牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

青竹の香り in バナナパインメロンリンゴのミックスジュース @日本酒GI「萩」の日本酒

2021-04-15 17:30:17 | 附属酒類経済研究所
                          

                           【公式HPはこちら↑】





以前触れた日本酒のGI認定「萩」ですが、パブコメを経て正式に決まったそうです。





日本酒GIについての考えは、評価すべき点課題と思う点の双方について何度か触れているので特に記しませんが、今回のGI「萩」の認定のニュースサイトを見て「あれ?」と思ったこと。

ニュースだからかもしれませんが、「審査会が行われて認定酒が決定」という取材になっています。

さらに言えば、映像的には「味見をして、選ばれている」感じなんです。





実際の日本酒GI、詳しくは知りませんが、基本は原料や製法に関しての枠組みで、味わいは悪く(まずく)無ければ良いと思っていたのですが、味わいにも、ある「的(まと)」があるのでしょうか?

それがあるとするなら、GI認定の際の「(1)酒類の特性について」だとは思うのですが、それってコレです。


萩の清酒は、総じて米由来のふくよかで上品な旨味と爽やかな酸味を主体とする、はつらつとした味わいに特徴がある。
 香りは芳醇なバナナ、メロン、ライチに加えて青竹、新緑のものを感じる事ができる。その中でも吟醸酒はさらにリンゴやパイナップル等の果物の爽やかな香りを感じる事ができる。
 余韻には一定の旨味が残るが酸味・苦み・アルコール感の切れの良さを有しているため、食事の邪魔にならず、続けて呑んでも呑み疲れしない酒質である。


ワーディング的な特徴としては、「はつらとした味わい」「青竹、新緑のものを感じる」でしょうか。

また、ちょっと聞きかじりのプロっぽく言うと、特に吟醸酒などでは「酢酸イソアミルはバナナやメロン」で、「カプロン酸エチルは、りんごや梨、パイナップル」などと言われますが、GI萩の日本酒はこれらが全部入ってます!!

バナナとメロンとライチとリンゴとパイナップルのミックス(ジュースか?)の中で「青竹、新緑」がわかるって、スゴいですね。





★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント

日本酒の小容量ボトルは割高?

2021-04-13 15:08:05 | 附属酒類経済研究所
                          

                           【公式HPはこちら↑】





何日か前、業界紙で「コロナ下の家飲み需要に小容量の日本酒が」という記事を見たかと思うと、それに前後し、「小容量の瓶は割高感もあるので程よいサイズの500ml瓶を投入」という、似て非なる記事も出ていました。

以前も触れたかもしれませんが、日本酒の場合、よくあるラインナップは1,800ml-720ml-300mlと、半分よりちょっとずつ少なくなっていくんですよね。
ワインの場合、ハーフサイズは文字通り750mlの半分(375ml)、マグナムは倍の1,500mlという明朗会計?なのに比べ、凝ってますよね。

それもあり、価格的にはワインはハーフボトルはフルボトルの半分より高いですし、日本酒の場合、300mlは720mlの半分の価格だったりします。

いずれにせよ、小さい瓶は割高?という意識があるのは確かですが、実際どうなのでしょう?

そう思ってネットとか見てみました(最近は同じ銘柄で色々な容量があるというの、案外少ないです)。

ようやく見つかった、黒松白鹿・特別本醸造の例で、「1ml当たりの単価」を計算してみるとこんな感じでした。





なるほど、720ml(1.47円/ml)を基準に考えると、1,800mlはかなりお得
それに対し、500ml以下はちょっと割高。
ただ、180mlは、300mlや500mlよりむしろ(ちょっとですけど)割安になっているんですね。

ふーん、ということで、もう一例、あの「獺祭」の純米大吟醸の例を。





こちらも1,800mlが割安なのは同様ですが、720mlと300mlは同一単価(2.29円/ml)。
原価が同じはずはないので、これは明らかに「あえて同じにした」のでしょう。

こういうのも蔵元さんの考え方なのでしょうね。




★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント

「白鷹」がついに売上日本一 なんと348億円!!!

2021-04-12 19:42:57 | 附属酒類経済研究所
                          

                           【公式HPはこちら↑】





「月桂冠と松竹梅(宝酒造)、清酒のみだと、どちらの方が売り上げが多かったかな?」、と検索してみたら、こんなタイトルの記事が見つかりました。






おすすめの日本酒│大手トップ5社


説明を見ると「売り上げが巨大な大手も良いお酒を造っている」という趣旨の記事らしい。
そうそう、この記事には数字が出ていそうですね、と読み進め、目次を見ると、、、、





1 大手メーカーは大衆酒だけではありません
2 ランキングトップ5のメーカーが醸す【こだわりの清酒】
2.1 第1位:白鷹株式会社
2.2 第2位:月桂冠株式会社
2.3 第3位:宝ホールディングス株式会社
2.4 第4位:大関株式会社
2.5 第5位:日本盛株式会社



なんと、第1位が白鷹になっています!!!
ご本家の白鹿さんを抑えての1位というか、そんなはず、ないですよね?

ただ、目次からジャンプすると、確かに第一位として白鷹株式会社が挙げられていますし、「大吟醸白鷹」も紹介されています(その次には極上白鷹も)。




説明も

第1位:白鷹株式会社
兵庫県西宮市に本社を置く1862年(文久2年)創業の老舗メーカーで、主力ブランドは「白鷹」の銘柄で知られています。2016年度の売上高は 34,808百万円でした。
白鷹株式会社が製造している、こだわりの日本酒を紹介します。


売上なんと348億円!!!ウチが売っている白鷹の100倍以上です!!


何かおかしい、と思って、よく見ると、説明文の下、大吟醸の紹介の上の部分に

HP: 白鶴酒造株式会社

とあります。

そうか、「白鶴」と間違えたのでしょうか。

ただ、白鶴のHPを紹介しているということは、筆者は白鶴のHPを見ているはずで、それでなぜ「大吟醸白鷹」を紹介するのかがよくわかりません。

一体、何が起こっているのか?とこの記事全体をみると、目次と「第1位:白鷹株式会社」の間に、

※ 売上高第1位は「白鷹株式会社」ではなく、「白鶴酒造株式会社」の間違えでした。現在ページを修正中です。間違えをご指摘いただいた うえ様 には感謝をいたします。


とありました。やはり白鶴との混同で、どなたかがちゃんと指摘もされているのですね。

ただ、実際のランキングの記事は直っていない、ということになります。
この記事も指摘コメントも2018年ですから、その後2年も放置、というのは、、、、
ちゃちゃっと直せば15分くらいでしょうから、さっさとやっちゃえば良いのに。。。。





★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント

将来はなつかしガチャに? 街中で見かけなくなった「#酔っ払いなう」

2021-04-11 18:08:12 | 酒の道具など
                          

                           【公式HPはこちら↑】



東京では明日から「まん防(まん延防止等重点措置)」が適用されるということで、またもや夜の飲食が大幅に制限されることになりました。

酒問屋としては死活問題ですが、こうした夜の飲食の制限/自粛で見なくなったなぁ、と思うのが街中の「酔っ払い」です。


それと呼応してというか、タイミングが悪く、というか、良く通るガチャ売り場で、1年くらい前に新登場!という触れ込みでデビューしたのが、こちらのガチャ








「#酔っ払いなう」というシリーズで、街で見かける酔っ払い5種類のフィギュアがラインナップされています。













路上で寝てしまった人や、その上コーンをかぶってしまった人、ズボンをなくしてしまったサラリーマンや、バケツ?を手放せなくなってしまったOLさんなど。


そんな中で、これ、何?と思ったのはこちら。





ゾンビ状態に?と思ったのですが、冒頭の写真を見て改めて理解。

「電柱にハグ」しちゃっている人なんですね。


それはさておき、コロナ禍でこういう光景を見なくなると、コロナ後もこういう人が減って、こうしたガチャが「なつかしガチャ」になるのでしょうか。
廃番になっちゃう前に、買いに行ってみようかなぁ。




★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント

発酵弁当探求の旅、お客様のお隣にありました。

2021-04-10 16:49:17 | 神楽坂とインテリジェントロビーの徒然
                          

                           【公式HPはこちら↑】




昨日、インテリジェントロビー・ルコの苦境打開を図る!、とぶち上げた「発酵弁当」

リサーチからは「発酵系のものが小分けで色々」というのが良さそうなのですが、「色々」というのがなかなか思いつきません。
お弁当など作ることがないし、そもそも料理ゴコロにも欠けているので、以来、街中でそれらしきお弁当をウオッチ

そんな中、先週あるお客様をお訪ねした際、そのお隣のお店でテイクアウトの弁当を出しているようで、なんと「発酵弁当」という貼り紙が!

14:00過ぎと遅かったせいもあり、実際には売り切れていましたが、貼り紙にはちゃんと中身も出ていました(ので、パチリとさせて頂きました)。







確かに発酵系のおかずが色々詰められています。
メイン的なものは「発酵唐揚げ」と「(お魚の)味噌漬け焼き」で、それに加え付け合わせてきなものが少々。

昨日ご紹介した亀戸升本さんのスーパーなマクロビオティック弁当に比べると数的に全然少ないですが、これでも十分魅力的

これならウチの厨房さんも十分対応できそうです。
厨房さんも悩んでいるとお聞きしたので、写真を送ってあげようっと。




★★お酒に関する諸事万端のご相談を承っております(商品企画/情報提供/寄稿等)★★

★★★★酒・ブログランキングにエントリーしています★★★★
応援何卒よろしくお願い致します

応援のクリックを↑↑↑↑↑

【アルバイト・契約社員募集中!】
(1)飲食部門(フロアスタッフ兼新規開店企画)
(2)酒類営業部門(倉庫管理兼営業企画)
(3)酒類営業部門(通販管理)
日時・時間はご相談。正社員登用もあり。男女問いません。詳細は当社HPまで。
コメント