牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

外飲み日本一は「土佐のいごっそう」高知だそうですが、高松も多いんですよね。

2022-05-24 11:53:20 | 附属酒類経済研究所
                          
<href="http://sake-masumoto.co.jp/">

                           【公式HPはこちら↑】



ネットニュースで「新潟がカップ麺や冷凍食品購入の日本一」というのを見ました。

これ、宇都宮(や浜松)が「餃子のまち」というのと同様、政府統計の家計調査の支出金額が最も多い大都市、ということのようです。
解釈としては新潟は雪に閉ざされる事も多いので、ストックできる食品への需要が大きい、ということのようです。
「餃子のまち」というのは浜松が宇都宮を抜いたとか、宮崎がかわしたとか、よく目にしますが、「カップ麺」というのは初耳でした。

と、すると、アルコール類はどうなんでしょうね。
以前も触れたことがありますが、地域分布としては「ビールやウイスキーは大都市」「焼酎は西高(南高)東低」「日本酒は日本海側の雪の降るところ」といった傾向を30年以上前に授業で聞きましたが、分布ではなく「一番のまち」は最近のデータで見るとどうなんでしょうね。
(昨今、分布傾向よりも1番だとかビリだとか、そういうのが話題になりますね。マラソンみたい)

で、家計調査の2021年計のうち、よくメディアなどで引き合いに出される「二人以上の世帯」の支出金額の表で、お酒関連は次の品目が分かれています。

酒類(合計)
・清酒
・焼酎
・ビール
・ウイスキー
・ワイン
・発泡酒・ビール風アルコール飲料
・チューハイ・カクテル
・他の酒


結構ありますね。
また、これ以外にも関係では

外食
・飲酒代


というのもあるんですよね。


まずは買ってくる方の「酒類(合計)」を見てみましょう。





東京都区部、青森市、千葉市、という順序です。
青森はちょっと意外ですが、東京や千葉がワン、ツーというのはさもありなんです。


一方の外食のうちの飲酒代
外飲みか自宅飲みかで大きく変わるので、上の結果とは異なりそうですが、実際にはこうだった。




なんと!高知市、高松市の四国勢がワン、ツーで、3位は東京。

四国勢強し!かと思いきや、松山市は2,742円、徳島市は4,159円で数倍の差がありますから、四国勢云々は言えませんね。


うーん、どう考えるべきなのか。

テレビだったら「土佐のいごっそうは飲んだくれ!!」と済ませてしまいそうですが、さすがにそれではねぇ。。。

今度ゆっくり考えてみましょう。





★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワインの試飲パス5000円、ロートレックのリトグラフ。デパートさんの流れ。

2022-05-23 11:55:14 | 酒の催事等ご案内(自社物件も違うのも)
                          
<href="http://sake-masumoto.co.jp/">

                           【公式HPはこちら↑】



週末、銀座に行った際、お得意先の松屋銀座さんでワインの催事をやっているというので、様子を見に催事場まで。

インポーターさん毎にブースが並んでいて、係員の人が試飲サービスや説明をしているというのはいつもの通りですが、違う!という点が2つばかり。


1つは並んでいるワインがなかなか高級
例えばボルドーのコーナーでは、Ch.ラスコンブとかCh.タルボーとかが普通に並んでいて試飲させていました。



写真は蔵元さんのHPからですが、いつの間にやらラベルが変わっていました。


で、もう1つの「普段と違う!」というのが、その割に混んでいないこと。
遠目には「コロナの影響?大変だなぁ」と思ったのですが、実際には違いました。

実は試飲をするには有料のパスが必要な仕組みなんです。
それも数百円とのパスではなく、3,300円/4,400円/5,500円の3種類。





5,500円!!とはちょっとビックリですが、上で挙げたようなワインが試飲できるのですから、コスパ的には十分割が合います。
しかも一定金額以上ワインを購入するとパス代が(一部か全部かはわかりませんが)返ってくるということですので、いやいや全然損ではありませんよ。


参加してみるなら5,500円のパスかなぁ、と思うのですが、あくまで試飲なので、グラスを持って会場内をウロウロとすることになります。
「立ち飲み」なのでチーズとかのおつまみとかがある訳でもなく、しかもケチ心で元をとろうとすると結構酔っぱらいそう。

そうならない人が参加するのでしょうし、実際、参加されている方はがつがつ試飲するのではなく、優雅に味見したりお話ししたりされていました。

自分は、、、、ケチ心を隠す自信がないのと、まあマスクをつけたり外したりの試飲はマスクが赤くなってしまいそうなので、残念ながら参加しませんでしたが、人だかりの中で皆がプラカップを差し出しているような試飲よりも落ち着いていて、(コロナ前からありましたけど)コロナ禍に合ったやり方かなとも思いました。

ちなみに、催事場の隣のスペースでは、これも中川一政の油彩1,100万円とかホックニーのリトグラフ3,850万円とかのアートフェスタ(ロートレックのリトグラフやバスキアも売ってたような、、、)というのをやっていて、(こちらは試飲も有料パスもないのですが)皆さんご覧になったり、注文している人がいたり。
ちょっと前の外商メインのデパートさん、という雰囲気でしたね。

こうした流れに酒屋としてどう対応していきましょうか。。。




★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

斎藤さんがやっているのかな? 敷居も高いし意識も高いそうな、おもたせから揚げ「斉唐」@神楽坂仲通り

2022-05-22 18:16:55 | 神楽坂とインテリジェントロビーの徒然
                          
<href="http://sake-masumoto.co.jp/">

                           【公式HPはこちら↑】



神楽坂と軽子坂。

江戸時代、傾斜が急で段差のあった神楽坂は人々が歩き、相対的に緩傾斜の軽子坂は荷物が行きかった、というこの2つの坂は並行しているのですが、その間には、はしご状に神楽小路、仲通り、本多横丁、兵庫横丁などの横丁が走っています。

ちょっと前置きが長くなりましたが、そんな横丁の一つの仲通りから一本入る袋小路にこんな店がオープンしていました。





「神楽坂からあげ」という幕。
左側の入り口には「斉唐」という店名が記されています(「さいとう」らしい)。

中の様子から、テイクアウトのお店のようですが、ちょっと敷居が高そうなのでそのまま撤退と相成りました。


戻ってからネットで見ると、


おもたせに、差し入れに“喜ばせ上手”なから揚げ

というのがウリみたいですね。

敷居だけでなく、意識も高い系のようです。



「から揚げのおもたせ」


例えば右上はピリ辛、右真ん中は醤油、右下は名古屋風など、それぞれの枡目毎に味が違うようです。


ちょっとウチの福枡発酵食弁当みたいですね。





でも、お値段は全然違って税込みで¥2000とのこと。
おもたせ/おみやげ用になるとこうなるんですね。

誰が買うんだろう。





★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

実は珍しい。100%自分たちが育てたお米で作ったお酒

2022-05-20 11:19:55 | 酒のご紹介
                          
<href="http://sake-masumoto.co.jp/">

                           【公式HPはこちら↑】



日経朝刊。

「日本酒」とあったので注目。





女子野球で町おこし
埼玉・加須 日本酒製造で連携

地域貢献で競技普及



「女子野球」で「町おこし」というのはスポーツでの地域振興という意味でよくある話ですが、それに「日本酒」が入るとどんな三題噺?

そう思ったのですが、記事を読むと何のことはなくて、地元(加須市)の女子野球の強豪校の選手が米作りなどで関わった日本酒が発売された、ということでした。

「選手が田植えや稲刈りを手伝い、さらにラベルのデザイン、宣伝まで参加」ということですが、まあ、こういう「●●が造ったお酒」というのって色々と聞きますよね。

その中で今回の話の一つの特徴は、監督さんの方から地域に貢献できないかと働きかけた、という点。
「加須と言えば埼玉県の米どころ」「米と言えば、加須には「力士」もあるし、日本酒」という起点で、監督さんが働きかけたということのようです。

そんな関係で他のネット記事なども見ていたら、「お!」と思う特徴がもう一つありました。
それは、

出来上がったお酒の100%が自分たちが育てたお米で造られている こと。


具体的にはタンク1本分を想定し、酒米1.2トンを作る作付面積を確保したということです。
(少な目のサイズでしょうから1000リットル?)


先ほど「●●が育てた米(芋)で酒(焼酎)造りというのはよく聞く」と書きましたが、実際には育てた米や芋を別に用意した米や芋と一緒に醸造し、そのタンクのお酒の一部をラベルを変えて、というケースが少なくありません。
(その方が少量から始められるのでリスクも少ない)

対して今回のケースは「タンク1本全量分の米を」という、最初からその気合でやっているのがスゴイ。
これが野球部根性でしょうか。


ちなみに加須で日本酒と言えばウチもお取引させて頂いている「力士」の釜屋さんですね。
何かの機会にお聞きしてみましょう。





★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

樽廻船番船競争。ゆかりの商品はアピールしないと勿体ない。

2022-05-19 12:21:01 | 新川大神宮と新川
                          
<href="http://sake-masumoto.co.jp/">

                           【公式HPはこちら↑】




ガチャガチャの大関シリーズの「樽廻船」を話題にした際、ネットショップで樽廻船を検索していたら、こんなのを発見。






超特撰 白雪 山田錦原酒 樽廻船 750ml瓶詰化粧箱入【長寿蔵限定】

白雪さんからその名も「樽廻船」というお酒が出ていました。


「山は富士、酒は白雪」の白雪さんも伊丹ですので、往時の樽廻船をしのんでのお酒なのでしょうが、商品説明は極めて淡白。


<長寿蔵限定>
酒造好適米の最高峰とされる「山田錦」を100%使用。アルコール分も19度と高く、キレのあるやや辛口の原酒です。贈答にも最適な化粧箱付きです。



灘・伊丹⇒樽廻船の番船競争⇒江戸新川などのストーリーとかには全く触れられていません。
折角なのにもったいないですね。

と、ふと思い出したのがこのお酒




中央区観光協会オフィシャルブログより)



「新川一番船」というお酒で、この中央区のブログにもあるように、灘からの番船競争で江戸に一番乗りした「一番船」をしのんだお酒


PBということもあって、販売店のホームページなどからはその由来などが判らず、上で触れた中央区のブログや、新川など業界関係者と思われる方のブログで触れられているくらいです。
↓↓↓

新川一番船という名前の由来は、江戸のころまでさかのぼります。
新川というのは、東京の日本橋の近く、(地下鉄電車の駅でいうと茅場町駅付近)の地名で、今でも、お酒関連の会社がたくさんある町。

なぜこの町にお酒関係の商売が集中したかというと、江戸時代、酒どころ灘や伊丹で造られお酒が船で江戸に運ばれ(下り酒)、新川付近の永代橋のたもとについたので、そこに酒問屋が集まってきたのです。

「一番船」というのは、江戸に一番先に着いた名誉ある船のこと。灘で造られたお酒は、タイムを競い合って江戸に運ばれたというわけです。レースに勝った、一番船は、賞金をもらえる他、今後の商売における優遇を受けることにもなったそうです。


なかなか良くまとまっていますし、これが伝えられないのは勿体ない。
このまま販売店さんのホームページに載せても良いくらいです。
(著作権上の問題はありそうですが、業界関係の方のようなので聞けば許可が出そう)

「新川大神宮」もそうですが、やはり自らのアピールって(出すぎは良くないけど)重要だなぁと再認識しました。



★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする