音楽中心日記blog
Andy@音楽観察者が綴る音楽日記
 



 

 すっかり更新が滞っています。すみません。
 いま仕事が猛烈に忙しいのに加え、身内の不幸(15年間一緒に暮らした猫を亡くした)もあり、身も心もへばっています。チャットモンチー新作「告白」の感想なども書きたいのですが、音楽に関してまとまった文章を書く気力が今ありません。

 というわけで、今日はザッパ関連の情報だけ掲載します。

 米国コネチカット州在住のザッパ研究家スコット・パーカー氏によるザッパ音源研究本の新作が出ました。
 タイトルは「Blessed Relief」、今回扱っている時代は1972年から73年。オリジナルアルバムでいうと、「Waka/Jawaka」「Grand Wazoo」「Over-Nite Sensation」といったところですが、この期間は、グランド&プチ・ワズー・バンドによるライヴの他に、ジャン・リュック・ポンティやイアン&ルース・アンダーウッド、ジョージ・デュークなど、演奏技量の高いメンバーを擁するバンドでのツアーを行っていた時期でもあります。

 今回の本の構成は、これまでと基本的に同じスタイルで、オフィシャル盤およびブートレグのディスコグラフィーと、現存するライヴ音源の詳細記録という二つのパートを基本に、前作までの訂正・追加分も収録しているとのこと。総ページ数は399ページで、これまでで最も大部なものとなったそうです。

 値段は本体が30ドル。日本へは送料が20ドルかかります。購入は「SCOTT PARKER BOOKS」にて。クレジットカードが使えます。

 僕はすでに注文しました。現物が到着するのには、これまでの例からいって、たぶん3週間程度はかかるものと思われます。
 
 参考に、これまでのスコット・パーカー本関連記事をまとめておきます。こちらをどうぞ。

 では、1973年バンドのストックホルムでの演奏から「Montana」を。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ザ・フー「セ... ビートルズ・... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。