HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

イヌビワ(犬枇杷)

2021-01-19 | 木本 冬芽・葉痕

石垣に何本か根を張っていた木々は全て取り除かれた。
根が深く入り込んで石垣を崩す懸念も有るのかも知れない。
石垣に直接関係の無い高木も何本も伐られた。
観光の為との触れ込みだから、仕方ないのかも知れない。
高木でもないイヌビワの雌雄が揃っていた場所では
何故か雌株だけが伐られている。


















▲ 以上は、雌株の冬芽・葉痕 ▲

▼ 以下は、雄株の冬芽・葉痕 ▼















イヌビワ(犬枇杷)
 クワ科イチジク属 Ficus erecta
イチジクと似た果実をつける。
イタビカズラ(崖石榴)もクワ科イチジク属(Ficus sarmentosa ssp. nipponica)
果実の大きいオオイタビも同じ。

(2021.01.18 明石公園)

 
▲  イヌビワの雄花嚢 この緑の葉が黄色になって散る。 黄色になった晩秋の葉 ▲
--------------------------------------------------------------
イヌビワ 今年の冬芽・葉痕  イヌビワ・イヌビワコバチ
イヌビワ(犬枇杷) イヌビワ(犬枇杷) 


コメント   この記事についてブログを書く
« メリケントキンソウ(メリケ... | トップ | ウメ(梅) »

コメントを投稿

木本 冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事