劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

演劇、ダンスなどパフォーミングアーツを中心にフリーランスで編集者・ライターをしている高橋彩子の備忘録的ブログです。

5月の歌舞伎&文楽~新橋演舞場、明治座、国立劇場~

2011-05-30 12:35:22 | 観劇
5月の東京は、歌舞伎を新橋演舞場と明治座でそれぞれ昼夜公演、
国立劇場で文楽昼夜公演と、古典芸能の上演が多い月となった。



新橋演舞場昼の部は通し狂言『敵討天下茶屋聚』。
早瀬家を巡るお家騒動的物語で、幸四郎が、立敵の東間三郎右衛門と、
酒癖の悪さゆえに主人を裏切って悪の道を歩むことになる安達元右衛門の2役を演じた。
この2役は天保年間以来約170年ぶりの挑戦なのだそうだ。東間は堂々たる悪漢ぶり。
一方、元右衛門は家の横の藤棚から屋根に登ったり足を踏み外したりの間抜けさ。
最後に悪人2人が、ほぼ同じ状況・台詞で、立て続けに「成敗」される趣向が興味深かった。

気になったのは観客の反応の鈍さ。スムースな早替わりにも無反応な人が周囲に少なからずおり、
慣れてしまっているというより、わかっていないような…? 
有名ではない物語の通し上演で、舞台も照明含め暗めだったことにも起因しているだろうが、
中身というより「歌舞伎見物」を楽しむ客が一定数いるのは歌舞伎座の時代も同じはずなのに、
どうも最近、盛り上がりが今ひとつなのが心配だ。上演中のおしゃべりが少ない点などは大変助かるのだが…。

一方、演舞場夜の部は、こちらも珍しい『籠釣瓶花街酔醒』通し。今回は普段出ることのない発端が上演された。
佐野次郎左衛門の夢として、次郎兵衛が女房お清を無惨に殺したことが表現され、
また、籠釣瓶が次郎左衛門の手に渡るまでの経緯が描かれたことで、
なぜ佐野次郎左衛門が妖刀・籠釣瓶で人々を滅多切りにするのかが、ある程度説明されたことは評価したい。
ただ、台詞での説明が多く面白みには欠けたのは残念。
妖刀が妖刀となった理由も、もっと“体感”的に理解できる情景として伝えてほしかった。
とはいえ後半、八ツ橋と九重が会話する場面が入ったことで、
通常の上演では「何を考えているかわからない」八ツ橋の誠実さも見えて好印象だったし、
最後の捕り場の本水での立ち回りは目にも鮮やかで面白かった。
吉右衛門の次郎左衛門はいつもながら、情愛深い中に底知れなさもあって巧い。福助も丁寧な役作りが好もしかった。
全体にまとまりもテンポも良く生き生き。壱太郎の可愛らしさも目を引いた。
『あやめ浴衣』は季節感ある舞踊で、爽やかだった。

                      *  *  *



明治座五月花形歌舞伎昼の部。四ノ切の亀治郎が大充実だった。
「亀治郎の会」でも、意味がよく伝わる確かな動きに感心したが、今回はこの役をより自分のものにしていた。
本物の忠信の武士ぶりもなかなか立派で、狐忠信では無駄のない見事な動き、親狐への情愛もたっぷりで見応えがあり。
染五郎と七之助の『蝶の道行』はきれいだがこれといって伝わるものがなかった。
『封印切』は忠兵衛の勘太郎、七之助の梅川、八右衛門の染五郎いずれも熱演。
逆(忠兵衛と八右衛門)にしたほうがしっくりいくであろう配役を敢えてというのも、花形~ゆえ大いに評価したい。
にしても上方和事は本当に難しい。勘太郎は、発音などは若手では健闘していると思うが、
「意味のない」柔らかな色気、みたいなものは、一朝一夕にはできあがらないもの。
本人もそのことを承知の上での挑戦だろうから、これから先に期待していきたい。

夜の部は『牡丹燈籠』。伴蔵の染五郎とお峰の七之助のノリノリのやり取りが実に楽しい。
それぞれの新三郎、お露との早替わり含め、花形ならではの軽妙さと言えるだろう。
源次郎の亀鶴は、刀を使うのがヘタに見えない立派なさばき方。もう少し、へっぴり腰のほうが良いと思う。
お国の吉弥は落ち着いた中に影のある感じが役に合っている。馬子の亀蔵も豊かな面白味を醸していた。
全体的に、若手の好演が今回は功を奏して、いい意味で現代的な物語に。一人二役も象徴的な対比を生んでいた。
『高坏』の勘太郎は踊りの名手だけあって姿がきれいだが、
ふんわりとした愛嬌や、下駄タップの音のクリアさは父君に及ばず。回を重ねてのさらなる成長を楽しみにしたい。

                      *  *  *



文楽第一部。九代目竹本源大夫&二代目鶴澤藤蔵襲名披露口上付。
『源平布引滝』実盛物語は襲名披露狂言だが、源大夫の体調ゆえ切だけで奥は英大夫。
それもあってか、源大夫、英大夫の横での藤蔵の三味線にはひと際気迫が感じられた。
源大夫はじっくりと重厚に、英大夫は生き生きと語っていた。
『傾城恋飛脚』新口村では津駒大夫の愁嘆の語りと鶴澤寛治のしんみりした音色の余韻が印象的だった。

文楽第二部。禿二人の愛らしいやりとりに顔が綻ぶ『二人禿』、
咲大夫が燕三と共に大迫力で語り、勘十郎の剛胆な武智光秀が躍動した『絵本太閤記』、
癖はあるが味わいのある嶋大夫と女の直情を表すが如き呂勢大夫の語りの中、
簑助の深雪&朝顔が一途な恋を貫いた『生写朝顔話』と、変化に富む演目ぞろいで充実していた。
 
                      *  *  *


今回は主に客席数の多い新橋演舞場と、そして、
襲名披露という話題や住大夫の出演もあってか盛況な第一部に押された文楽第二部で、空席がやや目立った。
ただでさえ不況に震災にと観劇を控える人が増える中、ちょっとした違いで動員がガクッと落ちる。
要因はさまざまあると思うが、作り手側の意識も変えざるを得ない時期だろう。
逆手に取って、行かずにはいられないと思わされる公演を企画していってもらいたい。

『音楽の友』6月号

2011-05-23 02:42:34 | 執筆
『音楽の友』6月号(音楽之友社)


下記執筆しています。

◆ダンス紹介連載

~新国立劇場バレエ団『ロメオとジュリエット』、東京バレエ団と牧阿佐美バレヱ団の『白鳥の湖』、
フランス・ドイツ共同ダンスプロジェクト「DANSE/TANZ」~


それぞれの見どころを書いています。

新国立劇場バレエ団のケネス・マクミラン版『ロメオとジュリエット』は7 年ぶりのお目見え!
東京バレエ団と牧阿佐美バレヱ団はともにレパートリーとして大切にしている不朽の名作の上演です。
「DANSE/TANZ」は独仏で活躍する振付家&舞踊家ル・ロワとプリオヴィルのダンスを日本に紹介する企画です。

震災から2ヶ月が過ぎ… パフォーミングアーツの動向

2011-05-22 01:26:18 | 観劇
改めて言うまでもないことだが、
震災はいまだパフォーミングアーツに大きな影を落としている。

震災直後の3月は公演中止が相次ぎ、再開した今も劇場の客席はおしなべて震災前よりも空席が目立つようだ。
また、今に至るまで来日を取りやめる海外のアーティストたちは後を絶たない。
日本にいてすら、どの情報を信じていいかわからない状態なので、来日しないからと責める気にはなれないが、
そんな中をわざわざ出向いてくれるアーティストたちへの感謝の念は強まるばかりだ。

◆来日アーティストたちの励まし

さて、私が行った中で紹介すると、まず新日本フィルを指揮したダニエル・ハーディング。



本人というより主催者判断かなとも思うが、なんと震災当日の夜、コンサートを実施した。
交通機関が麻痺した状態でのコンサート開催に賛否あったはずだが、払い戻しはするとした上での敢行。
私はそれを聞き、自転車を1時間半走らせて会場へと駆けつけたのであった。
まあそのころ、津波や原発についての情報があまり入っていなかったからできたこと、なのかもしれない。
ともあれ、舞台上のオケよりも少ない観客の一人として、素晴らしいマーラー交響曲5番を聴いた。
彼は6月にも来日し、チャリティーコンサートを含め幾つかの演奏会を指揮する。

オペラ歌手プラシド・ドミンゴはリサイタルで、70歳と思えぬ瑞々しく張りのある歌声を披露し、聴衆を魅了。
終演後の会見では、自身の親族もチリの地震で亡くなったと明かし、日本への励ましの言葉を口にした。
通訳がそれを聞いて泣いてしまい、嗚咽してうまく訳せなかったことにはちょっと驚いたが…

ヴァイオリニストのギドン・クレーメルは若手二人とのトリオで演奏するはずだったが、
その一人が来られなくなり、代役が異色のピアニスト、ワレリー・アファナシエフ。
思いがけないビッグネームの登場がかえって話題となったのだった。

そして今はバーミンガム・ロイヤル・バレエ団が来日中だ。
ピーター・ライト版らしい重厚で陰影の深い美術・衣裳の中で踊られる『眠れる森の美女』。
私が観たのは同団の日本人プリンシパル佐久間奈緒の主演日だったが、彼女のオーロラは、
16歳の誕生日では初々しく恥じらいながらも華麗に、幻想では憂いを帯びた風情を見せ、
そして目覚め&結婚では喜び一杯にと、表情豊かで心のこもった、美しい舞いだった。また、
リラの精ジャオ・レイの気品やトリニダード・トバゴ出身の若手セリーヌ・ギッテンスの伸びやかさからも目が離せず。
同団芸術監督デヴィッド・ビントレーは新国立劇場舞踊部門芸術監督でもあるわけだが、
秋の新作『パゴダの王子』では歌川国芳の絵からインスピレーションを得、日本が題材のファンタジーを作るそう。
これまた楽しみであるし、彼の日本への誠実な態度には心を打たれる。

◆日本でも変化が・・・

一方、日本で作られた舞台でも、時期的にちょうど今月辺りから、震災の影響を受けた舞台が増えつつある。
蜷川幸雄は、井上ひさし作『たいこどんどん』でラストシーンを大波に襲わせた。



3時間40分かけて清之助と桃八が辿る波乱の人生自体、まるで輪廻転生を見る心地のする普遍的内容だが、
「東北」を流転した二人が最後、「柏崎」からようやく故郷・江戸へ帰ると、
そこは既に消滅している(東京になっている)、という物語に今、ハッとしない人はいないはず。
震災前の企画だったにもかかわらず、蜷川が敢えて震災を意識した演出を行ったのは、この内容ゆえだろう。
震災について、それまで口を閉ざしてきた蜷川幸雄の、作品での意思表示の意味もあったのかもしれない。

また、勅使川原三郎の『サブロ・フラグメンツ』は震災後に公演内容を変えたというもの。
震災前に予定していた内容は不明だが、実際の舞台を観ると、
私たちに突き刺さった一連の出来事が、作品をある時は激しく、またある時は感傷的にしていたように思う。

このほか、たとえ作り手が否定したとしても、観る側が作品の何かと震災とを
リンクさせてしまうことを回避できないケースも多くなっていくだろう。

今後も劇場芸術は、さまざまなかたちで震災の渦の中に巻き込まれることを免れない。
それを含め、きちんと見届けなくてはならない。もちろん、不幸な結末は望まないけれども。

『フェスティバル/トーキョー(F/T)10ドキュメント』黒田育世作品劇評

2011-05-10 00:00:12 | 執筆
国際舞台芸術フェスティバル「フェスティバル/トーキョー」2010年分の
ドキュメントブック『フェスティバル/トーキョー10ドキュメント』にて、下記執筆しています。



■黒田育世構成・演出・振付『あかりのともるかがみのくず』劇評

タイトル「刹那と永劫が交錯する、グレートマザーの宇宙」の英訳は
「Interweaving Ephemeral and Eternal:The Great Mother Cosmos」。なるほど!


華麗な執筆陣に混じって、愚直に(?)書いております。


                    *  *  *


 「ウチの庭」こと近所の寺にて。

↑実は中に誰かがしゃがんで入っていて、
少ーしずーつ、移動してたりしてね。と妄想。

【こちらで読めます】ブログ番外編:文楽人形遣い・吉田文昇さんインタビュー

2011-05-01 18:57:49 | 執筆
過日、文楽人形遣い・吉田文昇さんにお話をうかがう機会がありました。
ご存知の向きも多いかと存じますが、今春、吉田清三郎改め三代目「吉田文昇」を襲名された方です。

敷居の高いイメージがある文楽を、もっと多くの人に知ってもらいたいとのお気持ちから、
お忙しい中、とても気さくにお話しくださった文昇さん。
せっかくなので、インタビュー記事を作っちゃいました。

執筆は高橋が行い、撮影をカメラマンの藤本礼奈さん、デザインをデザイナーの内川たくやさん、
イラストをイラストレーターの山口成美さん、このほか一般参加で多田茂史さんにご協力いただきました。
関係者全員もちろんボランティアでこのクオリティ! 感謝しています。


記事は→コチラから、お読みいただけます!! ぜひぜひお目通しください。
(なぜかエラーになる、という方はコッチを試してみてください。画質は落ちますが…)

 ←こんな感じ

内容的には、充分な入門編とは言えないかとも思いますが、できるだけ多くの方に読んでいただき、
私自身愛してやまない文楽に、少しでも興味を持っていただけたらと存じます。

これはどこの媒体にも属さない単独企画です。
署名ほかを無視しての<無断抜粋・転載は禁止>ですが、<回し読み>は大歓迎です!