Kazuko MISAWA World

三沢かずこの青の世界 ー 作品の周辺

ドイツでもモネ 2

2020-05-09 10:09:41 | 作品情報

ドイツでの画集に見開きで私の作品が4点掲載されている。この作品は先方がセレクトしたもの。ああこれを使っ

たのか、と驚きもし、新しい発見になったりもした。添えられた評論を和訳した。これにもドイツは哲学の国な

のだと納得させられた。言い回しが難解。パソコンの自動翻訳サイトにかけても、そこの訳がごっそり抜け落ち

ていた。ひと月近くもかけて最終、意訳でなんとか文章をまとめた。そのなかに、また、モネの名前があった。

フランスでの個展時、帰国ギリギリにオランジュリー美術館に行けと美術関係者に言われ、凱旋門に行かずに美

術館に行った。思い出す。でもドイツでもモネ?

 

モネの睡蓮の池は、ミサワにインスピレーションを与えているが、彼女が完全にこのテーマを彼女自身のものにしたのは明らかである。その勢いを最小限の軽さへと導き、彼女の形は、互いに溶け合う色調の浮遊する魔術に溶け込む。       Gabriele  Walter     (Germany)

                                         

  *  評論の全文訳は三沢かずこのホームページ、ニュース欄に掲載しています。合わせてご覧くださいね。

 

 

コメント

ドイツでもモネ 1

2020-05-09 09:02:21 | 作品情報

昨年、ドイツから画集掲載のお話をいただき参加した。ヨーロッパで(もちろんドイツも)コロナ禍で大変な時

期に結構大きなダンボールが届いた。見慣れない雰囲気の段ボールが届いたのを見て母親が「なんだね、これ」

と言って少し怖そうにした。そうなのだ、コロナの恐怖がいたるところに飛び火している。この段ボール、数日

たってから開けた。中から出てきたのは、A4版ぐらいの上製本の画集。わあ、立派だというのが最初の感想。ド

イツ語も英語もほとんど分からずに、まあ、泥縄式のように、言われるままにデータや書類を締め切りギリギリ

に送ってこれで終わりますようにと祈った。何度もやり直しさせられてドイツ人の規則正しさにひれ伏した。あ

あこれも言葉の壁が原因かもしれないが。30人弱の作家の作品が一冊の中に融和され、かつスッキリと収まって

いる。ヨーロッパの出版の文化の洗練された姿に初めて触れた思いだった。

                  EXCELLENT ART BOOK         Enter into Art 2019                             

 

 

 

 

コメント

詩 -心を休めるもの-  

2020-05-07 08:29:18 | 日々の詩

     心を休めるもの              

      旅の朝に感じる

      瑞々しい

      生き返ったような感動が

      この街にもあった

      めずらしく 早朝散歩

      空間が違っている                 

      初々しく生まれたばかりの木々と

      光を放つシーソー

      心を休めるものは

      見慣れた景色のなかにある

 

      

      

コメント

杉苔のふわふわの緑

2020-04-16 16:35:39 | アトリエから

アトリエに行く途中、緑に囲まれたベンチに掛けた。もう新緑といえる様々な緑色に目を奪われた。不意に、こんな自然の中に一人きりの状態

だったら、コロナウイルスの心配は全然ないんだなあと思った。ウイルスは人によって運ばれる。自然はなんとありがたいものなのだろう。足

元に目を移す。地面の柔らかい色調の苔が美しい。ふわふわと若緑が浮き上がっている。一二本その苔を抜いた。杉苔だと思う。先端の葉が透

明な緑でロウでできたように艶やかだ。アトリエに着いて、小さな器に浮かべた。

100号大の和紙の作品、仕上げに何か決め手がなくて連日悩んでいた。ブルーとグリーン、これでいけるかもしれないとふと思った。絵の具の

在庫の中から少し渋目のグリーンを出してきて筆にのせた。画面の方からの拒否反応もなく、ブルーとグリーンの色調がひとまず落ち着きを見

せている。三時に帰る予定になっており、結構画面が気に掛かりながらも帰り支度を始めた。肩も腕も治ってはいないのだが、制作を初めてい

る。この痛みが遠いものになる頃、地球上での疫病も落ち着きをみせるのだろうか。

                  フォト     2020                   撮影場所    神戸市  北区

 

コメント

桜が満開

2020-04-04 11:41:01 | 日々の思い

満開の桜、夕刻アトリエから脇の桜並木に出ると、ピンクの煙がぼうっと木々の上部をおおっている。少し暗くなりかけた周辺が幻想的な光景

に変わっている。桜は昼間太陽の光の下で見る時と夕暮れや夜に見る時とではずいぶん感じが違う。桜は、コロナウイルス蔓延の騒ぎの昨今に

もかかわらず汚れのない淡いピンクの花びらを空に広げている。講師として行っているカルチャー教室は、またも休講になった。今月からなん

とか再開できるかとギリギリまで迷ったのだが、高齢の方々の参加はやはり難しいものとなった。肩の荷が下りた思いがする。私自身も高齢者

なのでほっとしているというのが正直な気持ちだ。

暖かくなった気候の中、ウグイスがさかんに鳴き声の練習をしている。日毎に上達している。ずっと、「ホーホケキキョ」と鳴いていた。

「キ」がよけいだ。今日は、ホーホケというのもいる。ほかにホーキョという省略型の鳴き声もある。完成型の「ホーホケキョ」はまだ先かし

ら。コロナウイルス蔓延が下火になりますように。ウグイスの声に生きる喜びを託せますように。

                   フォト  2020                    撮影場所      神戸市北区

コメント