岸本周平 Blog

和歌山 民主党 衆議院議員
岸本周平 汗と涙の日々!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊太祁曽神社での打ち水大作戦

2011年07月31日 23時45分43秒 | Weblog

(伊太祁曽神社の茅輪祭「わくぐりまつり」)

 毎年、7月30日、31日は伊太祁曽神社の夏越のお祓いのお祭りです。

 http://itakiso-jinja.net/

 この茅輪祭りは「わくぐりまつり」とも呼ばれています。人間は知らず知らずの内に罪・穢れに触れてしまうので、年に2回、水無月(6月)と師走(12月)に大祓いを行います。

 紙の人形に名前と生年月日を書き、体に触り、息を吹きかけて奉納します。その際に、写真の茅輪を3回くぐります。そうすると、生まれた時の無垢な状態に戻ることができます。

 私も、くぐってきましたよ。

 そして、毎年、恒例になっている境内での「打ち水大作戦」に参加してきました。今年で5回目。私は浪人中から皆勤賞です。

 

 

 これは、地球温暖化に対応して、昔からの日本人の智恵である「打ち水」を見直そうという全国規模のイベントです。7月23日(大暑)から8月23日(処暑)の1ヶ月間、全国規模で行われています。

 http://uchimizu.jp/

 江戸時代から、夏は打ち水で涼風を楽しみました。

 実験すると、打ち水をした後は、地表の温度が2度から3度は下がります。

 今年も、子どもたちと一緒に打ち水をしました。

 その後、シャボン玉を飛ばしますと、シャボン玉が勢い良く上空に向かって上がっていきました。

 

 これは、「気化熱」によって地面の熱が大気中に逃げていくので、下から上へ空気が移動します。そのためなのです。

 「気化熱」とは、水が気体になるときに周囲から吸収する熱のことです。水が蒸発するためには熱が必要になりますので、温度が下がるのですね。

 そんなことを子どもたちに説明しながら、童心に返って、水をまき、シャボン玉で遊び、、、、、ひとときながら、政治のことを忘れて、のんびりしましたよ。

             私たちのために。
             私たちの子供たちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 復興基本方針について | トップ | ブログを移行しました。 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
継続は力なり (てつじん29号)
2011-08-01 21:43:01
当日は関空から伊太祁曽神社へ直行されたとの
ことで、五年連続五度目の重みを感じました。
宮司さんと「継続は力なり」と言い交わして。

五年前の賑いからは「竜頭蛇尾」感は拭えない
のですが、その分、定着感と「一期一会」感を
しっかり感じることができたように思います。

「神々しさ」漂う境内で「打ち水大作戦」を
敢行して「気化熱」を実感すべくシャボン玉
の行方を観る岸本さんに「人間・岸本周平」を
確かに観たような気がして心強かったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事