beatitude

好きなことだらけさ…

『フィリップ、君を愛してる!』

2010年03月31日 | 映画 洋画

ジム・キャリーとユアン・マクレガーが大真面目(!?)にゲイ映画やってる!
これ陳腐なゲイ映画じゃなかったんだ

映画館でチラシ見たときは
「ええっ??タイトルといい、B級のにおいがするんですけどぉ、
なんでユアン・マクレガー?」でしたが、
B級なんてとんでもない!実話が元のラブストーリーでしたww



しかし、二人ともここまで完璧にゲイを演じるとは…
ジム・キャリーはどんな役でもこなす俳優だと思っていましたが、
ユアン・マクレガーは元のユアンがどんなだったか分からなくなるくらいゲイでした。
目線、手の動き、足の運び…ホントは素がゲイだったのか!?と錯覚するくらいです
(オフィシャルサイトにあるインタビュー映像見て
「ああっ!本来のユアン・マクレガーだぁ。よかったぁ。」と思えた程です。)
そして嘘みたいなこの話が実話だという!!

天才詐欺師スティーヴンは保険金詐欺で投獄された刑務所で、
心優しいフィリップに運命の一目惚れ!!
フィリップを幸せにしたい一心で、詐欺を繰り返し、念願の
2人きりハッピーセレブ生活に突入するが、それもつかの間、
再び投獄され、2人は離ればなれに。
スティーヴは幾度となく刑務所を抜け出すも、自分も騙されていたと知った
フィリップは会ってくれない・・・
でも、どうしても“愛してる!”と伝えたい!!
嘘にまみれた天才詐欺師スティーヴが思いついた、
一世一代の愛の大勝負とは――
果たして彼の唯一本当の想いはフィリップに届くのか!?2人の恋の結末は?!

実在するIQ169の天才詐欺師はたった一言“愛してる!”と伝えるため、
全人生を賭けて詐欺と脱獄を繰り返す!
(オフィシャルサイトより)

共犯の疑いで一緒に投獄されたフィリップは2006年に釈放。
実際のスティーヴは今まだ服役中だと言うではないですか。
そして2人の愛は手紙のやり取りでまだ続いているという。



それにしてもスティーヴの頭脳があれば何でもできただろうに。
才能を詐欺と脱獄にだけ使うなんでもったいな過ぎです。

ジム・キャリーの体当たり演技、ユアン・マクレガーの姫演技、
アメリカン・ゲイの迫力、男女間の恋愛ではない恋バナの可笑しさ、
面白かったです。

下の娘が観たがってましたが、R15ということで、却下です。




コメント   トラックバック (4)

池袋西武デパートのぞいてきた♪

2010年03月30日 | ハンドメイド

リニューアルした7F行ってきました。





ホビーラホビーレをはじめ、いろんなお店が入ってました。
ラ・ドログリーはパリの手芸屋さん。
萩尾望都のエッセイにも出てきましたが、ビーズやボタンは
日本製にはないデザインが並んでいて見てるだけでも楽しいです。
(そうです…高くて買えない!!)
毛糸や綿糸もカラフルで何作るか考えずに欲しくなります。

リボンやレースの専門店や洋書の専門店…etc.
全部で11店舗だそうで、ブラブラ見てるとインテリアフロアに入ってしまい
そのまま延々と雑貨や食器を見てしまいます。

しかーし、デパートです。何もかも高い
ここで買い物してたらいくらあっても足りない

インテリアフロアからぐるっと回ってもどり、
ホビーラホビーレでリバティのハギレ(27×50㎝)を買いました。



何作ろうかなぁ。

買い物はやっぱり日暮里の繊維街バーゲンだな





コメント

毛糸のラリエット♪

2010年03月29日 | ハンドメイド

簡単なのにダラダラ編んでてやっとできました





編んでると、どうにもこうにも眠くなってヘンなモノを編んでしまい
10㎝進むのに何日かかってることか




四葉のクローバーを繋いだような形です





前回のモチーフ編みのカーディガンに合わせるとこんな感じ


3月末だというのに東京も真冬のように寒く
カーディガンだけで出かけるなんてとっても無理!
結局、上に冬のコート着てます





コメント

ボリス・エイフマンの『アンナ・カレーニナ』

2010年03月27日 | バレエ

2010年3月27日(土) 18:00開演 新国立劇場《中劇場》

2009年1月に観た『アンナ・カレーニナ』とはまるで印象の違う舞台でした。

この時の法村友井バレエ団『アンナ・カレーニナ』は
衣装もセットもクラシックバレエ的で、最後までストーリーを
しっかり追って分かりやすい舞台でした。
後半に出てくる巨大な機関車には驚きましたが、
あれは、なかなかいい演出でした。

エイフマン振付の舞台を観たのは初めてです。
かなりコンテンポラリー色の強い動きと、鉄骨を組んだような舞台セット、
衣装もそれぞれの役を表しながらもシンプルなものでした。

ストーリーを追ってはいるものの、観念的なシーンも入ってますし、
終盤の世間からも拒絶され、行き場を失ったアンナが自殺に至るまでの
心象イメージは話を理解してから観ないとキツイかもしれません。
でも心情の一つ一つ、言葉の一つ一つをすべてダンスで見せているような
印象的な動きがたくさんありました。(酔っ払い連隊は面白いです。)

冒頭部分、息子が汽車のおもちゃで遊んでいるところにアンナ登場。
最後のシーンに繋げてあります。

その最後、列車に身を投げるシーン、こちらは人海戦術でした。
機関車というビジュアルは出さずに多数のダンサーを使い
あくまでダンスで表現してました。(凄いです。)

各場面で使われるチャイコフスキーの音楽も実に効果的に
ダンスを盛り上げていました。
(クランコ版『オネーギン』で使っている曲も何曲か入ってました。
エイフマンの『オネーギン』ではチャイコのどの曲なんでしょうねぇ)



それにしてもです。何と言うかこの圧倒的なダンスというか動きは圧巻です。
なによりヴロンスキー役のオレグ・ガブィシェフの身のこなしは…ヤラレました。
長い手足でもの凄くキレののある動きと
ダンスノーブル的な動きが渾然一体となってました。
アンナ役のニーナ・ズミエヴェッツもスラッとした大柄な女性で
アンナ&ヴロンスキーで揺るぎのないリフトでガンガン踊られると
瞬きしてる暇がありません。

加えて群舞もまったく気を抜けないぐらい激しいです。
新国で主役級のダンサーを群舞にズラッと揃えていて
キャスト表見た時、ほえ~と思いましたが舞台を観て納得です。
それぐらい踊れる人でなければ務まりません。
動きがコンテンポラリーよりの上、スピードも要求されるので
ホント大変だと思います。ややバラつき感があったかな~。

最初から最後までパワフルなダンスだったので、
ちょっと一本調子な感じはありましたが、
久々にバレエ観に行って堪能してきました。

皇室の方が来てましたね。高円宮同妃殿下かな?




〈使用曲〉
弦楽セレナーデ ハ長調 op.48 第1楽章
組曲第1番 二短調 op.43 序曲とフーガ
交響的バラード「ヴォエヴォーダ」op.78
組曲第1番 二短調 op.43 間奏曲
なつかしい土地の思い出 op.42 スケルツォ ハ短調
交響曲 第6番 ロ短調「悲愴」 op.74 第1楽章
交響曲「マンフレッド」op.58 レント・ルグーブレ
幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」 op.32
弦楽六重奏曲「フィレンツェの想い出」二短調 op.70 (弦楽合奏版)
交響曲第2番ハ短調 op.17 第4楽章
幻想曲「ハムレット」 op.67a
組曲第3番 ト長調 op.55 主題と変奏
組曲第3番 ト長調 op.55 悲歌
交響曲 第6番 ロ短調「悲愴」 op.74 第3楽章
なつかしい土地の思い出 op.42 瞑想曲 二短調
幻想曲「テンペスト」op.18
幻想序曲「ロメオとジュリエット」

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

「ロシアの鐘」
「ユーリエフの鐘」

アレクセイ・ウートキン


〈キャスト〉
アンナ:ニーナ・ズミエヴェッツ
ヴロンスキー:オレグ・ガブィシェフ
カレーニン:セルゲイ・ヴォロブーエフ
キティ:堀口純
セリョージャ:秦滉貴

新国立劇場バレエ団


芸術監督/牧 阿佐美
台本・振付/ボリス・エイフマン




コメント

まだまだ続く大学病院~( ̄-  ̄ ;)

2010年03月25日 | 瑣末な日々

寒~い雨の中、朝から行ってきました。



今日、検査するのかと思っていたら、お話だけでした。
(なんか拍子抜け~、大学病院だよなぁ)
前回、小児腎臓科の先生との話と似たり寄ったりの話を泌尿器科の先生としましたが、
今回は少しだけ詳しい話が聞けました。

造影検査をしなければ、ハッキリしないんですが、
何が原因?というのに対して
内臓そのものに原因がなくても、疲れたり、ストレスがたまったりして
腎臓に菌が入り発熱する人がたまにいる。
これは、生活指導を受けて、疲れないようにするしかないということでした。
こりゃまた、厄介なことです。
14才で疲れてるって…そんなに過酷な生活をさせてるのか、自分
この場合、その都度対処方で乗り切るしかないのか…

もう一つは膀胱尿管逆流症の場合、手術ということになりますが、
今は内視鏡手術が認可になったので、
この病院では今年の冬あたりから実施する予定らしく、
もし、手術しなければならない時は、お腹を切るよりは
冬まで待った方がいいのでは、というお話でした。

逆流症はもっと小さいうちから症状があるのでは?の質問には
しっかり逆流してる場合はそうですが、ほんの少しずつの場合
10代や20代になってから頻繁に発熱するようになり、
調べたらそうだったという人がいます、と言ってました。

どちらにしろ、まだ病院通いは続きます。
次に行くのは約1ヶ月後、保護者会のある日になってしまいました
そこを外すとさらに半月先になってしまうので、
午前中は病院で検査を受けさせ、午後は本人は家に帰して
自分はそのまま学校に行くことにしました。

保護者会で居眠りしないようにしなきゃ~





コメント

4月からのアニメ♪

2010年03月24日 | アニメ

ほぼ出揃ってますかね。



取りあえず、録画してみようかなと思っているのは

『HEROMAN』 4/1(木) 18:00~ テレビ東京
これは…ちょっと迷ったんですが、制作ボンズで、作画がなかなかよさげ。
しかし、このヒーローモノってビミョー(ウケルかもぉ)

『おおきく振りかぶって ~夏の大会編~』 4/1(木) 初回深夜25:39~ TBS
『おお振り』2期目ですね。下の娘が大好きです。

『会長はメイド様』 4/1(木) 深夜26:09~ TBS
LaLaでヒットしてるそうですね。見てみます。

『いちばんうしろの大魔王』 4/2(金) 深夜25:30~ 東京MXテレビ
これもビミョーですが1回目は見てみます。

『WORKING!!』 4/4(日) 23:00~ 東京MXテレビ
ヤングガンガン掲載作品。ファミレスバイトコメディー、面白いかなぁ。

『荒川アンダー ザ ブリッジ』 4/4(日) 深夜25:35~ テレビ東京
キタゾー!荒川 シャフトだし!ニノちゃん坂本真綾だし!
期待大です

『閃光のナイトレイド』 4/5(月) 深夜25:30~ テレビ東京
「アニメノチカラ」第2弾、1930年の上海が舞台。シブそうです。

『けいおん!!』 4/6(火) 深夜25:25~ TBS
人気の『けいおん!』第2弾。いよいよ高校3年生、娘等のお気に入り~。

『薄桜鬼』 4/6(火) 深夜26:00~ 東京MXテレビ
元が恋シュミのアニメ。新撰組モノ。

『裏切りは僕の名前を知っている』 4/14(水) 深夜25:30~ 東京MXテレビ
月刊ASUKA掲載作品。これはどうなんでしょうねぇ。

『さらい屋 五葉』 4/15(木) 深夜25:15~ フジテレビ
フジの「ノイタミナ」枠。『リストランテ・パラディーゾ』のオノ・ナツメ原作作品。
今回はどうかな。

『四畳半神話大系』 4/22(木) 深夜24:45~ フジテレビ
こちらも「ノイタミナ」。今期は1時間枠で2作品放送するんですかね。


数が多いから見なくなるのも多そうだなぁ





コメント

卒業式も終わり・・・

2010年03月23日 | 瑣末な日々

高校の卒業式もサラッと終わり、
謝恩会は生徒と先生だけなので、親は別に昼の食事会。
面倒がなくていいわ~。
大学の手続きは本人が進めるだろう。
(生協だぁ、保険だぁと親はお金の振込ばっかだ

あとは下の娘の検査。
これはやってみなけりゃ何ともしようがない。

来月になったら自分の時間がたっぷり取れる生活に戻れるかな。
4月は新中3のあーだこーだで学校通いかなぁ・・・。



1月からのアニメは見なくなったのが多々。
結局、せっせと見てるのは王道ですな。

ハガレンはやはり面白い
なんでまたハガレンなんだとブツブツ言ってたけど
見始めると引き込まれるなぁ。
登場人物が男も女もみんな男っぷりがいいんだもん。
ここんところはランファン再登場で盛り上がり、
セリムの悪っぷりに大騒ぎ。
やっと約束の日の夜が明けたなぁ。

犬夜叉も面白い
完結編でまだやるのかとこちらもブツブツ言ったけど
高橋留美子は偉大だ。
犬夜叉と比べられてプチプチきてる殺生丸様はおいしいトコ取りだし、
奈落のキモさはハンパない。
その奈落の前に勢ぞろいして、これからですかね。

デュラララ!!と刀語はポツポツ見てます。

そろそろ、4月のアニメのチェックをまとめなきゃ~



今週末の27日(土)、西武池袋店の7階に
サンイデー・100 IDEES がオープンしますね。
手芸用品のマテリアルショップと11の専門店が
ワンフロア―に集まるってことで、ちょっと期待

大好きなホビーラホビーレも入るし、
ブックショップも雑貨も充実するらしいので楽しみ~。
デパート内ショップだから、きっとどれもお値段は高めだと思われますが、
目の保養にはなるかな。センスの良いお店が並んでるといいなぁ。

店ばかり回ってないで、何か作らなきゃ!





コメント

『東のエデン 劇場版Ⅱ Paradise Lost』

2010年03月21日 | 映画 アニメ

この結末は・・・これでいいのか!?・・・こんなんでいいのか!

この国はそう大きく変わったようには見えない。
だけど見えないところでは、何らかの変化が起きているはずだ。

でいいのか。
現実的といえばそれまでだが、なんか釈然としないぞ。
評判が芳しくなかった劇場版Ⅰも自分的には十分楽しめたので、
かなり期待してたのがダメだったのか。

多くの細かい謎はそのまま残ってるけど、
12番目のセレソン、Mr.OUTSIDE、サポーター、滝沢の過去の一部分、
Mr.OUTSIDEが滝沢を選んだ理由と大きなところは解明され、
ゲームも終了で一応の結末にはなっている。
しかし・・・最大の疑問、滝沢朗は何者か!!は謎のまま。
これはまだ続きがあるのか?自分の理解力が足りないのか?
神山監督のインタビューを読んだら
「お客さんの想像できる余地もまた、僕なりのサービス。」と言っているので、
想像力不足か!!
「物語の進行上、省いた説明は小説版で少しフォローする予定。」とあるで、
もう1冊本が出るという事か!?読んだら、納得できるかな。

今、納得出来ないのは、Mr.OUTSIDEがセレソンゲームを終了させるのに
全員勝者って、ここまで引っぱってそりゃないでしょ、だ。


まあ、何とも曖昧な終わりではあるが、今の日本の空気感は
こんな物なのかもしれない・・・

もう1回観てこようかな。




コメント

『時をかける少女』

2010年03月19日 | 映画 邦画

実写版『時かけ』――1983年大林監督版が嫌いだったため
観るのを躊躇してましたが、主演を2006年アニメ版の主人公の声をやった
仲里依紗と知り、俄然観る気になり行ってきました。



筒井康隆の『時をかける少女』には
多くの『時かけ』ファン同様、かなり思い入れがあります。
中学1年、NHK少年ドラマシリーズにどっぷりハマり、筒井作品を読みあさり、
その後の読書傾向がSF三昧になったまま、大人になってしまいました。
SF大好き人間ですが、スペース・オペラやロボット物より
タイムトラベル物が一番好きなのは、この辺りに起因していると思います。

大林監督の『時かけ』公開時、期待して観てガッカリしたのを覚えています。
世間的には原田知世のかわいらしさと殉愛モノとして
ヒットしていたんだと思いますが(TVでも繰り返し放送してましたし)
自分には「これは『時かけ』じゃない」と・・・。

アニメになった時も懐疑的でしたが観に行って
原作とは別物だがこれはいいぞなんでこんな単館扱いなんだと思ってました。
2006年夏はアニメ映画が豊作だったんですよね。
『ゲド戦記』 『ブレイブ・ストーリー』 『パプリカ』・・・
話題作が次々公開になり、『時かけ』はちょっと埋もれてました。
公開してから評判になり、公開期間が終わってから上映館を変えながら
ロングラン上映になり、その後各映画祭の賞をガンガンとっていきました。



そして2010年実写版。また『時かけ』か、それも実写・・・
原田知世の続きか?と思っていたら・・・原作の続きでした

メインストーリーは芳山和子の娘のラブストーリーですが、
少年ドラマシリーズファンには堪らない映像がちりばめられています。
なんと言っても74年の芳山和子です。
あのドラマのイメージそのままの芳山和子
深町君はもうちょっとキツネ顔だったなぁと思いましたが、
二人の回想シーンは短いカットですが、ドラマの雰囲気を壊さないように
丁寧に作られています。
本筋の仲里依紗は、現代の芳山和子。
今の女の子が感情移入できる等身大の女の子を体当たりで演じていて
70年代の青年と純愛爆走します。
74年の町並みやかぐや姫によしだたくろうと涼太の風貌・・・

ケン・ゾゴルの時代の風景は上手いなぁと思いました。
少し前なら未来都市と言えばお馴染みの、ビルの間の空間を
乗り物が浮遊している図でしたが(作品中の「光の惑星」に出てきます)
自然の風景の中に林立する鉄骨。
エコ、エコと騒いでいる現代から繋がる未来は
こんなふうになってるのかもしれません。

少し気になったのは芳山あかりが過去に飛ぶ時の映像。
あそこは凝らなくても良かったのではないかと


原作も、83年実写版も、06年アニメも観ていない下の娘
「泣けたぁ」と言ってました。




コメント   トラックバック (4)

大学病院検査行ってきた!

2010年03月18日 | 瑣末な日々

前回より1時間早い受付、ねむ~
エコー検査だから大丈夫だよと言ったけど、本人はドキドキ。
サラッと30分ほどで検査室から出てきました。

結果は特に重大な問題は無さそう――という事でした。

(〃´o`)=3 フゥ

腎臓は2個正常な大きさであるし、エコーで確認できる程の炎症も見られない。
膀胱の中もきれいで、双方を繋いでいる部分も腫れてない。
血液もOK、尿もきれい、白血球、赤血球正常。
膠原病に至る数値も正常。
発熱時の症状から見ると腎盂腎炎だけど何が原因かなぁってとこです。

また来週、泌尿器科での検査で機能面のチェックです。
造影剤入れての検査なので今度はちょっと怖いかも
そこで原因がわかるのかな。

再々度、行ってきます!!





コメント