Catnap Room of にゃんこ

心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてます♪

もももらった!

2009-08-30 11:12:58 | 雑記

今が旬のフルーツ・桃をいただきました~♪

 

 

 

ふっくらと丸い、まさに桃色の果皮。 全体を包むうぶ毛。 香りたつ芳香。

幼稚園児が選ぶ 「好きな果物」 の上位にランクインするほどの可愛さに加え、食物繊維やカリウムも豊富な万能の果物。

 

  

 

早速ひとつ、いただきました。

ああーーーん。  美味しいよおっ~!

 

 ***********

 

さて。

実は私、長いこと桃にはあるトラウマがあったんです。

たぶん幼稚園にも行っていないぐらい幼い頃のある夏の日。

私は庭先で大好きだった桃を丸かじり (笑) しておりました。

そのとき、右手人差し指に感じたかすかな違和感。

なんだろうと思ってふと目をやると、そこには小さい 「いもむしさん」 が “こんにちわ♪”  しておりました  

桃は好きだが、 「いもむしさん」 はどーしても好きになれなかった私は大騒ぎ&大泣き。

たぶん、桃も放り投げたことでしょうね (^^;;;

 

その後、そのトラウマからずいぶん長いこと桃が食べられなかった繊細(爆) な私だったはずなのだが・・・・・・。 

繊細さがなくなったってことですか・・・・・・・?  そうですか・・・・。

コメント (6)

感染拡大中

2009-08-26 19:25:02 | 雑記

日本列島を揺るがすような大騒動の幕開けは、ちょうどGWに突入した頃だっただろうか。

 

交通網が発達した現代において、そのウィルスの上陸を阻むことは不可能だったわけだが、ウィルスが弱毒性であったこと、また患者数の増加も横ばい傾向だったこともあり、いつしか国民の警戒心も緩んでいったことは確かである。 

あのGW前後のマスク騒動から3ヶ月。 

ここにきて、また新型インフルエンザの猛威が顕著になってきたようだ。 

 

新学期早々の学級閉鎖。 

高校野球、プロ野球、角界と人が集まっている場所での集団発生。 

そしてついに死亡者も・・・。

冬を待たずに事実上の 「本格流行」 が始まったということなのだろうか・・・・。 

 

母がお世話になっている施設でも、訪問者のマスク着用が復活した。

合併症を持つ、いわゆるハイリスク者が多い施設のこと、外部から不用意にもちこまれるウィルスへの警戒は当然至極なことだろう。

ということで、ホームセンターでマスクのまとめ買い(笑)

 

 

 

さて。

母がいる施設では毎年8月最後の土曜日に、家族・関係者・地域の人々を招いての『納涼祭』 が開催されている。 

やぐらを組んでの盆踊り、おでんや焼そば、綿あめ、フランクフルト等の出店が出て、施設職員がお神輿を担ぐ。 

施設のみならず、地域の人々が参集するほのぼのと優しいこの『納涼祭』 が、私は結構気に入っていた。 

ところが今年は新型インフルエンザの蔓延にて、開催1週間前に残念ながら中止が決定。

 

ここ数年、肺炎を繰り返している母は、屋台の焼きそばなどを食べることはできないし、盆踊りも踊ることはできない。 

それでも炭鉱節や東京音頭などの音楽を聴き、踊りを練習しているちょっと元気なおじいちゃん・おばあちゃんの姿を眺めながら、その日がくるのを楽しみにしていたわけだ。

外部の人を交えて賑やかに過ごせる機会、こういう場所では貴重だからね。 

そんな中、介護士さんに 「浴衣で来てね♪」 との要請を受け、結構ノリノリで浴衣を用意していた私も、それはそれでなんだか残念(笑) 

 

  

 

 

まだまだ続きそうな気配のインフルエンザ渦、介護する側も気を抜いちゃいけませんぜ!

コメント (6)

佐原探訪

2009-08-15 08:38:51 | 旅行

勤め人の多くは、旧盆時期が夏休みになることが多いようである。 

しかし今年はその出鼻をくじくように8月11日、静岡で震度6の大地震が発生・・・・!

この時期にしか帰省できない勤め人の中には、 【高速道路ETC割引1,000円乗り放題】の恩恵にあずかろうと思っていた方々が多かったようだが、考えることはみんな同じの大渋滞のうえ、東名高速の崩落でダブルパンチだ。

Uターンラッシュに間に合わそうと突貫工事をしているのは結構だが、間に合わせるだけの手抜き工事だけは勘弁してくれ・・・と願う私も夏休み中。

 

さて。

私の夏休みも御多分にもれず旧盆真っ盛りの8月12日から5日間。

初日から、暑苦しく伸びた髪をバッサリ切ったり、母の元へ行ったり、普段行けない銀行巡り・役所巡りをしたり、父の墓参に行ったりして、あっという間に2日間を消費。

そして三日目。 ようやく私自身のイベントがやってきた。

 

一昨年、 埼玉の調 (つき) 神社 に連れて行ってくれたRちゃんが、『佐原』 に行きたいといっていたので、 「どうよ?」 と声をかけたところ、 「旦那は仕事だし、子供は行方不明だし (おい) お盆の行事はなーんにもない」 と不満そうだったので、その貴重なる1日(笑) をお借りすることにした。

 

佐原といえば掘割のある旧い町並みが有名だが、神社つながりの私たちは、その前に香取神宮へ寄ることにした。

 

  

 

数年前の大河 『新選組!』 で、香取クンが竹刀を振るう道場の背景にかけられていた軸が、【香取大明神】 だったことから、 【そんなギャグはいらない!】 とおもいっきりバッシングを受けていたのが思い出されるが、ここがその 「香取大明神」 の由来となっている神社である。

もちろん三谷さんのギャグなどではなく、正真正銘武士道の神様であることは言うまでもない。

 

 ← 拡大します

 

この後、佐原の旧い町並みへ。

 

  

 

この風景、倉敷を思い出すんだよなー、私。 

・・・・ってことで倉敷の美観地区の写真を並べてみたら、やっぱり違うか(笑)

それにしても昔の写真って、もれなく己の姿がついてくるな・・・(我ながらウザイ)

 

 

 

インテルサットが映し出す日本地図と寸分たがわぬ日本地図を作成した伊能忠敬の足跡をたどる伊能忠敬記念館 と、その旧宅もたどる。

 

  

 

さて、ちょっと遅いお昼ごはんは、小堀屋本店 (1782年創業)へ。 

当時の建物はその後の火災で焼失しているものの、明治25年に建築された建物は雰囲気満点。 

私たちが選んだのは、 【黒切蕎麦】 である。 この真っ黒いそばには、日高昆布が練りこんであるそうだ。 美味♪

 

 

 

近所には小堀屋別館もあり、同じものが食べられるのだが、やっぱりこちらの方が人気が高いようで、中途半端な時間だったにも関わらず行列しておりました。 

ちなみに別館は、旧千葉銀行佐原支店で、昭和4年建築のハイカラ・レトロな建物である。

 

食後のデザートはこれ。 掘割を渡る風に吹かれつつ(笑)

 

 

 

この日の夜には小路の行灯に火が灯り、川面に揺れる幻想的な光とさわら囃子が楽しめる・・・・とのことなのだが、これから埼玉まで帰らねばならぬRちゃんと共に、日が落ちる前に当地を離れる。

それを見ることが叶わなかったRちゃんは、とってもとっても名残惜しそうでした(笑)

コメント (6)

Wind shines  

2009-08-04 07:52:05 | おでかけ

勉強は興味があってこそ、初めて身につくものである。

・・・・・ということを、身をもって教えてくれた(?) 漫画家・渡辺多恵子先生の30周年記念トークショーに行ってきました。 

しかも大好きな演劇集団キャラメルボックスとのコラボだよ♪ (笑)

 

当初は18時からのトークショーだけに行く予定だったのだが、当日たまたま予定が空いてしまった私は、『風を継ぐ者』 のマチネをハーフプライスの当日券で2F席から観劇し、そのままトークショーになだれ込んだ次第である。

 

 

 

渡辺多恵子先生といえば、 『はじめちゃんが一番!』や 『ファミリー!』 などの作品で有名だが、現在月刊flowersに連載中の 『風光る』 は、その2作品を越える長編作品 (コミックスは現段階で26巻) となっており、その丁寧な絵と、長編になっても決してブレることのないストーリーには飽きるということがない。

ところが、 『風光る』 を描く以前の渡辺先生は、 “江戸時代と鎌倉時代のどっちが昔なのかもわからない” ほどの歴史オンチだったそうだ。 

それが、キャラメルボックスの 『風を継ぐ者』 初演(1996年) を見て感動し、今尚続く 『風光る』 の執筆をイキオイで (笑) 始めたということはその筋では有名である。

もちろん幕末~武士~新選組~沖田総司~に興味を持ったことをきっかけにその時代背景を猛勉強。 

その知識欲は新選組だけにとどまらず、風俗・建築・衣装・刀剣にまで及び、結果それが自身のライフワークとも言うべきほどの長期連載になっているというのは、もちろん先生自身の努力の結晶なのであろう。

 

 

 

トークショーということだったので、多分渡辺先生とキャラメルメンバー数人との対談だろうなーーと思って行ったわけだが、これが予想を上回るすごいトークショーで、大感激でした。

 

『風を継ぐ者』 の初演・再演で沖田総司を演じた菅野良一さんがわざわざ北の国(笑) から飛んできて参加してくれたのも非常に嬉しかったんですが、多忙なキャラメルスタッフが、先生の 『風光る』 を動画チックに編集し、それにキャラメルメンバーがアテレコするなんざ、これを夢のコラボといわずなんとする!

『風を継ぐ者』 には登場しない近藤さんの声を三浦剛さん、山南さんの声を佐東広之さんがあてたシーンには、心が躍りましたよ! 

『風光る』 をキャラメルで演ってもいいなぁ・・・なんて♪

 

それだけではなく、スペシャルゲストに日高のり子さん(タッチの南ちゃんだー♪) や、緒方恵美さん (エヴァンゲリオンのシンジだー♪) が登場しての 「風光る・生アテレコ」 ですよ!! 

野球少年だった三浦剛さんが、南ちゃん (注:日高さんです)に 「ドンマイだぞ♪」 と声をかけられた瞬間のデレデレ加減がツボでした (笑)

しかもしかも、京都・輪違屋の司太夫が 【黒髪】を舞ってくれるに到ってはもう・・・・・・・・落涙。 

(これは 『風光る』 の中で、切腹した山南さんを思い出しながら涙ながらに【黒髪】 を舞う明里天神・・・のシーンに当てたものです)

 

トークも面白く、爆笑の連続。 あっという間の2時間でした。 

いやもう大満足!

コメント (8)