音楽中心日記blog
Andy@音楽観察者が綴る音楽日記
 



すわりこんで なぜこうなってしまったか考えたって無駄だよ
もうどうにもならないんだ
すわりこんで なぜこうなってしまったか考えたって無駄だよ
今になってもわからないのなら
雄鶏が鳴き 空が白みかけるころ
窓の外を見てみなよ 俺が去っていくところさ
あんたこそが 俺が旅立つ原因
繰り返し考えたってしかたない これでいいんだ

明かりをつけてみたって無駄だよ
俺には見えないんだから
明かりをつけてみたって無駄だよ
俺は道路の暗い側を歩いてるんだから
いまでも あんたが何かするか 言ってくれたらよかったのにって 思ってる
行かないでとか ここにいてとか
俺たちは ほとんど話し合うこともなかったよな
繰り返し考えたってしかたない これでいいんだ

俺の名前を 大声で呼んでみたって無駄だよ
今まで そんなことしたことなかったろ
俺の名前を 大声で呼んでみたって無駄だよ
もう あんたの声は聞こえないんだから
道を歩きながら 俺は考え続けてる
ひとりの女を愛した あんたは子どもねといわれた 
俺は心を捧げたのに 彼女は俺の魂をほしがった
でももう繰り返し考えたってしかたない これでいいんだ

俺は 長く孤独な道を歩き続けている
どこへたどりつくのか 自分でもわからない
さよならなんて言葉はきれいごとすぎるから こう言おう
元気でいてくれ と
あんたがひどい仕打ちをしたなんて 言わないよ
でも もうちょっとうまくやる方法があったはず しかたないけど
あんたは 俺の大事な時間を浪費したんだ
でももう繰り返し考えたってしかたない これでいいんだ

- Bob Dylan「Don't Think Twice, It's All Right」(1963)
    (Translated by Andy@音楽観察者)

 もう一度ディランの曲を。これもシンプルな詞の歌。
 辛辣な言葉を投げつけながら、自らの心の揺れをも吐露しているところがいい。
 「Don't think twice」という言葉は、別れる相手に向けたものであると同時に、自分自身に向ける言葉でもあるのだ。

 原詞はここを参照。

 


 

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


« All I Really ... I’ve Been Lov... »
 
コメント
 
 
 
ピュア (りょ~)
2008-03-08 21:35:17
70年代のディランとはまた世界の一味違う歌詞ですね。初期のフォーク時代のディランの歌詞は「追憶のハイウェイ61」などの傑作アルバムには無い、ピュアな感じが素敵です。改めて、ディランの詩の奥深さを実感しました。
 
 
 
初期ディラン (Andy@音楽観察者)
2008-03-09 00:05:24
感想ありがとうございます。
初期ディランの詞はけっこうストレートだったりして興味深いですね。この曲が代表格でしょうけど。
個人的にはこの世界に惹かれます。

いずれにしろ、英語を母国語にしない人間にとっては、手強い相手であることにかわりはないのですが。
 
 
 
こんばんは。 (はじめ)
2010-10-24 23:32:45
はじめまして。この曲の事を知りたくて
検索してここに来ました。

英語の歌詞は歌詞カードと実際のレコーディング
の一番は歌詞が違うようなのですが・・・

最後に時間の浪費だと切り捨ててやさしい感じで
終わらないところがなんともいいがたいです。

ところでこの曲はギターがすばらしいと思うのですが
、弾いているのはディランなのでしょうか?

ごぞんじですか?
私は昔からのファンではないので知らないのですが
ディランがこのようなギターをひく(ひける)とは
とても思えないのです。

この曲のギターは正確な譜面は見たことないほど
いい味を出していて、ディランでないとすると
はたして誰が、それともディランが弾いているのか
、とても気になるところです。

ディランの中でベスト3に入る好きな曲です。
失礼しました。





 
 
 
回答になるかどうかわかりませんが。 (Andy@音楽観察者)
2010-10-25 20:12:53
はじめさん、書き込みありがとうございます。
この曲のギターをディラン以外の人が弾いているという話は残念ながら聞いたことがないです。この曲を収録した「フリーホィーリン」は、基本的に弾き語りアルバムなので、自分で弾いているんじゃないかな、と思います。フォークソングではよくあるタイプのギターですよね。これぐらいはディランも弾けたのではないかと…
 
 
 
ありがとうございます。 (はじめ)
2010-10-25 21:49:01
うーん。確かによくあるタイプ(スリーフィンガー)
なんですけど凄くセンスいいですし、
ある程度は練習しなくてはできませんから
今のディランしかしらないものからすると
信じられないんですよ。

それにアルペジオの映像が全くないのも不思議です。

自分自身に向けているというのはまさに
仰る通りだと思います。
この曲飽きないですよね。
メロディがさりげなく素晴らしいからかな。

Youtubeでエルビスプレスリーのバージョンが
あってもしよかったら聴いてみてください。
どうもありがとうございます。

 
 
 
追記です。 (Andy@音楽観察者)
2010-10-29 20:18:00
リリースされたばかりの「ウィットマーク・デモ」に、この曲の著作権登録用デモが収録されていますが、そこでもこのスタイルのギターを聴くことができます。これは完全にディラン一人で録音したはずのものですから、やっぱりディラン本人が弾いたものなのではないでしょうか。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。