マドリーの恋人

ヤマダトミオ。 画家。 在スペイン52年。

トレド

2024-02-13 21:00:00 | スペイン日記

いつもの街並みのトレド

 コロナ禍の前は年に数回は訪れていたのが古都トレドです。マドリードから近いので日本から遊びに来た友人たちを良く連れて行きました。コロナ禍以降は全く行かなかったので、今回は4年ぶりに訪れました。当たり前のことですが街並みはそのままなので路地もそのままでした。そこを歩いていたらいつものトレドを思い出しました。バルやお土産屋も以前からの姿をしていました。それがマドリードの中心地のバルとの違いです。マドリードの店は外観や名前は同じでも中に入るとすっかり改装され(トイレが清潔になったのには賛成です)、働いているウエイターやウエイトレスも東欧人やアフリカ黒人に変わっています。

 

 多分オーナーは同じでも営業は飲食業のチェーン店会社に譲ったのでしょう。値段はコロナ禍前と比べると2倍に上がりました。仕入れの値上がりよりも人件費の値上がりでしょう。ツーリスト相手の商売なら来る客も一度だけなので働くスタッフが変わってもノープロブレムです。赤ワインを片手にバルのおやじとの昔話が楽しみで行く年寄りにはマドリードの飲み屋街は寂しいものになってしまいました。マドリードから1時間とは言えトレドの昔からのバルに毎晩通うのは僕には敵いません。

一人が歩くのがやっとの路地

 でも毎晩通いたくなる居酒屋(Taberna/タベルナ)がありました。トレドに住む友人が教えてくれました。そこで食べた“豚の耳の鉄板焼き”は今まで自分が食べていたマドリードの“豚の耳”はいったい何だったのだ!と思い知らされました。香ばしく、柔らかく、ゼラチンは甘かったです。耳は細かく切り刻まれていました。マドリードで僕が贔屓にしていたバルの一つはこの豚の耳の専門店でした。おやじが変わってから足が遠のきましたが、そのおやじの数倍の旨さでした。

肩が触れ合うピソ

 こうなるとトレドに住むのが良いのですが、如何せん住居が古すぎます。住居をピソ(piso)と呼びますが、いつ崩れてもおかしくないようなピソが肩を触れ合うように建ち並びます。絵になる景色ですが水道管や下水管のことを考えると僕は毎晩眠れなくなりそうです。1500年前からスペイン中央部カスティージャ・ラマンチャの州都でキリスト教、イスラム教、ユダヤ教が共存共栄したまれなる都なのです。ピソは比較的新しくても100年前の建物です。

時が止まったようなバル

 敷地は中世のままなのか、道路は狭く迷路のようです。その迷路がトレドを救いました。城壁内に攻め込んだ敵兵たちは自分たちが何処に居るのかを見失いました。立ち往生しているところを上から弓矢で皆殺しにしました。とは言えそれは大昔の話で、タホ河に囲まれた丘の上を城壁で囲った都造りなので、如何せん坂が多い。その城壁の外には21世紀のピソが建ち並びますが、そこから旧市街の飲み屋へはその城壁をくぐって入らなければなりません。待っているのは坂で、それを毎晩上るのはきついです。酔っぱらった老人には帰りの坂は転げ落ちそうになりそうです。それでもいつまでも今のままで居て欲しいのがトレドの旧市街です。

最高に美味かった豚の耳の鉄板焼き

 さて、昨年日本へ帰る前に書いたブログから3か月も過ぎてしまいました。マドリードへ戻った12月は旅の片付けやクリスマス行事に追われて、あっという間に新年を迎えました。1月は疲れが出たのか風邪で寝込み、気温の異常な上下で血圧も上下してこれまた寝込みました。この2月も変な天気でカーニバルが始まる前にアーモンドは咲き始めました。スペインの政治も天候のように異常で、この先どのようになるのかが分かりません。民族党と手を組んで組閣をしたサンチェス内閣(与党・PSOE/スペイン社会主義労働者党)は不安定です。

中世の騎士が似合う街トレド

 ドイツから始まり全ヨーロッパに汚染中の農民の“トラクター抗議”はスペインでも始まりました。スペイン農民は農業の不満よりもスペイン国民の誰でもが持っている今の政治、生活への持って行き場のない不満が爆発した感じです。農作業はきついですが、考えてみれば農業は単純です。例えば麦は畑に種を蒔き雨で成長させトラクターで刈り取ります。ところがスペインは昨年から大干ばつです。お天気は政府のせいではないとしても河水の分割は政治です。おまけに肥料代からトラクターのディーゼル代も大幅に値上がりました。

この門をくぐって飲み屋へ

 物価の値上がりのスピードから取り残された野菜の値段に農民は何もできませんでした。買い手市場なのと物流の値上がりが原因です。そんな農民にはなんでもいいから捌け口が必要だったのです。これが農民だけの抗議で終わらず、全労働者に汚染してゼネストにつながらないことを祈るのみです。不安定な政治を続けるよりはさっさと内閣を解散して総選挙をすればよいのですが、首相の座にしがみつくのが命のサンチェス氏は居座るでしょう。2月18日のガリシア州議会選挙の結果が「引導を渡す」になって欲しいと誰もが願っています。予測では野党・国民党(PP)が圧勝です。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヤマダトミオ展と決まらないスペインの首相

2023-10-24 10:00:00 | スペイン日記

 

 コロナウイルスでのびのびになってしまった個展を4年ぶりに日本で開きます。ヤマダトミオ個展の会期は1113日(月)から25日(土)です。会期中は無休です。僕は毎日画廊に居ます。個展タイトルは「君といつまでも/ Contigo para siempre」です。長らく連れ添ったお二人を思い浮かべました。できればお二人でおいで頂ければ画家冥利に尽きます。

 ところで、個展の宣伝の話とは180度変わりますが、スペインの首相はまだ決まっていません。総選挙がすんでからすでに3ヶ月になります。スペイン国王の首相指名を受けた国民党(PP)のヘイホー氏は予想通りに首相選に敗れました。次にスペイン国王の指名を受けた社会主義労働者党(PSOE)のサンチェス氏はひと月近くになるのにまだ首相選をしません。

 

 理由は逃亡中のプイデモン氏(Puigdemont)が党首のジュンツ党(Junts)との談判に時間がかかっているからです。プイデモン氏はサンチェス首相に票を入れる見返りに自分の恩赦とカタルーニャ州の独立を問う州投票を要求しています。スペイン憲法に違反する要求にサンチェス氏が出した妥協案が暗礁に乗り上げているようです。今日のニュースではそれらの要求が受け入れられないなら、バルセロナ市長の座を求めていると伝えています。普通のスペイン人には開いた口が塞がらない話です。再度の首相選でも決着がつかなければ再び総選挙です。

 

 とりあえず、社会主義労働者党(総選挙では敗れたが首相選では勝ち組)のサンチェス首相が暫定内閣を引き継いでいます。この6月-12月の半年間は当番制の欧州連合長(EU)にスペインが当たります。それも彼が兼任しています。世論調査の結果でもスペイン人の大半はこのままサンチェス内閣が続く-好き嫌いは別として-と思っています

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

政治ゲーム

2023-09-21 10:30:00 | スペイン日記

政治ゲームを繰り広げる二人。左/サンチェス氏、右/ヘイホー氏

 先月8月にスペイン首相が決まると思いましたが、9月の下旬に延びました。スペイン国王フェリペ六世は次期首相候補者にPP党(国民党・右派)のヘイホー氏(Feijóo)を指名しました。7月の総選挙で獲得議席数がトップだったのがPP党なので、至極当然な指名です。普通なら国王の指名を受けた首相候補者はすぐに国会で首相選をします。

 

 しかし、彼はそれをひと月先に延ばしました。何故かと言うと、国会議長選で負けたからです。話は前後しますが総選挙後、それぞれの党の国会議員公認が済んだ後に国会議長選があります。それで選ばれた議長は国王に国会開会を申し出ます。それをもって、先に書いたように国王が首相候補者を指名します。総選挙後次期首相が決まるまでの間は前内閣が政務を引き続きます。それでまだ現首相の座に居るのがPSOE党(社会主義労働者党・左派)のサンチェス氏(Sánchez)なのです。彼はヘイホー氏が首相選挙で敗れたら自分が首相選に出る為のチャンスを虎視眈々と狙っています。

 

 スペイン司法から逃亡中のプイデモン氏(Puigdemont)のジュンツ党(Junts)に応援を頼んで、サンチェス首相は国会議長選では過半数を獲得しました。つまり政治犯に助けて貰ったのです。このやり方で首相選でも勝つつもりなのです。サンチェス氏の手の内を知ったヘイホー氏は首相選を先に延ばした訳です。その間に民族主義党首たちと会談をもち、自分に票を入れてくれるように、あるいは少なくとも2回目投票では棄権票(賛成数が否定数を上回れば当選)を入れてくれるように説得をしています。その見返りに民族主義党も自分の州に新幹線を入れて貰えれば(例えばの話です)次回の選挙では有利です。

 

 この程度の見返り恩恵は政治の裏世界ではよくあるようですが、プイデモン氏はサンチェス氏に票を入れる見返りに自分の恩赦とカタルーニャ州独立を要求しています。スペイン司法の裁判を受け、その判決で入獄中の政治犯に首相特権で恩赦を与えるのは民主主義に則っています。それもなくして、逃亡中の犯罪者に恩赦を与えるのは民主主義を超えた独裁者のすることです。

 

 政治犯とも組むサンチェス氏のこのやり方にはPSOE党内でも批判が出ています。140年近くになるPSOE党の歴史に泥を塗るようなものです。PSOE党内の燻りを察知したPP党のヘイホー氏は924日に恩赦反対の大デモを行うつもりです。揺さぶりをかけて、首相選で敗れたら再び総選挙へ持ち込むつもりです。こうなると政治ゲームです。独裁者サンチェス氏に怯えるPSOE党員たち、指導者パワーに欠けるヘイホー氏を焚きつけるPP党員たち、は僕が新聞やTVニュースで得た情報結果のイメージです。

 

 でも、ちまたでは庶民がオリーブオイルの値上がりに悲鳴をあげています。ヴァージン・オイルは高嶺の花となりました。9月から新学期が始まりました。大学生はアパート代の値上がりとアパート不足のダブルパンチで学業の前に住む場所探しに追われています。貧困者救済の慈善団体は彼らを救済する食料品や日用品不足にお手上げです。このように庶民は毎日を生きるのに精一杯で政治ゲームで遊んでいる暇はありません。早くまともな政府を造り国をまとめないとバラバラ状態のなんでもあり、が続きます。

 

 それは時間と金がどんどん消えてゆくことです。それによって今まで以上に税金を搾り取られたら首をくくる人も出て来るでしょう。それでなくても欧州銀行が再び金利を上げたのでローン返済がさらに苦しくなりました。金利を上げたらヨーロッパのインフレは収まるのでしょうか? 贅沢は求めないけど家族が揃って食べられる毎日をスペインの家庭の皆が求めています。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

砂を嚙むような勝利のPP党

2023-07-31 14:00:00 | スペイン日記

勝利を祝うPP

 

 723日のスペイン総選挙は国民党PP(ペェペェ)が勝ちました。PP党は保守党ですが、中道右派路線を今回の選挙ではスローガンに挙げました。スペイン国会の議席数は350なので過半数の176議席数取れれば安定した政治ができます。PP党は136議席を獲得し、ライバルの社会主義労働者党PSOE(ペセオエ)は122議席でした。ここまではPP党バンザイの話ですが、選挙前のメディア予想ではPP146議席、PSOE110でした。つまりPP党は予想を10議席下回り(がっくり)、PSOE党は12議席上回りました(大喜び)。

 

 カタルーニャ州とバスク州で票を伸ばしたのでPSOE党は予想を上回る議席数獲得となりました。さて選挙の後は国会での首相選です。それには176議席が必要です。PP党の首相候補はヘイホー氏(Feijóo)でPSOE党はサンチェス氏(Sánchez)です。サンチェス氏はスペイン現首相です。その議席数に達しなくてもライバルの党の議席数を上回り、他党全てが棄権票を出せば首相になれます。しかしそれは夢の話です。

ヘイホー氏

 

 ここで必要になるのがお仲間です。PP党は同じ保守系の右翼ヴォックス党(VOX / 33議席)と合わせれば169議席、小さい民族党にも頼めば171議席を確保できます。PSOE党も左翼連合のスマル党(SUMAR / 31議席)と合わせれば153議席です。お仲間の民族党を集めれば172議席に なります。お仲間とはカタルーニャ州独立派のエスケラ党(ERC)、テロ集団エタ(ETA / バスク独立戦線)のビルドゥ党(Bildu)です。

 

 今回は同じカタルーニャ州独立派のジュンツ党(Junts)が首相選のキーポイントとなります。ジュンツ党首プイデモン氏(Puigdemont)はスペイン司法を逃れてベルギーに亡命中です。ジュンツ党は党首の恩赦と引き換えでサンチェス首相に票を入れるか棄権をするつもりです。彼らが加われば過半数の176を超え179議席になります。反乱者のジュンツ党やテロリストのビルドゥ党と組むのは社会的常識に欠けるだけではなく「政治的モラル」にも欠けます。でも首相の座にしがみつくサンチェス氏はそれをするでしょう。

 

 このような状況ではPP党は今回の首相の座はあきらめて、サンチェス首相を続投させるのが得策のようです。2024年はサンチェス内閣がEU(欧州連合)と交わした社会改革が始まります。補助金を受け取るためですが、年金の改革や自動車専用道路の通行税徴収などは国民の反感を買うのは目に見えています。何も今火中の栗を拾うことはありません。ここでは自分で蒔いた種はサンチェス首相に刈らせるべきです。PP党は5月の地方選挙で60%を超える地盤を造りました。今回の総選挙でも上院(SENADO)の議席数は過半数以上を獲得しました。

 

 国会で法案を可決するためにはサンチェス首相はお仲間にお願いをするしかありません。それが上院で否決されたら国会で再審議、再評決で再びお仲間にお願いです。そのようにして決まった法案を執行するのが州議会なら、そこでもPP党は反発ができます。サンチェス内閣は疲労がたまっていきます。4年間は持たないでしょう。数年後に内閣不信任案を出し総選挙に持ち込むのが得策です。それらを見越して、サンチェス首相がヘイホー氏に首相の座を譲るとは思えません。8月中旬には誰がスペイン首相か? が決まります。決まらなければ再び総選挙です。

サンチェス氏

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

元気が出ない6月です

2023-06-17 16:00:00 | スペイン日記

圧勝したPP党。左よりアルメイダ・マドリード市長、ヘイホー・PP党首、アユソ・マドリード州長(El Mundoより)

 

 5月のスペインの地方選挙では右派の国民党(PP/ペェペェ)が圧勝をしました。スペインの州、市町村の60%を治めます。現スペイン首相サンチェス氏の社会主義労働者党(PSOE/ペセオエ)はボロボロに負けました。州議会の過半数を獲得できたのはイベリア半島の中央に位置するカスティージャ・ラマンチャ州だけでした(ドン・キホーテの村です)。皮肉にもそこの州長は党内でもサンチェス首相のフランケンシュタイン内閣を批判してはばからないパヘ氏(Page)が治める州でした。国民党はそれぞれの州や市町村で最も議席数を増やした党でした。

 

 マドリードでは州議会も市議会も過半数を獲得しました。このような選挙結果なら今頃は社会主義労働者党内ではサンチェス氏の進退の議論に口から泡をふかしている頃です。が悪知恵のサンチェス氏が口にしたのは12月予定だった総選挙を前倒して723日にする、でした。これで党内の不満を封じ込め、時間を無駄遣いせずに総選挙に向けて皆で一緒に頑張ろう、となりました。723日総選挙では選挙候補者をまとめ、提出する日数は20日もありません。党内ではサンチェス氏の対抗馬を探す時間さえありません。

 

 転んでもただでは起きぬサンチェス首相です。ヨーロッパ諸国の総選挙は党に投票する直接選挙です。スペインの7月、8月は夏ヴァカンスの真っ盛りなので、今までの選挙は月をずらして、例えば6月とか9月に行うように調整をしていました。大方のスペイン人はヴァカンスの予定は決めていて、ホテル代やエアーチケット、新幹線チケットなどは購入済みです。基本的には総選挙は住んでいる地区(現住所のある所)の学校で投票をします。ヴァカンス先ではできません。

 

 スペイン人はヴァカンスを犠牲にして投票の為だけに家へ帰るはずがありません。人生の優先順位は1位:家族、2位:ヴァカンスです。仕事さえも順位は低いので、選挙投票は問題外です。投票率が悪くなってもそれはサンチェス首相の責任だ、です。唯一の手段は郵便局で投票用紙を前もって送ることです。こんなことになるなら、5月の地方選挙の時に総選挙も一緒にやれば良かったのです。

 

 話は変わりますが、マドリードの気温は上がったり下がったり、雷雨があったり(我が家の地区のみの集中豪雨で家は雨漏り)の不安定な天気が続いています。物価は上がったままで、庶民の無駄遣いが無くなりました。TVニュースのマイクに答えるおばさんたちは「必要なもの以外は買いません」が当たり前になりました。近くのスーパーの生鮮食品パックは賞味期限が近い生ものは30%引きで売るようになりました。国を挙げての「食料を無駄にしない」もありますが、消費が減ったのでスーパーは売り上げをキープするのに必死です。バルでの飲み友達とのおしゃべりも明るい話題はなく、赤ワインの量も三杯程度に減りました。元気が欲しいです。 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする