ヒマジンの試行錯誤

パソコンライフを楽しむ!

ローマへ

2011年05月31日 16時40分52秒 | 海外旅行
イタリア旅行記(JTBツアー)。

5月17日(火)朝7時35分、成田空港でツアー参加者とのご対面。
添乗員はベテラン男性だった。
参加者は9名のグループが1組、4名のグループが2組、
2名のグループが10組、1名が1組の全部で38名。
この人数は添乗員1名では多過ぎるのではと思った。
うち新婚さんが3組混じっていた。
後で分かったのだが、そのうちの1組の新婚さんは茨城からで今回の東日本大震災の被害者だった。
自宅マンションが液状化現象にあったのだそうだ。
関東圏以外からの参加者は、北海道から来た70歳後半のおばあさん2人組とわれわれ夫婦の富山組のみ。

1日目は、出国手続を済ませてのち、成田発9時35分のアリタリア航空でローマへ直行。


↑ 成田国際空港第1ターミナル北ウイング4Fの時刻表


約12時間の飛行機旅が始まる。


↑ 成田を発ってから約3時間後ロシア上空に差し掛かったところ


飛行機はエコノミークラスであったが、約80席の空席があり、われわれは3人掛けの窓際1列を2人でゆったりと座ることができた。



↑ 8時間後のヨーロッパ上空、ローマまで後4時間くらいのところ


現地時間で午後3時ごろ、トラブルもなく予定通りローマ(フィウミチーノ空港)に到着。
入国審査後、迎えの大型観光バスで宿泊ホテルへ直行。
午後5時ごろホテルに入った。

【1日目の日程表】




↑ シェラトン ローマ ホテル


ホテルで部屋割りの後各自翌日まで自由行動となる。
グループで来た参加者らはホテルのバスでローマ市外へ散策に出かけた。
ローマ到着直前に機内食があったとは言え、翌日の朝食までには相当長い時間がある。
イタリア語が全く駄目なわれわれは途方にくれた。
とにかく腹が減っては戦ができぬとばかり午後7時半ごろホテルの食堂へ。
ここで役立ったのが持参していった“るるぶの'11 イタリア”ガイドブックであった。


↑ ガイドブックの表紙


ガイドブックの特製付録に


↑ “指さしで簡単オーダー イタリア料理カタログ”

が付いていたので、レストランで勇気を振り絞ってガイドブックを指差しながらオーダー。
大成功!
指差し注文通りのピッツァ・マルゲリータとピッツァ・カプリチョーザがテーブルに運ばれてきた。
本場のピッツァである。
ただ直径40cmはあると思われる大物だった。
2人ではとても食べきれない。
イタリア人はぺろりといくらしい。
ビールで乾杯した後、一生懸命挑戦したが食いきれず残してしまった。
ピッツァは1枚にして2人で分ければ良かったと後悔すること仕切り。
イタリア語が話せない情けなさをあらためて実感させられた。
食事終了後の支払いも、「お勘定をお願いします」をガイドブックの“実践 イタリア語 食事編”に記載してあったそのまま借用して、
『イル コント ペル ファヴォーレ』
とカタカナを読み上げて指差した。
どうやら通じたようで、ボーイが持ってきたレシートに書いてあった40.6ユーロを現金で支払い部屋へ戻った。
御蔭で飛行機疲れとレストランの冒険で少々疲れたが満腹したので、その夜は何とか眠ることができた。
(次はローマ市内観光)


コメント (6)

この2週間に気になった有名人(221)

2011年05月30日 11時57分31秒 | 気になった有名人

今回はイタリア旅行で留守にしたため、2週間分を纏めた。
コメント

脳トレ!

2011年05月29日 15時22分40秒 | 脳トレ!


先週は、イタリア旅行のため、新聞を差し止めに。
それ故、先々週のこたえは確認できなかった。

今日は午前中、町内の防災訓練があった。
雨の中だったが、午後からの方が台風の影響もあり風雨が強くなってきた。
午前中でよかったとホッとしている。
コメント

イタリア旅行

2011年05月28日 11時53分47秒 | 海外旅行
今年2月ごろ申し込みをしていた“イタリア旅行”。
東日本大震災のこともあり途中躊躇したこともあったが予定通り決行した。
JTBのツアー“カプリ島とイタリア縦断ハイライト9”である。
(下記の添付写真参照)



パンフ“LOOK JTB 春のヨーロッパ”より


このツアーは、添乗員同行、イタリア往復直行、青の洞窟、ピサの斜塔、ローマ、ナポリ、ベネチア、ミラノが含まれている等、
われわれの条件をかなり満たしていたので選んだコースである。

旅行日程はイタリアの気候条件が一番よいとされていた5~6月の5月17日(火)~25日(水)の9日間と決めていた。


成田空港7時35分集合だったので、前日の5月16日(月)富山空港より羽田経由で成田へ向かった。
そしてそのまま成田で前泊とした。
(下記日程表参照)


日程表(富山→成田)


なお、イタリア旅行記は写真が整理でき次第順じアップする予定。
コメント (2)

脳トレ!

2011年05月15日 11時22分03秒 | 脳トレ!


先週のこたえは、『9』でした。



富山市街
コメント

この1週間に気になった有名人(220)

2011年05月14日 10時49分22秒 | 気になった有名人
コメント

日展・富山展

2011年05月13日 11時09分50秒 | イベント
昨日(12日)午前中に日展・富山展を観賞してきた。
霧で霞んだような朝だったが富山に着くころには太陽も覗いた。



富山県民会館の日展会場入口付近

平日の午前だったが入場者は結構多かった。
久しぶりに高尚なアートを観賞して、分からないながらも美しいもの丹精を込めて作られた芸術作品に感動させられた。
勿論、刺繍作品「光彩」(吉江夕音さん)も観てきた。
葉っぱをモチーフにしたとても刺繍とは思えない現代アートという印象だった。

その帰り道、すっかり新緑となった富山市街にも感動させられた。



県庁前広場の噴水も勢いよく上っていた。
コメント (2)

この1週間に気になった有名人(219)

2011年05月09日 19時40分50秒 | 気になった有名人



昨日(8日)の午後は町内のパークゴルフ大会が庄川河川敷で行われた。
風がかなり強かったが天気も良くなり、40名の参加者で賑わった。
大会終了後、公民館で表彰式等を行って散会した。
コメント (2)

脳トレ!

2011年05月08日 10時50分47秒 | 脳トレ!


先週のこたえは、『12』でした。


毎年この時期に旬の筍を届けてくれるKさん。
連休明けに今年は若干遅れていると朝掘りたての“黒川の筍”をわざわざ持参してくれた。
早速、筍の煮物、油で焼いたもの、筍飯、味噌汁にして筍づくしで味わった。
“軟らかくて美味しい”という表現がぴったりだった。
Kさんには、いつも感謝の気持ちでいっぱいである。


黒川の筍。掘りたてで黒っぽい土が付着していた。
コメント

能登ドライブ

2011年05月07日 15時29分27秒 | 国内旅行
ゴールデンウィークの2・3日に久しぶりに家族揃って能登ドライブへ。
2日は和倉温泉・加賀屋で一泊し、翌日の3日に能登金剛方面へドライブ。

先ずは能登半島を代表する定番スポット「巌門」へ。
途中、志賀原発に近いせいか?道路の整備が素晴らしい。



↑ 巌門



↑ 幸せを叶えてくれそうな橋「幸せのがんもん橋」



↑ 折からの黄砂で霞む巌門の海。客寄せの遊覧船が3艘も。


巌門を後に海岸線に沿って関野鼻方面へ。
途中、風車発電機が数台並んでいるの見えた。



↑ 松本清張原作の「ゼロの焦点」の舞台にもなった「ヤセの断崖」



↑ NHK「源義経」のテレビロケ地・村上元三先生の記念句碑


関野鼻は能登大震災の影響も甚大だったらしく、レストハウスは崩れたままに放置されていた。
さらに、北陸きっての古刹「總持寺」のある輪島市門前へ。




↑ 曹洞宗大本山總持寺祖院の入口・三樹松関。


總持寺拝観料:400円。



↑ 總持寺山門



地震の爪跡も生々しい法堂。修復工事が行われていた。


拝観後、門前町の蕎麦屋で盛り蕎麦を喰い帰路に着いた。
コメント (2)