kana-papa日記

娘に遊ばれるパパの日記

スズメバチ

2018年07月29日 | 家庭
日曜夜。

自宅の和室で皆で食事をしてそろそろ食べ終えようという頃、kanaが「自分の部屋にあるリュックの下に大きなハチがいる」と言い出した。
何を今頃言い出すのかと思い、「どのくらいの大きさ?」と聞くと、「このくらい」と手で大きさを教えてくれた。それはどう見てもスズメバチクラスの大きさで、まさかそんなことはないでしょうと掃除機を片手にkanaの部屋に入り、ベットの上に置かれたリュックをそーっと持ち上げてみると、確かにいた!黄色スズメバチ。
即座に掃除機で吸い取って作業完了。
しかし、何故、kanaのリュックに付いてきたのか、ご飯を食べ終える頃まで何故黙っていたのか?謎は深まるばかり。
コメント

やっぱり行かない

2018年07月22日 | 家庭
日曜。

午前中はクラブ練習。
午後は来週の長野大会に向け洗車なのだが、夕方からkanaが鎌ヶ谷に行くので車で送る必要があるのだとママから伝えられていた。
それに合わせて私の諸々の予定を組んでいたのだが、出発時間になってもkanaが来ないので「下で待ってるよ」とLINEを送ると、「やっぱり行かない」のだと。
そういうことならと、私の用事を済ませようと車を走らせると今度は「ファミレスのジョイフルまで連れてって」とLINEか来た。家からだいぶ離れてしまっていたので帰宅時間を伝えて帰路のためUターンしてしばらくすると、間に合わないから自力で行くのだと。いろいろやりとりはあったが、私が💢のマークを送ろうとしたら、誤って「怒り」と送ってしまった。
実はそんなに怒ってはいなかったのだが、kanaが帰宅した私の元に戻ってきた。kanaもちょうど家を出たばかりのようだった。
沈黙のままジョイフルへ送ったが、歩いて行くよりは早かったろう。
19時の出来事。

その後、kanaが22時頃になっても帰宅しないことに怒ったママが歩いて引き戻しに出掛けた。

なんとも、kanaは私とママの二人に怒られたと思い、さぞかし気分を害したことだろう。
もう少ししっかり、連絡を取り合わなくてはいけないな。
コメント

高校入学

2018年04月08日 | 家庭
kanaがとうとう高校生になった。
入学式当日はInline skateの全日本大会のため、入学式は欠席。
部活にも入りたがっているが、スケートメインでやってくれるようなので、ひと安心。

全日本の成績は、ジュニア女子部門で、
500m➡3位
1,000m➡2位
5,000m➡2位
10,000m➡2位
コメント

中学卒業

2018年03月13日 | 家庭
水曜平日。

今日はkanaの中学校の卒業式。
帰宅すると、私の枕の上に卒業式関係の書類やら、成績表やらが置かれていた。
その中に混じり、「ママとパパへ」と書かれた封筒に手紙が一枚。開いて見ると、感謝の言葉とこれからもスケートを頑張って行くことなどが書かれていた。その文章は感心するほど上手ですらすらと頭の中に入ってきた。
日頃はツンツンしているkanaもやはり、素直で良い娘だなとあらためて思った。
早速、返信の手紙を書き出したが、完成は明日に持ち越し。
コメント

さすがに

2018年03月03日 | インライン
土曜江戸川クラブ練。

kanaの復帰後、初のクラブ練習。
久しぶりに再会する仲間と合流。
最初のアップ10,000mを軽くクリアしていたので意外と行けるのかな?と思ったのも束の間。その後の練習に付いて行けず、一人離れてしまう。
やはり、運動をしていなかったツケは大きい。
コメント

練習再開

2018年03月01日 | インライン
木曜平日江戸川自主練。

kanaの高校受験が一通り終わり、あとは結果を待つだけ。
ということで、いよいよインラインの練習を再開。
今日は偶然、私が休みを取っていたので、夕方からママも含めて江戸川へ向かった。
kanaは3ヶ月ほど全く滑っていないのだが、全日本まであと1ヶ月。どこまで戻せるか!?
コメント

高校受験の朝

2018年01月17日 | 家庭
水曜平日。

今日はkanaの高校受験初日。まずは私立からで今日と明日の2日間に渡り行われるようだ。
朝5時にはいつものようにkanaの目覚ましアラームが鳴り、今日はさすがに起きてきた。

私はいつものように台所で朝食を済ませ、ママはいつもより早くkanaの朝御飯を準備して、お盆に乗せてkanaに渡していた。二人の慣れた連係プレーを見て、これが私の出勤後に毎日繰り返されていることなんだと思った。

ママがどこかまで車で送るようで、駐車場から車を移動させてきた。私は最近、車に自転車を乗せることが多かったため、3列目シートの左側を倒したまま。これではkanaが定位置の3列目の右側に乗るときに支障があるので、出勤前の貴重な時間であったが急いでシートを元通りに戻す。

私のkanaに対する応援の気持ちを込めて。
時間をロスした分、後は駅までダッシュ。
きっとkanaなら大丈夫でしょう。
コメント

受験勉強

2017年10月10日 | 家庭
中三のkanaは、受験勉強真っ最中。
どれだけ勉強しているのかは分からないが、きっと上手くやっていることと思う。

Inlineの練習量は減らしてはいるが、前もって「一週間に1回でもいいから練習しときな」とアドバイスしていた通り、完全には止めていない。
完全に休んでしまうと元に戻すのに大変な時間を要してしまうし、勉強のためにも運動は続けていた方が良いから。

寝る前にはちゃんと腹筋運動や足のマッサージをしているようで、気持ちがきちんとつながっていることが分かる。
受験明け早々の全日本でどれだけ結果が残せるのか、今度の全日本が自分のInline人生の中でどういった位置付けになるのか、良く分かっているようだ。

しかし、今まで参加してきたスケートクラブのイベントや大会を休み、私だけ参加しているのはとても寂しい。
コメント

ペッパー君

2017年09月21日 | インライン
木曜平日江戸川自主練。

私は会社から直行し、kana&ママと合流。
kanaはしっかり基礎練を繰り返していた。なかなか上手。
私は日曜のクラス別大会に向け、スタート練習を繰り返すが、なかなか上手くいかない。そのうち上達するでしょう。

帰りに、初めて行くはま寿司に寄ってみると、pepper君が受付をしていた。kanaが操作をする。

回転寿司は久し振りに来たのだが、以前よりも明らかにkanaの食べる枚数が増えている。
最近は私よりもたくさん食べることもある。たいしたもんだ。
コメント

papaの思い

2017年01月09日 | インライン
月曜祝日スケートクラブ新年会

今日は年に1回のスケートクラブの新年会。
いつもは子どもたちから親たちへの手紙の朗読があったが、今回は親からのメッセージもあるのだという。
昨夜から何を話そうか悩んでいたが、日頃思っていることを伝えることにした。
昨夜から考えていた内容を朝、紙に下書きし、便箋に清書して仕上げた。
papaの思いは伝わったかな?
コメント

たくみの里~2日目後半~

2016年08月18日 | 家庭
暗殺教室のロケ地をあとにして、急いで「ガラスの家」へガラス細工を体験に向かう。
ナビを便りに到着すると、小さい小屋のような建物。
奥の方では、すでに何人か体験中。
時間がないので早速お店の人に声をかけると、どうやら時間ギリギリだった様子。

まずは細工をするコップ選び。
私はビールジョッキ風の取っ手付き。kanaとママもお気に入りを見つけ、絵柄になるデザインの紙を探す。たくさん模様があって迷ったが、私はたぬき。

おじさんがコップの片面に厚めのシールを貼り、その上に先ほど選んだ絵柄の紙を糊で貼る。
その絵柄をシールごとカッターで切り抜いて行く。


凝り性のkanaは集中して黙々と作業をする。


私は程ほどに。手間にあるのが私のたぬき。


ママはさっぱりしているので一番に切り抜き作業を終えて次の工程に向かう。
次は、密封されたガラスケースの中で、コップにアルミの粉を吹き付ける作業。切り抜いたところに粉が当たり、コップを傷付けて絵柄が浮き出てくる。ママと私が終えてから、いよいよkana。


kanaはこういうのが大好きだが、作業時間は短かった。
途中、おじさんのチェックを受けているところ。


見事、3人のマイコップが完成。
作業自体はとても簡単で楽しめるため、子どもも喜ぶ体験だな。
おじさんは声が大きくて乱暴な印象を最初は受けたが、実はとても丁寧な対応で優しいことが分かった。
作業台のビニールシートの下に貼られたたくさんの感謝の手紙の意味がよく分かった。

最後は作ったコップを水で洗って粉を落とし、おばさんに紙にくるんでもらって終了。
本日最後のお客さまとなり、慌ただしく小屋を出る。

旅行の計画は全て終わり、あとは帰るだけ。
水上ICから関越道へ。どうやら関越道の東京寄りは渋滞しているようなので、北関東道から東北道へ抜けるルートを選択。
茶々のお迎えの時間には間に合わないので一泊延長してもらい、のんびり行く。
佐野SAで休憩。


もう晩御飯はいらないくらいちょこちょこ食べて来たが、まだ何か食べたいらしい。


楽しかったたくさんの思い出を胸に家族旅行が終了。
次にこうして家族旅行に出掛けることはあるのだろうか。
もしかしたら今回が最後かも知れないと思うと寂しいが、幸い、まだしばらくは大会や練習で行動を共にすることはあるので心配はいらない。
コメント

家族旅行2日目

2016年08月18日 | 家庭
2日目は、たんばらラベンダーパークへ。
今日はラベンダー畑に行き、kanaがトランポリンをして、近くのテニスコートでテニスをして、たくみの里で何かして時間を過ごすアバウトな計画。
ただし、午後から雨の予報なのでそれも考えなければならない。

ペンションで朝食をとっている時、ちょうどリオオリンピックの男子卓球団体をしていた。オーナー夫妻ともども盛り上がる。
いつも冬に来ていたペンションなので、夏のいつもと違う風景はとても新鮮。遠くからキツツキの音も聞こえてくる。

お別れを惜しんでゆっくりラベンダー畑へ。


夏のスキー場に3人で来るのは初めて。冬の風景と重ね合わせ、その違いに3人で驚く。


まずは、すぐに目に入ったちびっこゲレンデのひまわり畑へ。冬に数々の思い出を作ってきたこの斜面一面がひまわりで覆い尽くされているとはこれまた驚き。kanaもママもたくさん写真を撮る。私は写真を撮る二人を撮る。



ひまわり畑だけで結構な時間を費やしてしまった。


ラベンダーはもう、ゲレンデの上の方にしかないという情報だったので、リフトを使わず、歩いて目指す。


途中のお花畑のベンチで記念撮影をしていくが、私は一緒に写らせてもらえない。
リフト1本分を登ったところでお目当ての一つのトランポリンに到着。
ママは休憩している間に飛んでみる。結構、太ももに効いたらしいが、幼い頃はそんなことは言わなかったのでkanaもずいぶんと大人になったものだ。


もう一段上を目指して登って行く。
ミストが出ていた。何かと撮影するkana。kanaは幼い頃から撮影が好きだったが、その流れか?


お目当てのラベンダー畑に到着したが、すでに最盛期は過ぎている様子。それでも紫色一面になっていた。
展望台横にある鐘を鳴らす二人。


いよいよ下り。天気が怪しくなってきたが、まだ大丈夫なようだ。
大きな木の下で記念撮影。


kanaはこういう岩場とか水の流れがあると本能的に近づく。幼い頃の公園遊びが影響していると思われる。




1本目のリフト下。ほぼ下りきったところ。


お土産を物色。


ラベンダー畑を後にし、次は少し離れたたくみの里へ移動。
たくみの里にある道の駅で、どうやらこの近くにアニメ実写版の暗殺教室のロケ地があることをポスターで知り、これにkanaが大喜びしたためここでの過ごし方が決定。

まずは道の駅内で蕎麦を食べ、ロケ地へ向かい、時間があればたくみの里の「ガラスの家」でガラス細工をする予定。
時間がけっこうギリギリなため、蕎麦を食べてから急いでロケ地へ。近くの温泉施設の駐車場に車を停め、歩いて移動。
モニュメントのように目立つロケットを発見。私は映画を見ていないので分からないが、分かる人は分かるらしい。


記念撮影をする親子。


実際にロケを行った教室は校庭に建てられたセットで、撤去してしまったようだが、先生の部屋はそのままあった(のかな?)。
説明のおじさんがいて、来る人に同じ説明を繰り返していた。



kanaの興奮は収まらないようで、一度教室を出ても再び入る、を繰り返していた。先生のセットはそのまま。








校舎を出てからも付近をうろうろ。撮影と関係なさそうなところもチェック。本物の古い校舎はそれはそれで魅力的。


もう全く関係ないところも見るkana。何を思ったか。


帰りに道案内の看板を撮影。


車を停めた温泉施設にある展示物を拝見。これにて暗殺教室ロケ地訪問は終了。

コメント

ラフティング(夏休み旅行初日)

2016年08月17日 | 家庭
水曜夏休み。

ママ企画でラフティング。
ラフティングはママが私と結婚する前からやってみたいと言っていたイベント。
15年以上の時を経てやっと実現。
kanaもこういう体験系は大好きなのできっと喜ぶだろう。
いつも通り、朝一で茶々をホテルへ預けてからいざ水上。
お昼ご飯は水上ICの先の道の駅。


外のテーブルでお食事。私はこういうのが好き。


ここの道の駅はとても広く、利根川に隣接していて向こう岸の崖の上では蒸気機関車が走っていた。夏休みの特別号か?


その他、魚のつかみ取りをする池があったり、ラフティングをする人たちが大勢ゾロゾロと集まってきた。(後に私たちもここに来ることになる)

時間になったので集合場所へ。
今回は、かっぱクラブというところにお世話になる。一見、なんだか海の家のような雰囲気に少し引いたが、いざ、説明を受けてみるとこれがまた楽しい。黙って座っていたらいじられたが、スタッフの皆さんはラフティングの世界大会に出場する強者らしい。確かに体格が尋常でない。
今回は半日ツアーというものらしく、他に家族連れが4組くらい。
私たちはパパさんと娘さん二人で来ていた3人家族と一緒のボートに乗ることになった。6年生と中3だとか。なかなか可愛いらしい姉妹。

一通り説明を受け、ウェットスーツに着替える。kana&ママも着替えて集合し、マイクロバスに乗り込んでスタート場所へ。
先ほどの道の駅に着き、ここでまた説明を受けてまずは泳いでみることに。しかし、kanaが水に入りたがらず、スタッフに「無理に入らなくてもいいよ」と優しく言われたが、結局入る。
冷たい水にヒヤッとするが、ウェットスーツなので直に冷たさを感じない。

最初のうちはボートに慣れずに乗るのにも苦労したが、徐々にコツをつかんで慣れてきた。
川下りだけかと思っていたら、いきなり、ボートを岸の岩に逆さに立て掛けてスライダー遊び。誰からスタートするか?となった時に、kanaがスタスタっと名乗り出た。さっきはあんなに泳ぐのを拒んだkanaなのに、我慢できなかったのか?
娘が頑張るので、私も2番手に続く。
滑り台のように滑るだけでなく、頭から落ちたり、後ろ向きもOKなんだと。私は後ろ向にチャレンジ。他のパパさんがやったので負けていられない。
kanaも私も3回くらい滑り落ちたか。

しばらく流されてからは途中、4mほどの崖から飛び降りたり、ボートの上を走り込んでジャンプして飛び込んだりと、流されるだけではない予想外のオプションがいくつかあった。
しかし、崖の上からのジャンプはいざとなると恐くて一発で降りれなかった。芸能人が高いところからの飛び込みに躊躇する気持ちが初めて分かった。

ボートが終了し、小屋に戻ってからは撮影されていた画像や動画の上映会。これもまた楽しかった。
なんとなくママに連れられてやって来たラフティングだったが、こんなに楽しいものとは思わなかった。スタッフのおしゃべりが面白いのにも気分を乗せられたか。
名残惜しいが、見送るスタッフに手を振ってさようなら。
スタッフは今年、ドバイの世界大会に出場するらしいので要チェックだな。

高速を使ってたんばらのペンションへ移動。
毎年、冬のスキーでお世話になっているお馴染みのペンションだが、夏に来るのは初めて。
冬と違う風景は新鮮だった。

夕食後、いつものように暖炉の横のおもちゃスペースでkanaと遊ぶ、が、オセロではなく、将棋なのだと。kanaは負けると途端に機嫌が悪くなるので要注意なのだが、案の定、明らかに劣勢が分かるとママとのオセロに切り替えてしまった。


ママとのオセロ対決は勝ったようでご機嫌復活。


部屋に戻って二人はスマホをいじっていたが、私は酔っ払ってぐったり。
夜中には土砂降りになったが、明日のラベンダー畑は大丈夫か?
コメント

前日

2016年07月30日 | インライン
土曜千曲川2日目。

ホテルの朝食を済ませてリンクへ。
すでに大勢のスケーターが来ていて、その数、ざっと50人。朝から賑やかだこと。
kanaは昨日試しきれなかったタイヤ選びの最終確認。クラブのお姉さんと二人で準備体操&アップ。お姉さんの後ろについて滑っている時はとてもいい感じ。
kanaと同じレースに参加する同い年の女の子も姉妹で練習。パパさんの掛け声が響く。

しばらくしてチームメイトが徐々に集まって来たところで、監督の指導で練習。
コーナーダッシュなど、かなり走り込んだkana。お昼で練習は終わり。明日に向けて体力温存。

一旦ホテルに戻り、再集合して買い物に出掛けることに。私は夕方までダラダラしてしまった。
ママのLINEで集合し、kanaの買い物に行く。普段、おしゃれなお店に行く機会が少ないkana。ママと二人で満足できたかな?
私は「付いて来なくていい」と言われたため、一人で近所をブラブラ。
一歩裏に入ると飲食店がたくさんあって魅力的。
再度三人で合流し、kanaの希望でサイゼリアへ。いつもと変わらない外食になった。
コメント

前々日

2016年07月29日 | インライン
金曜平日千曲川。

会社を休み、ジュニア大会に向け、千曲川リンクに前々日入り。
kanaが相当気合いを入れているようだ。
7時に出発し、茶々をホテルに預けてそのまま常磐道へ。

上信越道湯の丸SAで昼食休憩を取ると、警官が配る安全運転のチラシが入った手提げ袋をもらった。扇子やらも入っていて、家族3人分。袋が一番役に立つかも…。

リンクはさぞ、賑わっていると思いきや、誰もいない。今回は子供たちの邪魔にならないように私は滑るつもりはなかったのだが、せっかくのなので少しだけ練習。
前回、クラブ練で来た時に目にしたひび割れはきれいに補修されている。

kanaのタイヤ選びをしつつ、貸切リンクを満喫。その後、選手が何人かやって来て、小学生の男の子に声をかけられた私は一緒に滑る。男の子は5,000mとか言っていたが、私が「おじさんは5,000mは滑れないから、5周にしよう」と提案し、本気で滑る。
礼儀正しい男の子なので、ついつい応援してしまう。

一方、kanaは一人ぼっちのためかあまり気持ちが入っているようには見えない。タイヤ選びはできているようで練習を終えたかったようだが、ママに「もう!?」と言われて渋々続けていた(とのこと)。

練習を終え、今回のISLANDホテルへ移動。
今まで泊まったビジネスホテルの中でも最高かも。
テレビでYoutube見放題。大浴場あり。ウォシュレット付き。
良いか悪いか分からないが、今回はシングル3つしか予約できなかったのだと。これに喜ぶのは解放されたkana。年ごろだから仕方ない。

夕食のために長野駅前に行ってみる。歩いて5分ほど。kanaとママはおしゃれなお店を転々として品定め。
ビルのレストラン街へ上がり、少し豪華なお店でお腹いっぱい。
エレベーターで6階へ下りようとしてもボタンが押せない。どうやら、19時でお店は終わりなのだと。早すぎる閉店にママとあきれる。
近所をブラブラ。

ホテルへ戻り、私はテレビ画面のYoutubeでkanaの最近の動画と昨年のジュニアの動画をチェックしてから、kanaのタイヤとベアリングの準備。夜中までかかってしまった。
明日はクラブメンバーも到着するし、大勢で賑わうでしょう。
コメント