劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

演劇、ダンスなどパフォーミングアーツを中心にフリーランスで編集者・ライターをしている高橋彩子の備忘録的ブログです。

DANCE PLATFORM 2010 Aプロ

2010-10-23 00:00:23 | 観劇
DANCE PLATFORM 2010 Aプロ@新国立劇場小劇場


まだ来週末のBプロが残っているが、ひとまずAプロの感想を。

現在形で、ダンサーとして優れた人材が、作品を作り、踊っていた。
若手振付家というと、自然とこうなるわけだ。Bプロでは大岩淑子が例外にあたる。

さて、今更言うまでもないことだが、幾ら動ける身体を持っていても、
そこになにがしかの詩情がなければ、踊りとして魅力的なものにはならないだろう。
ここで述べている詩情とは、しっとりした動きでもムーディーな音楽でもクールな照明でもない
(むろん、それらがうまく組み合わされば“詩情”となり得る)。
動きそのものが観客の心に喚起するドラマと言い換えてもいいだろう。

原田みのると池田美佳は、どちらも非常にいい踊り手であることはわかるものの、
現時点では正直なところ、世界的な振付家を数人思い浮かべて「あの人の下で踊ったらなあ」と惜しんでしまった。
ぜひこの印象を、今後の活躍でもって覆してほしい。

菊地尚子はDJ2人&照明オペレーター(飯名尚人、熊地勇太、佐成哲夫というメンツ!)に囲まれて、動く、動く。
即興だというが、かなりの知力・体力がないと、こなせないであろう舞台だ。
途中、「こんなハードなの、やってらんない」とばかりに(?)ぺっと唾を吐いたりする様子も痛快だった。

この流れで最後に踊り、ああ、プロの仕事だなあと感心させられたのが、高瀬譜希子(レノ・ヴィゼとのデュオ)。
男女のドラマを、手紙をうまく用いてチャーミングかつ叙情的に展開してみせた。
斬新さにはやや乏しいかも知れないが、確かな技術に裏打ちされたその動きは、
運動がそのまま踊りのエネルギーに昇華している雰囲気。心に染み入る佳品だった。

続くBプロはどうなるだろうか。楽しみにしたい。

遊園地再生事業団『ジャパニーズ・スリーピング/世界でいちばん眠い場所』

2010-10-18 02:12:41 | 観劇
宮沢章夫の遊園地再生事業団『ジャパニーズ・スリーピング/世界でいちばん眠い場所』@座・高円寺


(※いつも以上に簡単なメモ書きです。あとで補筆するかも)


3年ぶりの公演であり、結成から20年目という節目の年の作品でもある。

始まりからしてシュールだ。インタビューしようとする人々に囲まれた一人の男。
だが、そこから話は練炭自殺のことに進んだ、かと思いきや、
今度は「ここで重要なのはテキストではありません」と宣言をする女性が現れる・・・。

この作品の人物たちが繰り返し求める答えは「世界でいちばん眠い場所」とはどこか、である。
眠りに関する幾つもの言説・文献が、さまざまなかたちで紹介され、疑問視され、
あるいはさらに一歩踏み込んだ意味――死や永遠や終わりや始まりなど――へと、転化する。
寝ていない相手に対して自分は寝ていると言い張る人物がいるかと思えば、
自分は寝ているのだと言いながら滔々と語り出す人物もいる。

このほか、演技様式や構造において興味深い手法が見られ、
舞台は多層的な様相を呈するのだけれども、いずれにしてもそれらは今回、
不快な違和感ではなく観る側の興味・共感へと素直に結びつく効果を発揮していたように思う。

ともあれ、全てがきめ細やかと言うか、まるで薄い絹のレースを重ねるが如き繊細な手つきで作られていて、
不思議でおかしく、そして甘美でもある世界だった。

眠り・眠気を探求するコミカルなトリオや、バルテュスの絵のようなフォルムをかたどる女性の姿が好きだった。

 モチーフはたくさんあるが、少なくともこの絵を明らかに引用していて示唆的。

『音楽の友』11月号

2010-10-17 11:12:31 | 執筆
『音楽の友』11月号(音楽之友社)


下記執筆しています。

◆ダンス紹介連載

~モーリス・ベジャール・バレエ団『80分間世界一周』『アリア』『火の鳥』『3人のソナタ』、
アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル+ジェローム・ベル+アンサンブル・イクトゥス
《3Abschied ドライアップシート (3つの別れ)》、国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー2010」~

それぞれの見どころを書いています。

モーリス・ベジャール・バレエ団は創始者ベジャール逝去後2度目の来日公演として、2プログラムを上演します。
《3Abschied ドライアップシート (3つの別れ)》はベルギー人振付家アンヌ・テレサ・ド・ケースマイケルが、
フランスの振付家ジェローム・ベルとの共同作業でマーラーの《大地の歌》に挑んだユニークな作品です。
国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー2010」も開幕。ダンス系パフォーマンスとして、
ジゼル・ヴィエンヌ 《こうしておまえは消え去る》、黒田育世 《あかりのともるかがみのくず》、
生活舞踏工作室 《メモリー》、勅使川原三郎 《SKINNERS――揮発するものへ捧げる》をご紹介しています。

玉三郎『牡丹亭』と大正浪漫!?

2010-10-08 04:03:17 | 観劇
坂東玉三郎特別公演『牡丹亭』@赤坂ACTシアター



二年前に北京と京都で上演された崑劇公演だが、東京ではこれがお披露目となる。
原作『牡丹亭還魂記』を全て通すと10日はかかるそうだが、今回は抜粋上演。
坂東玉三郎が、中国の俳優たちの中で、中国語で杜麗娘を演じた。
幽霊との恋を忌むべきものとして描く『牡丹灯籠』と違い、元ネタともいうべき『牡丹亭』では
恋する者が生死を乗り越えて結ばれる。ゆるやかに流れる時間の中、
少女・杜麗娘と青年・柳夢梅との恋がほんのり儚く、かと思えば時には妖艶にも描かれるさまにうっとりした。

興味深かったのは色彩。きらびやかな京劇とはまた違う、パステルカラー風味の世界なのだ。
窓辺でまどろむ玉三郎の姿にふと、「ああ、大正浪漫みたいだな」と思った。
淡い夢みたいな色合いとまなざしが似合うのは、やはり日本では大正時代の絵のような気がする。

大正浪漫といえばこの人。 竹久夢二作。


また、蕗谷虹児の絵も有名だろう。
 少女雑誌などの表紙を多数飾った。


さて、せっかくなので、
牡丹亭のポスターと蕗谷虹児の絵を並べてみよう。

牡丹亭ポスター  蕗谷虹児の絵


どこか通じるものがあるのではないだろうか?

秋は焼肉

2010-10-07 23:37:32 | その他
「高橋さんのブログって、『肉』『肉』『芸術』『肉』『肉』…って感じですよね」と笑いながら言われた。

  

そうなんです。
焼肉ブログの別名に恥じぬよう、がんばっております(?)。

今回の一等賞は「ランプ」。とろけました→ 


今日食べても、明日また食べたくなる。

それが、私にとっての焼肉なのであります。

NBS NEWSでジル・ロマン インタビューほか

2010-10-03 00:00:30 | 執筆
日本舞台芸術振興会(NBS)の広報紙「NBS NEWS」vol.284 にて、下記の執筆をしています。

■ジル・ロマン インタビュー

モーリス・ベジャール逝去後、ベジャール・バレエ団を率いているジル・ロマンさん。
バレエ団来日公演を前に、その過去から現在まで、短時間ながら幅広くお話しいただきました。

●マドレーヌ・イーストー × アダム・ブル 対談

10月に来日するオーストラリア・バレエ団のプリンシパル、マドレーヌ・イーストーさんとアダム・ブルさんに、
マーフィー版『白鳥の湖』『くるみ割り人形』の魅力やお互いの印象を語っていただきました。
(※こちらは先にご紹介したweb版と同内容です)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 眠り猫さまの次はその裏で遊ぶ雀さんたち。これで平和!

『シアターガイド』11月号

2010-10-02 00:00:26 | 執筆
『シアターガイド』11月号(モーニングデスク)


下記執筆しています。

■俳優 松本幸四郎 インタビュー

塩野七生著『ローマ人の物語』のうちのユリウス・カエサルの物語が舞台化。
主人公カエサル役を演じるにあたっての幸四郎さんの思いとは……?

■演出家 蜷川幸雄 ×  俳優 市川亀治郎 対談

男優だけでシェイクスピア作品を上演する「オールメール・シリーズ」第五弾は『じゃじゃ馬馴らし』。
演出の蜷川さんとキャタリーナを演じる亀治郎さんによる、大白熱の対談です。


初秋は焼肉!

2010-10-01 17:38:54 | その他
「暑くて何もしたくないので涼しくなってから」などと考えていたら、
「寒くて何もしたくない」感じの毎日に。あ、言い訳がましいですね。

とはいえなんとなく風邪っぽいダルさをおぼえているのは事実。
発熱はしていないため、単に気候の変動に身体がついて行っていないものと思われる。

先日は2年半ぶりに試したおみくじで、めでたく大吉を引き当てたものの、
いわく「失物:出るが、役に立たぬ」「病気:良い医者を選べ」。。。
あと、しつこいほど強調されていたのが「信義」。私ってば、信頼・義理を欠きがちなのでしょうか?
まあ、悪い結果ではないのだろうけど、大吉気分がいまひとつ盛り上がらなかったことであるよ。

そんな(どんな?)状況を打開するには・・・やっぱり焼肉でしょ!
というわけで、いざ焼肉屋へ。なんとまあ私としたことが、2ヶ月ぶりであった(ランチ除く…)。

レバ刺し  ハラミ  カルビ  ロース  などを食す。


ん~~ やっぱり美味しいわあ♪
観劇と観劇の合間の1時間ほどだったけど、だいぶ元気になった、ような気がするっ。