HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

カラタチ(枸橘)

2021-09-26 | 秋 樹木 果実・葉

カラタチの茎上の刺は以前は茎(枝)の変形とされていたが
最近では葉が変形したもの(葉針)とされている。




















(2021.03.24 須磨離宮公園)

結局、今年もカラタチの花は撮っていない。








(2021.09.25 明石公園)






カラタチ(枸橘) ミカン科カラタチ属 Poncirus trifoliata
(2021.09.26 明石公園)


▲ 白く見えるのは葉痕、ちんまりと見える冬芽は葉芽。▲
 
▲ カラタチの刺 カラタチの花 ▲
【刺の起源の幾つか】
① 茎や枝が変形。茎針(ケイシン)と呼ぶ。サイカチ、ハリエニシダ、ナワシログミなど。
② 茎上の突起物で表皮が変形。バラ、サンショウ類、ハリギリ、などで
サルトリイバラ、ママコノシリヌグイも表皮の変形したものだが、他のものに絡みついたりする鉤になっている。
③ 葉が針及び刺に変化。サボテン類が代表的なもので、メギも葉と托葉が変化したものであり、
ヒイラギも鋸歯の変化してもの、ウコギは葉柄が変化したものと言われている。
④ カラタチの茎上の刺は、以前は茎(枝)の変形とされていたが、最近では葉が変形したもの(葉針)とされている。
植物の葉腋からは普通は枝が伸び出してくるのだが、柑橘類ではこの枝につく最初の葉が変化して刺になっている。
ハリエンジュのトゲは托葉が変化したもの。
⑤ 葉が変形したもの(葉針)には、マツ、カヤなど。クリの毬は総苞片が針状に変化したもの。
またアザミ類の刺も同じように総苞片の変形と言われている。
--------------------------------------------------------------
冬芽 白い花 秋の実


コメント   この記事についてブログを書く
« コセンダングサ(小栴檀草) | トップ | アキノタムラソウ(秋の田村草) »

コメントを投稿

秋 樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事