ジェッツな「実践と実感の笑っちゃう日々」日記

「ありがとう」「先祖供養」感謝実践での経験を元に綴ります。神計らいと宇宙のリズムを実感すると生き方がオモシロくなります。

トイレのふたを閉めるということ と・・・その3(ラスト)

2020年07月30日 17時02分13秒 | マイブーム

役割を全うさせてあげる!

 トイレのふたであったり、トイレットペーパーのミシン目だったり・・・

 そんな中、こういったものに気付きました~

 印刷された文字や絵柄。例えば、袋物の場合、「ここからお切りください」ってありますよね。であれば、その“お役目を全うさせる”とは、その支持に従ってあげること!

 しかも、そこに『はさみ』マークがあれば、はさみを使って開けてあげる!指で力を入れて開けることができるとしても、『はさみ』を使ってあげることで、その絵柄は、“お役目をはたせた”となるのではないでしょうか(笑)

 しかもしかも、左右両サイドにその絵柄があれば、左右両サイドから切ってあげる(笑)

 できる範囲で楽しく楽しく。ワハハ~


トイレのふたを閉めるということ と・・・その2

2020年07月05日 18時39分44秒 | マイブーム

トイレのふたは閉めたほうがよいようです。

 その理由は、こうではないかと思うのです。

 何事にも、何人にも、“役割がある”ということです。トイレのふたには、ふたの役割がある。ふたですから、トイレを使うときには、もちろん開けますが、使わないときは、閉めるもの。大金持ちの方々は、色んなことに対して、“役割”を感じていたのではないでしょうか?その“役割”を全うさせてあげる。

 トイレに入っていてそのことに気付いたら・・・!

 トイレットペーパーのミシン目の“役割”に気付きました!それまでは、適当なところでトイレットペーパーを切っていましたが、ミシン目のところで切ることにしました。これに気付いたときにトイレの中で、ひとり大ウケ(笑)20cmほどの間隔ですから、ミシン目ごとに切ることはしませんが、切るならミシン目のところで切る!

 宇宙とリズムを合わせて、アン・ドゥ・トロワ♪

 そうなると、今まで気付かなかったことが、たくさんあることに気付き出しました!それ以降、あれこれ楽しみながら対応しています。

 で、その中で、最近、発見したことがありました!

(つづく)


トイレのふたを閉めるということ と・・・その1

2020年06月23日 17時36分53秒 | マイブーム

トイレのふたは閉めたほうがよいようです。

 

 心学研究家の小林正観さんが生前言われていたことです。記憶で書きますので、少し違っていたらすみません。あるアメリカの大金持ちが世界中に調査員を派遣して、『大金持ちの共通項』を調べさせたのです。その結果は、『大金持ちになるための共通項は無かった』と『大金持ちであり続ける共通項も無かった』のですが、生活の中で共通項がありました!!!

 それが、『大金持ちの家のトイレ(便器)のふたはみんな、閉まっていた』というのです。正観さんは、「理由はわかりません」と言われていました。そして、それを聞いた正観さんの回りの人たちが、トイレのふたを閉めだしたのです。そして、ただふたをするだけではなく、トイレ掃除も合わせてしたくなったのです。そうしたところ、「臨時収入があった!」という報告があちこちから正観さんに入ってきました。正観さん自身もトイレ掃除で臨時収入がありました。それが、後の『トイレ掃除をすると臨時収入がある』というものにつながったのです。

 元は、『トイレのふたを閉めたほうがよい』でした。

 結局、正観さんは、なぜトイレのふたを閉めたほうがよいかは、言われませんでした。

 が、私は気付いたのです!(笑)2011年の9月でした。正観さんがお亡くなりになる前月のことでした。このことについて、正観さんとお話しをしたかったです(T_T)

(つづく)


祇園祭

2020年04月15日 16時59分32秒 | 時事

新型コロナウイルス・・・このような時代になるとは、夢にも思いませんでした。

 皆さんは、『祇園祭』をご存知ですよね。代表的なものは、京都で毎年7月に行われるものです。その起源はというと・・・
(ウイキペディアより抜粋)“疫病の流行により朝廷は863年(貞観5年)、神泉苑で初の御霊会(ごりょうえ)を行った。御霊会は疫神や死者の怨霊などを鎮めなだめるために行う祭で、疫病も恨みを現世に残したまま亡くなった人々の怨霊の祟りであると考えられていた。しかし、その後も疫病の流行が続いたために牛頭天王を祀り、御霊会を行って無病息災を祈念した。864年(貞観6年)から富士山の大噴火が起こって溶岩が大規模に流出して山麓に達し、869年(貞観11年)には陸奥で貞観地震が起こり、津波によって多数の犠牲者が出るなど、全国的に地殻変動が続き、社会不安が深刻化する中、全国の国の数を表す66本の矛を卜部日良麿が立て、その矛に諸国の悪霊を移し宿らせることで諸国の穢れを祓い、神輿3基を送り薬師如来を本地とする牛頭天王を祀り御霊会を執り行った。この869年(貞観11年)の御霊会が祇園祭の起源とされており、2019年(令和元年)には祭の1150周年を祝うほど、長い歴史を持っている。”(以上ウイキペディアより)

 疫病退散への祈りが祇園祭の起源なのです。日本各地で行われている祇園祭もそうです。

 その各地の祇園祭は、神社が関わっています。京都では八坂神社ですが、各地では、祇園舎、祇園神社や須賀神社等。あと、神社の主祭神は違っても、須賀大神等が祀られています。スサノオさんです。

 ただ、とりとめなく書いています。

 新型コロナウイルスの広がりに、祇園祭が頭に浮かんだだけでした。

※各画像は、昔に撮影したものです。


世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島

2020年03月30日 18時22分03秒 | マイブーム

おぉ!今日は見えるねぇ!

 タクシーの運転手さんの一声でテンション上りました~

 宗像市の大島に船で渡り、宗像大社の中津宮と沖津宮遥拝所に参拝したのです。大島に来たのは、これで3度目か4度目です。しかし、今まで沖ノ島を見ることができたことはありませんでした。約50km離れた島です。タクシーの運転手さんいわく、「(見えるのは)1年で100日ぐらいかな」。
 もしかしたら、今までも、見えていたのかもしれませんが、今回のように、運転手さんが指差した先に、ハッキリと沖ノ島を見ることができたのです。方向が、ハッキリしていたので、見ることができたのかもしれません。今までは、港から徒歩やバスで遥拝所に来たものですから、遠い水平線のどのあたりに沖ノ島があるかもわからないまま、漠然と眺めて、「見えないなぁ・・・」となってしまっていたのかもしれません。今回、タクシーを利用したことが正解だったのでしょう。それに、手前に船が航行していたこともあり、あとから画像を見ても、どこに沖ノ島があるのかが、わかるのです。ツイています(^^)