牛込・神楽坂 酒問屋 升本総本店の別館「涵清閣」 主人が語る

三世紀に亘り問屋を営む升本総本店の徒然を毎日更新!!商品情報からビアガーデン・試飲等イベント情報、酒文化経済・書評等々!

神楽坂ワイン(マイタウン神楽坂)の物語

2008-04-14 10:14:51 | 酒のご紹介
1980年代というのは、高度成長、安定成長の延長上、バブルに向け、戦後の「坂の上の雲」に登りつめた時代。
何かしら現在に通ずる軽薄さや世界の枠組みの大変動。そして、現在にはない希望と過度の自信。
この本は、そんな時代を同時代に生きた政治学者がつづる、興味深い本です。

と言っても今日は本の紹介ではありません。。。。

今日の神楽坂涵清閣、順位はいかに?

そんな1980年代の初頭、今を去ること四半世紀前。

神楽坂の名も、(特に戦前を知る人以外は)まだまだ全国区ではなく、東京めぐりのガイドブックでも、小さな小さな扱い。
街もまだまだ静かで、神楽坂通りもお肉屋さんや八百屋さん、果物屋さん、酒屋さん、文具屋さんなどの生活の品を売る店の中に、ちょっと洒落た洋食屋さんや甘味処、足袋屋さんなどが並んでいた頃です。

(※すいません。このお写真、ネットから拝借いたしました。借用の連絡中です)

ワインも「ちょっと身近になったかな?」という時代。

当時、弊社倉庫が100年以上蔵のあった場所から移転したこともあり、地域-神楽坂・飯田橋-の酒卸ということで、何か記念に、と考えた役員がおりました。

神楽坂と言えば、明治期に、関西に先駆けあの灘の銘酒「白鷹」を見出し、伊勢神宮の御料酒にまで育てた目利きの街。
現在も伊勢藤さんをはじめ、白鷹が根付いています。


料亭・芸者街とも併せ、そんな「和」の伝統が息づく神楽坂のもう一つの顔は、
今はない洋食の田原屋さんなどの文士の集まったカフェ、日仏学院、ブリティッシュカウンシルなどが醸し出す、ハイカラな街。

和の心で醸した「白鷹」に対し、そんなハイカラさんの心で何かお酒を、と、いうことで、ご懇意のサッポロビールさんと相計らい企画したのが、このワインです。

マイタウン神楽坂。「神楽坂ワイン」という名のほうが有名ですね。


神楽坂ブランドのパイオニア、とも言えるこのワイン、当時はご当地ワインを訪ねるラジオ番組とも連携、番組の初期の頃に紹介され、話題となりました。

ラベルの意匠を選ぶ際、「神楽坂の象徴は?」と路地や黒塀、毘沙門天等議論百出。その中で、「坂と人があってこその神楽坂」と、神楽坂下、人々が行き交う風景をイラスト化致しました。


絵柄全体はイラストレーターの方が描かれましたが、夕日部分は当時のサッポロビールの宣伝室の現職S部長がご担当。
夕日がどう見えるか、現地取材を何度も重ねた力作で、特に「ぼかし」は当時の技術では難しく、今でも思い出深いラベルだそうです。

味わいの詳細はこちら
今なら「チリのワイナリーで無農薬協働栽培で」とか凝りに凝ったつくりになるのでしょうが、時代は四半世紀前
「ご家庭で気軽に楽しめる味」として企画され、以来、皆様に親しまれて参りました。気軽で気さくな神楽坂、です。

神楽坂みやげに、お使いものに、神楽坂近辺の酒販店さんでお求め頂ければ、と存じます。
(遠方の方のロット購入や、一定量の箱入り贈答用については弊社でも別途承ります)

酒ブログランキングにエントリーしています今の順位は??クリック!!

牛込・神楽坂 酒類卸 升本総本店
http://e-masumoto.com/default.aspx


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 普通でレアな、コアな酒屋さ... | トップ | ベルギービールランキングと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。