小山田桜台ジョギングクラブ

尾根緑道、小山田緑地、小山内裏公園周辺をフィールドとしている走友会です。
問い合わせ先 osjc@lcdez.com

梅雨空の下で

2019-07-12 18:36:39 | Weblog

梅雨の雨の合間に、小山田神社の蓮の花の様子を見にゆきました。



まだ早いかなと思っていたのですが、咲いていました。


小山田神社です。最近はこの時期しか来ないですね。


ここは蓮の繊維である藕糸を取るための蓮田で、茎から繊維を取ると思うのですが、葉だけを集めている方がいました。

ここからは毎度おなじみの蓮の花の写真です。










小野神社と蓮田の、東側からの遠望です。梅雨空ですが稲は順調に育っているようです。


アサザ池へ向かう途中にある子供たちが田植えをした田んぼです。


多くのカカシが田んぼを取り囲んでいました。今年はCD盤などの光り物はなかったです。


アサザ池です。


葉っぱが汚いですが、アサザのアップです。


梅雨空と田んぼです。


トンボ池近くのカルガモの標識。1年前にもあったような?


あちこちで咲いていたヤブカンゾウです。


始めは終わりかけの白いガクアジサイかなと思ったのですが、花序が円錐形なので花期の遅いアジサイの仲間のノリウツギの様です。


ここは良く通る所なのですが、今回初めて気づきました。


ここもよく来る場所ですが、すっかり深い緑に包まれています。


アセビでしょうか?赤い若葉がきれいでした。


ガクアジサイの花はそろそろ終わりです。

梅雨空が続いて気温も低いですが、もう7月も中旬になろうとしているので、蓮の花が咲いてもおかしくありませんね。
昨年、小野神社に蓮の花を見に来たときは30℃を越えていて汗が噴き出して堪らなかったですが、それより10℃も低く日差しもないので、かなり楽です。走行距離は15km程でした。

トレイルF

コメント

高幡不動ラン

2019-06-22 22:23:43 | Weblog

アジサイが有名とのことで、高幡不動まで行ってみることにしました。

ルートは、地図で確認すると通常の旧多摩テックへの道より、1本東の中央大学方面への道の方がわずかに短い(100m弱)のと、ずっと両側に歩道があるので、こちらを選択しました。
自宅から高幡不動までは7km程の距離になります。


野猿街道から中央大学南交差点で左折すると田畑のある道になります。
右奥に校舎が見えています。


中央大学の正門前に来ました。ここを左折します。


ダラダラした登りとなります。上まで頑張ろうと思いましたが、今日は体調が悪い方なので途中で歩きが入ってしまいました。(体調は走り出して10mで分かります。)


高幡不動の五重の塔が見える所に来ました。もう直ぐです。


途中で何度か歩きが入ってしまいましたが、それでも50分程度で高幡不動に到着しました。
6/1~6/30まで「あじさいまつり」とのことです。


紫がかったガクアジサイです。


園路の脇の青いアジサイです。


弁天池の橋の欄干を背景にした八重のガクをもったヤマアジサイです。


紫のヤマアジサイ?です。


色々な種類のアジサイが写っています。


目を引いたヤマアジサイです。


「四季の道」沿いに咲いていたアジサイです。


青味がきれいなヤマアジサイです。


アジサイは山の斜面にありますので、アップダウンがあります。


境内の裏山には明治42年に開設された、弘法大師像のある山内八十八ヶ所巡拝路があり、これに沿ってヤマアジサイを主体とした多くのアジサイが植えられています。この画像は第13番の像です。



赤い線が巡拝路で赤丸が88個の弘法大師像です。これとガーミンのログを比較すると3回も通った所もあれば、右上と左上隅は通っておらず、全体で65ヶ所位しか通っていませんでした。地図を持っていれば良かったのですが。
ちなみに、この図の左上の道を抜けて「かたらいの路」方面に向かいます。


前の地図のほぼ中央の位置が一番高い所で、高幡城址の本丸跡で見晴らし台になっています。


中々良い感じの巡拝路です。


人はあまり写し込まないようにしていますが、巡拝路の下の方は結構人がいました。


「花笠」という赤が差したきれいな白いアジサイですが、少し見頃を過ぎています。


少し上から境内のお堂を見ています。


ガクアジサイの咲いている雰囲気のある路という感じです。ピーカンの天気ではこうはなりません。


小ぶりな赤いガクのヤマアジサイです。


これも小さな(全体で6~7cm)青味のきれいなヤマアジサイ。「海峡」という名札がありました。


少し薄日が差してきた遊歩道です。


この種のガクアジサイはきれいなので、つい撮ってしまいます。


高幡不動を抜けて「かたらいの路」へ向かいます。


住宅地を抜けて来て、この階段を上れば「かたらいの路」です。


階段上からの眺めです。右上のビル群が明星大学だと思います。


ルートです。


結構急な登りもありました。


「かたらいの路」で1ヶ所ある開けた地点です。天気が良ければ富士山が良く見えます。
以前、JCで来た時にここで記念撮影をしたと思います。


多摩動物園のフェンスには目隠しのような板が続いてありますが、動物がよじ登って園内に入り込めないようにするためのものだそうです。


ルートの後半ではフェンス越しに園内が見える所があります。特にこのオランウータン舎が良く見えます。


オランウータンがロープを伝って行くのをよく見ようと少し移動し、ふと足元を見ると蛇がトグロを巻いていました。
慌てて飛び跳ねると反対側に逃げて行きましたが、少し緑色をしていたのでアオダイショウだと思います。


「かたらいの路」が終わって多摩動物園前の道路に出てきました。
記憶していたよりアップダウンがあり30分程掛かりました。


帰りは旧多摩テックの道を下って行きました。


途中は里山の景観です。


下ってきてフラットな道になりました。


漸く野猿街道まで戻ってきました。

高幡不動のアジサイは中々良かったです。「アナベルの雪山」のような迫力はないですが、色々なアジサイを集めており、落ち着いた雰囲気で良い感じでした。ただ、全体的に花が若干見頃を過ぎかけていたのと、アジサイと五重の塔を絡めた写真を撮り損ねたことが残念です。

ランとしては境内をグルグルしてたせいで、約17km、3時間半弱の行程となりました。

トレイルF

コメント

紫陽花の季節

2019-06-20 18:27:40 | Weblog

以前に少しアップした紫陽花の続きの、近隣のその後撮った紫陽花やその他の花々です。


長池から始まる、せせらぎ緑道の下流は柳が植えられていて何となく水郷の雰囲気です。
雨が降ったばかりなので水量が多いです。


水量があるので、なかなか良い雰囲気です。


アジサイが水辺によく合います。



単に撮っただけですが、カラフルなので上げておきます。


ドクダミも一面に咲いているときれいですね。


アジサイと一緒にあちこちに咲いているキンシバイです。


こちらは遠目ではキンシバイと区別がつかないビヨウヤナギですが、近寄ればすぐに分かります。
花も葉も一回り大きいですが、これも良く植えられています。


中沢池公園の花菖蒲です。丁度見頃でした。ちなみに画面上部の黄色い花はキンシバイです。


ここは花柄摘みをしないので、咲き終わった花柄が一緒に写り込んで中々きれいな花のアップが撮れません。


これも色がきれいだったのでアップしました。


よこやまの道の脇に咲いていたガクアジサイ。高さが2m程あって横に続いているので壮観です。


ナツツバキです。家の近くにもナツツバキの街路樹があり咲いていますが、歯抜け状態なのであまり街路樹として見栄えがしません。


ピンク色のガクアジサイ?葉の感じからはエゾアジサイかも。


青色の濃いガクアジサイのアップです。真花が少し咲いています。


尾根緑道のアジサイたちです。


これも尾根緑道です。


同じく尾根緑道です。変哲もない写真ですがホームグランドなので定点観測のようなものです。


赤いアジサイをバックにした白いガクアジサイです。


小山内裏公園の内裏池の上の方に咲いていたアジサイです。


少しピンクの入ったヤマアジサイ?


微妙な色のグラデーションがきれいなアジサイです。

色々な色のアジサイなどを集めてみました。

トレイルF

コメント

6月月例会

2019-06-17 12:08:39 | Weblog

昨日(6/16)の月例会の模様です。
コースは当初の予定と変わって、「よこやまの道」となりました。

今回は小山田桜台のメンバーがいないとのことで、ゴルフ場脇の尾根幹線沿いのコンビニに幹事の文ちゃん、ヤッちゃんと私が8:30集合となっていましたが、月末のサロマに参加するマジェスティさんが尾根緑道を走ってきた後から合流しました。今日は40km近く走り込む予定とのことです。

8:20頃、暑くなるという予想の中を4名で出発しました。


キャノンのラグビー場横を進みます。


ここは妙櫻寺横のトレイルです。


国士館大学のグランド横辺りです。この辺りから林に囲まれたトレイル主体の良い雰囲気のコースになります。


多摩丘陵パノラマの丘(防人見返りの峠)が左上に見えます。


頑張って上ります。


9時前に多摩丘陵パノラマの丘に到着しました。


空気が澄んでいて丹沢方面が良く見えましたが、富士山は生憎低い雲に隠れて姿を見せませんでした。


ガンガン上るマジェスティさん。


ヤッちゃんも続きます。


視界が開ける京王、小田急線のトンネル付近です。


こちらもそうです。


小田急線の「はるひ野駅」から上がってきた、スコブルさんとドンピシャリのタイミングで合流できました。これで5人になりました。


9:15頃、折り返し点の「よこやまの道」東端の「丘の上広場」に着きました。


記念写真を撮った後、折り返します。


頑張るスコブルさん。


続くヤッちゃんと文ちゃん。マジェスティさんは、かなり先へ行ったようです。


往路でも来た多摩丘陵パノラマの丘です。


復路では、少し雲がかかっていたものの富士山が見えました。


マジェスティさんは小山田に向かいましたが、本体4名は一本杉公園から遊歩道で北上し多摩センターの極楽湯を目指しました。


快晴の天気で日差しが強烈でした。ただ、湿度が低いので少し楽です。


まもなく到着です。


暑くなる前の10時半に極楽湯に到着しました。また、ここでも我々の到着後1分も経たないうちにカワさんが合流しました。旧いこいの湯近くから走って来たそうです。これで、また5人です。


汗を流してゆっくり湯につかった後、昼前から乾杯しました。まあ、父の日なので良いでしょう。

スタートのコンビニからは13km程でしたが、天気に恵まれて気持ち良く走れました。
参加された皆さん、お疲れさまでした。

トレイルF

コメント

雨の季節

2019-06-10 22:38:13 | Weblog

昨日、紫陽花が咲き出したので紫陽花でも撮ろうとカメラを持って走りに行きました。


ガクアジサイです。


白い花を目立たせようと少しアンダー目に撮って見ました。


紫陽花のブローチという感じで撮ったのですが、葉に虫食い穴が開いています。


薄暗い林の中で見ると、白いガクアジサイは目が光っている様にも見えます。


ここは前日に子供たちが田植えをした田んぼです。


雨が結構降ってきました。梅雨入りすると直ぐに雨降りとなりましたね。


雨降りであることを撮るのは、中々難しいです。


雨に濡れたドクダミです。


木の下が落ちた実で黒くなっていた桑の実です。


雨に濡れたガクアジサイ。


水路脇の紫陽花。


こちらも水路沿いのガクアジサイ。


この時期目を引く朱色をしたの柘榴の花。


ヤマボウシの白い花。

ランナーは靴がグショグショにならなければ雨は気にならないので、もっと先に行くつもりでしたが、防滴でないカメラが雨で動かなくなっとしまったので残念ながら7km程度でランを終了しました。

紫陽花の花は、また掲載したいと思います。

トレイルF

コメント

第9回成木の森トレイルラン

2019-05-14 21:35:15 | Weblog

5/12成木の森トレイルランに昨年に引き続き参加してきました。

昨年秋から走力がガクンと落ちて、ロードの大会をDNSにしたのですが、一定のペースで走ることがなく、歩きや立ち止まりがあるトレランのショートコースの大会なら、現在の体調でも対応できるかもしれないと思い参加しました。また、同じ大会でこの1年間でどれだけ走力が変わった(落ちた)かも確認したかったからです。
これで38回目のトレイルレースとなります。

この大会、公式距離は20kmですが、実際は16.3km、最大標高差660mです。


10:00にスタートしました。
昨年は気にしていなかったのですが、途中の黒山に2時間10分閉鎖の関門があることを念のため、覚えておきました。


まずは高水山の常福院目指して、なちゃぎり林道を標高差400m位上って行きますが、今回は大部分が歩きでした。


高水山の次の岩茸石山の山頂手前では後方の順位になったせいか昨年以上の20分程度渋滞にはまりました。ちょっと関門の不安が頭をよぎりました。(写真は渋滞中に見上げた新緑)


岩茸石山(793m)の山頂では眺めが良く、また少し標高が高いせいか今が新緑の真っ盛りという感じで美しく、昨年の倍くらいのハイカーの方がいて、少し申し訳ない感じがしました。

その後の岩茸石山から黒山までは細かいアップダウンが続きましたが、関門閉鎖がだんだん気になり始めました。結局、何とか黒山の関門は閉鎖の1分半前に通過できました。

やれやれですが、後は棒の嶺まで登ってから復路をゴール地点まで制限時間の4時間15分以内にたどり着けるかです。



そして、漸く最高地点である棒の嶺山頂(969m)に着きましたが、ここもハイカーが一杯でした。
画面右奥から来て赤いコーンが折り返し点です。


棒の嶺からは基本的に下り基調となって走れるトレイルになったので息切れはなく、昨年に近い走りでゴールできました。
タイムは3時間39分27秒で、昨年より23分余計に掛かりました。まあ5年前だったら2時間半程度で完走できたと思います。


参加賞は昨年のマフラータオルに代わって、Tシャツとバンダナキャップと豪華でした。

今回は関門閉鎖1分半前のギリギリ通過で、もうショートのトレラン大会も参加を止めようかとも思いますが、一方で20分程度の渋滞がなければとも思っています。

トレイルF

コメント

緑溢れるトレイル(続編)

2019-05-09 19:43:44 | Weblog

天気が良いと、他の予定をキャンセルして里山に向かってしまいます。


青空と新緑で湿度も低く気持ちが良いです。


五月晴れの長池公園です。


画面中央部に白っぽい木があります。


ミズキの様です。


築池も緑に覆われ山奥の池の様で、清々しい感じがします。


キンランです。2週間前にも咲いているのを見ました。


新緑ですが、色々な種類の木が写っています。


キンランより見かけることが少ないギンランです。
前に見に来たときは花がなく、遅かったかと思ったのですがこれからでした。4株写っています。


新緑の雑木林。この画像では殆ど分かりませんが、キンランが数株あります。


長池公園を抜け、「よこやまの道」の西端、別所給水所の野中谷戸が望める所に柵ができて、「鶴見川河口方面展望ひろば」と写真の案内図が掲げられていました。


案内図に房総半島が表示されていたので、案内図の方向を撮ってみたのですが、この画面(35mm版換算で130mm相当の望遠)では分かりません。


前のオリジナルの画面を2倍にトリミング拡大しコントラストを上げたものです。
画面右端の同じ高さで並んだ建物の直ぐ上、そしてそこから画面中央のクレーンのアームに掛かる薄い線が房総半島の様です。
また、画面左端の鉄塔の左側の2本の煙突(高さ200m)が、鶴見川河口の横浜火力発電所の様です。
冬ならば更にはっきり見えると思います。


トレイル脇に咲いていたアマドコロです。


トレイルを進んで開けた耕作地。


見上げた青葉です。


空気が澄んでいたので、小山田緑地の「みはらし広場」から富士山が良く見えました。
また、この「みはらし広場」では何かのロケも行われていました。


ここに咲いていたキンランです。


五月晴れの空に向う1本の木です。気持ち良さそう。


この季節、柿の木の新緑「柿若葉」はよく目立ちます。


逆光に輝く新緑です。


美しいカツラの青葉です。


奈良ばい谷戸に咲いていた桐の花です。


久し振りに来た神明谷戸です。緑に溢れていましたが田んぼは止めてしまったようです。


タケノコですが、食べるには少し大きくなり過ぎた感じです。


隣の五反田谷戸ですが、田植えの準備中でした。


こちらも五反田谷戸ですが、景観保持のため米作りをされているのだと思います。


いつも最後は小山田緑地山中分園のここです。

湿度が低く爽やかな五月晴れの下、新緑の中を走るのは気持ち良いです。
久し振りに20km近く走りました。

トレイルF

コメント

緑溢れるトレイル

2019-05-07 22:28:53 | Weblog

5/4のBBQでは南大沢地区の緑に彩られたニュータウンの遊歩道を走ったので、翌日は緑に溢れた土のトレイルを走ろうと小山田の里山に向かいました。


我が家からは尾根幹線を越えれば直ぐトレイルです。


あっという間に里山は新緑に溢れてしまいました。


今の時期は普通の草でも新緑で美しいです。


篠竹(アズマネザサ)のトンネルです。


トンネルを抜けると開けた風景になります。


きれいな柿若葉です。


新緑とコントラストを付けるヤマツツジです。


こちらもヤマツツジです。


ヤマフジです。昨年は見損なってしまいましたが今年は丁度よい時期に見られました。
普通はトレイルに落ちている花びらで存在を知り花はあまり見えないのですが、ここは花が良く見えます。


花を少し拡大してみました。


新緑と後ろ側の「竹の秋」です。


新緑の里山トレイルです。


トレイルの脇。今の時期はどこも新緑できれいです。


ここは人が余り通らないトレイルです。


トレイル横のちいさな耕作地です。


トレイルの先は新緑です。


トレイル脇の麦畑です。


柿の木の柿若葉だと思います。


トンボ池です。この光景を見た時、ハッとして立ち止まってしまいました。
時間が止まっているような、少しシュールな感じがします。


比較的最近、存在に気付いた桐。花が咲き出したところです。


新緑の中の木道です。


ホオノキの花が咲いていました。


その蕾です。きれいな形ですね。カパッと音を立てて開きそうな感じがします。


広場も新緑です。


ベニバナトチノキの花です。これも今の時期です。

今回はできるだけ舗装路を走らないようにしました。
後半日差しが弱くなってしまい少し残念でしたが、10km位しか走らなかったものの周辺に人家がなくて新緑に囲まれ美しいフジの花が見られて満足でした。
今は一年で一番良い時期で、走らないともったいないです。

トレイルF


コメント (1)

春のBBQ大会

2019-05-06 11:34:33 | Weblog

5/4の恒例のBBQ大会の模様です。参加者9名でした。


昨年と同じ南大沢の大平公園に9時に集合し、まず南大沢地区の遊歩道ランに出発しました。
BBQ日和な感じです。


初めに遊歩道で小山内裏公園の太田切池(南大沢の大正池)です。


小山内裏公園からは新緑の中の遊歩道を上柚木公園に向かいます。


上柚木公園の展望広場です。富士山は残念ながら見えませんでした。


展望広場の北側の芝生を下ります。


首都大学東京の構内に入りました。


構内を奥に進んで抜け、富士見台公園に着きました。
公園の展望台ですが、手前の木々が邪魔をして広い公園を眺められないので今一です。


再び大学構内に戻ってきました。


構内の池です。スイレンとカキツバタが咲いていました。


まだ一人構内に残っています。


約8kmの遊歩道ラン後、駅前のスーパーなどで飲食材を購入し、大平公園に戻ってメインイベントのBBQを開始しました。
11時半には乾杯できるかと思ったのですが、意外に買い物に時間が掛かり、実際には乾杯したのは11:50でした。


始めは何から焼くのでしょうか?


食材は色々ありました。メンバーが交代で焼いてゆきます。


今年は昨年の反省から会費2000円にしましたが、少し足が出てしまいました。


雲行きが少し怪しくなってきたので、14時半ころお開きとなりました。

参加された皆さん、お疲れさまでした。
また秋にやります。

トレイルF

コメント

2019年桜3

2019-04-21 15:55:06 | Weblog

近隣の桜の紹介の最後です。
サトザクラ(八重桜)が中心となります。


黄色い桜であるウコンです。


開花してから時間が経つと中心部が赤くなりますので、咲き始めです。


前の写真を撮った別所実緑地です。


こちらは緑色のサクラであるギョイコウです。(別所実緑地)
ただ、このギョイコウは緑色の筋は入っていますが、一般的に言われる反り返ったキャベツの様な色の花弁という特徴は見られません。
この桜はウコンと植物学的に非常に近く、ウコンに似たものもあるようで、このギョイコウはそうなのだと思います。



ギョイコウも開花から時間が経つと中心部が赤くなって赤い筋も入りますが、上側の花がそうなっています。


カンザン並木(別所)。2019桜2で遊歩道沿いのマンションのシダレザクラを撮った場所です。
中央奥で白く見えるのがそのシダレザクラですが、散る頃は殆ど白色になります。


白いイチヨウとピンクのカンザンです。(南大沢2丁目)


そのイチヨウのアップです。


もう少し引いてみるとこんな感じです。フワフワとした春らしいやさしい感じです。
欧米で人気の派手な色のカンザンより、私を含め日本人の感性にはこちらの方が合う気がします。


カンザン並木です。(南大沢3丁目)


こちらもカンザン並木です。(南大沢4丁目)


木々も緑を纏いはじめました。


ブラシの様なウワミズザクラの花です。(南大沢4丁目)


そのアップです。


林も新緑の季節になります。


フデリンドウです。昨年は見られなかったような気がしますが、今年は結構多く咲いていました。


ソメイヨシノが終わった後で咲いているカスミザクラです。(尾根緑道)


お馴染みの尾根緑道の種入入口付近のカンザン、フゲンゾウ、スルガダイニオイです。


フゲンゾウです。


こちらはヨウキヒです。


ヨウキヒの花を少しアップで撮りました。名前のようにきれいですね。


長池公園の築池も春の雰囲気です。右側に見える昨年の台風による倒木に止まっているのは黒い鳥はカワウの様です(見難いです)。


コブシもこんなに葉が茂ってしまいました。


ヨウコウ並木の延長で長池公園から北に延びる道路です。ここは色々な桜が植栽されていて今カスミザクラが咲いています。


見附橋とコウカです。


そのコウカのアップです。


少し離れた場所ですが、多摩市落合の西落通りのカンザン並木です。


ここは花付きが今一なのとカンザンはあまり大きくならない桜の様なので、もう少し間隔を詰めて植えないと並木として見栄えがしません。(少し露出オーバー気味で色が抜けています)


フゲンゾウ並木です。カスミザクラも2本程あるようです。(鶴牧第2公園)


花付きの良いカンザン。(下小山田町)


カンザンが咲く頃はソメイヨシノの頃と違って新緑となっているので、ピンクと黄緑のコントラストです。(下小山田町)


カンザンの花のアップ。カンザン単独ではピンクの花と赤茶色の葉であまり色彩的にはきれいではありませんが、新緑をバックにすると引き立ちます。

これで今年の桜の紹介は終わりです。
桜を追っている内に新緑の季節になりましたが、今年は少し桜に詳しくなった気がします。

トレイルF

コメント (2)