水と緑の街の勝手書き

多摩川の河川敷をうろついてその時の季節を感じたことや登戸の町の動きを勝手に書きます。

深紅のバラ、藤棚

2014-04-30 17:00:00 | 
雨が降っていますね。こんな日は残念ですが多摩川には行けません、そこで代わりにぶらりと花を見て回ります。登戸あたりから始めます。
アカメガキの花が咲いています。

この木は花よりも赤い新芽がよく目立ちます。 そしてゆずり葉

葉の根元に小さな花が咲いています。この木は若い新芽が出てから去年の葉がその新しい葉に道を譲るように落ちて行く  と聞きました。

そしてこの葉を見ればそうなんだなっと納得です。上の若い葉が出てきたので下の去年の葉が色が変わってきてもうじき落ちそうになってきました。
足元の小さな花です。

真ん中の紫色の小さな花です。すっ と立ち上がっていて気にはなるのですが名前はまだ知りません。
雨の中の真っ赤なバラの花を見て

そして今度は稲田堤に移動しました。

ここは畑の中に咲いている花を見てみました。
あやめ

花が大きくて雨に濡れて重そうです。 矢車草

花の色が何種類かありますね。 きぬさやの花

これからたくさん生ってきそうです。  ブルーベリーの花

ドウダンツツジのような花が咲きますね。  これは花ではありませんが、昨年まで知らなかったコルチカムの球根を作っているところです。

コルチカムは花があるときは葉は出ていません、葉があるときは花がないだから葉を見ても分からなかったのです。球根を大きく育ててね。 ちょっとだけ場所を動いて人の庭で
てっせんの花

これはすごい!藤棚です。

見事な藤の花ですねえ。 おまけは今の時期の梨です。

まだ小梅くらいの大きさですが花が終わっていくらも立っていませんから成長は早いですねえ。 今日はいいお湿りになりましたね。これからもっと降るのでしょうか?



今日も良かったらファイブエルのホームページを見て行ってください・・・こちらです。
コメント

ぼたん

2014-04-29 19:25:19 | 
登戸を歩いているときにこの朴木(ほうのき)の若葉を見たら、この間までまだ出たばかりの若葉だったのに葉がこんなに大きくなっています。

ちょっと高いので簡単に手や何かと比べる事が難しいのですがたぶん私が知っている中では一番大きな葉だと思います。(バナナの葉とか外来種を入れないでかんがえたら)
大きな葉を見ていたら今度は大きな花に目が留まりました。  ボタンの花です。

黄色のボタン

赤紫のボタン 
ぼたんの花は大きいけれども花びらが薄くて繊細ですね。その足元には小さな花 すずらん

そして薔薇を見ながら多摩川に向かいました。



多摩川でも花を見ています。

春から夏ごろまで見かけるような気がします。なんて言う名前かな?
これは知ってます。タンポポ 花が終わって種ですね。

オオバコでしょう。

ナガミヒナゲシ

さてこの中で外来種はどれでしょう?全部かも知れません。
この間聞いた人には多摩川で大学生が面積を決めて何組かで植物の種類などを調べたところ8割は外来種の植物だった。  と聞いてびっくりしました。でもこうやって多摩川で花を撮って来てもこの4種の中でもこのナガミヒナゲシ、タンポポ、オオバコ、は間違いなく外来種ですからね、名前の分からない小さな花が日本の固有種かどうかくらいですね。
いつの間にかすっかり外来種に勢力を取られていましたね。


いつの間にか外資のアパートです…とまではまだなっていませんがそんな気配もあちこちで…ファイブエルでは全部日本の資本のアパート、マンションですよ。ちょっと寄り道してみて行ってください・・・・こちらです。
コメント (2)

あやめ

2014-04-28 19:18:24 | 
あやめの花を見ています。これはきれいでなんとなく定番のように感じる色です。

道のすぐそばで去年は咲いてすぐに折られて見ていられなかったけど今年は大丈夫そうです。
花菖蒲だと多い黄色の花ですでもあやめです。

少し色が違うような気もしますが

最近多くなってきたワイン色が入ったあやめ

さっきよりも薄い黄色のあやめ

どれが好きかな?やっぱり青というか紫に近いような色かな。

今度は多摩川です。
今この花が咲いてきました。

花は白くてきれいですが、葉や茎にトゲのような毛が一杯生えているのがちょっとね…
こちらはイネ科の植物ですね。花が咲いてこれから実が入ってくる前です。

ほぼ同じところで写しました、違いは6時間  上はお昼の12時過ぎ

下は夕方6時過ぎ
6時間違ったら何が違うかじっくり見てください。

夕方行ったときはツヅキさんに会いました。「草根っこから取ってこれだけで2時間半かかっとよ。根っこから取ると次生えてくるのが遅いからなぁ」と満足していました。2時間半で10㎡くらい石ころだらけの中草取りをしてありました。 はいお疲れ様でした。
「今日夜7時半から、はかま光男のいいラジオがあるよ。聞いたらいいよ」  とすすめられました。その時間ラジオ聞いているだろうか?



ラジオじゃなくて私のお勧めはファイブエルのホームページです。
是非、見てください・・・こちらです。


追伸です
今日こんな大きな大銀杏が生えていた神社の横に行きましたよ。

銀杏に実が生るからいつか花が咲くのだろうとは思いましたが、花を見ましたそれはこんな風についていました。

これはオスの花でしょうか?雌の花はどんなかなぁ? 銀杏の木は大きくて背が高いからなかなか花も見られないなあ!
コメント

悩んでいること

2014-04-27 19:50:00 | 日記
今、悩んでいることがあります。おかしいのです
なんでなんだろうと思っていますが、止めれば良い事なんですがこんな風になってしまっています。

指先にこんな風にひびが入っておまけにそのヒビに色がついてここだけが目立つのです。
原因は分かっています、指や手を使って草を取ったり土を触ったりしているからです。その土の細かいものが指のヒビに入って色がついているのです。  洗っても完全には取れません、入れ墨みたいな感じで皮膚の割れ目に入ってしまっています。
人にそれは皸(あかぎれ)だ  と言われました。長年使いこんだ手や体なので、年とって油分が抜けて皸になっているんだというのです。
アタマで分かっても信じたくないのですね。またここも老化現象だと言いたく無い訳です。それでハンドクリームを買ってきて、思いついたら塗るようにしているのですが皮膚の中の色は落ちません。つい草を取ってしまうのです、つい土に触ってしまうのです。
それを止めればいいのですがやめないで悩んでこんなことを書いているんですね。
ショウもない人ですねえ!

向ヶ丘遊園の駅に行く途中にエリカの花が咲いていました。

ここのお宅は庭に変わった植物がいろいろあるのですが、これから再開発にかかってしまうのかなぁ などと勝手に考えています。
近所のアパートの花壇にフリージアが咲いています、今までも二回ほどアップしていますが また変わった色の花が咲いてきました。

濃い赤と言ったらいいのでしょうか?前に咲いた色もまたたくさん花が咲いてきました。

まだ違う色の花が咲きそうにつぼみが膨らんできています。また咲いたら写してしまうと思います。ここの花壇を自分の物のように楽しんじゃっていますね。
お気楽 お気楽



では気楽に部屋探しもしてみましょう。ファイブエルでチェック
コメント

親父ギャグ

2014-04-26 18:07:00 | 多摩川散歩
今日も多摩川を見ています。

水が少なくなっています。テトラポットがたくさん見えています。
土曜日の多摩川はいつもよりも賑わっています。

釣り人だけでなく散歩の人や遊びに来た人などがいます。川の中でマルタウグイを見つけました。今度は橋の上から見ただけではなく手が届きそうな近さにいます。

でもやっぱり力尽きています。大きさは40センチ以上ありそうな大きな婚姻色のマルタウグイです。
その近くで見つけた今日は小さめの花

花の大きさは5ミリくらいです。群生しているので目立っています。
もっと目立たない同じくらい小さな花、紫色の花を見つけました。

さっきの黄色の花と違い15センチくらいすっくと立ってその先に花を付けているので少しの風でよく揺れています。そのそばでは紫蘭が咲き始めています。

紫蘭と言ってもあまり真剣に見ていなかったのですが蘭の形の花ですね。
そんなことを思いながら土手に上がって行くと、花火やバーベキュウの監視をしている警備員の人が話しかけてくれました。
「これはねえ ボート屋さんの弟さんが手入れをしてくれているんだよ。」
ああ そうなんですか。
「俺が、まだこの花の名前を知らない時にこの花はなんていう名前ですか?って聞いたらその人ぶっきらぼうな人でね」
「知らん!」
「ええっ」
「だから! 紫蘭」って答えてたんだって 一気にこの人の話にはまってしまいました。
それから多摩川の自然の話や、植物の話、中国、インドの環境の話とどんどん話してくれて話がどんどん膨らんでいきます。   話が狛江市が管理している多摩川のエリアの話や自分たちができる注意の方法まで教えてくれました。
見つけたらまず「ここはバーベキュウをしてはいけない場所ですよ」と声をかけ
15分後にまた来てやっていたら、同じようにもう一度「バーベキュー禁止」ですよと声掛け
3度目まで同じように声掛けをして、それでもやめない時はそれではこれから科料を取ります。では住所と名前を教えてください。   となるとのこと
3度も注意してやめない人が素直に住所氏名を言う訳もなく、名前が分からないと書類もかけないっと笑い話のような注意喚起の方法を教えてくれました。
さすが役所の人が考えることは民間とは少しテンポが違うのかな?  と思いながらまたお会いする日を楽しみに帰ってきました。
すごくにこやかに面白く話をしてくれる監視員さんでした。和泉多摩川から小田急線のすぐそばの多摩川あたりを監視している監視員さんの中の一人です。日焼けした体格のいい狛江市在住の団塊世代の人でした。



そんな多摩川のそばに住みたくなったらファイブエルのHPで情報チェック・・・こちらです。
コメント