劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

演劇、ダンスなどパフォーミングアーツを中心にフリーランスで編集者・ライターをしている高橋彩子の備忘録的ブログです。

東京二期会 ペーター・コンヴィチュニー演出『サロメ』

2011-02-23 20:19:05 | 観劇
東京二期会 ペーター・コンヴィチュニー演出『サロメ』@東京文化会館 ※本日観劇。余裕がないので、取り敢えず走り書き。




■現代を象徴する示唆的な舞台

面白かった。基本的にいつものコンヴィチュニー・ワールドーーすなわち、
斬新で刺激的でシニカルで、理に適っていてとても現代的な舞台だった。

幕が開くとそこは天井も上手も下手もふさがれた、いわば密閉された空間。
白いテーブルクロスに燭台・・・と優雅な食卓がセットされ、着飾った人々がこれを囲んでいる。
もともと場所の変化があまりないオペラ『サロメ』ではあるが、
このプロダクションでは、ほぼ全ての事柄がこの空間の中で行われ、人の出入りもほとんどない。
幕開きから、ヘロデもヘロディアスも、そして、
通常は井戸の中にいるヨカナーンさえ、舞台上にいる(彼は紙袋を頭に被ってテーブルに着いている)。
ドアも窓もない閉鎖された部屋で人々は明らかに頽廃的なムードに身を委ねており、
暴力、セックス、ドラッグなどであふれた場内は、さながら乱交パーティーだ。

コンヴィチュニーは無論、こうした悲惨な閉塞状況を、“今”と重ね合わせている。
出口も未来も見えない、絶望的な世界。その打開は、ヒロインのサロメに託されることになる。


■未来への扉を開けるサロメ

タイトルロールのサロメは従来、男を惑わせるファム・ファタルとして扱われるキャラクターだ。
「すべての災いは女にある」という態度でサロメを否定するヨカナーンの言葉はその代表例だろう。
しかしコンヴィチュニーはこうしたステレオタイプを否定し、彼女を“正当に”扱っている。

まず、このプロダクションでは、サロメの周囲の人々の身勝手さ・俗悪さが前面に押し出される。
通常の『サロメ』ではサロメの魅力に惑わされて自殺するナラボートだが、
ここでは男たちの集団レイプの果ての死として描かれる。
ヘロデ王は、卑猥な笑みを浮かべて意味ありげにバナナをサロメに勧めたり、
「お前の母の玉座に座れ」のくだりで嬉しそうに自分の膝の上を示すエロおやじだし(まあ、元々そんな人だけど)、
ヨカナーンですらドラッグに興じている。終盤、そのヨカナーンをヘロディアスがレイプする。

サロメはかくまで荒廃し切った状況に身を置き、大胆に振る舞いながらも、同時に“愛”を希求する。
愛はその場に存在しないもの/彼女が経験したことのないものだからだ。
ここにコンヴィチュニーの演出のポイントがある。
彼は最後の15分間を、自身の演出で最も重要な箇所だと断言している。

その最後へとなだれ込む直前、「七つのヴェールの踊り」と呼ばれる場面で、
コンヴィチュニーはしばしば用いられるストリップティーズを敢えて避けた。
サロメは踊りで周囲を魅了するというよりも、外へ出たいという思いを顕す。
つられるように出口を求める人々が暴れ出し、遂にはそのほとんどが落命する。
一方、サロメはヨカナーンの首を求めるが、このプロダクションでは実際にその生首にくちづけをしはしない。
そしてーーここからが、コンヴィチュニーの言う15分間に該当するのだと思うのだがーー、
サロメは「生きた」ヨカナーンを伴い、外へ・・・出口のない舞台の、その外への脱出に成功するのだ。
文字通り舞台装置の枠外へ出たサロメはラスト、死の匂いに満ちた陶酔の歌ではなく、
ヨカナーンとの新しい愛を喜ぶ歌として独唱を歌い上げる。

今日、サロメを演じた大隅智佳子は、ハードな演技も堂々とこなしていた。
歌声もよく響いており、非常な好演だったと思う。


■音楽の根底にあるものを現代へ

この作品に限ったことではないが、コンヴィチュニーはヨーロッパ文化の終焉を描く。
言うまでもなくオペラとは、そうした文化の成熟の極致を表すものだ。
舞台上の食卓も「最後の晩餐」をイメージしたものだというのもこれに符合している。
実際、ヨーロッパが育んで来たキリスト教文化とは男性中心主義に他ならない。
コンヴィチュニーがその象徴とも言うべき『サロメ』の世界でそこに一石を投じた意義は大きいだろう。
キリスト教文化で否定されてきた女性が、彼の舞台では未来を切り開くのだ。

といっても、刺激的な趣向に満ちたその演出世界も、
リヒャルト・シュトラウスの作曲の意図に反したものとも言い切れない。
今日のコンヴィチュニーのアフタートークによれば、彼はオペラには3つのテキストがあるとしており、
それは第一義に音楽、第二義に歌詞などの台詞、第三義がト書きである。
このト書きに寿命があると考えているからこそ、
音楽の根底にあるものを現代に蘇らせるために新たな演出を施すのだと、彼は述べた。

ラストのハッピーエンドにしても彼は、
「リヒャルトの音楽にそうしたニュアンスを感じたからこそ、こういう演出をした」と語る。
破天荒なオペラ演出は今や珍しくないが、
音楽への独自のアプローチがあることが、彼の演出の説得力を高めているとも言えそうだ。

ともあれ極端な舞台ではあるので、賛否や好みは分かれるかも知れないが、
極めて示唆に富み、かつ感動的なプロダクションだった。
また、ついでのように書いて恐縮だが、シュテファン・ゾルテス指揮・東京都交響楽団の演奏も良かった。
トラックバック (1)

『Sparkle』vol.8

2011-02-19 12:02:52 | 執筆
『Sparkle』vol.8(メディアボーイ)


下記執筆しています。

■大東俊介 インタビュー

『金閣寺』に出演中&『港町純情オセロ』に出演予定の大東さん。
今年は節目の年になりそう。今注目の若手俳優の一人ですね。

                 *  *  *

紆余曲折を経ながらも今年、歌舞伎上演の劇場となったル テアトル銀座。
そのすぐ近くには中村座の跡地を示す「江戸歌舞伎発祥之地」の史蹟が。

 もともと歌舞伎に縁の深い場所なのよねえ。


『音楽の友』3月号

2011-02-18 23:40:28 | 執筆
『音楽の友』3月号(音楽之友社)


下記執筆しています。

◆ダンス紹介連載

~新国立劇場バレエ団「ビントレー監督が贈る ダイナミック ダンス!」、
Kバレエカンパニー『ピーターラビットと仲間たち』『真夏の夜の夢』、イデビアン・クルー『アレルギー』~

それぞれの見どころを書いています。

「ビントレー監督が贈る ダイナミック ダンス!」は全て新制作で上演するトリプルビル。
『ピーターラビットと仲間たち』『真夏の夜の夢』はフレデリック・アシュトン振付作品の再演&新制作。
イデビアン・クルー『アレルギー』は約1年間の活動休止を経ての久々の公演に期待です。

(3月14日追記:震災により、ビントレー監督が贈る ダイナミック ダンス!」公演は残念ながら中止となりました)


                 *  *  *

 

毎年、楽しみにしている国立劇場の梅。
今年も無事、目にすることができた!

アルカサバ・シアター『アライブ・フロム・パレスチナ-占領下の物語』再登場

2011-02-11 22:16:35 | 観劇
アルカサバ・シアター『アライブ・フロム・パレスチナ-占領下の物語』@川崎市アートセンター アルテリオ小劇場。


01年に発表され、日本でも04年に東京国際芸術祭で上演されているが、再上演も納得の作品だ。
観客は、ほとんど新聞紙だけのシンプルな舞台上で俳優たちが展開するエピソードを見聞きする。

その内容はウィットに富み、チャーミングで、しかも観ているうち自然に(押し付けがましさなしに)、
パレスチナの人たちが置かれた理不尽な状況が強く胸に迫って来る。
その状況とは、イスラエル建国以来の一連の流れの中、老若男女問わずパレスチナの人々が、
近しい人、あるいは自分自身の人生を狂わされ、また、命を奪われるという状況だ。

彼らが送るのは、死と隣り合わせの日常。
終盤、犠牲者の数を伝える新聞の数々(それらは形式上、ルーティン化を免れない)を読み上げながら
「まるで普通のことのように続くこの惨状は決して普通のことじゃない」と訴える女性の姿が心を打つ。

政治的なメッセージを含み、かつ、多くの人は理解の一定を字幕に頼らねばならないなど、
ハードルはあるものの、身体性や物語性も高く、確かに“演劇”であると思う。
目を見張る大傑作ではないにしても、ある意味で絶妙な佳品だし、タイムリーでもある。13日(日)まで。

第39回 ローザンヌ国際バレエコンクール 2011の結果

2011-02-07 02:44:15 | その他
2011年2月6日、スイスのローザンヌで、39回目となるローザンヌ国際バレエコンクールが行われた。
その模様が生中継されたのだが、これが非常に鮮明な映像で、私自身のPCも昨年新調済みだったため、
途中で映像が消えたりもしたものの、かなり快適に鑑賞?観戦?することができた。

そうは言ってもあくまでPC画面の中で展開したことで、じっくり観たとは言えないけれども、
いい時代になったなあと、痛感ついでに、ざっくりとだがご報告しておく。

結果は以下の通り。ただし、一部フランス語が文字化けしてしまっているかもしれないので、
正確な結果はこちらをご覧いただきたい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

スカラシップ賞(計7名) ※順位は名前の順番通り(上のほうが上位)

■MS Mayara Magri, Brésil Petite Danse School of Ballet, Rio de Janeiro
■Mr Sung Woo Han, Corée Korea National University of Arts, Seoul
■Mr Zhang Zhiyao, Chine Beijing Dance Academy
■MS Patricia Zhou, Canada Kirov Academy of Ballet, Washington D.C.
■Mr Shizuru Kato(加藤静流), Japon AcriHorimoto Ballet Academy, Saitama
■Mr Derrin Watters, USA Houston Ballet's Ben Stevenson Academy
■MS Yuko Horisawa(堀沢悠子), Japon Reiko Yamamoto Ballet School

コンテンポラリーダンス賞

■Mr Derrin Watters(スカラシップ賞と併せての受賞)

スイス賞

■Mr Benoît Favre, Suisse Tanz Akademie Zurich

観客賞

MS Mayara Magri(スカラシップ賞と併せての受賞)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Mayara Magriは、16歳とは思えぬ、ある種完成された魅力が印象的だったので、1位も観客賞も納得。
また、独特のバネがあるDerrin Wattersの踊りもコンテンポラリーダンス賞にふさわしかった。

このほか、Komine Saya(小峯沙耶)ほか20名のファイナリストが健闘し、勇姿を見せた。

決戦後、結果が出る前には、
ロゼラ・ハイタワースクールの生徒とシュツットガルト・バレエ学校の生徒による
パフォーマンス( ここ、映像が途切れてしまって見られなかった)を行ったほか、
ハンブルク・バレエのアンナ・ラウデレ&エドヴィン・レヴァゾフが、
ノイマイヤー振付によるマーラー5番の『アダージェット』をしっとりと見せ、
英国ロイヤル・バレエのスティーヴン・マックレーが、
ヨハン・コボー振付『Les Lutins』と自身振付の『Something Different』で軽快かつクールなタップを披露。
(ちなみにマックレーは、自身がローザンヌに出場した際、タップダンスを踊ったことで有名)。
ダンサーの卵たちにも大いに刺激を与えたことと思う。

彼らが素晴らしいダンサーとなり、見事な舞台を見せてくれる日を楽しみにしたい。

『シアターガイド』3月号

2011-02-02 00:10:32 | 執筆
シアターガイド』3月号(モーニングデスク)
 (被写体の事務所がらみで、実際の表紙と違う、写真なしバージョンですな)

下記執筆しています。

■東山紀之 × 生田斗真 対談
■蜷川幸雄 インタビュー
■平幹二朗 × 木場勝己 対談

三島由紀夫作品『わが友ヒットラー』と『サド侯爵夫人』を交互上演する企画<ミシマダブル>。
その公演を前にして、演出家と俳優の方々に、現在の心境を語っていただきました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
さて、お話変わって↓は、ビストロでオードブルとして出た「めひかり」。
10尾は入ってたな。
目の部分が発達しているからか硬かったけど、頑張って食したなり。
カルシウムをたっぷり摂取!


NHKの舞台放映番組終了に反対を!

2011-02-01 13:43:08 | その他
少し前に小耳にはさんでいたことなのだが、どうやら情報解禁になったようなので書いておく。

今年4月から、これまで演劇ほかの舞台映像を放送してきた、
NHKの「芸術劇場」と「ミッドナイトステージ館」が終了となり、
また、続行が決まっている「プレミアムシアター」でも演劇の放送がなくなるという。

舞台という一回性の、限られた人数しか楽しむことのできない芸術が、
客席での体験と異なるにしてもかろうじて多くの人の目に触れ、浸透するにあたり、
テレビ放送が果たして来た役割は大きい。
殊にNHKは公共放送ゆえ、狭義の娯楽性にとらわれない多様な内容を放映してきた。
その放送の消滅は、多くの人にとって、というより、日本の文化全体にとって、大きな損失だ。

4月の番組編成には間に合わないにしても、復活を強く希望したい。

下記から意見を送ることが可能。ぜひあなたの声を!

http://www.nhk.or.jp/css/?from=tp_af91