Catnap Room of にゃんこ

心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてます♪

寒い日は風呂が一番なのに

2015-01-18 15:59:27 | 生活

1999年10月に新築で入居した我がマンションもいつの間にやら15年もの年月が経過し、そろそろあちこちにガタが生じ始めております・・・・。

まぁ、共用部分と配管系は、修繕積立金でなんとかなっているわけだが、自費でなんとかしなくてはいけないもので、間違いなく寿命が近く (爆) 、なおかつ一番高額補修が予想されているものが、給湯器と思ってはいた。

そしていよいよこいつがヤバイ・・・・・。

 

それは大晦日の出来事だった。

湧きあがったお風呂につかり、いい気分で髪を洗っていたまさにその時。

給湯リモコンが、聞いたことのない音を発した直後、リモコンの液晶画面が、『140』 なるエラーメッセージを出して点滅。

そしてシャワーから出ていたお湯が冷水に変わる・・・・・。

ぎゃぁぁぁぁぁぁ!!!!

とりあえず、浴槽の中のお湯で急場をしのぎ、時間をおいて再起動をかけたら復活したのだが、これは間違いなく何かの前触れだ・・・・・と感じた私は、やはり不動産管理のプロかもしれぬ (笑)

 

正月休みの間、起動に時間がかかったり、起動したと思えばいきなり電源がOFFになったりする給湯器をなだめすかしながらも、お湯は途切れることなく出続けていた。

まぁ、100歩譲って、洗い物だけなら水でもなんとか乗り切れるだろうが、風呂だけはなぁ・・・・・。

給湯システムは便利だけど、こういう時がネックだよなー。

 

業者さんに来てもらい、修理か交換かを検討したが、やはり交換が妥当であろうと自分でも納得。

尚且つ、給湯リモコンをOFFにすると、二度と起動できなくなる可能性を示唆して、その後はずっとつけっぱなしだ。

電気代はかかるかも知れぬが、これもある種のリスクマネジメントであろう (爆)

 

 

さて、給湯器の寿命は一般的に10年と言われている。

いきなり壊れると非常に不便だから、壊れる前に交換を・・・なるパンフレットが各戸に配られ始めてから数年が経つのだが、まだまだ大丈夫とタカをくくっていたらこのざまだ。

まぁ、おかげで、いよいよ交換かと、ハラもくくれたわけだが (爆)

 

管理物件の給湯器が壊れると、建物の持ち主に負担を依頼するわけだが、その修理だの交換だのの見積書を数限りなく見てきた私は、今回自分のことで、福沢諭吉が集団で逃亡する姿を現実問題として受け止めねばならぬことになった。

もらったパンフレットと社内資料 (笑) を参考に、交換費用を試算する。

結果、熱源機はエコジョーズにランクアップさせるが、そのかわり、フルオートから通常のオートタイプにランクダウン。

パンフレットの通常価格はとことん無視して、大幅に値引き交渉はしたものの、それでも福沢さんは集団で逃亡予定だ。

この時期、工事業者さんも多忙なもんだから、交換は24日になるのだが、年明け早々、諸々イタイ話ではある。

コメント (2)

御朱印の話

2015-01-04 18:09:16 | 趣味

御存じの方も多いと思いますが、旅好きな私は、神社仏閣巡りも大好きです。

このblogにもいろいろな神社仏閣が登場していますが、実は2年ほど前から、自分なりの基準を設けたうえで、御朱印をいただくようになりました。

 

もちろん以前より、御朱印の存在は知っておりますが、なんせ四国八十八か所霊場巡りをイメージしていた私は、そんなに簡単にいただけるものではないと、長い事思っていたわけです。

しかしながら、たまたま某お寺へ一緒にお参りに行った友人が、社務所で華麗に (笑) 御朱印をいただいている姿を目の当たりにし、心がときめいてしまったのでした。 

「私も欲しい」 ← バカ

 

御朱印は、やはり四国八十八か所のお遍路さんを起源とする説が有力なようですが、それであるならば、やはり御朱印を頂くことへの 「こだわり」 も欲しいと思った私。

近所の有名どころの神社仏閣を無作為に周ることは手軽ではあるが、それではなんだか達成感も有難味も足りないと思った私は、 「新選組ゆかりの神社仏閣」 を巡るという基準を設けました。

 

最初は、土方歳三の菩提寺 「高幡不動」

ここで御朱印帳を求め、最初の記念すべき御朱印をいただこうと決めました。

 

  

 

2012年、会津への旅行では、近藤局長の墓参を兼ねて天寧寺へ参詣。

 

  

 

昨年末の京都旅行で、わざわざ1泊したのは、壬生寺、光縁寺参詣を目論んだからでございます。

 

   

 

そして普段は庫裏が閉まっている石田寺には、今年2015年の初詣で行ってまいりました。

 

   

 

新選組隊士ゆかりの神社仏閣は、全国にたくさんあるようですが、宗派として御朱印を出さないところもありますし、小さい神社仏閣は難しいかもしれません。

しかしながら、ケータイ国盗りゲーム同様 (一緒にするな) 、旅に伴うライフワークとして、縁起調べなどしながら楽しんでいければいいかな、と思っております。

 

・・・・・・だから (?) もう1冊用意しちゃおうかなー (笑)

コメント (2)

2015 新しい春

2015-01-01 00:55:15 | ご挨拶

あけましておめでとうございます。

                本年も、よろしくお願い申し上げます。

 

今年の画像は、懸賞 (笑) で当たった 「ヒツジ年キューピー」 からひらめきました。

「壬生の狼」 に 「ヒツジの皮」 をかぶせ、 「赤ずきんちゃんネタ」 ・・・・と。

 

ん? 赤ずきん・・・・・・・・

・・・・・・・・・そんなワケで、今回は赤熊 (しゃぐま) の官軍画像を探すのに一番時間がかかりましたとさ (笑)

(ちなみに背景の官軍さんは、2013年・NHK大河ドラマ 「八重の桜」 より)

コメント (4)