Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

「木枯し」の句

2017年10月31日 22時24分31秒 | 俳句・短歌・詩等関連
 「木枯し」の句というと先ほどの山口誓子の句のほかに私は、次のふたつの句が好きである。

★こがらしや何に世わたる家五軒     与謝蕪村
★木がらしや目刺に残る海の色      芥川龍之介


 蕪村の句はさらに有名な「五月雨や大河を前に家二軒」(1766年)を思い出す。二軒と五軒、どう違うのか。五月雨の句の二軒ともなれば、心細さが際立つ。五軒といえばとりあえず自足した集落と思えるので、その場所ならではの生活の糧を得る何かを想像させたのだろうか。二軒よりは少し頼りがいのありそうな雰囲気がある。というのが私の想像である。
 こがらしの句といい、五月雨の句といい、数字のイメージが微妙なニュアンスを求めているように思う。「寒月や枯木の中の竹三竿」「蓮の香や水をはなるゝ茎二寸」もそうだ。単に音の数合わせではないものを感じる。
 芥川の句も有名だ。目刺にわずかに残る皮膚の青から海の青を連想するイメージの飛躍、想像力の豊かさ・自由さに私は驚いた記憶がある。目刺は春の季語ではあるが、ここでは「木がらしや」が強いので冬の句であることは間違いない。
コメント

「木枯し還るところなし」

2017年10月31日 20時14分08秒 | 俳句・短歌・詩等関連
 昨日は木枯1号ということになった。
 木枯しの句というと
★海に出て木枯し還るところなし     山口誓子
 の句がまずは思い出させる。

 山口誓子らしい言い切った「還るところなし」が強く心に残る。伊勢湾で療養していた1944年の句。
 冬の太平洋岸の情景を詠んだ嘱目吟にみえる。吹きすさんだ木枯が、野山を通り吹き荒らしつつ太平洋に出たが、もはや帰るところがない。決して日本に戻ってくることのない木枯し。これだけでも私にはいい句に思える。
 しかし誓子は「この句を作った時、私は特攻隊の片道飛行を念頭に置いていた」と記しているという。
 誓子の思いは嘱目だけではなかった。特攻を強いられた若者が二度と家族や、日本の土地に戻ることのできないさま「帰るところなし」と言い来ることで無念、切なさが迫ってくる。
 心に刻んでおきたい句である。
コメント

「図書11月号」-2-

2017年10月31日 13時53分39秒 | 読書
 少しお疲れモード。軽い朝食後すぐに11時過ぎまで寝てしまった。

 先ほどまで、昨晩に続いて「図書11月号」を少しばかり。

・アメリカ日食を見に行く     白尾元理
 「ある皆既日食が起こった後、月の満ち欠けが223回繰り返すと再び太陽-月-地球の位置関係がほぼ同じとなって、よく日皆既日食が起こる。この周期は18年11.3日で、サロスと呼ばれる。‥サロスの周期に0.3日の半端があるために、日食の起こる軽度は120(土)ずつにしに移動する。1サロス後の次は、2035年9月2日。日本で皆既日食が起こる。」
 実に懐かしいサロス周期ということばを思い出した。中学生の時に名前は忘れたが子供向けの科学雑誌に載っていたのを読んだ記憶がある。しかしここでは触れていないことも思い出した。閏年がその間に4回となるか、5回となるかで、18年11日なのか18年10日なのかの違いがある。次回の2035年9月2日はこのことも考慮した日程なので間違いはない。
 ひとつのサロス周期は80回近く繰り返すと消滅して、他のサロス周期が始まる。この80回の食の内50回近くが皆既日食ないし金環日食になる。
 そして0.3という端数を考えるとそのサロス周期の3倍の約54年33日ではほぼ同じ場所で日食が起きることになる。これをトリプルサロス周期ないしエクセリグモス周期ともいう。これも最近聞くことはなくなった。
・プロテスタンティズムの倫理とボウリングの技巧    深井智朗
 ルターとボウリングという組み合わせが不思議である。
 「ヨーロッパに伝えられたボーリングには宗教的な意味が加えられ、ピンをサタンに見立てて、サタンの誘惑に打ち勝つために、ボールでそれを勇敢に打ち倒すという説明のもとに(修道院で)行われていた。」
 「(ルターが)宗教教育のために、また規則を守ることを通じて倫理的な教育にも利用したことで、今日のボウリングのルールが整備されることになった‥。」
 ということらしい。
・14世紀に滅びさったカタリ派の痕跡を、パリで掘り起こす    冨原眞弓


コメント

「図書11月号」

2017年10月30日 22時13分36秒 | 読書
 本日帰宅したら、岩波の「図書11月号」が届いていた。眠い目をこすりながら、



・フランケンシュタインに目を運ぶ少年の夢    司  修
・墜落するオセロー               安達まみ
 「撃たれて翼をもがれたアメリカの戦闘機B29が、火の粉をまき散らしながら、空から降ってくる。ゆっくりと、スローモーションのように。‥少年は坪内逍遥訳「オセロー」を読んでいた。悠然と落ちてくるB29の荘厳な美しさが、主人公の運命と重なる。『名誉の戦争(いくさ)に附物(つきもの)のあらゆる特質、誉も飾りも立派さも、もうさらばぢや!』」
・らしからぬ不穏--夏目漱石「それから」    柳 広司
・大きな字でかくこと--父 番外        加藤典洋

 ここまで読んで、これ以上は瞼が閉じそうになり、断念。

コメント

懸案事項終了と木枯らし1号

2017年10月30日 19時01分39秒 | 天気と自然災害
 葬儀も無事終了、弔辞も何とか最後まで読むことができた。昨日は学生時代の友人6人が参列、本日も5人が参列できた。
 葬儀後、4人でコーヒーを飲みながら2時間近く故人の話や最近の社会の状況について議論。先ほど家についた。
 木枯らし1号が吹いたとのこと、横浜でも17時前に瞬間最大風速19.6mを記録したとのこと。さすがに私も寒いと感じた。

 今朝がた印刷所に送信した退職者会の原稿についていくつかの訂正が寄せられた。それをこれから送信予定。
 しかし基本はクリアできているので、後処理はそれほど大変ではない。今朝がたまでかかって作業した甲斐がある。

 今朝がたまで綱渡りの状況があったので、これから明日いっぱいは休養日&休養時間とさせてもらうことにした。
コメント (2)

台風一過、用事も一応クリア

2017年10月30日 09時13分49秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 台風一過というにふさわしい好天。気分はいい。本日の告別式で友人の葬儀は終わる。遺族にとってはこれからが亡くなった方を偲ぶ時間かもしれない。
 私にとっては、同時に退職者会ニュースの原稿を印刷所に明け方の3時半に送信できたので、こちらもとりあえず終了。あとは校正段階でのチェックを受けるだけである。
 二つの用務の締め切りが重なるという事態をなんとかクリアできてほっとしている。
 実は昨日は団地の用務もあったが、こちらはさすがに他の肩にお願いせざるを得なかった。
コメント

川口市内の雨がひどかった

2017年10月29日 23時09分43秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 ようやく帰宅。横浜よりも川口市内の方が雨がひどかったようだ。葬儀場から駅まではタクシーがつかまらず、わずか1分もかからないバス停まで歩いたらびしょぬれになった。すぐにバスが来たから助かった。
 川口駅のすぐ近くの居酒屋で亡くなった高木さんの学生時代のエピソードを6人の仲間でいろいろと思い出しながら1時間半ほど。私の知らないエピソードをたくさん聞きことができた。弔辞の素案をこれから大幅に書き直す。人となりを浮き彫りにできるといいのだが‥。

 台風はとりあえず去ったようだ。横浜では洪水警報も出たようだ。今は大雨警報は継続しているが、洪水・強風・波浪注意報が残っている。「レインアイよこはま」を見ても市内で雨の区域は残っていない。明日は晴れるようだ。


コメント (2)

大雨警報になってしまった

2017年10月29日 13時28分24秒 | 天気と自然災害


 12時過ぎに大雨警報になってしまった。大雨(土砂災害)警報、洪水・強風・雷・波浪注意報となった。
 これから出かける。雨の区域は南西から北東に移動している。強い雨の区域が迫ってきている。
 先ほど押入れをひっくり返して、百円ショップで購入したビニールのカッパを探したが、上着だけの長いものしかなかった。ズボンはやむなく登山用のものにし、上着の裾を短く鋏で切り取った。
 しかし雨の弱いときならば、カッパを着ないで傘だけで地下鉄に乗れそう。
コメント

台風22号

2017年10月29日 10時49分10秒 | 天気と自然災害
 横浜では大雨・強風・雷・波浪注意報が出ている。昨晩から最大20ミリほどの雨が止むことなく続いている。30ミリを超えると道路の排水が吐ききれなくなり、また斜面から土砂が流れることもある。流れた土は少量であっても直接当たると人は抵抗できなくて転倒する。気をつけたいものである。
 台風22号は夜に神奈川など関東地方南部に最接近するようだ。多分雨はその前段がひどいと思われる。雨・風はお通夜のころ一番ひどいのではないだろうか。雨合羽を着て出かけないと式服が濡れてしまう。風が強まれば傘は役に立たない。風で飛ばされるビニール傘というのは他人に対しては凶器である。危険極まりない。
コメント

本日の通夜は台風にたたられそう

2017年10月29日 02時08分48秒 | 天気と自然災害
 雨の音が強くなった。レインアイよこはまを見ると、時間雨量換算で10ミリ程度の雨が降り続いている。雨に関する注意報は出ていないが、横浜市域には強風注意報が出ている。午後から夜にかけての降水確率90%、風はかなり強いとのこと。葬儀のある川口市でも70%、最高気温が16℃となっている。
 昨日の午後も「比較文明学会」の行われた駒場付近は寒かった。喪服の下にサマーセーター1枚を着た方が良いようだ。ただし背広がセーターの上から着れればの話だが。切れない場合はどうしたらよいか、午前中の悩みどころである。
 風と雨がひどいようならば、駅から葬儀場まではタクシー利用の方が賢明であろう。夜の降水確率は少し低くなる。友人たちと弔い酒を少し呑みに行くことになるが、天候次第。

明日の告別式は雨は何とか上がるかもしれない。
コメント

ようやく終りが見えてきた

2017年10月28日 23時21分35秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 本日は弔辞を再チェック、かなり変えた。明日ご遺族に渡すのにいろいろ考え込んでしまっている。
 退職者会ニュースは85%出来上がり。あとは一面トップの記事の原稿が送られてくるのを待つばかり。何とか明日中に原稿が届いて欲しい。
 していることの期限が同じ日に重なるということは本当に大変である。葬儀とそしていつものニュースの原稿作り。しかしようやく終りに近づいた。うまく終了してほしい。

 明日やって来る台風が何事もなく通過してほしいものである。
コメント

比較文明学会第35回大会「文明と暴力」

2017年10月28日 22時30分29秒 | 読書
   

 本日、比較文明学会第35回大会「文明と暴力-平和な世界のために-」に参加してきた。参加といっても一般参加の費用500円を払って、基調講演と公開シンポジウムを黙って聞いて聞いてきただけである。
 基調講演は私の問題意識とも重なる部分があり、興味深かったが、もう少し時間をかけた講演を聞きたかった。公開シンポジウムの4人のパネラーの各20分の講演は、私のような素人にはなかなか理解できない。問題意識が重なる部分や理解できるところも多々あったが、全体としては頭の中に切れ切れに入ってきただけでうまく処理できないもどかしさを感じた。
コメント

弔辞を作ってみた

2017年10月27日 23時15分42秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 弔辞と葬儀店に送る供花の連名の一覧表と住所録が出来上がった。これから退職者会ニュースの原稿作りを1時間ほどしてから就寝。明日は11時前に家を出る。1時間ほどの作業ができるだろうか。時間が惜しいという感覚を思い出してきた。
 弔辞というのは別に参列者の前で朗読しなくてもいい。大事な個人の思い出を、今の時点で整理をして、遺族に渡すだけで、どこか一区切りをつけることができるように思える。私にとっては大事な営為である。以前に吉崎雄一さんの急逝のときも弔辞をつくりご遺族に渡した。近しい人の死の度に丁寧に作りたいと思う。
コメント

30日までは全力疾走‥

2017年10月27日 21時30分17秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 退職者会ニュースは7割方出来上がった。一面のトップ記事がまだ手元に届かない。今晩と明日の午前中に小さな手直しも含めて8割方まで終わらせておきたい。日曜日午前中で最終仕上げになれば何とか印刷所に送信できる。
 夕方からは集会があり、井出英策慶応大学教授の講演を聞いてきた。しかしニュースの作成作業と葬儀のための準備があるので、40分ほど聞いて退席させてもらった。明日の午後から友人が代表を務めているという「比較文明学会」に参加する約束をしたので、東海大学の代々木校舎まで行くことになっている。その電車の中で本日の資料を再度読み込むことにした。
 これから若干の作業のあと、昨日できなかった夜のウォーキングでもして頭の切り替えをしたい。
コメント

電報は死語のよう

2017年10月27日 11時31分41秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 昨晩連絡できなかった幾人かに友人の訃報を電話とメールで伝えた。住所しかわからない友人に速達とレタックスを送付。
 郵便局で「今でも電報というのはあるの」と聞いたら若い局員が目を白黒、隣の職員が「レタックス」というものがあります、と答えてくれた。電報というのは学生時代に2回ほど打ったことがある。それ以来電報なるものにはご無沙汰である。
 592円で字数はかなりかけそうだが、つい電報のような文章になってしまった。必要なことだけを箇条書きし、「電話を乞う」と書いて終了。連絡をくれるとありがたい。

 しかし友人たちに連絡をしていて、つくづくといい友達を学生時代に持つことができた、と思った。学生時代というのは、どれだけいい友人をつくるか、長く付き合える友人と出会えるか、にかかっていると思う。友人とは待っていても得ることはできない。さまざまな出会いの中から、濃密な関係を築き上げていく過程で得られる宝物である。能動的に動いて初めてできるものである。私の学生時代に唯一得たものがこの友人たちである。「学問」も「単位」も「資格」も価値ではないということも学んだ。
 この出会いを作り上げた体験が、卒業後の職場での振舞いの大きな糧となった。人生の最大の収穫だと思っている。
コメント