HAYASHI-NO-KO

北岳からの甲斐駒ヶ岳

キクイモ(菊芋) キクイモモドキ(菊芋擬き)

2017-09-04 | 夏 黄色系

似て非なるモノに「擬き」
菊芋に似て、芋が貧弱なので擬き。
掘り起こさないと芋の大きさはわからない。
もう一つ面倒なのが、イヌキクイモ。
それでも何とか地上部だけで判別したい。


▲ キクイモの葉は対生、鋸歯はない。
キクイモの花床は半球形、キクイモモドキは円錐形になる。






キクイモ(菊芋)キク科ヒマワリ属 Helianthus tuberosus
キクイモモドキとの違いは何となく理解出来るのだが
面倒なのは同属にイヌキクイモ(Helianthus strumosus)がある。
キクイモの舌状花は10枚以上と多めで先端は浅裂、総苞は短く反り返る。
葉は広めで明るい緑色、粗い鋸歯があり、下部では対生、上部では互生。

イヌキクイモの舌状花は10枚程度、先端は尖り、総苞は長く反り返らない。
葉は細く黒みを帯びた濃緑色、不規則な鋸歯があり、下部では対生、上部では互生。


▲ キクイモモドキの葉は広めで下部から上部まで互生、鋸歯がある。
キクイモの花床は半球形だが、こちらは円錐形になる。

キクイモモドキ(菊芋擬き) キク科ヘリオプシス(キクイモモドキ ヒマワリモドキ)属
Heliopsis helianthoides ヒメキクイモ(姫菊芋)
(2017.08.29 東京・小石川植物園)

 
【再掲】 キクイモモドキとイヌキクイモの総苞の違い。
Wikipediaでは、ヒメヒマワリ(Helianthus cucumerifolius(=Helianthus debilis)、
キクイモモドキ(Heliopsis scabra)、ヒマワリモドキ(Heliopsis helianthoides) 
大場の植物分類表では、Heliopsis helianthoidesをキクイモモドキとしている
--------------------------------------------------------------
キクイモ キクイモモドキ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« カワラサイコ(河原柴胡) | トップ | シャグバーク・ヒッコリー »

コメントを投稿

夏 黄色系」カテゴリの最新記事