HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

イヌビワ(犬枇杷)

2021-04-27 | 春 樹木 果実・葉

雄株の冬芽。














(2021.01.21 明石公園)

石垣を見せる為に幾つもの木は伐採された。
切り株あたりからは何本かのヒコバエ、たぶん太い木には育たない。
何故かイヌビワが雌雄揃って植えられていた場所の
雌株だけがバッサリ根元近くで伐られた。
すぐ横の雄株はそのままになっている。
こんな整理の仕方を見ていると、誰の指示??と訝る。


▲ 伐られた雌株のヒコバエ。▼





(2021.02.16 明石公園)




(2021.03.23 明石公園)

新葉が展開し始めた。
まだ去年の果実は残っている。














(2021.04.06 明石公園)










(2021.04.07 田町)












イヌビワ(犬枇杷)
 クワ科イチジク属 Ficus erecta
イチジクと似た果実をつける。
イタビカズラ(崖石榴)もクワ科イチジク属(Ficus sarmentosa ssp. nipponica)
果実の大きいオオイタビも同じ。
(2021.04.21 須磨離宮公園)

 
▲  イヌビワの雄花嚢 この緑の葉が黄色になって散る。 黄色になった晩秋の葉 ▲
--------------------------------------------------------------
イヌビワ 今年の冬芽・葉痕  イヌビワ・イヌビワコバチ
イヌビワ(犬枇杷) イヌビワ(犬枇杷) 


コメント   この記事についてブログを書く
« ウメ(梅) 須磨離宮公園 | トップ | アレナリア・モンタナ »

コメントを投稿

春 樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事