beatitude

好きなことだらけさ…

『サラの鍵』

2011年12月30日 | 映画 洋画

夫と娘とパリで暮らすアメリカ人女性記者ジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)は、
45歳で待望の妊娠をはたす。が、報告した夫から返って来たのは、思いもよらぬ反対だった。
そんな人生の岐路に立った彼女は、ある取材で衝撃的な事実に出会う。
夫の祖父母から譲り受けて住んでいるアパートは、かつて1942年のパリのユダヤ人迫害事件で
アウシュビッツに送られたユダヤ人家族が住んでいたというのだ。
さらに、その一家の長女で10歳の少女サラ(メリュジーヌ・マヤンス)が収容所から逃亡したことを知る。
一斉検挙の朝、サラは弟を納戸に隠して鍵をかけた。すぐに戻れると信じて……。
果たして、サラは弟を助けることができたのか?2人は今も生きているのか?
事件を紐解き、サラの足跡を辿る中、次々と明かされてゆく秘密。
そこに隠された事実がジュリアを揺さぶり、人生さえも変えていく。
すべてが明かされた時、サラの痛切な悲しみを全身で受け止めた彼女が見出した一筋の光とは……?
(goo映画より)



真実を追い求める…それが幸せな結果にはなるとは限らないと気付いていながら。
ジュリアは記者だったから、執拗に追い求めたのでしょうか。
いや、やはり人として真実が知りたいと思ったのでしょう。
ひょっとしたら、幸せな結末が得られるかもしれないと望みながら。

真実がすべてではないと知っている親心。
知らなくていいこと、知らない方が幸せであろうと思われる場合は
子供には決して何も伝えないことでしょう。

サラが生き延びられたのは、弟を助け出さなければならないという一心で
収容所を逃げ出したからに他ならない。
もし、弟も一緒に捕らわれていれば、両親と同様あの場所で死んでいたことでしょう。
でも、彼女にとっては自分が生き延びたことに、幸せを見出すことはなかったのでは。
いくら贖罪を重ねても、自分の罪が償われることはないと、
自分の産んだ子が成長し、弟の年齢になった頃から、
心の均衡が取れなくなったのではないでしょうか。

死に物狂いで弟を助けようとしたサラ。
高齢で命を授かり一度は堕胎を決意したものの、命を護ることを選択したジュリア。
そして護られた命にはサラという名前が。

ホロコーストものとしては珍しく涙が止まらないっていう映画ではありませんでした。
ジュリアが知りたいと思ったように、観ているこちらも
たぶん生きていたくない程の罪悪感を背負ったサラは、それからどうしたのだろうと知りたいと思い、
過去から現在、未来に続く命について考えさせられる映画でした。
原作本を読んでみたくなりました。





これが今年最後に観た映画になるでしょう
あとは正月準備に邁進ですw
掃除は終わったけど、年賀状はまだ…。
まあ、なんとかなるでしょう。

では、みなさま良いお年を。



コメント   トラックバック (17)

年末ってやつは…ざっとアニメ感想

2011年12月28日 | アニメ

秋アニメも1期で終わるのは、ほぼ最終回放送したのかな?
「君と僕。」は春から2期目やるんですね。
どうってことない流れのアニメですが、なんか見ちゃうよ。
「Fate/Zero」も続きは春。でもこれは見るのメンドーでいい加減に見てたw
下の娘は超気合いが入ってたけどね。今度、感想のひとつも書いてもらおうかなw
「WORKING’!!」は山田カワイイぞ!
「SUPERNATURAL:THE ANINATION」はなぜこれをアニメにしたのか
最後までわからなかったw
「侵略!?イカ娘」の最終話をまだ見てない
「UN-GO」は殆ど見てなくてためまくってるお正月にこなせるか!?


「輪るピングドラム」は夏から継続して気合い入れて見てたけど、
やっぱりよく分からない~
世界をのりかえたってことしか理解できなかった…
星野リリィのキャラがカワイイからいいや。



もう1本楽しみに見てるのは「未来日記」
これはまだまだ楽しめますね~



「ちはやふる」、「Parsona4 the Animation」、
「ラストエグザイル-銀翼のファム-」、「ギルティクラウン」
は継続中。
他は見るのをやめちゃった作品多数w


それより何より盛り上がったのが「学園戦記ムリョウ」

2001年のNHK-BS2のアニメですが、この11月からアニマックスで再放送してました。
これ自分、大好きだったんです。
娘等も一緒に見てたはずなんですけど、9才と6才だったもんで、
記憶にあるけど中身を覚えていない状態。
今回一緒に見て「これはDVD保存だろう!!」と言ったのはお姉でした。
キャラ設定とかちょっと懐かしい匂いがするんですよね~。
NHKも狙ったような「ファイ・ブレイン」とかやってないで良質アニメやって欲しい。


そうそう、1月12日(木)深夜24:45~ フジテレビ〈ノイタミナ〉で「テルマエ・ロマエ」ですね~ww

なんとFROGMANのフラッシュアニメじゃないですか。
春には阿部寛で実写映画公開だしw
見逃せない!!


年末、忙しいのに終わってないことばかりが頭を過ぎる…
(アニメばっか見てるからさ!!)
取りあえず、気になってたとこの掃除はしたぞ!
明日は映画観に行っちゃおうかなぁw
買出しやらインチキおせち作りは30、31日だろうし、
ここで年賀状をやってしまえば楽なんだろうけどね。
どうせうちの連中は、居てもちっとも動かないし。
家でイライラしてるより、遊びに行っちゃった方がいいやw



コメント

あと1週間でお正月かぁ。。。

2011年12月26日 | 瑣末な日々

今年のクリスマスは土日だったこともあり、お家探しで終わったぜ( ̄、 ̄;)フー
娘等にはピザとケーキで、ごまかしました。
ってか、なんで二人とも家に居るの?
クリスマスはデートじゃないの?
なわけないか…。
不景気でも世間は一応クリスマスしてるのに、
うちの娘等は一日中パジャマでウダウダしてる…。
2次元のカレにしか興味のないヤツ等は、この先もずーっと家に居るような予感。
独立心は皆無だな…。

ともかく、易々と物件は見つからないですよ。
ホント不景気で年収は三分の二になってるしさ。
そんな時に家探してるんだから、どうなんだろう。実現するんだろうか。
まあ、探してるうちが楽しいのかもねw
ここ何年もダンナと二人で出歩いてないのに、
土日になると歩いてるし、会話も増えたから不思議なものだ。

しかし、年賀状も何もしてないし、掃除もしてない。
歯の具合も今一つ…。
あと一週間か( ̄Д ̄;;
あっ、ワンちゃんパジャマも放りっぱなしだ!



 

コメント

「新ゴルトベルク宣言」/セルゲイ・シェプキンピアノリサイタル

2011年12月23日 | クラシック



2011年12月22日(木) 開演19:00 すみだトリフォニーホール

「ゴルトベルク変奏曲」で名を轟かせているセルゲイ・シェプキンのリサイタルに上の娘と行ってきました。
会場は若干席が空いてましたが、ファンの方がいっぱいいるようで、熱い感じがしました。


会場のクリスマスツリー

ご多分にもれず自分もグールドの「ゴルトベルク」はよく聴いてます。
キース・ジャレットがハープシコードで弾いているバージョンも好きです。
シェプキンのは装飾音がたくさん入ってるんですね。
音も流れるように繋がって滑らかに響いてくるようでした。

不眠症に悩む伯爵のために演奏されたという曲ですが、
多くの人が「こんなんで眠れるかい!」と言ってます。
ですが、ピアノの音だけが響く会場に、寝息があちこちから聞こえてきてました。
(自分も時々、うつらうつらしてました~w)
演奏の切れ間にドサッて音まで2度ほど。
眠っちゃって持ってたチラシの束を落としたんでしょうね。

ワイシャツにネクタイで演奏していたシェプキンは、
芸術家っぽく神がかったところがまったく無く、自己陶酔タイプじゃないみたいですね。
「なんか普通のおじさん、サラリーマンみたいだ。」とはうちの娘。

演奏終了後、拍手喝采でブラボーコールも飛び交い、
会場が明るくなっても出てきて頭を下げてました。
ロビーでコートを受け取ってたら奥から拍手の波が。
すぐに始まったサイン会。長い列ができてました。


終始にこやかに対応してました。


〈プログラム〉

ヨハネ・ブラームス 6つの小作品Op.118
1.間奏曲 イ短調
2.間奏曲 イ長調
3.バラード ト短調
4.間奏曲 ヘ短調
5.ロマンス ヘ長調

ヨハン・セバスチャン・バッハ ゴルトベルク変奏曲BWV988
アリア(主題) ト長調 4分の3拍子
第1変奏 ト長調 3分の3拍子(2声)
第2変奏 ト長調 4分の2拍子(3声)
第3変奏、同音のカノン ト長調 8分の12拍子(3声)
第4変奏 ト長調 8分の3拍子(4声)
第5変奏 ト長調 4分の3拍子(2声)
第6変奏、2度のカノン ト長調 8分の3拍子(3声)
第7変奏 ト長調 8分の6拍子(2声)
第8変奏 ト長調 4分の3拍子(2声)
第9変奏、3度のカノン ト長調 4分の4拍子(3声)
第10変奏、フゲッタ ト長調 2分の2拍子(4声)
第11変奏 ト長調 16分の12拍子(2声)
第12変奏、4度のカノン ト長調 4分の3拍子(3声)
第13変奏 ト長調 4分の3拍子(3声)
第14変奏 ト長調 4分の3拍子(2声)
第15変奏、5度のカノン歩くような速さで ト短調 4分の2拍子(3声)
第16変奏、序曲 ト長調 2分の2拍子―8分の3拍子
第17変奏 ト長調 4分の3拍子(2声)
第18変奏、6度のカノン ト長調 2分の2拍子(3声)
第19変奏 ト長調 8分の3拍子(3声)
第20変奏 ト長調 4分の3拍子(2声)
第21変奏、7度のカノン ト短調 4分の4拍子(3声)
第22変奏 ト長調 2分の2拍子(4声)
第23変奏 ト長調 4分の3拍子(2声~4声)
第24変奏、8度のカノン ト長調 8分の9拍子(3声)
第25変奏 ト短調 4分の3拍子(3声)
第26変奏 ト長調 16分の18拍子/4分の3拍子(3声)
第27変奏、9度のカノン ト長調 8分の6拍子(2声)
第28変奏 ト長調 4分の3拍子
第29変奏 ト長調 4分の3拍子(3声)
第30変奏、クォドリベット ト長調 4分の4拍子(4声)
アリア、曲頭への回帰 ト長調 4分の3拍子



コメント (1)

『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』

2011年12月22日 | 映画 アニメ

タンタンは、世界中を飛び回り、スリルと興奮に満ちた冒険を最高に面白い記事にする少年レポーター。
ニッカボッカとクルっとはねた前髪がトレードマーク、相棒は勇敢な白いフォックステリアのスノーウィだ。
ある日、タンタンはガラスケースに陳列されていた帆船の模型に魅了され購入する。
だがその直後から、彼は正体不明の男たちに追いかけられることに。
その模型は、17世紀に海上で忽然と消えたといわれる伝説の“ユニコーン号”だった。
謎を察知したタンタンが調べると、模型のマストに、暗号が記された羊皮紙の巻物を発見。
その暗号が、ユニコーン号の財宝のありかを示しているのだ。
船の模型は3つ。巻物が3つそろって初めて暗号が完成する。
財宝を狙う者たちの驚くべき正体とは……。
迫り来る危険と闘いながら、今、タンタンの冒険が始まる……。
(goo映画)



スピルバーグ監督の初のフルデジタル3Dアニメーション。
予告を観た時点で、観なくてもいいかなと思ってたんですが、
下の娘が「お母さん、行こうよ!でも絶対吹替え版ね。」と言われ、行くことにしました。
親のふところ目当てで、タダで映画観ようとしてるのはわかってるけど、
子供も育っちゃうと、いつまで一緒に遊んでくれるかねぇと、
ついつい連れてっちゃうんですよ

吹替え3Dでの観賞。う~ん、普通だった( ̄∇ ̄;)
確かに映像は凄かった。実写では不可能なダイナミックなカメラワーク、
めくるめくジェットコースタームービー、ってとこか。
でもお話は普通の冒険活劇。(そりゃあタンタンだものね。)
そして、やっぱりちょっと気持ちわるいキャラデザ…。
観てるうちにだいぶ慣れるんですけどね。
ほんとにキャラ以外は実写と区別がつかないくらいのデキですが、
だからなんなのw そこに価値を見出せないです。

『ポーラ・エクスプレス』、『クリスマス・キャロル』の流れっぽい本作は
あんまり好きじゃないなぁ。
どこまでも実写に近づいて、実写では表現できない映像を!ってのに魅力を感じない。
3DCGアニメなら『ヒックとドラゴン』とか『トイ・ストーリー』とか
ついこの間観た『アーサー・クリスマスの大冒険』の方が好きかも。
あくまでアニメの良さを出してる映像の方がね。
まさかの『3D あたしンち』のように、ペラペラの2Dを無理矢理3Dにしたようなアニメもけっこう好きですw
タンタンもオシャレなOPのアニメでペラい3Dだったら意外に面白かったかも~ww
(そんなんじゃ、スピルバーグ作品じゃないよね。ほほ

娘の方はといえば、吹替じゃなきゃ観ないって言ってたのは、声優目当て┐(´-`)┌
はいはい、浪川タンタンくんですね。
言わせれば、一番いい浪川だそうで。
こっちは笑えないハドック船長の言い回しにどうかと思って観ていたけど、
娘は浪川くんの声しか聞こえてこないらしく、他はどうでもよかったみたい。
笑うシーンじゃないとこで、クククッと肩を震わせ、ハァ~と息を吐いてた…。(変態か!!)
終わったあと、ステキな浪川と小躍り状態。
「やっぱ、ルパンの五右ェ門よりこっちだよー。」だそうです。
字幕で観たら『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベルくんだったんだよね~。
本人が出るわけじゃないので、どっちで観てもよかったんだけどね。



コメント (4)   トラックバック (15)

『ブリューゲルの動く絵』

2011年12月21日 | 映画 洋画

16世紀のフランドルの夜が明け、農村の一日が始まる。
若夫婦は仔牛を売りに出かけ、岩山の風車守りの家族は風車を回し小麦を挽く。
だが、のどかな村の様子とはうらはらに、支配者は異端者を無惨に迫害していた。
アートコレクターのニクラース・ヨンゲリンク(マイケル・ヨーク)は
画家ピーテル・ブリューゲル(ルトガー・ハウアー)に、このあり様を表現できるかと問いかける。
それに応えブリューゲルが風車の回転をとめると、すべての光景がぴたりと動きをとめた。
するとフランドルの風景の中にキリストや聖母マリア(シャーロット・ランプリング)らが過去から舞い戻り、
聖書の「十字架を担うキリスト」の物語が始まるのだった……。
(goo映画より)



ブリューゲルの絵が動くのか!面白そうだなと期待して
上の娘と行ったんですが、ちょっとがっかり。
絵は「十字架を担うキリスト」1枚のみ。



ブリューゲルのいろんな作品が出てきて動くんだとばかり思ってました。

自分が好きなのはリアルな農民を描いた油絵の方じゃなく、
「七つの大罪」シリーズや「大きな魚は小さな魚を食う」、「聖アントニウスの誘惑」なんかに
代表される、版画作品。





そこに描かれた妙な生き物が動くのかと、大期待したわけで
当てが外れた感が否めない…( ̄_ ̄;)

映画としてのストーリー性はないものの
絵画の中に入り込むって表現としては、うまく出来ていて
絵と同じパースでそっくりの衣装とポーズで静止するのは面白かったですよ。
音もかなり印象に残ります。
粉ひき風車の中はこんなかよ!!って感じ。
以前、NHK-BSプレミアムで放送してた『額縁をくぐって物語の中へ』は
CGアニメになった名画の中に案内役の方が入っていって、
絵の秘密や隠されたストーリーを読み解く的なことをやってました。
それに比べると、格段に美しい映像を観ることができました。

ただ、またしても眠いw
セリフのないシーンは一生懸命映像を観てたんですが、
声が入ってくるとどんどん眠くなってしまって、ダメでした。
この映画もTVで放送したらまた見てみようと思ってます。ヤレヤレ



コメント

まさかのゲリラでワロタww

2011年12月19日 | アニメ

『輪るピングドラム』も最終話を残すのみ!!
なのに、未だによく分からない??

話も佳境に入ってるよなぁと
第23話「運命の至る場所」を半分見たところで

ええ吉田くんΣ( ̄口 ̄*)



ほんとワロタww

録画を夕食時に見てて、一家4人で爆笑してた。

吉田くん、侮れんわwww



コメント

お家さがしは…

2011年12月18日 | 瑣末な日々

ダンナの実家(マンション)の近くに手の届きそうな新築一戸建てが出ました。
先週見に行ってきました、ダンナ抜きで
(バンドの練習で忙しいんだってさ)
なんと屋上の物干し場からおばあちゃんのマンションのベランダが確認できる!
手を振ったら分かるよなぁという近さ。
これはどうなんだろう。
自堕落な生活がバレそうで、躊躇してしまいましたよw

昨日、今日は地元の土地と駅前の中古マンションを見てきました。
やっぱり予算と理想がなかなかね…

今まではチラシやスーモ見て、グーグルマップで場所の見当つけて見に行ってたけど、
土地の場所確認のため、ついに三井のリハウスに電話しました。
場所の住所はすぐ教えてもらいましたが、
持ちマンションを売っての住替えになるので、
その辺のレクチャーをちゃんと受けろと言われました。
そうなんだろうなぁ。
マンション売ったり、家を建てたりするノウハウなんてまったくないもんなぁ。

さていよいよ本格的に家さがしに突入することになるんだろうか。

それにしても昨日から右奥歯が痛い
不動産屋より先に歯科に行かなきゃ…。
痛いなぁ。。。



 

コメント

1月からの録画♪

2011年12月17日 | アニメ

うっかりしてたら、1月から放送のアニメが出揃ってる~。
どれを録って見るか、まあいろいろですが一応決めました。


「夏目友人帳 肆」 1月2日(月) 深夜25:30~ テレビ東京
安心の夏目~


「新 テニスの王子様」 1月4日(水) 深夜25:50~ テレビ東京
これは自分、見ないです
小野Dテニプリデビューなんで娘が見るんだって。



「キルミーベイベー」 1月5日(木) 深夜25:25~ TBS
ギャクアニメ面白いかなぁ。

同じ5日テレ玉、深夜25時からの「リコーダーとランドセル」
これもちょっと気になるんだけど、こっちはビミョーかもw


「エリアの騎士」 1月7日(土) 6:00~ テレビ朝日
土曜の朝アニメでサッカー……
ジュンジュンが出るから見るんだって( ̄_ ̄)



「偽物語」 1月7日(土) 深夜24:00~ 東京MXテレビ
今期、一番期待が高い「西尾維新アニメプロジェクトシリーズ」。




「BRAVE10」 1月7日(土) 深夜26:00~ 東京MXテレビ
戦国モノでこの作画…ついていけないかも
またしても声優で釣ってるよなぁw



「輪廻のラグランジェ」 1月8日(日) 22:00~ 東京MXテレビ
メカデザインを日産のカーデザイナーのコンペで決めたそうで。



「アクエリオンEVOL」 1月8日(日) 深夜25:35~(初回1時間) テレビ東京
「創聖のアクエリオン」を見てたわけではないんですが、
ロボアニメ好きの娘が…



「男子高校生の日常」 1月9日(月) 深夜26:00~ テレビ東京
これアニメ化するんですね~w 期待してますよ~ww



「パパのいうことを聞きなさい!」 1月10日(火) 深夜25:30~ 東京MXテレビ
録るかどうか迷ったけど、録ることになってしまった…



「あの夏で待ってる」 1月10日(火) 深夜26:00~ 東京MXテレビ
「あの花」っぽい雰囲気あるけど、どうなんでしょw



「Another」 1月11日(水) 深夜26:00~ 東京MXテレビ
水島監督のホラーですね。OPはアリプロですね。



「妖狐×僕SS」 1月13日(金) 深夜26:25~ TBS
主従モノのラブコメなのか!?


こうしてみると、「偽物語」と「男子高校生の日常」が録れていれば
自分的にはいいかもw
「いぬぼく」のキャラデザは好きなので見るかな。
「Another」もちょっと期待。



コメント

『源氏物語 千年の謎』…眠っちゃったよ~( ̄ω ̄;)

2011年12月14日 | 映画 邦画

絢爛豪華な平安王朝の時代。
一条帝の心を娘の彰子(蓮佛美沙子)に向けさせようと企む時の権力者・藤原道長(東山紀之)は、
紫式部(中谷美紀)に物語を書くよう命じる。その物語の題名は『源氏物語』。
主人公は今上帝と桐壺更衣(真木よう子)の間に生まれた光源氏(生田斗真)。
だが、帝の寵愛を受ける桐壺更衣は、
嫉妬心に燃える帝の正妻・弘徽殿女御(室井滋)によって殺害される。
光源氏は宮中の女性たちの憧れの的だったが、
桐壺に瓜二つの義理の母・藤壺(真木よう子:二役)への狂おしい思いを断ち切ることができずにいた。
その苦しさから逃れるため、正妻・葵の上(多部未華子)、
艶やかな大人の色香を放つ六条御息所(田中麗奈)、
はかなげでつつましやかな夕顔(芦名星)と、奔放に愛を求めて彷徨うのだった。
やがて、女の心の奥に潜む“嫉妬”という魔物に追いつめられてゆく光源氏……。
紫式部が綴る『源氏物語』は、たちまち帝の心を掴み、帝と彰子の間に男の子が生まれた。
これによって道長の栄華は確固たるものとなり、紫式部の役目は終わるはずだった。
しかし何故か紫式部は『源氏物語』を書き続ける。
そんな中、道長の友人で陰陽師の安倍晴明(窪塚洋介)は、
物語に没頭する紫式部に不穏な気配を感じ始める……。
光源氏に心奪われる女性たちに深く嫉妬した御息所の修羅の心が、
道長への思いを心に秘めた式部自身の心と重なり、
生き霊となって現実と物語の空間を越え始めていたのだ。
愛と嫉妬と憎悪にゆがむ時空を超えた紫式部、道長、光源氏の運命。
そして、陰陽師・安倍晴明がその生き霊を追う……。
(goo映画より)


東山紀之登場で、あ~似合う!若ければ彼が源氏か。榎木孝明も似合う~。
生田斗真は予告通り綺麗~
東儀秀樹もピッタリw(篳篥?なんか吹いちゃうし。でも天皇は楽器吹かないんじゃね?)
この俳優がやったらピッタリだろうにと思われる方々が次々出てくるから
こりゃええわと思って観てたけど、安倍晴明だけは残念だった。
窪塚くん十分綺麗なんだけど、妖艶な知性が足りないってか無いw
まさかここに野村萬斎持ってくるわけにはいかないけど、別の人が良かったかな。

主人公は紫式部と光源氏の二人ってとこですね。
原作者の実人生と作品の世界が呼応してストーリーが展開していきます。
そのどちらの世界にも手出しできるのが安倍晴明。
なかなかいい役どころなんですよね~。
お話は紫の上が出てくる前で終わっちゃってますね。

女性陣はみなさんそれぞれ良かったんじゃないですか。
田中麗奈の鏡を使った演出が効いてましたね。

と偉そうに書いたけど、実はうつらうつらしながら観てしまいました。
超眠かった
映画館でクシャミ連発してたらマズイだろうと、アレルギーの薬を朝飲んで行ったのが…
WOWOWで放送したらもう1回見ようかな

あっ、でも佐久間良子さんは見逃しませんでした。
こんな所に!とちょっと驚きました。



コメント   トラックバック (13)