Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

明日は久しぶりに外出予定

2018年09月22日 23時47分50秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 本日も家から外には出なかった。食はかなり進むようになった。本日は秋刀魚の刺身と同じく竜田揚げ、そして潮汁と秋刀魚尽くし。秋刀魚2尾を三枚におろし、竜田揚げとし、骨の部分を潮汁としたのだが、いづれも妻と食べて結局は半分を残した。秋刀魚1尾分で間に合った。刺身は別途スーパーで購入したものだが、これも半分残った。入院前に比べて随分食べられる量が減った。
 実は北海道で購入した昆布巻きがあり、賞味期限が本日までであった。これは明日に食べることにした。

 明日は天気も良くなりそうなので、近くの喫茶店まで昼前に出かけてみることにした。ホットコーヒーと名物の野菜サンドを注文してみるつもり。コーヒーは3週間以上口にしていない。性にサイフォンで淹れたコーヒーを無性に飲みたくなった。
 ふだん歩いて10分ほどの国道沿いにある喫茶店である。用心のために杖を突いて歩いてみる。できればさらに10分ほど歩いたところに私鉄の駅とスーパーもある。そこまで足を伸ばしてみたい。どのくらいの速さで歩ける野であろうか。

コメント

入院中の読書2 「高野聖」(泉鏡花)

2018年09月22日 22時10分17秒 | 読書
   

 病院のあるコンビニで揃えている本は小説では文庫本ばかり。そしてほとんどが推理小説。最近の推理小説はまず間違いなく「○○殺人事件」という題名で、どうも私はその命名が気に入らない。センセーショナルに「殺人事件」としてしまって、「小説」としての力点がどこかに飛んでいってしまっているように思う。
 シャーロックホームズのシリーズを書いたコナンドイルや、クリスティやなどの海外の推理小説などは「○○殺人事件」などという表題ではない。
 人が死ぬことばかりであることには、変わりはないといえばないので、表題に関わらず私はあまりにも人が死ぬ場面で溢れかえっている推理小説自体があまり好きではない。人が死なない推理しょせうつというと、「若い人向けの推理小説になってしまう」というが、人が死なないと大人の推理小説にならないのかと逆に私は不思議な気持ちになる。
 そんなこともあり、推理小説ではない文庫本を探したら、浅田次郎とこの泉鏡花の本がかろうじて2冊あった。
 中学生の頃は確か岩波文庫で高野聖を読んだような気がする。確か「眉かくしの霊」と一緒だったような気がするが、今度書店で確かめてみようかと思う。今回角川文庫におさめられているのは5編、「高野聖」と「眉かくしの霊」が共通している。
 私にはこの5編の中では「高野聖」は群を抜いて楽しめた作品であったと感じた。「夜行巡査」などの人物造形・設定などは私にはあまりに荒唐無稽であった。「義血侠血」なども歌川国芳のような凄惨で血がほとばしるような作品で、私の趣味ではなかった。しかし「高野聖」はこれらとは一線を画して、読む楽しみを味わうことができた。人と自然が、怪異を媒介として結びつけられる。自然描写に惹きつけられるし、一見能楽のような構造でもある。
 いつものとおり早読みをしてしまったが、もう一度じっくりと筋を負いながら読みなおしをしてみたいと思わせる作品である。
 「眉かくしの霊」は少しドタバタ敵というか、絵描きの妻と愛人がどうしてこんなことになるのか、話の展開に現代のわれわれからすればあまりに無理がある。
 泉鏡花の他の作品は知らないが、この高野聖は出色なのかと思えた。


コメント

ヘンデルのヴァイオリンソナタ(スーク)

2018年09月22日 12時12分33秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等


 CDを聴く気分になってきた。入院中はスマホでNHKのFM放送を数回聴いていたが、イヤホンではどんなに音を小さくしても寝ながら聴くと頭が重くなってくる。耳の圧迫感があまり好みではない。個人的には音楽はイヤホンやヘッドホンをしないで直接スピーカーから聴きたい。

 取り出したCDはいつものヘンデルのヴァイオリンソナタ。ヴァイオリンはヨゼフ・スーク、ハープシコードはズザナ・ルージチコヴァーの組み合わせ。スークは大編成の協奏曲などよりもこのような曲の方がその音質によく合っているようだ。
コメント

19日ぶりのお風呂

2018年09月22日 01時00分25秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 19日ぶりに我が家の浴槽に浸かった。入院中はほぼ一日おきにシャワーを浴びた。しかし生まれてこの方、浴槽に浸かるという習慣を身に付けているので、お風呂というのはとてもありがたいものである。
 風の音・虫の音を聞きながら入るお風呂というのはいいものである。約3週間の疲れが取れかかったような気もする。

 自宅での療養も済んだら、せめて2泊ほどの温泉にでも行きたいものである。豪華な旅館やホテルよりも静かでノンビリした、押し付けがましいサービスとは縁遠い地味な旅館がいい。おもてなし、なんていう言葉が似合わないところがいい。豪華で食べ残しを前提としたような料理よりも、味わい深い料理がいい。

 そんなことも考えながら30分ほどもぬるいお風呂に浸かっていた。
コメント

入院中の読書「苦海浄土」(石牟礼道子)

2018年09月21日 21時26分03秒 | 読書


 感想はすでに病室からスマホで次のような記事をアップした。

 「苦海浄土」(石牟礼道子)、読了。今回はあくまでも小説として読んだ。文章の力に吸い寄せられたから。詳細は後日。
 「山中九平少年」「舟の墓場」「第三章 ゆき女きき書き」「第四章 天の魚」「潮を吸う岬」「草の親」「満ち潮」など一見聞き書き風のところが秀逸である。作者のこの小さな沿岸地域の共同体へ共感・共鳴する感性と筆力に圧倒される。特に汚染される以前の海の内外の景観や小さな舟を操る漁のようすの美しさが印象的である。現在の「苦海」と対比されるのだが、あんちょこな半近代の匂いはしない。水俣病という状況の中に身をおくことで獲得した視点、発語による小説である。一筋縄では解けない世界が広がる。ルポルタージュやドキュメンタリーましてや政治的文章としてかかれたものではない。あるいは「聞き書き集」でもない。無論読み方は自由であろうが。
そして渡辺京二の解説が私の読解と通低するものがあった。

 詳細は後日、と記したが、やはり文章の圧倒的な力を前に、今はまだこれ以上の感想を書く気力も出てこない。



コメント

家に戻って昼寝から

2018年09月21日 17時37分41秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 家について、病院から持ち帰ったものや書類や薬を整理した後、自分のベッドに横になったらそのまま1時間ほど昼前の昼寝。大雨注意報の出ている強い雨が降り続いている。風も強い。窓の外のプラタナスの葉が大きく揺れている。そんな雨と風の音を聞きながら横になっているのが嬉しい。人は自然の音や景色などを感じていないと精神的にもつらくなる。自然の息吹を感じることが病気の回復にもいいのだとあらためて思った。
 空調の整った堅牢な建物は公的な病院には当然求められる。当然ではある。だが、果たしてそれだけでは病院として本当にいいことなのか、というとそうもいかない。矛盾する環境を同時に満たすわけにはいかない。人は最後は自然の息吹が感じられるところがいいのだと実感もした。回復にも必要なものだとも実感した。

 昼はネギを柔らかく煮込んだものを乗せたうどん、大根のおでん、お見舞いにいただいた大きな葡萄5粒。
 夜はお粥ではなく、いつも家で食べていた硬さのご飯と鮭を焼いたものと生野菜のサラダ。お酒は当分はお預けである。いつからにするかは未定。数か月か1カ月か、数週間か。妻の顔色をうかがいながら‥。

 しばらくは家の中で静かに。玄関の外に出るのは、ゴミ出しあるいは隣りの階段くらいまでにしておこう。月曜くらいには杖を突いて家の周りを歩いてみたい。来週25日はもう一度病院に行って血液検査でワーファリンが安定的に効いているかを診てもらう。その時にも杖を持参で行った方がよさそうである。
 家の周りとはいえ、病院内をいつもの歩幅の半分以下ですり足の歩くのとは違う。つまずいたり、こけたりしないようにしないと敷けない。

 
コメント (2)

病院19日目 最後の食事

2018年09月21日 08時29分27秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
病院での最後の食事は朝食。プラスチックのスプーン1本と、割り箸2膳で53食。想定より長く、箸を購入ないし持参も考えた。長引かないよう、縁起担ぎみたいなことをしてしまった。

慌ただしい退院は、次の患者のために追い出されるような気分。それはそれでやむを得ない。
同じ病室も人の出入りは多かった。今では私が一番古くなってしまった。
皆、私より重症に見えるがかなり早く退院する。見た目より私が重症だったということなのだろうか。

着替えをしたら、ベルトがないとズボンが落ちてしまう。約5キロダウンしたので5センチほどだろうか。捨てないでとってあるはけなくなったズボンがはけそうである。半分うれしい。
しかし両手に荷物なので、手でズボンは支えられない。ベルトを持ってきてもらうしかない。
上着は半袖1枚、タクシーに乗るまでの数分とはいえ、寒そう。

コメント (2)

病院18日目 明日の準備完了

2018年09月20日 20時56分31秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
病院での最後のシャワーと夕食。医師や夜勤の看護師、病室の各スタッフにお礼の挨拶をしながら、帰宅準備完了。

退院準備は医師も看護師も慌ただしいと思う。ワーファリン以外の薬を処方している病院への報告書類、退院後の当面の薬の処方、給食の指示、ベッドの片付け、すぐにやってくる新規の入院患者の受け入れ準備等々、私が考えついた作業だけでも大変そうである。
すべてがパソコンで処理されているが、看護師にとっては患者の病歴や特性など頭の切り替えも大変そうである。

明日は天気の良し悪しに関わらず、病院玄関から直接タクシーで帰宅予定。
コメント

病院18日目 退院前の説明

2018年09月20日 19時24分39秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
退院の準備ほぼ完了。
院内をユックリ6000歩。点滴がとれてから運動にはならないとは思いつつもぷらぷらと4000歩あるいた。明日にそなえ増やしてみた。当面はこの程度でならしていく。外をユックリ歩くことから。足を引きずるのではなくちゃんと上げてつまずかないように歩くことから。

夕食の前に15分近く夫婦で医師から経過報告とこれからの治療方針、生活上の注意点などの説明をしてくれた。質問にも時間を費やしてくれた。

血栓は半分は消えたがまだ大腸に近い部分が残っているとのこと。ワーファリンはほぼ一生飲み続けることになりそう。

血栓の原因は今後も治療しながら究明すると云われた。

過去の病歴との関連、虫垂炎痕の炎症の評価、高脂血症と静脈の血栓との関連(これは明確に否定された)等々、分かりやすく教わった。
コメント

病院18日目 明日朝退院に

2018年09月20日 10時46分55秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
朝食後、明日金曜日午前中に退院です、と云われ、チョッと焦った。てっきり土曜の方が可能性は高いとたかをくくっていた。

妻が午後に面会に来るので、二人で説明を聞けるような時間を要請した。妻は高額医療の書類を取りに行っているので、その書類が本日中に手に入ると支払いまでに間に合う。
一日おきに来てもらっている妻には二日続けて来てもらわなくてはいけなくなった。しかも退院後の服まで持ってきてもらうことになってしまった。

しかし早めの退院、素直に喜ばねばいけない。
コメント

病院17日目 本日の読書

2018年09月19日 21時22分03秒 | 読書
「セザンヌ物語」の第12節「セザンヌの静物画」と、「高野聖」から「夜行巡査」、「外科室」、「眉かくしの霊」読了。
「セザンヌ物語」は、残り五つの節と序文。「高野聖」は表題作の「高野聖」と解説、年表を残す。
「セザンヌ物語」はしばらくおやすみなさい。
コメント

病院17日目 検査結果

2018年09月19日 18時52分19秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
本日の医師の説明では、検査の結果では
・血栓は半分ほどに縮小している
・肝臓に近い方から縮小している
・ワーファリンが効いていることを示す数値も安定している
・虫垂切除跡の炎症は心配するものではなかった
・明日の血液検査の結果が良ければ退院としたい
と云われた。
私からは、
・静脈の血の流れからは肝臓ではなく腸に近い方から血栓は縮小すると思っていたが、反対ではないか?
・虫垂切除跡炎症が原因ではないとすると、高脂血症か何かが原因と考えられるのか?
と質問。

医師の回答は、私の理解では、
・肝臓の方から縮小している原因は不明。完全に閉塞しているわけではないので、こういうこともありうると考えている。
・高脂血症というほどの値ではなく直接の原因ではない。
というものであった。

取り敢えずの会話はここまで。
明日までに退院にあたっての質問を整理することにした。今晩中にメモの予定。
コメント (2)

病院17日目 退院が近づくと・・・

2018年09月19日 14時14分12秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
昨日の朝のように明るく晴れ渡っている。こんな日は、ノンビリ外を歩いてみたいもの。遠くでなくとも良い。近くの住宅街の、まだ歩いていない道を、特に行き先を決めずに歩いてみたい。途中で喫茶店でもあればもうけもの。
以前そんな風に一人で1時間ほど歩いたら、ごく小さなケーキ店があり、二人掛けのテーブルがひとつ。コーヒーだけを飲んだ。2~3年後に妻に紹介しようと寄ってみたら残念ながら店じまいをしていた。

造影剤を使ったCTは午前中に終了。午後は特に予定はない。
退院が具体化すると、落ち着かなくなる。特にあれがしたい、これがしたいというのはない。すべきことはいっぱいあるはずだが、再度組み立てる気力はない。

このエネルギーが戻って来ないと困るが、戻るにはどうしても一週間はかかりそうです。
退職者会のこと、団地の管理組合のこと、家のこと、講座のこと・・・。
あれこれ気をもむと、お先真っ暗になる。
コメント

病院16日目 猛烈な雨

2018年09月18日 23時11分41秒 | 天気と自然災害
強い雨が降ってきた。雨が屋根を伝い落ちる音が病院内にも聞こえてくる。
茨城県内では猛烈な雨となっているらしい。
レインアイよこはまで確かめたら、この病院の近辺では降っていなかったのに、急に雨の区域が生じ、発達した。もう20分はこの強い雨が止まない。
コメント

病院16日目 退院予定が明らかに

2018年09月18日 21時23分54秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
昨晩のように雷は鳴らない。雨は都内の方が強いようだ。それでも最大50ミリの雨の区域が市域の南部から北上。先ほど病院も強い雨が降っていた。まだ油断は出来ないものの、大雨警報は発令されてはいない。

医師より明日・明後日の検査予定と、金曜または土曜の退院を伝えられた。予定どおりにいくのか、それまでに原因がわかるのか、モヤモヤ中。

「セザンヌ物語」の第9節「新しい「風景画」の誕生」、第10節「写真の光景と「風景画」」、第11節「「深さ」を色彩で」を読み終えた。
またコンビニで見つけた「高野聖」(泉鏡花、角川文庫)の「義血侠客」を読む。5編収録。泉鏡花は「高野聖」しか読んでいない。
コメント