、総勢5人で門前町・深川を散策することにした。 

富岡八幡宮~深川不動尊。 
以前、ウサギの手水舎を見つけて喜んでいた私だが、深川不動尊の手水舎には3匹の龍がいる (笑)

        
   
午前中に降っていた雨は、昼食の 「深川あさり蒸篭飯」 を食べている間にあがっており、深川佐賀町から隅田川のほとりを通って訪れた清澄庭園は、雨上がりの清々しさを含んで、絵のように美しかった。

              
 
最後に訪れた深川江戸資料館は、吹き抜けの大空間に江戸時代の深川の町並みが再現されている。 

しかもここは撮影OKのうえ、自由に手に触れたり、長屋の座敷に上がり込んだりできるので、格好の遊び場でしたわ (笑)

1日かけて江戸の雰囲気を飲み込んだ私たちは、翌30日、いよいよ 「しながわ宿場まつり」 に乗り込むぞ!  

・・・と、やる気満々だったのに、翌朝、目覚めたら雨だった・・・・・・。

***********

扮装の着付けは8時開始なので、それに間に合うように集合場所の最寄り駅で待ち合わせる。 

パレードの開始は正午。 

せめてそれまでに雨が止めば・・・・の願いもむなしく、雨はしとしと降り続く。

メイク、着付け、かつらあわせが済み、小道具をもらえば、後はパレードまでの自由時間。 

天気がよければ気持ちよく外へ飛び出すところだけど、今日は雨。 
私は足袋の上にワラジ履きなんだから、1歩外へ踏み出せば、びしょびしょになるのは必至。 

なので、ギリギリまで外へは出たくない。 

しかし、着付けを待つ人は増える一方なので、室内の人口密度はすでに100%に近い。 

満員電車のような暑い人いきれに耐えられず、濡れるのを覚悟で外に出た。

  写真提供:よねちんさん       
 
品川は宿場町なんだから・・・と、当初より旅姿での参加を企んでいた私は、三度笠と杖を持ち、ついでに江戸装束でもなんでもない、 『紺色アンブレラ』 と 『デジカメ』 も持って、旅にでる・・・。  
どうでもいいんですが・・・荷物多いんですけどー!

そのうえ、支給されたお弁当まで持って休憩場所へ行ったら・・・そこはテントだった (悲) 

ううう。  どこかでテンション上げることを考えないと、このまま終了しちゃいそうだよ、私。

パレードは、まっすぐで平坦な道を、フツウに歩いて約2km。 
あの息切れしそうなひのに比べりゃ、コースは全く問題ない・・・・はずなのに、気分的には長かったわね。
パレード終着地点の品川寺は大混雑。 

なので、来た道を戻りつつ、写真の撮れそうな (屋根のある) 場所を探して彷徨。
途中、天妙国寺の赤い山門に、見知った顔 (と扮装) の方々を発見し、近づいてみる。 

行ってみるとこの山門、屋根はあるし、遠景の本堂、広い境内がいい感じ。 

ここでたくさん写真を撮らせていただけたのは、収穫でしたわね。 

     

写真が撮れたのは、こことスタート地点のテントの中だけだよ。 

うーん、寂しいなぁ。
天気がよければ行けた場所、行きたかった場所、やりたかったこと・・・いっぱいあったんですけどね。 

しかし、私が思うに・・・。
天気の予約はできないんだから、雨が降ったこと自体はさほど問題ではないわけですよ。
本当に問題なのは、それを予測して対策を講じていなかった主催者側ではなかったのかなーと。 

今迄雨が降ったことがなかったから、今年も大丈夫だろう・・・、降ったら降ったときのこと・・・というのは、・・・どんなもんでしょうねぇ。
それと・・・当日に発覚する衣装違い。  
振込を済ませ、日常雑事を振り切り、年に一度の扮装を楽しみにこの場にきたら、用意されていたのは、まったく別の衣装だった。 

これは言語道断ですよ、主催者様。  

今回の雨等々を教訓として、いろいろなことを御一考いただけると、今後のしながわ宿、そして 『しながわ宿場まつり』 は、ますます発展していけると思いますよー!

コメント (11)