牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

酒は百薬の長ですが、花粉症にお酒は禁物? それとも花粉症の特効薬?

2018-04-13 11:57:39 | 酒の情報(酒エトセトラ)
                           
                           【公式HPはこちら↑】




昨夜、お酒の席でご一緒した方が、「今日は花粉症がひどいので、お酒は程々に」と、ビール+日本酒少々、という状況。
(先般、お仕事で韓国に行らした際には、19人で38本の眞露を空けたというお話しもされていましたから、本当にセーブされていたんですね)


花粉症、昨年末に公表された東京都の調査では、東京都全体で48.8%が症状があるそうです。





しかも、そのうちの35.5%の人が医療機関での薬、28.1%が市販の薬と飲むなど、合計63.6%が「薬を飲むくらいつらそうな」人々。





実は自分の花粉症で、薬も飲んでいたりするのですが、そこで話題になったのが、「なぜ、花粉症だとお酒を控えた方が良いのか」ということ。


曰く

花粉症は「人体が花粉を異物として認識し、炎症を起こす化学物質であるヒスタミンなどを分泌」して発症するが、お酒が入るとその分泌がさらに刺激されるので、症状が重症化する。

お酒が入ると、利尿作用によって体内の水分が減少し、結果、鼻やのどの粘膜を乾燥させ、重症化する。

花粉症の薬には、アルコールに溶けやすい成分が含まれている場合もあり、薬の成分が急激に吸収されると、その薬に想定された効き目や効果の続く時間などが変わったり、副作用が起こるおそれもある。


ネット上でも、色々ありますよ。


少なくとも症状の重いときには、お酒を飲むことを我慢し、飲みの誘いも断るようにしてください。

少量飲むことはしかたがないとしても、脱水症状を起こすほどの大量の飲酒は避けるようにしましょう。

花粉症のときの飲み物について(中略)一番のおすすめは、やはり乾燥の根本的原因となっているお酒をやめることです。

花粉症の薬を飲んだ場合は、お酒を控えた方が良いでしょう


で、結論は

お酒が好きな人にはつらいかもしれませんが、せめて花粉症のシーズンだけでも、お酒の量を控えるようにしてください。


これ、個人的に飲めないようなぁ、という悲しい気持ちはさておき、商売上はどう影響するのでしょうか。


上述のように、東京都の48.8%が花粉症で、うち63.6%が薬で抑えているということですから、掛け算すると31.0%。

花粉症のシーズンが2ヶ月として(一年間の6分の1)、その期間、お酒を半分くらいに控えるとすると、、、、


31.0% × (1/6) × 0.5 =2.6%



年間消費量が2.6%減る、ことになります。


ただでさえお酒離れが進んでいる状況下に、これはよろしくない。

やはり、10年来のテーマである、花粉症に効くお酒を一日も早く開発するしかないですね。






※あの、、、、酒・ブログランキングにエントリーしています。
↓↓↓↓クリックで応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑


★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★



【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント   この記事についてブログを書く
« 来たれ!酒類業界!@A社さん... | トップ | どちらが怖い? 韓国の眞露... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

酒の情報(酒エトセトラ)」カテゴリの最新記事