黄昏叔父さんの独り言

 アマチュア無線と何でも有りのブログ

 最近の楽しみは日帰り温泉浴

2018年11月13日 20時31分39秒 | その他

 昨日は私達夫婦の結婚記念日でした。早い物で既に結婚して41年目に突入しました。此の間には色んな事が有り其の場面場面では大変だった事も少し時を経ると何でも無い事だったり笑い話に成って居ます。全く知らない者同士が或るひょんな事で出会い其れが縁で結婚し一家を構え子供を作り子育てをして其の子供達も今は其々に結婚して我家を巣立って行き今は再び結婚した当時の2人だけの生活に成って居ます。


 幸い此の間、2人とも大病を患う事無く健康に過ごせた事は本当に幸せな事だと思うと同時に此の幸せが1日でも長く続く事を祈るばかりです。子育て中とは違い日々の生活には大きい変化は無く成り御互いが其々の趣味を自分のペースで楽しみ御互いに干渉し合わない事で退職後の生活ものんびりと楽しみながら過ごす事が出来て偶に御互いの時間が空くと旅行に出掛けたり日帰りの温泉浴に出掛けたりして居ますが今日は正に其の日で2人で温泉に行く事にして居ましたが家内が「一の隣の奥さんを誘ってみよう!」と言い出しお誘いしてみました。此のお宅には私達の子供達も大変御世話に成り本当の孫の様に可愛がって頂いたし畑で作った新鮮な野菜を何時も頂き食生活の面でも大変御世話に成って居ます。少し前に御主人を亡くし近年は足も痛いそうで余り外に遊びに出掛けて居ない様子なので家内がお誘いし私達には定番に成って居る「かもだ岬温泉」に昼から出掛けてささやかですが三人で温泉浴を満喫して楽しんで来ました。


 


 
 


 
コメント

 待ちに待った「日本国紀」を購入!

2018年11月12日 17時51分41秒 | その他

 今日、待ちに待った百田尚樹氏の新作「日本国紀」が発売された。此の情報は可也前から私が毎朝見ているインターネット・TVの「真相深入り!虎ノ門ニュース」の火曜日担当の同氏が以前に後世に残したい日本の歴史書を今年の終盤までには出したいと言って居たの聞いて心待ちにして居た。


 百田さんは皆さん御存知の様に「永遠の0」や「海賊と呼ばれた男」(其々に映画化された)で超有名な超売れっ子作家だが「真相深入り!虎ノ門ニュース」(毎週の火曜日08:00~10:00)の番組中では言って居る事は正論なのだが結構ヤンチャで毎週司会者を困らせている掛け合いが面白くてファンに成ったが此のオッチャン、番組だけ見て居るととても あの力作を書いた作家と同じ人とは思えないギャップがある。


 私は戦後直ぐに生まれた団塊の世代真っ只中だが同氏に言わせると此の世代の人間ほどニュースに対する情報源が新聞だけの人が多い事やGHQの戦後教育の弊害で誤った歴史観を植付けられ、頭が固く全て日本が悪かったという自虐から抜け出せない困った世代は無いと冗談とは思えない感じで何時も言って居るので今回の同氏の歴史観を知る為に発売期日が解かった段階で先行予約をして居た。


 可也前の当ブログで書いた事が有ったが戦後生まれの私達の世代は中学2年生で日本史と世界史を学ぶが不思議な事に日本の歴史に付いては明治までは可也詳しく学んだが大正~昭和の本当は日本人として一番重要な時代の歴史を全く学んで居ない。其の頃は未だ子供で良く解からなかったが?「最後まで遣るには時間が足らないので以後のページは各自で読んで勉強しておくように!」が先生の口癖で「おかしな事を言うなぁ~」と感じたが?大人に成ると其の理由は戦争に至った経緯などに関しGHQからの色々な制約が有り正確に教えられなかった様だ。


 従って此の時代の歴史を正確に勉強せずに一方的に日本が悪かったと言う事や日本国憲法の9条で日本の平和が守られて来た言う日本では常識だが世界では非常識と言われる事を神の如く信じ込んでいる人達の割合が一番多い世代だそうだ。従って今回出版される本はページの半分が戦後生まれの私達が知らなければ成らない(日本人なら誰もが)日本の近代史の部分を可也のページ(半分)を割いて居るらしいので団塊の世代としての固い頭を和らげる為に日本の歴史を再勉強する心算で今回購入する気持ちに成った。今晩から熟読しようと思って居る。
コメント

 御時世か?段々と少なく成る地元のパーツ店

2018年11月11日 20時47分18秒 | その他

 昨日は徳島市内の家内の姉の新築移転で電気製品の設置を頼まれて終日出掛けて居ました。私の担当の電気製品は配送車の一番奥に積み込まれて居た為に最初の1時間位は何もする事が無かったので其の時間を利用して最近では殆ど無く成った電子パーツを扱うお店に1年半振りに行って来ました。此処の存在は最後に務めたサービス・ステーションが近くに有った為に存在を知って退職するまでは2~3ヶ月に1回位の頻度で訪れて居ましたが退職以後は1年に1回ほど行く行かないか位の程度で今回はアンテナ製作の為に必要な部材を購入する事が目的でした。


 久し振りに店舗に入ったら展示されて居るパーツ数が以前に比べると随分減って仕舞い各種同軸のMコネクターさえ2~3個程度しか在庫が無く寂しい感じ、今回は300Ωから75Ωにインピーダンス変換するアンテナバランを製作する丸型コアが必要だったので在庫を持って居るのか?心配して居ましたが在庫が2個残って居て助かった。其の他に店の在庫パーツで持って居ると将来使うと思われる部品を何個か買って帰った。


 支払いをする時に店の奥さんに「最近は物作りをする人が少なく成って居ますがパーツの売れ行きは如何ですか?」と尋ねたら以前とは全然違って商売には成らない様なお話であった。支払いが終わって店から出る時に「大した売り上げ協力は出来ませんが此処が無くなったら私を含めて困る人も居るので頑張って続けて下さい御願い致します。」と御願いして店を出た。最近の物作りにはパーツ屋さんの通信販売を利用する機会が多いがパーツ代よりも送料の方が高額に成ったり矢張り緊急時には間に合わず不便な事が有るので此の様なパーツ店には本当に頑張って貰いたいものだ。
コメント

 カーナビの内部基板の交換

2018年11月10日 21時41分23秒 | その他

    


 先日、インターネットのオークションで2000円で落札したパナソニックのカーナビは値段が余りにも安かったので「動作は確認済み」と成っては居たが何かが有ればHDDだけを取外して入替える心心算であったので全く不安は無かったが出来れば内部を分解する事無く本体の交換で済めば良いのだが?と思って居たが現物が届き早速テストしたら動作は何も問題は無かったが矢張り画面の輝度や色合いが可也落ちていて使え無くは無いがHDDが壊れた方のカーナビと比較すると可也劣化が進んで居たので思い切ってHDDの入替える方法を選択した。


 最初の写真の中央部分のシールドケースの中に2.5インチのHDDが入って居るのだが上蓋を外して見るとHDDを外部衝撃から守る為に可也確りしたゴムパッキンで覆われて居てHDDを取出す段階で無理をするとパッキンが傷付きそうな感じがしたので今回は無理をせずHDDが搭載されて居る基板ごとの交換対応に切替えた。


 此の方法を選択はした物の製造年月日に4年間の違いが有ったので其の侭の基板交換で問題なく働くのか?少し心配は有ったが基板のICや部品の配列等で確認したら保々違いは無かったので此処は度胸を据えて遣るしか無いと覚悟を決めて組み上げて電源を入れたら問題無く動作したので一安心した。現役時代はテレビカメラやVHSのビデオ等の電子機器の基板修理は日常茶飯事だったがカーナビだけは一寸別部門の担当で現物を分解したり点検した経験が無かったので一寸不安は有ったが一番簡単な作業だったので何とか無事終わり此れで県外に向けての旅も安心して出掛けられる事に成った。


 残ったもう一組のカーナビは完全に潰れても何も問題が無いので一世代前(型番は違うが地図帳は同じ物)の地図帳が入った使わなく成ったカーナビが有るので今度は其のHDDと交換して遊んでみようと思って居る。



 
コメント

 此処最近は「験の悪い事」が続く

2018年11月09日 21時31分02秒 | その他

 此の11月5日に高知県安芸郡馬路村の魚梁瀬の奥深い渓谷に紅葉を見に行った時に家内の車に取付けていたパナソニックのカーナビの調子がおかしく成って仕舞い一番奥のキャンプ場に到着する前に取敢えず電源は切って見学を終えての帰り道で電源を入れたら最初のロゴマークの画面は出るのだが其の後は幾等待っても地図画面に変らず30~40分間放置して置くと「HDDの問題で起動出来ない」旨のメッセージ表示が現れてカーナビが使い物に成らない状態に成って仕舞った。


 帰って来て詳しく状況を調べる為に昨日に本体を車から外し無線のDC電源を接続して無線機卓に置き何回か起動を試みたが矢張り状況は同じ状態で如何やらHDDが不良で地図画面が出ない事の様だ。此のカーナビは形式は古いのだが地図バージョンは此のタイプでは一番新しい2016年度版で6月の北海道旅行でも大活躍してくれたのだが遂に寿命が尽きた様だ。


 今回の紅葉の見学路は道は細かったが魚梁瀬の住宅地から12km位までは舗装道路であったが途中の「ケヤキの森」から一番奥の車両通行止めまでの約2.5Kmは未舗装のガタガタ道で時折何回か段差があり可也慎重に運転はして居たのだが少し大きい水溜りを渡る段階では水溜りの水が濁って見えなかったがドカーンとエンジンのオイルパンが地面に当たる音と衝撃が有ったので若しかするとその衝撃でカーナビのHDDが壊れたのかも知れない。


 HDDがアウトだと個人レベルでは如何する事も出来ないのでHDDを交換するか?中古の本体部を探して購入する方法しか無いが?色々考えた末に一番安い対応策として本体だけの中古品をインターネットで探していたら何と2000円で有ったので(HDD単体より安い)此れを手に入れる事にした。此の歳に成ると県外に出向く事は余り無いが若しも遠出をする場合はカーナビは必需品と成るので致し方無しの状態だが本当に此の1~2年色んな物が壊れて運が悪く滅入って仕舞う。
コメント

 ダイエット作戦

2018年11月08日 22時41分19秒 | その他

 完全な年金生活に入って丸5年が過ぎ毎日が休みに成ると段々と体を動かさなくなり「食っては寝の生活」を続けて居ると体重が8Kg以上増えたので本格的に減量をせねばと決意し5月から意識して本格的にダイエットに取り組み始めました。


 以前から毎日5~6Kmの散歩は続けて居ましたが此れは減量する事が目的では無く如何しても加齢と供に足腰が弱るので其れを補うと云うより少しでも弱まる速度を抑える事が目的でした。食事の御飯は普通のお茶碗に8分目の量に減らしおかずは野菜中心の食生活に切替えても体重は減らず徐々に増える状態で現在に至りました。


 体重増加の原因を色々と考えたら家内が退社する1年程前からフルタイム勤務から15時までのパートタイム勤務に変更した事で切替えた段階で御弁当を持って行かなくなり職場の同僚と始めたダイエット作戦で昼食はオートミール(カロリーの無い おかゆさん状の食べ物)に切替えた事に寄り帰りのスーパーでの買い物時に可也御腹が空いて居り美味しい物を見るとついつい買って仕舞うらしく其れを相伴して居たら家内は昼食を抜いて居る様な食事なので体重の増加は無かったが私の場合は過剰なカロリーの取り過ぎと成り其の栄養分は全て腹周りの脂身と成った様だ。矢張り体重増加の原因は間食(お菓子類)以外に無いと思い家内と相談して家内が退職した5月からお菓子類の購入を殆ど無くす様にして保々6ヶ月を経過したら徐々に体重が落ち始め5月頃の体重から4Kg程減量する事が出来た。私は元々 酒、タバコは遣らないので唯一の楽しみは甘い物だったのでお菓子類を断ってからの最初の三ヶ月間は結構キツイ状況が続きましたが慣れて仕舞った現在は余り苦に成らず其の習慣は継続出来て居ます。


 其れと同時に青汁を毎朝飲む習慣を身に付けたら矢張り少し体調が変って来た感じがしますが其れでも私の適正体重からすれば15Kg程オーバーで此れは適正体重の人と比較すると変な表現ですがホンダの発電機の6iを腹で担いで歩いて居るのと同じ状態なので可也心臓其の他に負担を与えて居る筈、其れを解消するには此のペースで減量作戦を継続し続けねば!と考えて居ますが如何成りますか?家内は時折「甘い物が食べれないので枯っれる!」と言って居ますが其の節約分で年に1回、1週間程度の豪華な旅行に連れて行く事で納得して貰って居ます。


 
コメント

 早くも年賀状の絵柄を決め発注

2018年11月06日 15時19分40秒 | その他

 1週間ほど前にローソンから来年の年賀状の印刷案内パンフレットが郵送で届き「今年も もう其の様な時期に成ったか?」と思って居たら11月に入ったら喪中ハガキがボツボツと届き始め保管する場所に既に5通程が溜まっている。私と御付き合いの有った御本人の訃報は未だ無いが此の歳に成ると其々の御両親は可也の御年配の方々が多かったり職場で仕えた可也上の役職で居られた方々は可也の御歳に成って居られ家族や親族の訃報で来年の年賀状は御遠慮する旨の連絡が届いている。此れ等の連絡が着始めたので来年の年賀状の印刷を申し込まねばと考えてパンフレットを見ると早期申し込み時の最高割引の期限が本日に成って居る事に気付き慌ててインターネットで申し込みをして辛うじて30%OFFの駆け込みセーフと成った。


 現職中の年賀状作成は私の職業柄、特に年末の仕事が忙しく早めに年賀状が作れず毎年、年末休みが始まる30~31日に成って捻り鉢巻の突貫工事成らぬ作業であったが完全リタイヤした此処4~5年は郵便局の「年賀状の受付開始」を待ち侘びる程の状態に変身して居る。現職中は仕事柄、お付き合いも多かったので毎年300枚近く出して居たが退職してからは私の方から出すのを辞めた人は一人も居ないのだが2~3年間出しても音信不通に成ったり以外と多かったのが相手先住所に現在本人が住んで居らず配達できずに戻ってくるケースであった。此れは相手に転勤族が多かった事に関係して居り やがて段々と仕事上の方々と行き来が可也減り一時は170枚程に減ったが退職と同時に全国へに向けての無線の移動運用を始めたら段々と其の数が増え始め昨年は220枚程に成って居る。


 大半の人は私が移動運用中に態々辺鄙な現地(私が運用した場所は其の様な場所が大半)にお越し頂きお世話に成ったりアイボール談議をした方々ばかりだが其れ以降は一部の方を除いてお空で御会いする事は有ってもアイボールする機会は殆ど無いし最近はお空で御会いする機会も私が国内交信を殆ど行わなく成った関係で無く成り年賀状の発送は私が何とか?元気で過ごして居る事の「年一回の生存証明」と成って居る。


 年賀状の作成と言ってもプリンター任せの極めて簡単な作業で手作り感は全く無いのだが毎年プリント・アウトされた全年賀状の出来上がりをチェックする段階で其々の御方の顔を思い出しながら「御元気に過ごしたり御活躍されて居るのだろうか?」と思いながら御会いした当時の事を思い出すのだが今年も早くも其の様な時期が迫って来た。来年の年賀状の絵柄の印刷が終わり送り返されて来れば愈々年賀状の作成に取掛かる事にする。
コメント

 紅葉時期には一寸早過ぎた魚梁瀬渓谷(馬路村)

2018年11月05日 22時32分36秒 | その他

        


 今日は朝から抜群の青空が見られ絶好の行楽日和と成った。先週辺りから家内が「紅葉を見に行こう」と頻りに言って居たので未だ一寸早過ぎるのでは?と思いながらも昨年に行った高地県馬路村の魚梁瀬(やなせ)の渓谷に出掛ける事にした。我家を10時頃に出発して海陽町から高知県の東洋町に入り野根から山道に入り四郎ケ野峠を越えて北川村へ同村の二又から奥深い山道を魚梁瀬へと向かった。


 魚梁瀬の中心地の丸山公園で昼食(最初の写真)此の広場の紅葉状態を見て紅葉時期には早過ぎた事は解かったが折角来たので車で行ける一番奥まで進む事にして上段4枚目の写真のキャンプ施設の有る公園まで進んだが紅葉して居るのは極一部で紅葉本番は10日以上、後の様に思われた。此の場所は魚梁瀬の町筋から15Km程山奥に入った場所で此の間、車の対向も無く最後の2.5Kmは可也の悪路で一般行楽客が訪れる様な場所では無く行くには可也大変な場所であった。



        


 然し其れだけ山深い場所なので人家は全く無く渓流を流れる水の透明度は3m位の深さの淵の底石が1個1個見分けられる程で素晴らしい物であった。以前に兄の環境計測の仕事の手伝いで何年間か徳島県の那賀川水系の水質検査をして居たが此処まで透明度が有る水を見た事が無く驚いて仕舞った。紅葉は期待外れで往復270Kmの道程も大変だったが此の自然界の清流を見れただけでも値打ちが有ったと言う物、出来れば10日後位の紅葉最盛期に再び訪れたいと思って居る。


コメント

 長年使用しないと色々問題が有ると云う話

2018年11月02日 20時22分36秒 | その他

  


 古い昔のアンプやスピーカー・ユニットを引っ張り出し何とか使えないだろうか?とスピーカーユニットのウーハーのウレタンエッジを張り替えて接着剤が十分乾いた処でアンプの火入れ式を行ったらスピーカーユニットの片方のツイーターから音が出ずに原因を調べたらコイルの断線でアウト状態!新品は勿体無いのでオークションで中古のペアを買い求めて交換して此処2~3日は毎日音楽を4~5時間に渡り流して居たら時々左側のスピーカーユニットから音が全く出ない症状が(4~5時間くらい鳴らしていると出るか出ないかの頻度)現れた。


 症状から如何もアンプ内部が暖まると症状が出始める傾向なのでプリント基板上で良く有る内部温度の上昇での熱膨張に寄る半田層のピンホール故障と思われエージングしながら症状が出た処で基板本体や出力端子部分に衝撃を与えながら原因を追究して行ったら如何もスピーカー出力端子部分にショックを与えると可也の頻度で正常に音が出るのでアンプの後段部分に問題が有るのが解かった。


 最近の機器のプリント基板は部品を装着した後に機械半田付けを行うので手半田と比較すると全体に半田層が薄く特に使用部品の足や端子が太く確りした物の場合は内部温度の上昇に伴い如何しても発生する基板の熱膨張に寄る反りや電源OFF時に伴う基板が収縮しながら元に戻る繰り返し動作に追従しないで其の足の部分の半田層が丸くピンホール状に成って接触不良となる。


 接触不良箇所を探るには症状が出た段階で細かくショックを与えながら其の場所を特定して行くのだが今回の場合はスピーカーを接続する端子部分にショックを与えたら症状が直ったので其の場所を手半田で遣り直す事に成ったがアンプ出力段やスピーカー接続端子の足は調度フレームの下の蔭に隠れて居て半田鏝の先が届かずにフレーム関係を外さねば成らず大変な手間仕事に成って仕舞った。接触不良箇所は矢張りスピーカー出力端子(可也足の太い部品)の足の半田層を良く見ると足の外周に細い亀裂が入って居た。


 此の現象はアンプ内の温度が低い時は何とか端子足は基板に接触して居るのだが長時間使用し内部温度が上がって来るとプリント基板が熱膨張で反る段階で足の太い部分は追従しない為に端子が回路から離れて音が出なく成って居た様で今回は親の仇の如く半田を確り盛って二度と症状が出ない様に対応して一件落着の運びと成った。此のアンプは30年近く電源を入れて居なかったので「如何かなぁ~」と思いながら動かしたら最初は問題なく動作して居たが矢張り一悶着有った。




 
コメント

 紅葉の季節到来

2018年11月01日 21時11分26秒 | その他

 今日から11月に入った。此の時期に成ると山深い場所では紅葉の季節と成る。此処5~6年は毎年「文化の日」の日を過ぎた辺りに高知県の「べふ峡」と山の反対斜面と成る徳島県側の「高ノ瀬峡」に出掛けて居るのだが昨年は「べふ峡」は水害の影響で駐車場から100mも入ったら通行止めで十分に見学出来ず「高ノ瀬峡」は国道から分かれて入る橋の袂で通行止めで中に入れず十分紅葉が見られ無かったので矢張り此の一帯に近いが全く別ルートから入る高知県の馬路村に有る魚梁瀬渓谷に初めて出掛けてみた。


 私が訪れた時に帰りに入浴した魚梁瀬温泉の支配人の話では既に時期が遅過ぎるとの話であったが私は可也山奥まで分け入ったら綺麗な紅葉を見る事が出来たし此の場所へ向かうコースの徳島県海陽町から高知県の東洋町に入り四郎ケ野峠を越えて北川村に入り小川川に沿って奥に沿って進む途中は全山が紅葉中で非常に綺麗であった。途中の道が細いのとダンプカーの通行が多いので運転には一寸気を使うが紅葉の名所の「べふ峡」に引けを取らない紅葉の美しさは格別であった。


 家内が先日より「紅葉を見に行こう!」としきりに誘って来るので先程インターネットで魚梁瀬渓谷の紅葉状況を調べたら「色付き始めた。」との表示、未だ一寸早過ぎか?の感じだが此れ等の情報も余り宛には成らず(観光課の方が毎日現地で確認して居る訳では無いので)結構、好い加減な物が多いので今週の週末が明けたら家内と出掛けて温泉でも楽しんで来る予定・・・・此の紅葉の時期が終わると四国も一気に冬に向かうが既に今朝辺りの早朝の無線ワッチには暖房機が一寸欲しいと思う様な気温に成って来た。此れからのDXはLow Band中心の展開と成る。



 
コメント

 思い掛けない顛末

2018年10月29日 08時04分00秒 | その他

 先日にソニーのスピーカーシステムの30cmウーハーのウレタンエッジが両方共にボロボロに朽ち落ちて仕舞い哀れに成って居たのを一寸した出来心で自分で張り替える事に成りました。直径が同じ30cmのウーハーでも振動紙の寸法は微妙に違うので此のウーハーに適合するウレタンエッジ部品が有るのか?最初は疑問視していましたがインターネットは便利な物で可也時間は掛かりましたが適合する部品は何とか見付かりました。


 然し値段は私の想像以上に高くウレタンエッジ2個分と接着剤と作業用の筆と簡単な説明書のセットで7700円(送料込み)「高いなぁ~」此の値段だとインタネット・オークションで性能は別にしてオーディオ・マニアでも無い爺さんが聞くには十分な性能の中古のペア・スピーカーユニットは幾等でも有る事は解かって居ましたが修理屋の性と申しますか?スピーカー云々よりもエッジの交換作業自体に興味が有って購入する事に成りました。


 部品が入荷するとVP6Dとの交信など如何でも良く成り早速作業を始めると最初の一本目は接着剤の乾燥時間が解からずコーン紙とウレタンエッジを接着剤を塗布して5分後位に双方をくっけて仕舞いタイミングが早過ぎて円周上に押さえて行く段階で前に押さえた部分が外れて仕舞う事と汎用部品の性か?ウレタンエッジの方が少しサイズが大きい為に張り合わせる段階で其の差を360度の円周上で少しずつ修正しながら合わすのですが接着剤が生しい段階では此の作業が定まらず結構苦労をしました。


 此の接着剤は割りとゆっくりと乾いて行くので慌てる事無く作業をすれば良く、塗布してから10~15分間ほど放置して其れ以後に上、右横、下、左横と4箇所を確り仮押さえて固定すると後は対角線上にコーン紙にエッジとの大きさの差を修正しながら固定し行けば良く接着剤が有る程度乾いてくると作業中に仮に張り付けた部分の剥がれも無く張り付け位置を修正する場合でも接着箇所を親指と人差し指や中指で両方で挟んで押す感じで動かすと「ぐにゃ~」とした感覚でエッジの張り付け位置を簡単に修正する事が出来る。其のタイミングの判断としては真っ白な接着剤の色が少し変って来た頃が(透明感が出始めた時期)ベストである。此の性質が解からない時は早く作業を終えないと張り合わせ箇所が接着して仕舞い修正が出来なく成るのでは?の心配から慌てて作業を進めてしまったが1本目が終わった段階で此のタイミングさえ確り解かれば何も難しい事は無い事が解かり2本目の作業の時は前の半分以下の時間で簡単に作業を終えた。


 二日間ほど時間を掛けて確り乾かして先日に火入れ式を行ったが何と左側のツイーターから音が出て居ない事が解かり「ガビィーン!」状態に其れでもツイーター自体の故障とは最初から思っていない私はネットワーク部品や途中のVRなどを調べたが異常が見付からない段階で「まさか 其れは無いだろう!」とガックリポン状態に・・・・・・此れは修理屋の悪い癖の思い込み、以前使用して居た時にツイーターを飛ばした記憶は無かったので此の事は最初から疑っても居なかったHi


 ガラクタのスピーカーユニットに黄昏かけた爺さんの一寸した好奇心から大枚の7700円を注ぎ込み挙句の果てにはツイーターが片方断線して居るとは「神も仏も居ないんかい!」状態に幾等ぼやいても如何にも成らず、取敢えずペアで交換するしか無いのでインターネットのオークションに張り付いて中古のスピーカーを捜す事に成ったが此れまた取り付けの寸法問題が有り(余りスピーカーボックスに手を居れたく無いので)可也の時間を掛けてパイオニアの中古ツイーターを見付けて落札したが送料込みで2600円也、然もスピーカー内部ではソニーとパイオニアの合作と云う寄りは喧嘩状態の中途半端か?其の性能を聞き分ける耳も日頃から雑音交じりの音ばかり聞いて居た御蔭で若い時の様に高域の音が十分に聞えないので良く成ったのか悪く成ったのかが?解からない状態に懲りない爺さん今回も又遣って仕舞った様だ


 


 
コメント

 蒲生田岬灯台

2018年10月28日 18時28分00秒 | その他

      


 四国の最東端に位置する蒲生田岬には蒲生田岬灯台(北緯33度50分03秒、東経134度44分58秒)が有ります。徳島県内には13の灯台が有りますが私が見た中では灯台が設置された場所での重要性や規模に於いては此の灯台が県内で一番の様に思います。此の灯台と和歌山県の日ノ御崎灯台を結ぶ線から北側を瀬戸内海、南側が太平洋(外海)に区別する境界と成り海上から約50mHの高台の灯台から発する三秒に1閃光の光は10.5海里に到達し此の付近を航海する船舶の道標と成って居ます。


 此の近くの椿泊港と伊島を結ぶ海域(約9Km)の夏場はそうでも有りませんが此れから春先までの冬場は大荒れで唯一の交通手段の連絡船に乗船すると甲板に立って居ると前から波をまともに受けずぶ濡れに成って仕舞います。従って冬場に此の船に乗船する場合は客室で大人しくするしか有りません。私は仕事の関係で年に4~5回位は此の船に乗船する機会が有りましたが冬場は何時も堪えて欲しいな!と思って居ました。兄が船を持って居たので何回か此の海域を渡りましたが何時も「行け行けどんどん」(港を出ると即フルスロットル状態)の兄も此の島の付近に行く時は可也慎重で一寸風が有ると「行くのは簡単だが帰りの海がどうなるか解からないので?今日は止めておこう!」で冬場にお伴した事は一度も有りませんでした。3年程前の兄が元気な頃に此の島からの無線の移動運用を計画して居ましたが其の翌年に兄は天国に召されたので計画倒れに終わって居ます。私は開局して50年以上に成りますが今だ此の島からのHF帯で運用している局の信号を聞いた事が有りません。船は実家に未だ有るのですが船頭が居ない事には始まらないので残念な事に今だに実現していません。


    


 


 
コメント

 一寸した息抜きに出掛けて来ました。

2018年10月27日 17時58分01秒 | その他

        


 昨晩は可也強い雨降りで今日も天気は冴えないと思って居たら段々と良い天気に成る兆しに成って来ると家内が「御弁当を持って何処かへ遊びに行こう」と言い出した。家内は紅葉が見たかったらしいが時期的には未だ一寸早いので「何処に行こうか?」と家内に尋ねたら「蒲生田岬へ行って帰りにかもだ岬温泉に入って来よう」と言ったが道が狭いし何の珍しさも無い事から余り気乗りはしなかったが考えてみると6月中旬からの北海道旅行から帰ってからは何処にも出掛けて居なかったので偶には家内の御機嫌取りもして於かねばと重い腰を上げた。


 此処は四国の最東端で阿南市の最東端でもある。可也前の私のブログで紹介した椿坂トンネルを越えて椿町の中心地から蒲生田岬に向かう道に入ると所処で道が細い場所が有るのでスピードが余り出せず我家を出てから其の場所までは50分を要した。下の駐車場で車を止めて岬方面には徒歩で進むのだが今日は可也風が強く海岸近くは時折 写真の様な大波が立って居た。そして行き当たりには急勾配の階段が有り其れを登り切ると正面に阿南市の有人島の「伊島」が見える。今日は和歌山県の日ノ御崎方面は良く見えなかったが其の距離は直線で約30Km程しか無く私が以前に紀伊半島の移動運用で日ノ御崎灯台近くで運用した時は伊島の島影は確りと見え夜に成ると阿南市に有る火力発電所の赤色灯のの点滅が確り見えて居た。


 思ったより雲は多かったが所々に青空が見られ此処に何回か訪れた中では一番の景色が広がり福岡からの観光客や野鳥の写真を撮って居るのかアマチュアカメラマンの一行も居て何時に無く人で賑わって居た。此処で1時間程滞在し昼御飯を食べた後の帰りに「かもだ岬温泉」に立ち寄りサウナでびっしりと汗を掻き心身共にリフレッシュして来た。


 其の間、VP6Dの事が気に成ったが此処4~5日間は可也の追込みを掛けて居たので水トレスも有ったが今日の一日で一寸した気分転換が出来たので明日から又追込みを開始する予定・・・・


 
コメント

 スピーカーのウレタン・エッジの交換作業

2018年10月25日 20時58分58秒 | その他

      


 此処最近はDXペディション局の追っかけで連日長時間に渡りノイズに埋もれ掛かった弱いCW信号を聞いて居ると頭が痛くなったり嫌に成って来るので偶には綺麗な音の音楽をステレオで聴いてみたく成った。此れまでもパソコンからの音楽を小型のスピーカーで聴いては居たが矢張り体に響く様な迫力は無いので可也昔に使用していたアンプ、チューナー、レコード・プレーヤー、テープ・デッキ(30年位前の物)を引っ張り出し「多分 駄目だろうなぁ?」と思いながら無線の待受け受信時の相手の信号が聞えない時間帯を利用し其々が使用出来るかどうかのチェックを行った。


 流石にソニーのスピーカーはウーハーのウレタン・エッジがボロボロに朽ちて仕舞い最初の写真状態に・・・・・アンプは音量ボリュームに若干の接触不良のガリ感は有ったがハム音や音の歪みは無かったので使用可能な感じチューナーも問題なく動作し、レコード・プレーヤーは私が勤めて居た会社の十八番のDDモーターを使用した高級機でベルト関係を全く使用していないので全く問題は無かった。ソニーのテープデッキは流石にゴムベルト関係が延びて使い物に成らないが今はテープの時代では無いので即廃棄処分に回した。


 可也前にスピーカーのウーハー(前は30cm)は35cmタイプに交換しようと用意はして居たので交換しようとしたが可也ボックスを加工せねば成らず2cm以上の厚板を綺麗に円形に糸鋸で切る事を考えたら作業が一寸大変だしボックス内の補強板も一部切り取る事に成るので計画を変更しウーハーのウレタン・エッジの交換をする事にした。


 此のスピーカーに合う補修部品を探すのに可也の苦労は有ったがインターネットで捜しまくり見付けて発注していたら1日で今夕に部品が届き早速作業に取り掛かった。成れない作業で一寸戸惑う所も合ったが何とか2本とも交換作業が終わり現在は接着剤の乾燥を待っている所・・・・・即、スピーカーを鳴らしてみたいのは山々だが行き成り鳴らすと接着部分が外れる可能性が有るので2日間位は放置する予定


 家内が此の作業をちらっと見て居て「あれ?忘れて居たガラクタを又もや引っ張りだして何やらゴソゴソ遣って居るな!」の視線を感じたが3時間ほど久し振りに気合が入った作業をして子供の頃にプラモデルを組み上げた時に感じた充実感を感じた。


 


 
コメント

 又もや蜂刺されの被害に・・・・

2018年10月17日 22時52分28秒 | その他

    


 先日にボランテイアで草刈をした場所の近くの散歩道を半分以上塞ぐ茨の有る木が有ったので近い内に片付けねばと思って居た。昨日の午前中に時間的余裕が有ったので此れを処理する事にした。


 此の木は昨年までは そう大きくは無かったが今年の夏には3m巾の通路の半分以上を占拠し木の根元の太さは4cm以上もあり可也大きくなり茨の有る先端は通路側に真っ直ぐ大きく張り出して居て危ない感じがしていたが夏場は其の方面の散歩は余りしなかった。理由は先日に刈り取った橋下の鬱蒼と成長した萱や草木で中に何が居るのか?解からずに危険に感じたからであった。此の時期に成って蛇の活動の危険性が無く成ったので先日其の箇所の草刈を終わったら其の後に其の場所を歩いて散歩している人が現れたので此処も通り易くする事にした。


 手始めに細い先端部の枝を剪定バサミで丸く刈り込み太い幹部分が見えると其の部分をノコギリで切り取る方法で作業を進め一番太い幹を切り取る時に左手で切り取る枝側を押さえる為に軍手で保護した左手を茂みに入れた瞬間に薬指先端に物凄い激痛が走った。最初は茨が刺さったのか?と思った痛さが全然違ったので中を良くみたら太い幹の裏側に蜂の巣が見えて大きい蜂が動き回って居た。


 最初の小枝をカットしていた時には見付から無かったので安心し切って不用意にも近くに手を入れたのだが相手側は驚いて蜂の一刺しで攻撃してきたのだ。蜂には何回か刺された事はあったが今回の痛さは格別で10分間くらいは痛くて手が痺れた感じと患部に血が流れて居るの感じがハッキリ解かるドクドク感に凄く違和感を感じたが相手はスズメ蜂では無かったのでショック症状は出無いだろうと今度は此方が反撃を開始する事にした。家からは可也離れていたし反撃スプレーも無かったので草刈機燃料のガソリンを上から掛けて火炙りの刑で巣ごと丸焼きにして応酬した。


 其の作業を終える頃には傷口のズキズキ感は徐々に無く成ったが写真の様に指先は腫れて来た。昨日は指先は腫れても色は変らなかったが今朝起きたら患部が痛痒く皮膚が死色に成って居て可也の違和感が伴う痛みが残って居る。今年は此れで2回目の蜂刺され皆さん御注意下さい。
コメント