泉区生活支援ネットワーク

仙台市の障がい者支援のための情報です。福祉・特別支援教育・就労など,分野をこえた生活支援のネットワーク・情報交換の場です

「きいてみませんか,ヘルプマークの話。~障害理解促進セミナー~」を開催します

2019年02月20日 | バリアフリー情報
宮城県障害福祉課HPより

 宮城県では,更なるヘルプマークの普及啓発と,障害当事者,支援者の方のお話を通じて,障害理解を深めることを目的としたセミナーを開催します。
 誰もが暮らしやすい社会づくりに向け,経験談を交えたお話をしていただきます。どなた様も是非いらしてください。
 ヘルプマークについてはこちらを御覧ください。
開催日
 平成31年3月15日 金曜日 午後2時~午後4時(開場:午後1時)
場所
 せんだいメディアテーク 1階 オープンスクエア(仙台市青葉区春日町2-1)
 地下鉄南北線「勾当台公園駅」から徒歩6分
セミナー概要
 ヘルプマークに関係する3名より,講演をいたします。
 セミナーチラシ [PDFファイル/1.08MB]
☆挨 拶 障害福祉課長 小松 雄司

☆講 演 第一部 14時05分~14時50分 「どんな人がヘルプマークを必要としているの?」
         伊東 雅史氏(NPO法人いのち繋ぐプロジェクト 理事)
 元フィギュアスケート選手。伊藤みどりらとともに代表強化選手として過ごす。海外遠征を経験したのち,学生時代はアメリカで過ごす。海外で得たグローバルな感覚と専攻したホスピタリティを使い,現在はファイナンシャルプランナーとして国内外に複数の会社を経営。
 2018年,三重県ヘルプマーク大使の小崎麻莉絵氏と共に社会支援団体を立ち上げ,講演・イベント等を通じて,多くのヘルプマークユーザーを支援し,普及啓発に取り組んでいる。


     第二部 15時00分~15時45分 「心のバリアフリーってなんだろう?」
         元山 文菜氏(NPO法人施無畏 理事)
 美容師として働くなか骨盤に疾患がみつかり,24歳で入院手術を経験。下肢障がい者となる。闘病期間を利用し4年生大学に編入後,(株)サクラクレパス,富士通(株)を経て,2017年2月に独立起業(株)リビカル代表取締役。業務効率化や生産性向上の為の業務コンサルタント,RPAや業務システムの導入支援を手掛ける。
 一方,自身の障がい者としての生きづらさから,同じような当事者の女性を元気づけたいという思いで, 2016年3月から,難病や障がい女子に向けたフリーペーパー「Co-CoLife☆女子部」編集長を務める。



     第三部 15時45分~16時00分 「県ではどういう施策をしているの?」
         宮城県知事 村井 嘉浩

☆お申込方法
 下記参加申込書にご記入いただき,障害福祉課へご持参いただくか,電子メールまたはFAXでお送りください。
 当日は,手話通訳・要約筆記を配置しますが,配慮が必要な事項があれば,ご記入ください。
 なお,状況により,御要望に対応できない場合がございます。その場合は,あらかじめ御連絡させていただきますので,御了承ください。
 参加申込書 [Wordファイル/108KB]こちらからダウンロードしてください→こちら
 申し込み締め切り:平成31年3月12日 火曜日
 参加申込書送付先
 〒980-8570 宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号
 TEL : 022-211-2538 FAX : 022-211-2597
 E-MAIL : syoufukup@pref.miyagi.lg.jp
コメント   この記事についてブログを書く
« 講座「見えない・見えにく い... | トップ | 視覚障害者へのボランティ ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バリアフリー情報」カテゴリの最新記事