黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

 今朝の14MHz帯は「棚からぼた餅」状態に!

2018年11月21日 07時52分34秒 | アマチュア無線

 今朝は06時前からワッチを始めたが3.5~7MHz帯のDXは余り聞えなかった。今日は紅葉を見に行く為に何時も寄り一寸早めの朝食を済ませて少し時間が有ったので再びワッチを始めた(07:25JST頃)此の時間帯に成ると太陽は既に登って居るのでLow Bandは諦めて此処2~3日は14MHz帯を聞いて居なかったので14MHz帯のCW周波数から聞き始めたら中米~カリブ海方面の信号が可也強力に聞えてどの局を優先的に呼掛けるか迷う様な久し振りのDXコンディションに遭遇してウハウハ状態に成った。何時もなら此の時間帯で無線機の電源を落としてQRTする時間帯で有ったが今日は「思わぬ事で棚からぼた餅」状態に!


         今朝聞えたDX局(07:25~07:50JST)

          14MHz帯

  PJ4/KU8E(SSB)    J68GD(CW)    6D50I(CW)


  TI5/KL9A(CW)     HR9/SP4Z(CW) PJ2/K2PLF(CW)


  ZF2MJ(CW)        


  
コメント

 EP6RRCの7MHz(CW)をGet!

2018年11月20日 20時25分33秒 | アマチュア無線

 昨日の早朝にQSOする事が出来なかったEP6RRCをGetする為に05時過ぎに起き出し早速ワッチ態勢に入った。此の時間帯では未だEP6RRCの7MHz帯のCWの信号は当局では聞えなかったが05:30JST頃にはQSBを伴った弱い信号が聞え始めた。此の少し後では設備の良いJA局が呼掛けを始めたがポツポツとQSOして行くJA局でも相手には信号が十分に届いて居ないのかスムーズな感じには進んで居なかった。


 少しコンディションが上がって来た05:45JST頃から当局も参戦し呼掛けを開始したがカスリもしない状況に2~4KHz-UPで駄目元で断続的に呼掛けて居たら御本尊は昨日と同じ様に「NA-NA」を連発し始め此れでは仕方が無いので3.5MHz帯に下がってCN2COやEA8/UF1F等で浮気をして居た。然し今朝の本命はあくまでもEP6RRCなので06:15JST辺りからは7MHz帯に再び戻り御本尊のNAの指定が解除されるを待った。7MHz帯も06時頃に成ると可也DXコンディションがアップし相手の信号は時々599プラスまで上がって受信には不安は全く無かったが相手の聞いて居る周波数が全く探れずに致し方なく呼掛け周波数を3.55KHz-UPに固定して相手が此の周波数を聞く事を只管に待つ事にした。可也の時間呼掛けた後の06:35JSTに正確にコールバックが有り599-599で漸くQSOする事が出来た。


 昨日は此の局を1時間以上ワッチしながらもQSOは出来なかったので今朝は此の局とQSOする事だけに集中して居たのでQSO出来た処で集中力が途切れ直ぐに無線機の電源を落とし閉局しTQSLにデータをアップロードした。相手局もTQSLを利用してくれれば有難いのだが果たして?
コメント

 今朝に聞えたDX局(2018/11/19)

2018年11月19日 19時34分59秒 | アマチュア無線

 日曜日早朝の無線は都合で聞かれなかったので今朝の早朝は聞かねばと思って居ましたが朝からの曇天で周囲が暗く勘違いをして目が覚めたのは06時一寸前の事「仕舞った寝過ごした!」と飛び起きて直ぐに無線機の電源を入れてワッチを開始しが3.5MHz帯で聞えて居るのは此の所毎朝聞えて居るYL100VやYL100Zで余り変り映えしない局ばかりであった。少しして7MHz帯にQSYして聞いたらEP6RRC(CW)の信号が安定に入感して居たので呼掛けを開始したら直ぐに「NA-NA」の指定が長く入り今朝一番のDX局とはQSOに至らなかった。


      今朝に聞えたDX局(05:45~07:30JST)


  OU5U(3.5、CW)      OV1CDX(3.5,CW)


  DK1NO(35,CW)      EA8/UA5C(3.5,CW)


  CT9/UZ5DX(7,CW)   HG90MRASZ(7,CW)


  EP6RRC(7,CW) 


 過去にEP(Iran)とは可也のQSOをして居てカードも有るのだが御国柄か?TQSLでは何れの局もヒットせず此処が空白状態に??出来ればTQSLのみでDXCCが何処まで出来るのか挑戦中(現在323CFM)EP6RRCはQSO出来てもログがアップデートされるのか如何なのかは解からないが取敢えず1回はQSOしなければと思いながらも今朝は私の聞いて居る時間帯には指定が解除される事は無かったので明朝はもう少し早い時間帯に挑戦しようと思って居る。  


 
コメント

 今朝聞えたDX局(2018/11/17)

2018年11月17日 16時23分53秒 | アマチュア無線

 矢張り年寄り爺さん何時も寄り1時間ほど早く蒲団に入ると確実に早起きに成って今朝は04時前にパッチリと目覚めて仕舞いました。如何も歳を取ると睡眠時間は4時間程に成り余り長くは眠れなく成る様です。流石に04時起きと成ると気温は12℃位でパジャマ姿に半纏を羽織った姿でのワッチだとクシャミの連発と成って仕方なく今朝は完全に着替えをして其の上に上半身は半纏を羽織っての冬スタイルに成りました。


 3.5~7MHz帯のDXコンディションは特別に良いとも言えませんが例のレーダーのQRMが無い関係で大したDX局の信号は聞えませんが可也微弱な信号も何とか受信出来て楽しめますので早起きをする価値は有る様です。


          今朝聞えたDX局(04:00~07:50JST)


3.5MHz帯


  YL100K(CW)    SO100N(CW)    YL100V(CW)

  VK3CWB(CW)    EM85QZS(CW)   HA5OV(CW)

  GW3YDX(CW)


   7MHz帯

  HG90KI(CW)    TM57GG(CW)    3Z100I(CW) 

  HA5MK(CW)     EA5KV(CW)     E73ESP(CW)

  SQ100V(RTTY)  OM2VL(CW)     IU0HMB(CW)

  IK2CLB(CW)    S51KD(CW)     9A5W(CW)

  HA90HL(CW)    GD0OUD(CW)    ON1418END(CW)

  HG90MRASZ(CW)


 04時~05時過ぎまでは3.5MHz帯を中心に聞き7MHz帯のDXコンディションは05:20JSTに明らかに上がり始め06時前にピークを迎える様です。際立ったDX局は全く無く聞いたDX局の7割は既にQSO済みの局ですがBandの1stQSO5局とQSOし其れ成りに楽しめる様です。
コメント

 今朝に聞えたDX局(2018/11/16)

2018年11月16日 19時01分37秒 | アマチュア無線

 此処2週間に渡って交信実績が全く無かったので此れでは駄目だと思って此の3日間は早朝の3.5~7MHz帯を真面目に聞いて居る。今朝も05時頃からワッチを始めたが矢張り06時前頃にDXコンディションは最高潮に成り其の時間帯は周波数が高く成る程に遅くなる様で14MHz帯までは何とかDX信号が聞えたが21MHz帯は全く聞えなかった。


       今朝に聞えたDX局(05:30~07:30JST)


3.5MHz帯


  YL100L(CW)   HA6FQ(CW)   YL100V(CW)


  OU5U(CW)     YL100Z(CW)


   7MHz帯


  S57V(CW)     CX9AU(CW)   LU5EVD(CW)


  SV3CKF(CW)   YU7U(CW)


   14MHz帯


  8P9AE(CW)    KP2M(CW)    6D5OI(CW)


 然しながら殆どが過去に既にQSO済みの局ばかりで1stQSO局はYL100Z(3.5、CW)のみで交信実績は1局に終わった。
コメント

 今朝のDX局の入感状況

2018年11月15日 21時04分22秒 | アマチュア無線

 今朝も05時頃から起き出して3.5~7MHz帯を聞いてみたら05:30JST頃から3.5MHz帯でYT4TやIZ4ZZBなどの信号が先ず先ずの信号強度で入感して居た。06時を過ぎた時間帯からは7MhzにQSYして聞き始めるとE78IWや其の他が少数ではあったが聞えて居た。


       今朝聞えて居た局(05:30~07:00JST)


  YT4T(3.5,CW)     IZ4ZZB(3.5,CW)    


  SX100WWI(3.5,CW) UA3ZFB(3.5,CW)   


  9V1EA(3.5,CW)     S57V(7,CW)


  S53A(7,CW)       E78IW(7,CW)  


 昨日と今朝の早朝の時間帯は3.5MHz帯の例のレーダー電波の妨害は無く当局の3.5Mhz帯のプアーなアンテナでも受信に苦労する事は無かった。然し今朝はアフリカ方面の信号を聞く事は無かった。 


コメント

 久し振りのQRV

2018年11月14日 07時37分23秒 | アマチュア無線

 昨晩に「此の所アマチュア無線の運用をして居ないなぁ~」と思って無線業務日誌を見てみたら10月31日のVP6Dとの10MHz帯のRTTYでQSO以来、全く交信履歴の書き込みがない事とが解かり此れは此処数年間は余り無かった事で偶には無線運用もしなければと思って居たら今朝は起きる時間は意識して居なかったが珍しく04時頃に目覚めた。


 以前寄り朝起きると先ず最初にパソコンと無線機は必ず立ち上げて居るのだが今月に入ってからは其れと同時にステレオ装置も同時に電源が入り音楽が流れる様に設定されて無線機の方の音は常にVRが絞られて居る状態で鳴らない様に成って居るが今朝は逆にステレオ装置のVRを絞って無線機の方のVRを上げて聞いてみた。バンドは3.5MHz帯に成って居たので下のCWを聞いてみたら05時過ぎから大した場所からの信号では無かったがYLの特別局(YL100何とか)の信号が意外とクリヤーに聞えていたので2週間振りに業務日誌の交信実績を作る為に呼掛けてQSOした。其の後30分位したらDXクラスターに5H3BM(Tanzania)の7MHz帯(CW)の情報がアップされたのでQSYして呼掛けたら直ぐに応答が有って久し振りにアフリカと交信出来たら今日の交信実績としては十分で無線関係は如何でも良く成って無線機の電源は落とし音楽を聴く事にした。最近の昼間は無線機の変わりにステレオ装置の電源が入って居るので一日4~5時間はBGMとして部屋に何がしかの音楽が流れて居り随分日常生活の雰囲気が変って来て家内から「もう少しボリュームを下げて!」と時々小言を貰っている。


        久し振りの交信実績(05:00~05:40JST)


  YL100V(3.5,CW)      YL100L(3.5,CW)


  RA3ATX(3.5,CW)      5H3BM(7,CW)


 然しアマチュア無線の世界も国内外を問わずアマチュア人口の減少化は同じ様で此の世界の賑わいや活性化の為か?矢鱈と特別局が乱立したり小規模のアワードが乱立して何とか賑わって居る様子、然しながらアマチュア無線の行く末も段々と見えて来た感じがする。 



















































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































コメント

 殆ど乗ら無く成ったピョンピョン二世号

2018年11月07日 21時59分37秒 | アマチュア無線

 VP6Dとの10月31日の10MHz帯(RTTY)のQSO以来、調度一週間に成りますが無線業務日誌には全く交信データが書き込まれておらず此処2~3日は一応無線機の電源は入れるのですがボリュームを上げて聞く事は無く終わって居ます。先日、高知県の安芸郡東洋町や北川村、馬路村まで出掛けましたが此処等はアクティブに運用する固定局が殆ど居られず無線移動運用すれば可也の需要が有ると思うのですが?其の気持ちが全く無く何年か前に時間を惜しんで移動運用した其々の場所を通り掛かりましたが至って冷静で無線の移動運用したいと思う気持ちには全く成らない心境の変化に自分自身が何故だろうと思う程でした。


 移動運用に使用したピョンピョン2世号も最近は殆ど乗る事が無く2014年の北海道~東北~関東の移動運用から帰って4年間で1000Kmも走って居らず此の11月が車検切れに成るので廃車にする事も考えたのですが幾等 私達夫婦だけの生活とは言えど車一台では不便と思い後2年間は乗る事に成りましたが多分小用に使う程度で終わりそうな感じです。


 軽の箱バンは長期の車中泊の一人旅には経費が掛からず持って来いの自動車でしたが一人旅が出来ない状況と成っては使用頻度が少ないのですが乗用車には載らない物を積める長所が有るので(年に数回しか無い荷物ですが)テスト的に車検する方法を取りましたが後で考えたら金額は安いのですが軽の箱バンは古くても結構需要が有るので売った金額と今回の車検代諸費用を合算したら北海道に1週間程の旅は出来そうなので無線の移動運用を全くしなく成ったので一寸失敗したかな?と思って居ます。
コメント

 FT8の変更申請書が完成

2018年11月04日 21時42分29秒 | アマチュア無線

 今日の午前中に珍しく私の携帯が鳴って「何方かな?」と思ったら以前から御世話に成って居る長野県の蓑輪町の清水さんからであった。先日私がFT8モードの変更申請書類の作成段階で一寸不安な事が有る旨の事をブログに書き込んだら早速心配して下さってお電話を戴いた様で本当に有難かった。申請の段階の書類に関しては事前にインターネットで彼是と下調べはして居たが結構細々とした内容で有ったので一寸自信が無かったのだが電話の後で清水さんが申請した内容を教えて戴いて此れなら多分 総通に受理して貰えるのでは?と思える所まで書類を修正したので2~3日中に変更申請を提出する予定・・・・・


 私の移動局の免許が8月に切れるので北海道旅行の前に再開局申請をする段階で固定局の此のモードの変更申請書類も概ね仕上げて居たので申請も其の内にと思っては居たのだが内様に一部不安な部分が有ったので其の侭にして居たら最近のDXコンディションが振るわない中でのDXペディション局の運用はFT8モードの運用が多く10月中旬頃から始まった数多くのDXペディション中は呼掛ける事が出来ずに可也残念な事に成った。


 申請後の免許発給には少し時間が掛かるそうだが今年に中止に成ったブーべ島のDXペディションが再計画される様な話も有る様なので其れまでには間に合わせねばと考えている。ソフトは既にパソコン内にはインストールして居るが設定も含め全く手付かずの状態なので免許が発給されるまでの間に運用方法を含め色々と勉強しようと考えている。
コメント

 気合が抜けて此処3日間ほど無線機の電源入らず

2018年11月03日 19時58分44秒 | アマチュア無線

VP6DのDXペディション局の追っ掛けに夢中に成り過ぎて居たので運用が終わると今日で保々三日間に渡り無線機を鳴らしていません。一応DXクラスター情報には目を通していますがVP6Dが運用期間中に結構多かった便乗運用の局も少なく成って此れは?と思うDX局の運用も無い感じで調度良い骨休みと成り暇な時間はインターネットで配信されて居る音楽を聴いて楽しんで居ます。


 今日は今回の運用中にチャレンジ出来なかったFT8モードの変更申請書を作成し近日中に申請出きる所まで漕ぎ着けましたが未だ何処か?不備がある様に感じて一寸心配な状態です。昔ですと近くのOMさんに尋ねたりする事が出来ましたが最近では私より年配の局も居られるのでしょうが?殆どお声を聞く機会も無く一寸寂しい感じです。徳島県内でもDXに血道を上げて熱心に取組んで居る局(毎日ワッチをする様な局)は10局も居ないのではと感じる現状の様です。
コメント

 毎日大変だったがVP6Dの運用が終わって仕舞うと寂しい

2018年11月01日 16時16分10秒 | アマチュア無線

 長かったVP6DのDXペディションもラスト24時間を切って仕舞ったので昨晩は23時頃までワッチを続けたが此の日にVP6Dが運用した周波数やモードは既にQSO済みばかりで期待した7MHz帯のSSBやRTTY(今回は未交信)での運用は無く残された時間から朝方のQRVを期待し閉局した。今朝の6時頃に起きて此処数日毎日見て居たDXAの画面を立ち上げると既にVP6Dの残り運用時間のカウンターは0d0h0mに成って運用は終了して居た。


 今回の運用で目立ったFT8モードの免許を当局は受けて居なかったので此のモードで挑戦出来なかったが私の知っているDXer各局は此のモードで可也稼がれていた局が多く交信回数で可也の差が開いたので出来るだけ早い段階で変更申請をして於かねばと反省した。過去のDucie IsとのQSOは52回程あるが1.8MHzだけは交信処か彼の地からの信号すら聞いた事が無かったので今回は受信だけでもと思いQRV情報の有った時間帯は時々聞いてみたが信号の有無さえ確認出来ずに終了して仕舞ったので現在使用中のスローパー紛いのアンテナは諦めて短縮型の逆Vを作ろうかと考えて居るのだが?そうなるとアンテナを張る場所の問題で3.5MHz帯のアンテナを撤去せねば成らず痛い所だが現在3.5MHz帯をワッチする事は有ってもQRVする機会は殆ど無いので思い切って此のシーズン中にトライしてみようと考えている。


 今回のVP6Dの運用が終わって仕舞ったので私が生きている間に再び此の場所からの信号を聞く機会は先ず無いであろうから今回は残念な事も有ったが何日間か可也気合の入った時を過ごす事が出来て充実して居た。感謝 感謝
コメント

 苦心惨憺の10MHz帯のRTTYでのQSO!

2018年10月31日 18時46分27秒 | アマチュア無線

 VP6DのDXペディションも現在で遂に残り1日と成り10MHz帯以下の周波数帯での運用が中心に成って居る様です。今日も昼過ぎからは断続的にインターネットのDXAリアルタイムログを見ながら追掛けをして居ましたら14時前後に10MHz帯のRTTYモードの運用が有り受信を開始したら此の時間帯はJAを中心にピックアップして可也のJA局がQSOされた様です。当局もアンテナが正常であればもっと楽にQSO出来たと思うのですがアンテナが不調で使用出来ないので7MHz帯のダイポール・アンテナにアンテナ・チューナーで強制的に波を乗せての呼掛けでは中々相手にまで届かず1時間半に渡り無駄な事を繰り返して居ました。


 無駄とは解かって居ながら呼掛けて居たのは過去から今回のDXペディションで3.5~28MHz帯に於いてVP6(Ducie Is)とCW.SSB.RTTYモードで一度もQSOが出来て居ないのは10MHz帯のRTTYと3.5MHz帯のRTTYモードだけだったので今日の10MHz帯のRTTYでの運用は待ちに待ったチャンスだったので交信の可能性は可也低いとは解かって居ても無駄な事を繰り返して居ました。途中からEU方面を中心にピックアップを始めました時折JA局もピックアップして居たので諦めずに頑張って居ましたが1時間半以上に渡って呼掛け続けて応答が無いと流石に心は折り掛け始めましたが15:30JST辺りに相手の信号が急激に上がると(たぶん此方にアンテナを向けたのだろう?)同時にJA局のピックアップが始まり15:36JSTにやっと当局に応答が有り10MHz帯の1stRTTYをゲットしました。


 インターネットでの情報では運用時間のカウンターは24時間を割って居る様なので後多くは望めませんが現在19:30JSTに7MHz帯のRTTYでの運用が表示されて居るのでワッチ態勢に入りましたが東南アジアの局と思われるSSBの混信を受けて信号の復調が出来ない状態に・・・・・今度も駄目元で頑張ってみる心算です。
コメント

 今日はVP6Dと2QSO!

2018年10月30日 21時33分57秒 | アマチュア無線

 VP6DのDXペディションのQRVも残り僅かに成りましたが今日の午前中も多分駄目だろうと思いながらも各周波数帯をチェックしていたら11時頃に14MHz帯でSSBとRTTYの信号を捉えました。SSBの信号は非常に弱く少しコンディションがアップした11:19JSTに呼掛けたら即応答が有り簡単にQSOする事が出来ました。同時に呼掛ける局は余り無かった事と相手は「5KHz-UP」とアナウンスして居たので呼掛け周波数の選定に迷う事が無かった分だけラッキーでした。信号が可也弱かったので暫くインッターネットのQSO状況の画面を見ていたらJA局のコールサインは表示されて居なかったのでコンディションの開き始めだったように思え私の後に5エリアの方のコールサインがアップされ暫くJA局のコールサインの表示が無かったので意外と聞え方に日本国内でのエリア格差が有ったのかも知れません。


 其の調度10分後に同じ14MHz帯でのRTTY信号を捉えましたが此方は「VP6D UP」の指示で具体的な範囲の指示が無かったので3KHz-UPで6回程呼掛けたら応答が有り11:29JSTにQSOし今日は効率が良い日と成りました。何せ1日中 無線機に張り付いてワッチをしても成果の無い日も有ったのに僅か30分程度で2QSOは可也ラッキーな事です。


 然し良く考えてみると今回のDXペディションが始まって既に可也の日々が経過しましたので「DXが命」の局の大半は既に各周波数帯に於いてQSO済みで呼掛ける局が少なく成った事が一番の要因と思われ其れだけ当局の設備がまだまだだと云う事の証明の様に感じました。今回は10,18,14MHz帯のトライバンダーの不調で此れ等の周波数で予想外の取りこぼしが有り残りの周波数帯でQSOの可能性があるのは7MHz帯のSSB,RTTYモードですが特にSSBは送受の周波数が可也離れて旧型のアンテナでは呼びの周波数では3エレ八木の使用出来る帯域外と成る為に送受の度に受信(短縮3エレ)送信(逆Vアンテナ)のアンテナ切替を手動で遣るという見られると恥ずかしい様な原始的方法で遣って居るのですが何とか後一踏張りしてみようと思って居ます。


 然し今回初めて経験したDXAなる代物、中々素晴らしいですね!QRVして居る周波数やモードの状況が一目で解かり苦労してQSO出来た後にはご褒美?(私はそう感じて仕舞うのですが)画面に1分間の交信局のコールサインが表示されてQSOの成立が確認出来て重複QSOの軽減に繋がる優れ物と言えます。本当に素晴らしい!
コメント

 10,18,24MHzトライバンダーの不調

2018年10月29日 22時23分00秒 | アマチュア無線

 今回のVP6DのDXペディション局とのRTTY,CW,SSBと1回通りは何とかQSOで来ましたが此の肝心な時に10、18,24MHz帯のトライバンダー八木の動作が不安定で此れ等の周波数で取り残しが有り思う様に行って居ません。先日、タワーに上がって調べましたが原因は良く解からずアンテナを一度降ろして調べないと駄目な様です。


 21MHz帯の5エレ八木も去年の台風で輻射器エレメントが魚の骨の様に水平方向に少し曲がって居た物が今年の台風の影響で今度は下側に垂れる方向に曲がった様で其の事でトライバンダーの八木との感覚が少し近くなった関係も無視出来ないのですが?其の程度の事で此れ程の影響が有るのか?兎に角オートチューナーが勝手に動き回り動作が安定しない状況と成って居ます。先日に此の影響を逃れる為に八木のフロント方向を全て合わした3段積みの一番下のトライバンダーのフロント方向を45度くらいずらして対応したのですが其れが一寸拙かった感じもするのですが兎に角作業が面倒なので短期で出来ずVP6Dの運用が終わった段階で遣る予定にして居ます。


 此の状態の為に18MHz帯のRTTYモードは3.5MHz帯のアンテナにオートチューナーで無理やり乗せて臨みましたがQSOまでに嫌に成る程に手間取って本当に疲れました。VP6DとのQSOで残りの可能性が有るのは7MHz帯のSSB,RTTYくらいしか無く今晩も7MHz帯を聞いて居たら弱いSSBの信号を捉えコンディションが上がるのを只管待って居ましたが此れからと言う処で海外の放送局の強力な信号が出始めて折角のチャンスがオジャンに成って仕舞いました。何れにしてもNew1は1.8MHZ帯しか無く此の周波数では相手の信号が全く聞えないので如何しようも無く初めから諦めて居るので大きな影響は無いのですが相手の信号が聞えて居るのにアンテナの不調で呼掛けられない状態は結構辛い物が有りますが如何にも成らない状態と成って居ます。


 
コメント

 今日は午前中に2交信

2018年10月26日 12時41分18秒 | アマチュア無線

 此処数日の午前中はVP6D対策として毎日、各周波数帯をワッチして居るが殆どQSOする事が出来ずに交信実績無しの状態で終わり此の局と交信出来たのは夕方から宵の口に掛けての時間帯での交信実績が大半と成って居る。


 今日は家内と一緒に夕方から温泉に行く約束なので何時もの夕方の時間帯は聞けない事からせめて午前中だけでも聞かなければと思い07時頃からDXクラスターをチェックしながらワッチを始めた。最初の2時間位は御本尊の信号を捉える事は出来なかったが09:20JST頃に21MHz帯(CW)でQSOが出来たと思ったら其の1分後に24MHz(CW)の信号が聞え慌ててQSYして呼び掛けたが最初の内はどこらの周波数を聞いて居るのか?解からずに今までのQSOで可能性が一番あった3KHzーUPに少し色を付けた周波数で呼掛けて居たら応答がありQSO、他の周波数帯の信号と比較したら此の周波数帯の信号は可也強かったので気付かなかったが後でアンテナ切替器を見ると7MHz帯の逆Vアンテナでコールして居た様で今日の24MHz帯の相手方に対するパスは可也良かった様子であった。


        今日の午前中の実績


  VP6D   09:25JST   21MHz   SSB


  VP6D   09:26JST   24MHz   CW



 其の後の11時頃から14MHz、RTTYでのQRV情報がDXクラスターにアップされて居るのでワッチを継続して居るが11:37JST頃に化け字無しに解読出来る時間帯が数分間有ったが現在は其の信号の有無は確認出来るも全く復調できる状態では無く当局のアンテナの非力さを実感して居る。
コメント